テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

中川潤アドバイス

こんにちは、中川です。(中川潤)

はい・・(相談者)

お願いします。(相談者)

あのぅ・・ぅ・・(中川潤)

最後まで行って、やっと状況が・・飲み込めたんですが・・(中川潤)

はぁい・・(相談者)

わかりゃしない

要するに、あなた自身・・(中川潤)

辛い思いもしてたから、可哀想やと思って・・(中川潤)

うん。(相談者)
憐れみかけて・・(中川潤)

うん・・(相談者)
金、貸してやったと。(中川潤)

そんでそん時に・・(中川潤)

ちゃんと返すと言ったのに・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
それを踏み倒しやがって・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
冗談じゃないよな!(中川潤)

っていうのが・・まず、事の出発点。(中川潤)

ほいで・・(中川潤)

あなたが裁判、起こしたら・・(中川潤)

はい。(相談者)

相手が行方不明になってて・・(中川潤)

はい。(相談者)

でぇ、おそらくねぇ・・裁判所、言ったと思うんだけども・・(中川潤)

はぁい・・(相談者)

裁判所の人に・・(相談者)
はい。(中川潤)
あの、これで終わりましたって、言って、なんか・・(相談者)

何月何日に貸しましたんでって、それで、終わりましたって・・(相談者)

それで、裁判所の方は・・(相談者)

「これで終わりなんですか?」って、わたし聞きました。(相談者)

はい・・(中川潤)
そしたら・・10年間、有効期限がありますから・・(相談者)

10年、以内に・・(相談者)

住所を調べてくださいって・・(相談者)

ああ・・そこまで行ってるんだ。(中川潤)

あのねぇ・・(中川潤)

ウン・・(相談者)
要は・・あなたの、お話しを・・(中川潤)

ン・・補足すると・・(中川潤)

10年ありますってことは・・(中川潤)

はい。(相談者)

あなたはちゃんと、その、住民票が・・動いてなくて・・(中川潤)

ねぇ・・で、住民票の住所地に・・(中川潤)

はい。(相談者)
居ないという・・調査報告書を出しなさいと書記官から言われて・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
それも、お調べになって・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
調査報告書を、お出しになって・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
そうすると、公示送達というね、手続きがあって・・(中川潤)

はぁい・・(相談者)
裁判所の玄関に・・掲示板があってね。(中川潤)

はい。(相談者)
そこへ訴状をぶら下げておきますと・・(中川潤)

はい。(相談者)
ねぇ、逃げ得は許さないということで、送達したものとみなすということで・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
そいで、あなたの言い分を、ちゃんと聞いて・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
ほいで、判決を言い渡して・・(中川潤)

はい。(相談者)
でぇ・・被告・・(中川潤)

そのぅ・・まぁ、女性がAさんなら・・(中川潤)

被告Aは・・(中川潤)

原告・・あなたに対して・・(中川潤)

金、なんぼを払え・・(中川潤)

はい。(相談者)
ねぇ・・という判決まで出してくれて・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
はい。(中川潤)

で、その判決も確定しまして・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
だからこそ・・むこう10年間・・(中川潤)

はい。(相談者)
あなたは相手を見つけたら・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
ねぇ・・これで執行することができますよと・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
そこまで、行ってるんですよ・・(中川潤)

はい。(相談者)
はい。(中川潤)

あとは・・(中川潤)

その本人を、見つけるのには、どうしたらええか?と。(中川潤)
はぁい。(相談者)

その話なんですよ。(中川潤)

はい。(相談者)

そりゃわかりませんよ、そんなもん。(中川潤)

・・

はっきり言って。(中川潤)

・・

・・

だって・・逃げまわってる・・人間をね・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
調べるのは・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
日本全国・・(中川潤)

まぁ・・になるかどうかわかんないけど・・なんかとっかかりのあるものを出して・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
調べるしかないです・・あなたは、やることは全部、やったんです。(中川潤)

はぁい・・(相談者)
ねえ。(中川潤)

判決まで取ってるんです。(中川潤)

はい。(相談者)

・・

割り切る

で、申し訳ないけどねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)

あなた・・確かに・・あのぅ・・(中川潤)

裏切られたっていう気持ち・・(中川潤)

はい。(相談者)

その事は・・腹・・腹が立つのはわかるし・・(中川潤)

はい。(相談者)

でぇ、警察に・・「返すって言ったのに、返さないのは、詐欺じゃないですか?」・・っておっしゃった。(中川潤)
はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
だけどこれは、詐欺にならないんですよ。(中川潤)

・・

ウン・・(相談者)

返す約束をして・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
それを信じた・・(中川潤)

はい。(相談者)

人に金を貸す時にね・・いいですか?・・(中川潤)

はい。(相談者)
よく聞いてくださいよ。(中川潤)
・・
はぁい。(相談者)

人に金を貸す時に、返しますという約束で金を貸すということは・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
その人を、信じるということなんですよ。(中川潤)

はぁい。(相談者)

で、信じるということは、自分がリスクを引き受けるっていうことなんです。(中川潤)

・・

・・

ぅ・・(相談者)
はっきり言うけど、自分が悪いんです。(中川潤)

・・

そうです。(相談者)

そ、そういうことなんですよ。(中川潤)

はぁい。(相談者)
はぁい。(中川潤)

だから騙された・・(中川潤)

自分が・・(中川潤)

はい。(相談者)
悪かったんやと・・(中川潤)

はい。(相談者)
思い定めるしかしょうがないんです。(中川潤)

・・

・・

・・

・・

うん・・(相談者)

・・

ほんで、あなた・・としては・・(中川潤)

万が一、もうどっかでめっけたら・・(中川潤)

・・

はい。(相談者)
確定判決持ってるんですから・・(中川潤)

はい。(相談者)

そりゃ、大手振って、そいつがもしね・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
なんか、ええ生活しとるようだったら・・(中川潤)

はぁい。(相談者)

そいつの資産、押さえるとか・・(中川潤)

はい。(相談者)
そういう・・(中川潤)

強制執行の元になるもの、持ってるんですよ。(中川潤)

はぁい。(相談者)

そこで満足するしかないです。(中川潤)

・・

・・

そうですか・・(相談者)

・・

あぁ・・そう・・(相談者)
まぁ、ある意味じゃあ・・いい・・いい勉強って言っちゃあ・・ちょっとねぇ・・あの、語弊があるんだけども・・(中川潤)

はぁい。(相談者)

もう、ああいうアホにはもう・・これからは、関わらんと・・ぁ、そういう類に・・まぁ、一つの・・まぁ、勉強させてもうたんやと・・(中川潤)

はぁい。(相談者)

ぐらいに、割り切らないとダメですよ・・(中川潤)

・・

わかりました・・(相談者)
うん・・(中川潤)

でないとねぇ、あなたの人生が・・(中川潤)

はぁい・・(相談者)
ねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
すごくねぇ・・そこでねぇ・・(中川潤)

なんか物買うたんびにね・・(中川潤)

はい。(相談者)
ああ・・(中川潤)

あの時の50万があったら・・(中川潤)

これ、買え・・ねぇ・・ポンと買ったのに・・とかねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)

そんなことイチイチ考えてたらねぇ・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
自分のこれからの人生が、つまんなくなるってぇ・・(中川潤)

今、つまんなくなってます。(相談者)

いえ、だからつまんなくなるんだよ、そういうふうに考えるから。(中川潤)

・・

・・

・・

・・

ウン・・(相談者)

うん・・そこはもう、ともかく、あなたね・・(中川潤)

割り切って、そこを割り切って・・(中川潤)

はい。(相談者)
前、向かない限り・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
あなた、いつまで経っても、ドツボはまったまんまでっせ。(中川潤)

・・

・・

はぁい・・(相談者)

うん・・(中川潤)

自分で自分の人生、暗くしてますよ。(中川潤)

・・

・・

わかりました。(相談者)

・・

もっと、明るく行きましょう。(中川潤)

・・

わかりました。(相談者)
うん・・馬鹿に・・ねぇ・・(中川潤)

ウン・・(相談者)
もう、これ以上、付き合ってらんないと・・(中川潤)

はい。(相談者)

そういうふうにまず考えてください。(中川潤)

はぁい。(相談者)

ねぇ、明るく生きようよ。(中川潤)

・・

わかりました。(相談者)
あなたなんにも悪い事はしてないんだから。(中川潤)

・・

・・

いいです・・(相談者)
ねえ・・(中川潤)

・・

・・

・・

・・

・・

わかってくれる?(中川潤)

はぁい。(相談者)

いいですか・・はぁい、先生・・(中川潤)
はぁい。(相談者)
どうです?(中川潤)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 他人から嫌われたくないという思いから解放されないと、こういう被害に遭ってしまいます。
    狡い人間はお人好しを虎視眈々と狙っています。餌食にされないためには嫌われる勇気が必要です。
    それが賢さだと思います。

    世の中にはお金を貸すことを商売にしている業者がいっぱいあります。そうした金貸しのプロがお金を返してもらえない相手だと判断した者が、最後に友人知人親戚に借りに来るのです。
    プロが回収できないお金を素人が返してもらえるはずがないのですよ。
    絶対に貸さないこと。貸したら負けです。

  2. 相談者、ちょっと何を言ってるか判りません(笑)加藤先生も絶句(笑)
    典型的な知人間の貸借トラブルですね。
    今回も潤ちゃんがズバっと切ってくれました。
    でも言われてる事、最後まで判らないんだろうな、報告者。また繰り返すんでしょうねぇ。
    正直、こういう人に後見人付ければ良いのに・・・