テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

加藤諦三まとめ

ええ・・(加藤諦三)

ありがとうございます。(相談者)
あの、今、中川先生が、おっしゃったようにね・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
割り切るってこと・・大切だって、おっしゃって・・ほんとにその通りです。(加藤諦三)

長い人生の怒りと敵意

それで、あなたが今ねぇ・・割り切れないのは・・(加藤諦三)

なんでだと思いますか?(加藤諦三)
・・
なんでここまで、54万5千円に執着してるんだと思う?(加藤諦三)
あのね・・お金っていうよりも・・(相談者)

そうです。(加藤諦三)

悔しさ。(相談者)
そうです・・だから・・(加藤諦三)

その悔しさは・・(加藤諦三)

おそらくあなた・・(加藤諦三)

まぁ・・13年前ぐらいに離婚したって言いますけど・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
離婚・・(加藤諦三)

を、含めてね・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
長い人生、ものすごい、いろんな・・(加藤諦三)

怒りとか敵意とかあったんです。(加藤諦三)
・・
それ、ずーっと、抑えて生きてきたんでしょう?(加藤諦三)

・・

・・

はぁい。(相談者)

・・

・・

その長い、長い人生で・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
あなたの心の中に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

隠された怒りやね・・(加藤諦三)

・・

憎しみ、敵意が・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

・・

・・

・・

晴らされてないわけですから・・(加藤諦三)

・・

はっ・・(相談者)
そ・・その悔しさは・・(加藤諦三)

・・

・・

・・

ウン・・(相談者)

・・

・・

その隠された敵意が・・(加藤諦三)

54万円の執着となって現れてるんです。(加藤諦三)

・・

・・

・・

ウン・・ウン・・(相談者)

・・

・・

だから・・(加藤諦三)

中川先生、言われたように・・(加藤諦三)

割り切る為にはね・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

あなたこの・・(加藤諦三)

・・

68年間の人生を、ずーっと振り返って・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

わたしは、あの人に・・(加藤諦三)

あっ・・(加藤諦三)

あの人に、こういう屈辱を与えられた。(加藤諦三)

・・

はぁい。(相談者)
悔しかったけど、じっと我慢した。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

そう言えば、あの時、あの人にまた騙されたと。(加藤諦三)

はい。(相談者)
いろんな長い人生の・・(加藤諦三)

・・

・・

ハイ。(相談者)
人間関係を、全部、整理してください。(加藤諦三)

・・

・・

・・

・・

わかりました。(相談者)

・・

それが整理できれば・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
50万円の執着は消えます。(加藤諦三)

・・

・・

はぁい。(相談者)

取られた・・発端だって、罪の意識でしょう?(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)

・・

・・

・・

だから、今の困難は・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

過去の出来事の未解決な表現なんです。(加藤諦三)

・・

・・

ウン・・(相談者)

・・

あなた、いろんなことを未解決なの・・解決してないの、心の中で・・(加藤諦三)

・・

・・

だから・・(加藤諦三)

・・

・・

これからしっかりと・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
未解決な問題を・・(加藤諦三)

・・

・・

なにが解決してないかは・・(加藤諦三)

・・

きちんと、明らかにして・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

・・

・・

それで・・(加藤諦三)

これで、この54万は、すっかり忘れましょう。(加藤諦三)

・・

・・

わかりました。(相談者)

はい、どうも失礼します。(加藤諦三)

はい・・ありがとうございました。(相談者)

人を操作する一つの方法は、相手の罪の意識に訴える事です。




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

おお!久しぶりに中川節を聞いた気がする
ガチャ切り以来、なんとなくセーブしてた感じ
やっと、本来の姿に戻ってきたかな?

でもねぇ、なかなか
割り切れないもんです

ちなみにこの相談
はっきり聞き取れなかったんですが
たぶん、相談者も被告人Aから、お金を借りたことがあるっぽい

お世話になった云々の後に
そういう件が、話されてたんじゃないかなぁ
と思われます・・・無い方が、アドバイスが強調されますしね

編集マジックですな

いや、勝手な想像ですが、流れと言葉尻を繋げると
そうじゃないかと、思っただけです

しかし、警察を呼ばれても意に介さず
執拗に、ドアを叩き続けるとか
よほど、追い詰められていたんですね

被害者が、他にもいたってことですから
単に、裁判への出頭だけで
行方をくらませたわけでは、ないのかもしれません

事件性がなければ、いいですけどね

テレフォン人生相談2018年2月13日(火)予告

知人の男性に恋愛感情を抱くようになって、それを知った夫が失踪してしまって、夫の人生を狂わせてしまって、申し訳なく思うが、この気持ちの整理はどうつけるべきでしょうか?という相談。

パーソナリティが今井通子さん、弁護士の大迫恵美子さんが回答者です。

123次へ »
3 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 他人から嫌われたくないという思いから解放されないと、こういう被害に遭ってしまいます。
    狡い人間はお人好しを虎視眈々と狙っています。餌食にされないためには嫌われる勇気が必要です。
    それが賢さだと思います。

    世の中にはお金を貸すことを商売にしている業者がいっぱいあります。そうした金貸しのプロがお金を返してもらえない相手だと判断した者が、最後に友人知人親戚に借りに来るのです。
    プロが回収できないお金を素人が返してもらえるはずがないのですよ。
    絶対に貸さないこと。貸したら負けです。

  2. 相談者、ちょっと何を言ってるか判りません(笑)加藤先生も絶句(笑)
    典型的な知人間の貸借トラブルですね。
    今回も潤ちゃんがズバっと切ってくれました。
    でも言われてる事、最後まで判らないんだろうな、報告者。また繰り返すんでしょうねぇ。
    正直、こういう人に後見人付ければ良いのに・・・