テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年1月13日(土)は、今井通子&高橋龍太郎。17歳で統合失調症と診断された41歳の一人暮らしの女性。小中高とヒソヒソ話で悪口を言われ小さな虐めを受けてきた相談者。中三で父親が他界、登校拒否はできないと頑張ったが、壁に穴を開けられ覗かれているとか、被害妄想が酷かった。二十代は職を転々、精神科クリニックに通うも、街行く人が自分を見て笑う。自分に自信がないせいか、自信をつける方法は?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:41歳女性 一人暮らし 母(高齢者施設に入所中) 妹(結婚し近くに住んでいる)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)

もしもし、よろしくお願い致します。(相談者)
はい、こちらこそ・・(今井通子)

今日はどういったご相談ですか?(今井通子)

えっと・・わたしは・・(相談者)
はい。(今井通子)

小学校、中学校、高校と行ったんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

体罰という・・たいじめは受けてないんですけども。(相談者)

はい。(今井通子)

ひそひそ話で悪口を言われるとか・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

ある時、朝、学校に行ったら、わたしの机の上で、ピンポンをして遊ばれていたりとか・・(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ、ちっちゃないじめかもしれないんですけど、わたしにしたらとても・・(相談者)

嫌で嫌でしょうがなかったいじめを受けてきまして・・(相談者)

はい。(今井通子)

で、中学校の・・(相談者)

思春期の時に・・一番・・言われて嫌だって、ショックだった・・(相談者)

いじめの内容が・・(相談者)

はい。(今井通子)

わたし、ちょっと・・あの、体毛が・・あの、濃くて・・(相談者)

はい。(今井通子)

でぇ・・(相談者)

ぇ、当時、同じクラスだった男子に・・(相談者)

はい。(今井通子)

「お前の体毛、俺のお父ちゃんより濃いな」って、言われたのだが、すごくすごくショックで・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

あのぅ、学校に行くのが辛かったんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

中学3年の15歳の時に、お父さんが亡くなりまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・親がお母さんだけになったので・・(相談者)
ええ。(今井通子)

いじめられてても・・(相談者)

絶対登校拒否とか、絶対できないって自分が思ってて・・(相談者)
ああ・・なるほど、なるほど。(今井通子)
あ、はい、はい。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、あのぅ・・高校・・(相談者)

2年の17歳の夏休みで、統合失調症になりまして・・(相談者)

はい。(今井通子)

家は父親が亡くな・・ぁ、はい?(相談者)
そのぅ・・統合失調症になった時の・・(今井通子)
・・
症状って・・どういう症状?(今井通子)

・・

えーっと・・一番ひどかった症状が・・(相談者)
はい。(今井通子)
あの、お隣と壁続きの家だったんですけども・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

壁に穴を開けられて・・(相談者)

はい。(今井通子)
穴からわたしを覗かれてる・・とか。(相談者)

家の周りの近所の方に、いろんな悪口を、わたしが・・一点集中で言われてるって、自分が思ってしまったり・・(相談者)

っていう、あのぅ・・もう・・被害妄想がひどかったです。(相談者)

はい。(今井通子)

はい。(相談者)

でも、あのわたしは、お父さんが家にないから、働かないと、と思っていましたので・・(相談者)

はい。(今井通子)

高校出て、自力で求人誌や、求人広告でアルバイトを探しながら・・(相談者)

・・

はい。(今井通子)
二十代の10年間は・・はい・・(相談者)

転々と、いろいろな所を・・職場を渡り歩きまして・・(相談者)

はい。(今井通子)

で、その職場を転々と渡り歩いていた時も・・(相談者)

あのぅ、職場の同僚の方、いろんな年代の人と出会いましたが・・(相談者)
はい。(今井通子)

あの、なかなか人間関係がうまくいかず・・(相談者)

はい。(今井通子)
あのぅ、あたし、ちょっと仕事・・するときにあの・・仕事はちゃんとできるんですけども・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

あの、手が遅いという難点がありまして・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

で、そのことで、いろいろな職場・・で、「手が遅いな」っていうことで、こう、ひそひそ話で・・(相談者)

言われてたり・・(相談者)

っていうことが・・あのぅ・・(相談者)

で、繰り返し・・ありまして・・(相談者)

あのぅ・・(今井通子)
はい。(相談者)
先ほどね・・(今井通子)

はい。(相談者)

その、統合失調症が・・ひどいときには・・(今井通子)

はい。(相談者)

ぇ・・いわゆる、あの、壁から穴から、隣の人が覗いているだとか・・(今井通子)

はい。(相談者)
っていうこと自身は・・そりゃほんとじゃなかったと。(今井通子)

被害妄想だったと。(今井通子)

被害妄想だっていうのは、あのぅ・・(相談者)

その当時は、周りが言ってて、わたしは、本当にそうされてると思ってました。(相談者)
うん、だからその時はね。(今井通子)

はい。(相談者)
だけど・・今はそう思ってないわけでしょ?(今井通子)

はい。(相談者)

うん。(今井通子)

で、今回のその・・(今井通子)

仕事は、できる・・んだ・・けれども、手が遅いっていうので、周りがヒソヒソ話をしてると。(今井通子)

はい。(相談者)

それについては、今でもそう思ってるの?(今井通子)

・・

・・

・・

あ、今でも思ってます。(相談者)

で、これ、被害妄想だとは思ってないのね?(今井通子)

それは、はい思ってないです。(相談者)

はい・・でぇ・・それで?(今井通子)

それで・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

こういうことも経験から・・(相談者)

くる・・(相談者)

のかは、わたしは、定かでは自分ではわからないんですけども・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

あのぅ、まったくもう、幼少期から今までずーっと自分に自信が全く持てず・・(相談者)
はい。(今井通子)

今あのぅ・・精神科のクリニックに、ずーっと通ってますが・・(相談者)
はい。(今井通子)

あの、そこの先生に・・(相談者)

褒められたりとか・・(相談者)
はい。(今井通子)

「頑張ったね」とか言われたりとかしても・・(相談者)

はい。(今井通子)
自信がなくてなくて・・(相談者)

・・

でぇ、今あのぅ・・外出する時に・・(相談者)

人の視線を感じた時に・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

わたしの顔がこう・・ちょっと筋肉がひきつる・・っていう症状がありまして・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

で、それをあのぅ・・街で出会う人が、あの、わたしのことを、そのひきつった顔を見て・・(相談者)

笑っているって・・わたしは、これは本当だと思ってしまっているんですけども・・(相談者)

・・

はい。(今井通子)
でぇ・・自信がないから、顔のひきつりとかも出て・・(相談者)

・・

自信なく歩い・・(相談者)

てるから・・(相談者)

周りの視線もかなり、すごく敏感に気になったりとかしてるんだと・・自分で思ってて・・(相談者)

・・

で、で、自分で自信が・・(相談者)
あのぅ・・(今井通子)
はい?(相談者)

・・

人と、目線があったとき、顔がひきつるっていうのは・・(今井通子)

実際にそうなるの?(今井通子)

ぁ、あの、顔の筋肉が、ピクピクとなってるのは、自分で感触としてわかる時があります。(相談者)

ああ、なるほどね。(今井通子)

はい。(相談者)

で、それを見ると・・(今井通子)

相手の人が、笑うっていうふうに思うわけねぇ?(今井通子)

はい、そうです。(相談者)

で、実際に笑い顔を見てるの?(今井通子)

・・

笑い顔を見たこともあるし・・笑ってる声も確かに自分の耳には、聞こえてるって思ってます。(相談者)

ああ、なるほど。(今井通子)

でぇ?(今井通子)

でぇ、そういうことを、あの、気にならないように・・(相談者)
うん。(今井通子)

街を・・ある・・堂々と・・歩いたり・・(相談者)
・・
うん。(今井通子)

わたしが、褒められたりした時に、自分が・・(相談者)
・・
「ああ、今、褒められたんや、自分は・・すごい頑張ってるんや」・・って、自分で思えるようになるには・・(相談者)

はい。(今井通子)

自分に自信が持てないといけないと、自分は思うんですけど、どうしたらいいでしょうか、というのが、今日のご相談なんですが。(相談者)

なるほど。(今井通子)

はぁい。(相談者)

・・

わかりました。(今井通子)

・・

・・

・・

・・

あなたは・・おいくつかな?(今井通子)

・・
41歳です。(相談者)

・・

今は、お一人?(今井通子)

・・

ぃ、今、あのぅ・・母は・・(相談者)
はい。(今井通子)
あの、高齢者施設に入れてまして・・(相談者)

はい。(今井通子)
あの、家では、一人暮らしです。(相談者)

・・

なるほど。(今井通子)

ご兄弟は?(今井通子)

ぁ、妹一人居ますけど、既婚者で・・(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・(相談者)

近くの家に・・は、住んでるんですけども、あの、別宅で、住んでおります。(相談者)

・・

・・

・・

はい、わかりました。(今井通子)

はい。(相談者)
じゃあ、その、自信をつけるにはどうしたらいいか・・っていうことですよね?(今井通子)

はい。(相談者)

・・

今日はですねぇ・・(今井通子)
はい。(相談者)
精神科医の・・(今井通子)

はい。(相談者)
高橋龍太郎先生がいらしてますので・・(今井通子)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1.  統合失調症  ぜひ セカンドオピニオン を 他の 専門医を 受診なさり それなりの認定をもらい お役所に 障害者年金請求をなさり 親の年金や預貯金 に頼らない生活が出来たらいいですね また 就労ですが 団体の一員として働くのは到底無理ですので 個人プレーができる 職種を お探しになることをお勧めします。
     もっと 気楽に心を持てたらいいのですが 「誰が何を言うと 構うか !」 一目など気にしない 気にしない。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.