テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年3月29日(木)は、ドリアン助川&マドモアゼル愛。43歳男性から女性とのコミュニケーションを取りたい、仲良くなりたいという相談。職場に女性もいるが一割ほどしか話ができない。女性とのコミュニケーションの取り方がわからない。父と二人暮らしで8年ほど前から統合失調症。10年ほど前に職場の女性に告白してふられる。コミュニケーション取れなくて見てしまって嫌われる。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:43歳男性(製造業で働く・独身・一人っ子・8年ほど前から統合失調症) 父74歳と二人暮らし 物心ついた頃から母親はいなかった(亡くなったと聞いている)

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)
あ、もしもし?(相談者)

よろしくお願いします。(ドリアン助川)
よろしくお願いします。(相談者)

女性とのコミュニケーションを取りたい

今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)
えっと・・悩みなんですけども。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

男性もそうなんですが・・(相談者)

特に・・(相談者)

女性とのコミュニケーション取りたいというか、仲良くなりたいっていうので・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
それが・・(相談者)

悩み・・その相談なんですけども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

男性もそうなんですが・・っていうことは、その・・(ドリアン助川)

男性とも、そうしたいっていうことですか?(ドリアン助川)

そうですね・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
特に、女性・・です。(相談者)
特にですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

え・・あなた様、おいくつですか?(ドリアン助川)
・・
43歳です。(相談者)
43歳・・(ドリアン助川)

声、若いですね?(ドリアン助川)

そうですか?(相談者)
20代のような声に聞こえますよ。(ドリアン助川)
あっ、そうですか?(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

で、43歳。(ドリアン助川)

今、どんなお仕事をなさってますか?(ドリアン助川)
・・
製造業です。(相談者)
製造業?(ドリアン助川)

でぇ、そのぅ・・仕事の現場には・・(ドリアン助川)

女性って・・いないの?(ドリアン助川)

います。(相談者)

います?(ドリアン助川)

ま、女性と言っても、ひろうござんす。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
・・
ということで、おいくつぐらいの女性がいらっしゃいますか?(ドリアン助川)

うーん、まぁ・・(相談者)

60から・・20代まで・・(相談者)
あっ・・20代から、60代まで?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

うん。(ドリアン助川)

でぇ、あのぅ・・なんかこう、仲良くお話できてる相手はいないんですか?(ドリアン助川)

まあ・・(相談者)

いたりするんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まぁ、ほと・・ほとんど・・って言うか、一割ぐらいで・・ふふっ・・(相談者)

一割?(ドリアン助川)
ほとんどが・・仲良くないみたいな。(相談者)

ふぅーん・・(ドリアン助川)

まぁ、こういったお悩みをくださるってことは、ご結婚はしてらっしゃらないんですね?(ドリアン助川)
あっ・・はぁい。(相談者)

父子家庭で育ち8年前から統合失調症

でぇ、え・・学校・・時代は、どうでした?(ドリアン助川)
・・
女性・・(ドリアン助川)

の友達・・(ドリアン助川)
・・
はい・・(相談者)

いないですね。(相談者)
いない?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

でぇ・・社会人になってからもいない?(ドリアン助川)
そうですね。(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

・・

男性の友達は?(ドリアン助川)

は(わ)、2~3人ぐらいですね。(相談者)

2~3人?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ま、2~3人いればねぇ。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

あの・・なかなか、友達作るのって、難しいですよ。(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

え・・この、2~3人の友達・・の中には・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
親友と呼べる人はいました?(ドリアン助川)

まぁ、一人ぐらいいたんですけども・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

ちょっとわたし、統合失調症に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

8年前になりまして。(相談者)
ほうほう。(ドリアン助川)

でぇ、統合失調症になってから・・(相談者)
・・
さらに、人というか、親戚、友達との関係も断ってしまいまして・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

友・・ぁ・・父親との関係以外は、孤独になってしまったっていうことで・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

休日は、特に趣味もなく一人で寂しく過ごしているみたいな感じなんですけども・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

えーっとじゃ、今・・あの、ご家族っていうのは、お父さん?(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)

お母さんは?(ドリアン助川)

ああ、えっと・・(相談者)

小さい時に、亡くなったらしいんですけども・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
そのことも・・(相談者)

聞いてなくて、なんで亡くなったのかとかも・・聞いてなくて・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)
なんか・・(相談者)

・・

・・

うん・・(相談者)

小さい時・・は・・なんて言いますかね・・(相談者)

・・

えっと・・なんでだろうな?っていう・・に・・(相談者)

ありましたね。(相談者)

ああ・・(ドリアン助川)

その、お母さんの事を思うと・・(ドリアン助川)
・・
き・・霧の中というか・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)

ご兄弟は?(ドリアン助川)

いないです。(相談者)

じゃあ、一人っ子で?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

お父さんと、二人で生きて来られて・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

でぇ・・友達もちょっと、作り難い性格だったって言う事ですね?(ドリアン助川)
そうですねぇ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

無機質ではない

その辺あのぅ・・ご自分で考えられて・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
どういうところが・・みんなと・・(ドリアン助川)

そのコミュニケーションしていく上で・・(ドリアン助川)

え・・ちょっと苦手なのかな・・って部分がありますか?(ドリアン助川)
ああ、えっとですねぇ、自分を・・(相談者)

表に出す・・(相談者)

何が・・好きだとか・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

「何が趣味なの?」・・とか聞かれると・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

困っちゃうんですよ。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)

っていうのは昔からあります。(相談者)

はぁ、はぁ・・(ドリアン助川)

自分を・・(ドリアン助川)

の事を聞かれると?(ドリアン助川)
・・
はぁい。(相談者)

え・・どう表現したらいいかわからなくなると?(ドリアン助川)

・・

うーーん、そうですねぇ、趣味とかもあんまりないんでぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

まあ・・(相談者)
じゃあ・・(ドリアン助川)

あの、一人ぼっちの休日ってさっきおっしゃいましたけどね。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

何してるんですか?(ドリアン助川)

そうですねぇ、寝てたりとか、あと買い物行ったりとかもする時もありますけど・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

だいたいそんな一人で・・(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

お父さん、おいくつですか?(ドリアン助川)
・・
70・・4です。(相談者)
・・
74歳・・(ドリアン助川)

え・・ということは・・お父さんと休日、どっか出かけるってこともないんですか?(ドリアン助川)

ないですねぇ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

・・

でぇ、その買い物行く時っていうのは、なに買うんですか?(ドリアン助川)

・・

まぁ・・靴買ったりとか、服買ったりとか・・(相談者)
あっ・・(ドリアン助川)

これねぇ・・(ドリアン助川)
・・
靴買ったり、服買ったりって・・例えば、わたしは・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
とても苦手なんです。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

自分が、なに好き・・好きなのか、なに着たいのか、まったくわからなく・・なっちゃって・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

でぇ、服のお店、入ってって・・あの店員さんが、カッコイイ店員さんが近づいてきてね。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

「なにをお探しですか?」って言われると、緊張しちゃって、その場から逃げ去るってこと、よくあるんですけど・・(ドリアン助川)
ああ、ああ・・(相談者)
あなたの場合は、どうですか?(ドリアン助川)

ちょっと緊張しますけど・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

見て・・欲しければ、買うみたいな。(相談者)
あっ・・でも、欲しいっていう感覚、その時にある?(ドリアン助川)

ああ、ありますねぇ。(相談者)
・・
あ、これがいいなぁ・・って?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
じゃあ、ちゃんと、好みってもの、あるんじゃないですか・(ドリアン助川)
あっ、はぁい。(相談者)

あ、そりゃいいですよ。(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

わたし、全然ないので・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

自分の好みが、わからないんです。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
うん、だからあなたの方が、そこはしっかりしてますよ。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

じゃあ、あのぅ・・なにもかもそのぅ・・無機質に見えてるというわけではなくて・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
好みというのは、あるわけですねぇ。(ドリアン助川)
・・
まぁ・・(相談者)

多少はあると思いますけど・・(相談者)
うん・・はぁい。(ドリアン助川)

嫌がられちゃう

で、今・・(ドリアン助川)
なんとなく・・あっ・・すいません。(相談者)
いいえ、今、お話をしてて・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
とても、受け答え、しっかりしてますし・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

え・・人と、ちゃんとこう・・接することが・・(ドリアン助川)
・・
ねえ、できれば・・あとはこう、上手く転がっていくような気がするんですけども・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

その、まず、最初の扉を開けるのが、苦手なのかな?(ドリアン助川)

・・

・・

まぁ・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

・・

・・

誰か、片思いで好きになったという方は、あるんですか?(ドリアン助川)

まぁ、ありますねぇ。(相談者)
うん・・いつ?(ドリアン助川)

え・・いつ・・(相談者)

だいぶ前・・10・・(相談者)

10年ぐらい前とかでも・・(相談者)
・・
10年ぐらい前?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

それは・・職場の人?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

でぇ・・なんか、意思表示しました?(ドリアン助川)

あ、したんですけど、ふられたと。(相談者)

ああ・・まあね。(ドリアン助川)

たいていは、そうですよ。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

あのぅ・・(ドリアン助川)

高校生の頃とか、どうだったんですか?(ドリアン助川)

高校生の頃は・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えっと・・(相談者)

告白とかは、しなかったです。(相談者)

でも好きな人はいた?(ドリアン助川)

いたんですけど・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
なんか、コミュニケーション・・取れなくて・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

なんか、見ちゃうんですよ。(相談者)
・・
そ・・(相談者)

大人になっても、そうなんだけど・・(相談者)
・・
気になって、見ちゃったりとかして・・(相談者)

嫌がられちゃうんみたいな。(相談者)
あ、見ますよ。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
好きな子は・・(ドリアン助川)

しかも正面から見れないから・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
結構、変な方向から見ちゃったりして・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
でぇ、余計、嫌がられますよ。(ドリアン助川)

ああ・・はぁい。(相談者)
ええ・・いや、経験あるある、それは。(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

そうですか・・でぇ、まぁ、その時のなんかこう・・好きな人がいるんだけど・・(ドリアン助川)

言葉、出て来ないし、近づき難いし・・(ドリアン助川)

見ちゃって、嫌がられるし・・(ドリアン助川)

その、自己嫌悪みたいなものも、浮かんでくるし・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

そういうのが、今だに続いてるっていうことです・・(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
ねえ・・(ドリアン助川)

でぇ、あなたとしては・・(ドリアン助川)

え・・(ドリアン助川)

ま、できれば、男の友達も欲しいし・・(ドリアン助川)
・・
はぁい。(相談者)

え・・もっともっと欲しいのは・・(ドリアン助川)

女の友達?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

ということですねぇ。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

どうしたらいいか?ということですねぇ。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

わかりました。(ドリアン助川)

え・・今日の先生に・・(ドリアン助川)
・・
相談してみたいと思います。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

心についてのエッセイスト。(ドリアン助川)

マドモアゼル愛です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 私も人付き合いは苦手な方です。なのでこの相談者さんの悩みは私の悩みでもありますね。
    昔、職場で何人かの部下を持つ立場になった時に受けた研修で「部下の話を聞く」というテーマがありました。
    理屈で部下をねじ伏せるのではなく、部下の感情を受け止めなくてはいけない、そのためには心を暖かくして聞くことが大事、といったことなどが記憶に残っています。

    女性に対するときも同じかもしれません。絶対に反論したり、「こうしたらいいじゃないか」などと解決策を示したりしてはいけませんね。
    ただただひたすら相手の感情を受け止めることに徹すれば、彼女らの憤懣やうっぷんはそれだけで解消されることも多いです。
    親しくなりたいターゲットについては、興味や話題など事前調査も大事かもしれません。それと、失敗を恐れない勇気ですかね。

    まあ、私も人付き合いについて偉そうに他人を指導できる立場じゃないですけど・・・