テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年5月22日(月)は、加藤諦三&中川潤。心理的に幼児である夫、2歳の息子に対して、毎日のように怒鳴ったり、殴ったりする。会社から帰ってくると、同じ愚痴ばかり。転勤か転職をして、実家に戻りたいと言うが、転職は不安なので、転勤で実家に戻ろうとしている。付き合いが長くて、なんとなく結婚しと妻。実家には行きたくないが、離婚もしたくない。夫を変えるような方法はないか?
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:28歳女性 夫32歳 2歳の息子

加藤諦三氏の〆の言葉『好きではないけれども、別れられない。恋愛依存症と言います』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

28歳の女性から、夫は32歳、2歳の息子。

はい、わかりました、それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

子供を怒鳴ったり叩いたりする夫

夫が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの、子供に対して・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
怒鳴ったりとか・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)
んっと、頭を叩いたりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

乱暴というか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういうのが・・んっと、目に余る・・のと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あとは・・(相談者)

えっと、仕事・・の、ストレスからか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
こう、ため息や、あの、愚痴が多くて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

んっと、それで、わたしの方も・・ストレスが溜まって・・いる感じで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
でぇ、あのぅ・・夫の方は、えっと、自分の地元に帰りたいっていうのを、ずっと言ってるんですが・・(相談者)
・・
で、それに・・もう、ついて・・(相談者)

行った方が・・(相談者)

いいのだろうか?っていうか、そういう・・(相談者)

不安が・・あって・・(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

わかりました、あのぅ、そのぅ・・ご主人がね・・怒鳴ったり、頭を叩いたりす・・ってのは・・どのぐらいの頻度ですか?(加藤諦三)
・・
1週間に1回とか・・なんか、どのぐらい?(加藤諦三)
あぁ・・(相談者)

そーですね、ほぼ、毎日のように・・(相談者)

ここのところは・・(相談者)
毎日のようにということですか・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

うん・・・(加藤諦三)

同じ愚痴とため息の繰り返し

ん、ご主人・・普通のサラリーマンですか?(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ、要するにあなた、先ほどの話しだと、ため息ついて、愚痴言ってるから、あなたの方が、ストレスが、溜まってきたと?(加藤諦三)

そうですね、最初の頃は、その話しの内容聞いたり・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
頑張ってるから・・そのまま・・(相談者)

こういうふうに、やってみたら?と、アドバイスしたり、聞いてたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
ま、子供が大きくなって、喋るようになって・・(相談者)

あの、どっちの話しも聞くっていうのが・・(相談者)

あの・・難しくなってきてしまって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なかなかそのぅ・・(相談者)

ですねぇ、あのぅ、受け入れるのが、難しくなってきたというか、もう自分でも・・(相談者)
・・
あ、飽きてきたというか・・(相談者)

いつも、同じなので・・(相談者)

あ、ご主人の愚痴が、同じだから・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
「あ、また、始まった」っというふうに、あなたの方が・・(加藤諦三)
・・
思い出すということね?(加藤諦三)
そうですね、はい。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

心理的に幼児

そうすると・・(加藤諦三)

ご主人の方からすると、あなたのその態度に・・(加藤諦三)

余計また、苛立つということがあるのかなぁ?(加藤諦三)

そう・・なんでも・・はい?(相談者)
つまり、なんか、話しを、その・・また、始まったっていう感じを、も・・もつと・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ご主人は非常に、甘えん坊で・・、ま、大変失礼な、言い方だけど・・(加藤諦三)

32歳だけれども、これは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
肉体的、社会的には、32歳ってことで、心理的には・・非常に、幼児だから・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
やっぱり・・(加藤諦三)

その、あなたが・・(加藤諦三)

「あ、そうなのぅ」・・っていう、話しを聞いてくれないと・・(加藤諦三)
・・・
はい。(相談者)
・・
あなたの反応で、余計また・・(加藤諦三)

面白くなくなるよね?(加藤諦三)

・・・

・・・

そう・・かも、しれないですね。(相談者)

・・・

でぇ・・(加藤諦三)
で、子供の・・はい?(相談者)
はい。(加藤諦三)
子供の話しを、まず、帰ってきて・・わたし・・とかは、聞いて、あげたりとか、「今日は、なにしたの?」っていうふうな、働きかけをする・・(相談者)

のが、普通かな?と思うんですけど。(相談者)

向こうは、自分が、今日、こうやってやってきた・・こんなことを頑張ったっていうのを、まず・・(相談者)
・・
バーッと、話してきて・・(相談者)

で、子供に対して、話しかける・・わけでも、あまりなくっていう感じなのが・・(相談者)

・・・

そうね、だってね、ご主人は、「そんなに今日は大変だったの?」・・「よく頑張ったねぇ」・・(加藤諦三)

「あなたのおかげで今日・・1日、わたし達、幸せだった」・・(加藤諦三)

「あなたの、おかげよ」って、言ってもっとわりたいんだからね(?)。(加藤諦三)
・・・
うん・・(相談者)

・・・

それを・・(加藤諦三)
やっぱり、そういうふうに・・言わないと・・(相談者)
・・・
駄目な・・(相談者)

えっと、性格っていうか・・(相談者)
いや、駄目だって言うよりも・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ご主人そのものが、まだ・・(加藤諦三)
・・
ええ。(相談者)

この2歳の男の子と・・どっこい、どっこいでしょう?(加藤諦三)

・・・

うん・・そうかもしんない・・ないです。(相談者)

・・・

都合よく実家に転勤を模索

でぇ、その・・先ほど言った、その・・家の方に、帰るって・・いうのは、実家の方に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

と、仕事は、どうなるんですか?(加藤諦三)

仕事も変えるってこと?(加藤諦三)
仕事・・(相談者)

えーっと・・転勤してって、いうことなんですけど・・(相談者)

・・

転勤して?(加藤諦三)

つまり・・(加藤諦三)
はい、それか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
退職して・・(相談者)

転職してっていうふうに・・なんか、話しを自分で、進めてたみたいなんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

やっぱりその、転職するのが、不安になったと言って・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)
・・
ま・・(相談者)
・・
転勤できる道を探してみるっていうふうに、落ち着いて・・でぇ・・(相談者)
なに?転勤できる道を探すってことは・・転勤先が、その、お父さん、お母さんの居る・・(加藤諦三)
・・
土地・・ということね?(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)
そんな・・(加藤諦三)

・・

あぁ、ほんとに幼児だねぇ・・そんな・・(加藤諦三)
・・・
都合のいい所に、転勤させてくれる・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
のは・・(加藤諦三)

ないでしょう?(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

変わりたいが

それで今、あなたは、アレですか?(加藤諦三)

その実家のある所に、転勤だろうと、なんだろうと、職を辞めるにしろ・・(加藤諦三)

変える・・(加藤諦三)

べきと思うか・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
もう、離婚しようと思うとかなんか・・なんか・・(加藤諦三)

今日の、相談の内容っていうのは、どこら辺ですか?(加藤諦三)

あー、えっと・・あのぅ・・夫・・・の、その希望を、叶えてあげるには、向こうに・・(相談者)
・・
行った方が、いいと思うんですが・・(相談者)
向こうというのは、実家・・実家の方ということですね?(加藤諦三)
あ、はい、そのぅ・・ですね・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
えっと・・(相談者)

もう・・わたしの実家からも、もっと離れてしまうので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
あのぅ・・(相談者)

そこに地域に入るというのが、不安ですし、その・・(相談者)
あなたが不安ということね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
うん。(加藤諦三)

その、夫について、行きたい・・って、思える夫・・では、ないので・・(相談者)

あの、向こうに・・(相談者)
あなたが、夫について行きたいというよう・・あっ・・(加藤諦三)

そう、わたしは思わないっていうよりも・・(加藤諦三)
・・・
はい。(相談者)

夫が、そ・・それだけの、魅力のある・・男性では、ないっていうことね。(加藤諦三)

・・・

はぁい。(相談者)

・・・

うん。(加藤諦三)

・・・

向こうに行ってから、その・・(相談者)
っていうことは、なに?(加藤諦三)
はい?(相談者)

・・・

不安だなと。(相談者)
ん・・(加藤諦三)

・・・

あのぅ・・離婚まで、考えてるっていうこと?・・離婚なんか、まぁ・・そこまでは、考えてないっていうこと?(加藤諦三)
・・
あ・・できれば、離婚はしないで・・(相談者)

今の状況を変える・・(加藤諦三)

・・・

と、言いますか・・(相談者)

・・・

今の状況を、変える?って・・なにを、どう変えるわけですか?(加藤諦三)

・・・

ん、ん・・(相談者)

・・・

・・・

まぁ・・わかりません。(相談者)

・・・

・・・

とにかく、今の状態は、嫌だってことね?(加藤諦三)
・・・
そうですね・・(相談者)

だからっていって、こう変えよう・・という意思はないと?(加藤諦三)

・・・

・・・

ん・・・もう、わたしが、関わり方を、変え・・れば、変わるのかな?・・とも、思うんですけど・・(相談者)
・・
ああ、その、ご主人が、変わるのかな?っていうこと?(相談者)

・・・

はい。(相談者)

・・・

あなたの悩み・・っていうのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
基本的に、アレなんですよね・・論理的に、通ってないんですよね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
つまり・・わたしは・・こう変わりたいから、こういう手段の内、どれが、あり・・適切ですか?っていう、相談ではなくて・・(相談者)

はい。(相談者)
変わりたいんだけど、どう、変わっていいかも、わからないと。(加藤諦三)
・・・
はい。(相談者)

今日あ・・あの、スタジオに、来ていただいている先生はですね・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
・・
そういう・・法律・・家の、専門家としてみて、論理的に破綻してるところを、相手を責めて・・(加藤諦三)

いくのではなくて・・(加藤諦三)
・・・
はい。(相談者)
元々、論理的に破たんしている・・内容も・・(加藤諦三)

相談してくださる、法律の専門家です・・弁護士の、中川潤先生です。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.