テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年4月2日(月)は、加藤諦三&大原敬子。高校卒業後に専門学校に進み卒業するも、20~25歳まで家に引き籠っていた長男。妻の主導でアパートを借りて一人暮らしさせるも、一向に定職に就こうとする気配がない。中学の3年間は心臓病を患い入退院を繰り返していた。本人も自立したいと言っていた。アルバイトなりパートなり、とにかく自立させるには、どうすればいいのか?
加藤諦三氏の〆の言葉『困った事から逃げると、いよいよそれが、もっと困った事に感じてきます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:69歳男性 妻64歳 二人暮らし 子供3人は外に出ている 長男40歳(独身・無職) 次男(バツイチ・働いている) 長女(結婚し独立)

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あっ、お世話になります。(相談者)
はい・・最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

69歳です。(相談者)
69歳・・結婚してます?(加藤諦三)

ええ、してます。(相談者)

えーっと、奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

60・・4ですね。(相談者)
64歳・・お子さんは?(加藤諦三)

3人です。(相談者)

3人・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
もうみんな家、出てるんですか?(加藤諦三)

え・・家・・出てますけど・・(相談者)

長男は、結婚してません・・次男と、長女は結婚してます。(相談者)

あっ、そうです・・でぇ、あの、今、二人で暮らしてるの?それとも長男と・・3人?(加藤諦三)
えっ・・二人・・暮らしです・・ええ。(相談者)

二人暮らし、はい、わかりました、でぇ、どんな・・相談ですか?(加藤諦三)

働かない息子に一人暮らし

長男が今、40歳なんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

まぁ・・高校出て・・専門学校出て・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
で、20歳・・から、25ぐらいまで、家に引きこもりっていうか、家に居たんですね。(相談者)

はぁい・・(加藤諦三)

それであのぅ・・(相談者)

まぁ、25・・ぐらいだと、思い・・ますけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、あのぅ・・女房と話して・・(相談者)

・・

ま、外へ、ちょっと、一旦出してみようということで・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

ま、一人・・アパートを借りて、一人暮らしさせたんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

でぇ、まぁ、そん時、職がありませんから・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

就職の・・チラシが・・日曜日毎に入って・・新聞に入ってくるんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

それ、持ってっちゃあ、とにかく・・就活っていうか・・仕事探せ・・ということでぇ・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

・・

でぇ・・「探してる」「探してる」「探してる」って言うんで・・(相談者)

自分も収入、ございませんから・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
・・
まぁ・・親から・・まぁ、仕送りじゃないけど・・(相談者)

ぉ・・月、何万か・・やって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

でぇ、アパート代も、当然、親が払って・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

で、もう、いつになっても・・(相談者)

そのぅ、たまには・・叱ったから、行ってるよって、電話くれて・・(相談者)

それでぇ・・まぁ、給料日は、20日とか、25日って、本人、言うんですけど・・(相談者)

・・

じゃあ、証明、見せろということでぇ・・(相談者)

・・

そのぅ・・20日とか、25日って本人が言う、給料日・・(相談者)

に、なって、行っても・・(相談者)

「もう、辞めたんだ」というような・・(相談者)

うん・・要するにあのぅ・・仕事に就いてないという事ですね?(加藤諦三)
そういうこと、そういうことですねぇ。(相談者)
はい・・はいはいはい。(加藤諦三)
と、思うんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

本人、「行ってる」・・っつって・・言うけど・・(相談者)
・・
「嫌だから、辞めちゃった」とか・・それが・・(相談者)

幾日、行ったか・・その、行った日を・・(相談者)

もう、そのぅ・・ぉ・・給料も、もらってないみたいですねぇ。(相談者)
うん・・はいはい。(加藤諦三)
なんかこう・・(相談者)

でぇ・・そのぅ・・アパート・・を・・(相談者)

・・

7~8年ですね、あのぅ・・(相談者)

まぁ、そこに住んで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、今度、あのぅ・・ま、弟が・・(相談者)

・・

・・

家、出て・・(相談者)

まぁ・・(相談者)

結婚して・・その・・(相談者)

ぉ・・その後・・ちょっと、バツイチっていうか、ちょっと・・(相談者)
・・
なってしまって、一人暮らしになったから、そこら辺、ちょっと・・(相談者)

兄弟で・・(相談者)

まぁ・・(相談者)

暮らしてみろということでぇ・・(相談者)

・・

その長男は、その息子・・あの次男のとこ行って・・三ヶ月ぐらい、暮らしたんですね。(相談者)

でぇ・・(相談者)
次男と要するに、暮らしていた・・ということですね?(加藤諦三)
そうです、そうです、そうです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

でぇ、それでまぁ、いろいろ・・あんまりやっぱり会話なかったみたいなんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

今度あのぅ・・息子の方も・・(相談者)

うーーーん・・まぁ、一戸建て、借りてて、ちょっとあのぅ・・バツイチ・・っていうか・・離婚・・ってなった・・なったもんですから・・(相談者)

あのぅ・・家賃も高いし、一人じゃ大変だからっていって、別の所、また、行って、あのぅ・・引っ越したんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
でぇ・・(相談者)

長男は、長男で、また、別のアパート、引越して・・(相談者)

・・

でぇ・・(相談者)

やっぱり、就活は・・してるんですけど・・(相談者)

前のような事を、繰り返してる・・っていう状況、なんですけど・・(相談者)
はい。(相談者)

でぇ、この次男はその時、働いてたわけね?(加藤諦三)

働いてました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ええ。(相談者)

心臓病を患って入退院を繰り返していた中学3年間

親が、そういうふうにして・・ぇ・・次男も、長男も、言う事を聞いて・・三ヶ月ぐらい、一緒に暮らしたんですけど・・(相談者)
はぁい。(相談者)

・・

・・

ぉ・・その、**だから、家賃が大変だから、でぇ・・(相談者)

長男は収入ないし・・次男だけの・・(相談者)

給料で・・その、家賃を・・賄(まか)って大変だってことでもって・・安いアパート引っ越して・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
それを機会に・・(相談者)

長男も・・別のアパートへ・・出た・・(相談者)
はぁい。(相談者)

いうとこから・・(相談者)

・・

・・

それでですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

要は、就活・・本人は、してる・・って・・(相談者)

でぇ・・(相談者)

やっぱり、あのぅ・・まぁ、行ってるんだということで・・たまには、あのぅ・・(相談者)
・・
わたしと、あんまり、喧嘩になりますから・・女房の方へは・・(相談者)

・・

時たま・・電話を・・(相談者)

してくるんですけども・・(相談者)
・・
だから、米も・・いっ・・まぁ、家には、買ってるんですけど・・米を持って行ってやって・・尚且つ・・(相談者)

今、お金・・を・・(相談者)

とか・・まぁ、週・・7日から10日あたりで、で*****・・(相談者)

一万円ぐらい、置いて来てる・・状況なんですけどね。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
でぇ、まだ、就職ができてないっていうことでぇ・・(相談者)

・・

歳・・も、歳ですから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、どこへ就職したって、一年生で・・(相談者)

ぇ、若い人に使われるとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まぁ、人間関係とか、そういうのを・・(相談者)

まぁ、昔・・ちょっとあの・・(相談者)

***、**の時に、ちょっと・・大病しまして・・(相談者)

でぇ、中学3・・(相談者)

年間も・・(相談者)

半分ぐらいしか・・行くか行かねぇか・・ちゅうことでぇ・・入退院繰り返した・・状況が、あったんですねぇ。(相談者)

ずっと・・大病っていうのは、なに?(加藤諦三)

ん・・ど・・どういう・・(加藤諦三)

そう、心臓病ですね。(相談者)

心臓病・・それで・・いぞ・・(加藤諦三)
いや・・(相談者)
中学校の3年の時、半分ぐらい、行か・・行かれなかったの?学校に?(加藤諦三)
そうです、あのぅ・・まぁ、入退院、繰り返して・・(相談者)

まぁ、それから、まぁ・・(相談者)

・・

入退院っていうか・・すぐ入院だっていうことで、入院・・したり、したり、いろいろ・・そんときゃぁ・・(相談者)

まぁ、会社の方も忙しいから、女房にお任せっていうような感じでしたねぇ。(相談者)

うん。(加藤諦三)

うん・・うん・・(加藤諦三)

・・

・・

それで、そういうことでぇ・・(相談者)

***・・あのぅ・・行ってないから・・ということだと、**環境も出来なかったのかな?・・っていうんでぇ・・(相談者)

その後も、高校も・・(相談者)

**・・***ってぇ・・(相談者)

やっと・・まぁ、卒業できたっていうような、状況だったんですけど・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

そこも・・だから・・(相談者)

友達関係、ほとんどいないん・・ですねぇ・・(相談者)

はいはい。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

そいで、あの、まぁ・・(相談者)

親とすれば・・(相談者)

とにかく・・自立したいって・・本人も言うし、とにかく・・(相談者)

・・

あのぅ・・バイトでも・・パートでも、なんでもちょっと探して・・(相談者)

え・・自立してみろとは、言ってるんですけど、なかなかそれが・・(相談者)

実行できないっていう状況なんで・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

で、どうしたら・・(相談者)

あのぅ・・出来るか・・って言いますか・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)

あのぅ・・仕事に・・(相談者)

・・

就け・・る為には、どうしたらいいか?・・っていう、先生に、ご相談を、お願いしたい・・(相談者)

どうしたらいいんでしょう?・・っていう・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

ことですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
・・
はい、わかりました。(加藤諦三)

今日は、あのぅ・・スタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、お願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1.  管理人さん 仰せのとおり 息子さん 発達障害が 疑われますネ それが 自閉症スペクトラムの中でも 低機能の方では?

     そのような方に 無理やり 自立 自立 就活 就活 と 言ってもねぇ

     息子さんの特性を理解 してくれる雇用主(男気のある親方)などが引き受けてくださるのが一番だと思うのですが。

     もともと 集団になじめずに 自分の身の回りのことも きっちり できないのでは、 でも 息子さん 何か 息子さんでなければできない 特技も おありでは?

     ご相談者に このような事をご理解していただくのは 短時間ではご無理でしょうね?