テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月4日(水)は、ドリアン助川&マドモアゼル愛。相談者は44歳の専業主婦。二ヵ月前から夫が生活費を入れなくなった。昨年末辺りから口座を一切見れなくしてしまい、それからは毎月10万円を手渡しでもらっていたが、ここ最近は、要求して渋々渡してくれる感じだった。女の影もなく思い当たる節がない。自分が働いて生活費を入れればいいのか?義母から当然のように貰っていいものか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:44歳女性(専業主婦) 夫39歳 子供8歳の男の子(小学2年生) 婚姻13年 付き合って1年で結婚

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

はい、よろしくお願いします。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

生活費を入れてくれない

主人が生活費を・・(相談者)

ぇ・・入れてくれなくなってしまったことについて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
ご相談したく、お電話しました。(相談者)

えーっと、いつ頃からですか?(ドリアン助川)

えっと、最後にもらったのが・・二ヵ月前・・です。(相談者)
二ヵ月前?(ドリアン助川)
うーん・・(相談者)
あの、もう少し、ちょっと詳しく教えてくださいね。(ドリアン助川)

えーっと、まずあなた様、おいくつでしょう?(ドリアン助川)

はい、わたしは、44歳です。(相談者)
44歳・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
でぇ、旦那さんは?(ドリアン助川)

主人が、39歳です。(相談者)
39歳・・あっ・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
5つ、下なんですね?(ドリアン助川)

ぁ、そうなんです。(相談者)
ぇ、結婚されてからどのぐらいになるんですか?(ドリアン助川)

13年です。(相談者)
13年?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

でぇ、お子さんは?(ドリアン助川)

8歳の子供が・・男の子が一人います。(相談者)

小学・・2年生ですかね?(ドリアン助川)
2年生です、はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ、これまで・・さほど問題はなく、やってこられたご夫婦なんでしょうか?(ドリアン助川)

・・

そう・・ですねぇ、これまで無かったんですが、昨年・・度末辺りに・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あの、主人が給与の口座を・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

一切、わたしが見られないようにしてしまってぇ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
そこから・・生活費も手渡し・・(相談者)

これまでは、わたしが銀行に行って・・通帳と印鑑を持っていけば引き出しができたんですけど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それを・・まったく、し、し・・あの、できなくされてしまった・・(相談者)

理由として思い当たる節はあるんでしょうか?(ドリアン助川)

いやぁ・・(相談者)

ないんですが、ここ・・何ヶ月間か、手渡ししてもらっていたんですけど、それも、毎月、しぶしぶ・・(相談者)

何度か催促して、もってきてくれる・・っていう感じだったんですけど。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
なんとかまぁそれでももってきては・・(相談者)

くれてたんですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

といった状況で、わたしも・・(相談者)

うん、これ、経済的DVかなぁ・・とか。(相談者)

いろいろ、わたしの中でもこう・・モラハラなのかな?とか。(相談者)

考えてしまって・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

おいくら万円

これまでまぁ・・(相談者)

主人・・(相談者)

に・・気にいられるようにというか。(相談者)

ぇ、してきたことを・・ちょっと自分は自分で・・(相談者)

っていう考えに・・自分軸というか・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

切り替えようと思って、主人にも、自分のことは自分でしてもらおうと思って、あんまり・・手を掛けなくは・・(相談者)

してきたんですねぇ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ、そういったことと・・か・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ま、各家庭、いろんなやり方があるでしょうけども。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
大変失礼なんですけども。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
この毎月の、生活費・・というのは。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
おいくら万円ほどでしょう?(ドリアン助川)

えーっと、持ってきてくれていたのは、10万円です。(相談者)
まぁ、毎月?(ドリアン助川)
わたしに・・はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
持ってきてくれました。 (相談者)
でぇ、あのぅ・・(ドリアン助川)

お家は、家賃ですか?持ち家ですか?(ドリアン助川)

ぁ、持ち家で・・(相談者)
持ち家?(ドリアン助川)
ローン、払ってます、はい。(相談者)
ローン?(ドリアン助川)

そのローンっていうのは、まぁ、ご主人の口座の方から?(ドリアン助川)

ぁ、そうです。(相談者)

はい、とすると、この10万円の中から・・(ドリアン助川)

お子さんの教育費ですとか。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
そういうものも全部・・(ドリアン助川)

ここからやらなければいけないということですか?(ドリアン助川)

そうですね、あの光熱費は・・あの、口座から引き落としにしてるのでぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ぇ、でぇ、教育費と・・日々の・・食事の・・支度だったり、お店で買うような日用品だったりとか。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
洋服買ったりとかですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

ご主人のだいたい給料・・っていうのは、だいたいわかりますかね?(ドリアン助川)

30・・いかないんじゃ・・ないかな、と思うんですけど。(相談者)
30いかないぐらい?(ドリアン助川)
・・
まぁ、じゃあ、3分の1強ぐらいを、生活費としていただいていた・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
という事ですね、もらってたということですね。(ドリアン助川)
そうですね・・はい。(相談者)
それでぇ・・(ドリアン助川)

えーっと、あなた様は何か・・アルバイトしてるとか、勤めてるとか、そういうことありますか?(ドリアン助川)

いえ、普段は専業主婦でぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
じゃあ、この10万円が・・え・・まぁ、生活・・の、礎となるわけですね?(ドリアン助川)
はぁ、そうです、はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

夫婦のあり方

それでぇ・・先ほどあのぅ・・(ドリアン助川)

自分のことを・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ま、自分でやってください・・っていう感じで。(ドリアン助川)

ええ、ええ。(相談者)
まぁ・・言い方悪ければ、旦那さんちょっと突き放したような・・(ドリアン助川)

ああ、そうですね、はい。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

え・・これは・・どんなことを?(ドリアン助川)
あっ・・あのぅ・・例えばまぁ、主人が旅行に・・(相談者)

一人で、まぁ、ひと・・家族でも・・そうなんですけど、旅行に行くときの、用意とかは・・(相談者)

わたしが全部揃えて・・(相談者)

でぇ・・あの帰ってきたら荷物は全部、わたしが出して、鞄を片付けて、自分ぜーんぶ(全部)やってたんですけど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まぁ、自分のものは自分で揃えてもらって。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
後片付けも、自分でやってと。(相談者)

あと、日々のスーツを揃えたりもしてたんですけど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

着て行くのはあなたなんですから・・自分でこう・・(相談者)

やってもらおうと思って。(相談者)

靴も、入れ替えたりとか、そういう・・ことです。(相談者)

まぁねぇ・・個人的な、嗜好だとも、思いますけども。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
自分の旅行の準備・・他人にしてもらうの、わたしだったら、ちょっと、なんか、嫌だな・・(ドリアン助川)
ふふっ・・(相談者)
って気がするんですけども。(ドリアン助川)

しかし、そうやって考えてくると・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
どっかに、お金使ってるんじゃないかっていうふうにね。(ドリアン助川)

普通、勘ぐるわけですよ。(ドリアン助川)

ええ、ええ、ええ、ええ。(相談者)
でぇ・・これも・・大きく分けて二つありましてぇ。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
まず最初に浮かぶのが・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
どこかに・・恋人が、出来たんじゃないか・・っていうのが・・(ドリアン助川)

はあ、はあ・・(相談者)
もう、わたしなんか・・思ってしまうんですよね。(ドリアン助川)

はあ、はあ・・(相談者)
あるいは・・なにか。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
人に言えない趣味を持ってる。(ドリアン助川)

うん、ふん。(相談者)
うん・・その辺はどうなんです?(ドリアン助川)

うーーん、そうなんですよねぇ、だから・・(相談者)

ぅ・・例えば、帰りが遅くなるとか、土日いなくなるとか、そういう・・ことがあれば・・(相談者)

と、思うんですが、それは全くなくてぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

うーーん・・(相談者)
急に、あのぅ、なんか、鮮やかなネクタイをしだしたとか。(ドリアン助川)

うん・・ふふっ・・そ・・それも・・(相談者)
え・・なんか、ん・・(ドリアン助川)
うーーん・・(相談者)
そういう気配ないですか?(ドリアン助川)

・・

今のとこないんですよねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

うーん・・(ドリアン助川)
・・
じゃあ・・(ドリアン助川)

ご主人に、聞きました?(ドリアン助川)

うん・・(相談者)
「どうして生活費、くれないの?」って。(ドリアン助川)

聞い・・たんですけど。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
無視なんですよねぇ。(相談者)

無視?!(ドリアン助川)
テレビ、ずーっと視てて・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
もう全然・・(相談者)

じゃあ、生活費以前の問題として・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
今ちょっと、夫婦のあり方が・・(ドリアン助川)

うん・・(相談者)
おかしくなっちゃってるってことですね。(ドリアン助川)

うん、そうですね。(相談者)

望む夫婦関係でない

口も利かない仲になっちゃった?(ドリアン助川)

いやぁ・・普段はそれは・・普通に何でしょう?(相談者)

ふざけてきたりとかは・・するんです、ふざけてくるって言うか、あのぅ・・何でしょう?(相談者)

主人、挨拶をしないんですけど・・まぁ、こっちが、「おはよう」って言うと。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
こう、パシンとこう・・お尻を叩いてね、こう・・返してくる、あの、ふざけた感じで、返してくるとか。(相談者)

そういう・・(相談者)
そういうとこは、キャッキャッキャッとかって感じでぇ・・やってるんだけど。(ドリアン助川)
キャッ・・キャ・・うん・・(相談者)
生活費は入れないよと。(ドリアン助川)

うん、そう・・そうです、そうです、それが今朝だったんで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
会社行くときにちょっと、お金・・(相談者)

くださいな・・って言うと。(相談者)

ぁ、「バイバイ~♪」って、行っちゃうんですね。(相談者)

彼、もともとめちゃくちゃケチだったとか、そういうことないですか?(ドリアン助川)

むちゃくちゃケチとことはないですねぇ。(相談者)
ウーーン・・(ドリアン助川)

普通にもう・・(相談者)

口座からわたしも・・お金をおろし・・(相談者)

てましたから・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

もうそれに・・内容についてこう・・「どんだけ使ったんだ?」とかって、言ってくる・・っていう・・その、内容を気にするっていうことも・・(相談者)

ない・・(相談者)
「家計簿見せなさい!」っていうタイプでないわけですねぇ?(ドリアン助川)
あ、ない・・です。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

でぇ・・そうだ。(相談者)

向こうのお母さんが、なんか、ゲーム、スマホゲームを、しょっちゅうやるんで、それに課金したんじゃないか?・・っていうことを、本人に聞いてくれたんですけど。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

ま、それもないと・・本人は、言ってたそうなんですけどね。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

・・

あなたとしてはどうしたいですか?(ドリアン助川)

・・

うーーん・・あのぅ・・(相談者)

・・

子供にあんまり・・(相談者)

見せたくないというか。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
うーん・・(相談者)

・・

離婚なのかなぁ?と、考えたりもしたんですけど、まぁ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
でも・・・(相談者)

どうなんだろう?(相談者)

じゃあ、わたしが、働いたとして・・(相談者)

このまま生活費を、黙って仕方なく、わたしが入れていけばいいことなのか。(相談者)

うん・・いやでも・・(相談者)

例えばこう、主人の口座から引き落としが・・できるカードとかを作って・・(相談者)

でぇ、生活をしていくとか・・(相談者)
ウン・・(ドリアン助川)
もう、とにかく、お母さんに頼むとかなんとかして・・生活費貰って・・当然でしょと思っていいのか。(相談者)

自分が間違ってるのかどうなのか・・(相談者)

よくわかんなくなってきちゃったんですねぇ。(相談者)
その辺の辺りはね。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あのぅ・・自由に考えられていいと思いますよ。(ドリアン助川)
うん・・(相談者)
何もその・・旦那さんから生活費をもらう事だけが、結婚じゃありませんから。(ドリアン助川)

はい・・ぁぁ・・(相談者)
ええ、男女のあり方、いろいろありますので。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ただ、やっぱり・・(ドリアン助川)

望んでた関係ではなくなってきちゃったわけですねぇ。(ドリアン助川)

そうですねぇ、はい。(相談者)
ねえ。(ドリアン助川)

あのぅ・・お金がないならないで、二人で考えればいいことですけども。(相談者)
そうなんですね、はい。(ドリアン助川)
コミニュケーションがない・・っていうのが、一番の問題ですよねぇ。(ドリアン助川)

はい、そうですねぇ・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)
だからわたしは・・(相談者)
そうして、そ・・(ドリアン助川)
働くにしても・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
なんか、二人で相談して・・(相談者)

「じゃあ働くね」「じゃあ悪いね、ちょっと・・お願いね」とか・・(相談者)

そういう感じでぇ・・(相談者)

だったら、全然・・「頑張ってね」「今日も仕事、頑張ってね」とか、そういう・・(相談者)

関係になりたいんですけどねぇ。(相談者)
男女関係であれば・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
もう、「好きじゃないからいいよ、俺は冷たくしてやるよ」っていうの、有りだと思うんですけど。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

8歳の・・お子さんがいらっしゃるから・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
お子さんの、父親でもあるわけですから。(ドリアン助川)

ええ・・(相談者)
お金入れない・・っていうのは、そこ、破綻しちゃってるわけですよね?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

うん・・どうしたもんでしょうねぇ?(ドリアン助川)

ハァァ・・(相談者)
それでは、今日の回答者の先生・・紹介致します。(ドリアン助川)

心についてのエッセイスト。(ドリアン助川)

マドモアゼル愛先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. この問題が起きる以前に、もう既に夫婦の関係が壊れていたんでしょうね。
    お金を渡してくれなくなったのはその結果。
    どちらに非があったのかは、双方の主張を聞かなくてはわかりません。
    いずれにしても、相談者さんはこれからの自分と子供の生活をどう成り立たせてゆくかを考えなくちゃいけませんね。

    今回の回答者、マドモアゼル愛さんには荷が重すぎたように感じました。

  2. お金を出さない夫はあなたと「結婚してやった」って思ってるんじゃないかな?
    で、思うようにならなくなると「俺は知らないし」的な。。。
    相談者さん、ここに来るまでにもっと踏み込むべきでしたね。
    夫婦って、こんなことを悶々としながら、核心をつかめないでいていいものじゃあ、ない。子供がいるのに、家庭じゃありませんねもう。
    何が怖いのか、なんで正面から向き合わないのか。
    居なければいなくたっていいです。
    この夫は。
    ちょっと漠然としていてよくわからないけども、形だけ取り繕ったって、生きて食べて、子供を育ててゆかなきゃならない現実があります。
    お金が要るのです。
    相談している間に子と二人で生きてゆく準備、してください。
    普通じゃないでしょう。
    おはようって言おうが言うまいが、パンって、お尻叩こうが、不安抱えて笑っている場合じゃないでしょう。

    しっかりして。
    お母さんでしょ。

  3. 夫の気持ちがよくわかる。
    私は妻に毎月定額のお金を渡しているが、貯金額は絶対に伝えない。
    お互い使い道は一切問わない。似たようなものかな。

  4. 対応が冷たくなく、おちゃらけることもあるなら、給料が大幅カットになったか、ヘマして首になったか、リストラにあったか、で、言い出せないでいるというのはないですかね?奥さんのほうから、お金何か事情ある?と聞かれるのを待っているかもと思う面もあります。

  5. 落語に登場する長屋のおかみさんだったら 井戸端で愚痴をこぼし 大家さんや仲人 それに 亭主の働き先の親方に 持ってゆく話が こちらにきたわけですね?

     揚げ足鶏 さんのおっしゃる通り
    「どちらに非があったのかは、双方の主張を聞かなくてはわかりません。」
     おシラス に出て お奉行様の前で 宣誓し お互い から事実を 聞いてみなければわかりませんねぇ。