テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年11月13日(月)は、加藤諦三&塩谷崇之。些細な言葉が原因で妻が激怒。1年半ほど夫婦の会話がない。結婚当初から妻を怒らせる地雷を踏んできて、家事に関する冗談は通じないと悟る。元々家事が得意でない妻、関係修復を図ろうと話し合いをもとうとしても、トレイに閉じこもって鍵をかけてしまう。恐らく過去の人との関係が原因で、関係のない夫婦の関係で現れるのだろうと加藤諦三。
加藤諦三氏の〆の言葉『心のトラブルは、人との関係の中で現れてきます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:54歳男性 妻49歳 子供二人 長男20歳 次男18歳

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
あ・・よろしくお願いします。(相談者)

最初に、年齢を教えてください?(加藤諦三)
・・
50・・(相談者)

4歳です。(相談者)
54歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)
あ・・しております。(相談者)
はぁい、奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

え・・49歳です。(相談者)
49歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

長男が20歳・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

次男が18歳です。(相談者)

はい、わかりました・・(加藤諦三)

それで・・どんな相談ですか?(加藤諦三)

些細な・・(相談者)

喧・・嘩・・が・・発端で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

妻との関係が悪くなりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・1年半・・ほど・・(相談者)

まともな会話ができない状態でして・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

どのように修復すれば・・(相談者)

よろしいかと思いまして・・(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
まともな会話ができないということで・・(加藤諦三)

あ、あ、朝の挨拶とかなんか・・(加藤諦三)

そういう・・(加藤諦三)

日常の挨拶・・程度は、できてるんですか?(加藤諦三)

そう・・ですね、わりと・・(相談者)

あの、こちらが・・(相談者)

挨拶すれば・・あちらも返すという・・(相談者)

ム・・無言で無視するってわけじゃあ・・ないんですね?(加藤諦三)
ではないです、はい。(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)

で、食事は?(加藤諦三)

・・

食事は、普通に・・(相談者)

家族・・(相談者)

で・・とってるんです。(相談者)
四人で一緒に食べ・・とってるの?(加藤諦三)
ええ。(相談者)

はい。(相談者)
ふぅーん・・(加藤諦三)

そうすると、外から見るとね。(加藤諦三)
・・
まったくなんにも知らない人が、外から見ると・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

・・

なんかそういう・・深刻な問題が起きてるようには、見えないですね?(加藤諦三)

そう・・ですね、見えないと思います。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
ええ。(相談者)

些細なことっていうのは・・(加藤諦三)

具体的には、どういうことだったんですか?(加藤諦三)

え・・そうですね、あのぅ、普通に会話をしていまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

他の夫婦の・・(相談者)

話しを・・(相談者)

していたんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その中で・・(相談者)

その夫婦は・・(相談者)

・・・

奥さんが強くて・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

・・

こう・・奥さんが・・こう、影で仕切ってる・・のよ、みたいな話しをして・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

で、それに対して、わたし・・が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

そう・・まぁ、そうだね・・って、同意した後で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

「まぁ、うちもそうだけどね」・・って、軽い調子で・・(相談者)

言・・った途端に・・もう・・(相談者)
あ・・うん・・(加藤諦三)

激怒して・・(相談者)

・・・

うーーん・・(加藤諦三)

それから・・(相談者)

・・

・・

もう、ぁ、謝っても・・(相談者)

・・

受け付けない・・って感じで・・(相談者)

・・・

要するに、たまっていた怒りが・・爆発しちゃったっていう感じなの?(加藤諦三)

いえ・・(相談者)

あのぅ・・わりと・・(相談者)

と、新婚当初からですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・・

あのぅ・・些細な・・(相談者)

言葉で・・(相談者)

・・・

急に・・(相談者)

激怒する・・(相談者)

・・

っていうことが多くて・・(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
ほんとに・・(相談者)

こう・・(相談者)

・・・

ゥ・・(相談者)

・・・

冗談を言い合ってて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・・

例えば、あっちが・・(相談者)

・・

「暴力亭主」・・って、冗談で・・(相談者)

・・

言ったのに対して、こっちが・・(相談者)

「なんだよ・・ぐうたら女房」・・(相談者)

って、ほんとにもう、冗談で・・(相談者)

ええ。(加藤諦三)
こう、じゃれあってる感じで・・言ってて・・でも、その、「ぐうたら女房」・・っていう・・(相談者)

・・・

言葉に・・(相談者)

・・

反応して、もう、激怒しちゃう・・(相談者)

っていうことが・・(相談者)

・・

・・

ありまして・・(相談者)

・・・

激怒するんで、べつに物投げるとか、そういうことじゃないんでしょう?(加藤諦三)

それは・・ないです。(相談者)

それはないわけねぇ?(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

・・

で、その激怒した後・・(加藤諦三)

今まではすぐ、収まってたの?(加藤諦三)

・・

結局・・わたしの方が・・(相談者)

少し・・(相談者)

・・

あの、時間をおいて・・歩みよ・・って・・(相談者)

・・

まあ・・(相談者)

元に戻る・・という形だったんですけども・・(相談者)

・・

それでその、さっき言ってた、些細なことで・・激怒することが・・まぁ・・今回は長いけど、今までも多かったって言うんですけども・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

奥さんは非常に、感情・・が、不安定だ、というふうな、解釈は、できるんですか?できないんですか?(加藤諦三)

・・・

なんて言うんですかね・・(相談者)

特定の言葉・・(相談者)

で、反応して・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

急に激怒しちゃう・・(相談者)
激怒しちゃう。(加藤諦三)

っていう形ですねぇ。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

・・

ほんで今は・・(加藤諦三)

・・・

・・・

その、会話のないまま・・(加藤諦三)

・・・

・・・

こうなってるけれども・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

あなたとしては、謝るつもりはないと。(加藤諦三)

いえ・・(相談者)

もうだから・・(相談者)

・・

しばらくそうしてたんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

もう・・(相談者)

・・・

・・・

わかってもらえない・・(相談者)

・・・

ってぇ・・思いましたので・・(相談者)

ええ・・(加藤諦三)
結局、こっちから・・(相談者)

・・・

ちょっと、謝って・・(相談者)

話し合おうよ・・っていうことで・・(相談者)

あっ!(加藤諦三)
言ったんですけども・・(相談者)
あ、そう・・そう言ったんですか?・・はい。(加藤諦三)

そしたら?(加藤諦三)
そしたらもう、こう、トイレに・・(相談者)

・・・

逃げ込んで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

ぅ、もう、鍵かけて・・(相談者)

閉じこもっちゃうんですよ。(相談者)

・・・

はあぁ・・(加藤諦三)

・・・

・・・

そいで・・この状態で・・もう、ここまで来ちゃったら・・(加藤諦三)

・・

離婚も、考え・・なきゃ・・いけないかなぁ・・と・・(加藤諦三)

・・・

いえ・・ちょっと・・わたしの方としても・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ゥ・・(相談者)

むすこと・・(相談者)

ハァ・・(相談者)

の時間の・・(相談者)

・・

を、大切にしてるんで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

うん、ちょっと・・(相談者)

それは・・避けたい・・(相談者)

それは避けたいと?(加藤諦三)
という気持ちは・・あります、はい。(相談者)
うん。(加藤諦三)

と、わかりました、そうすると、それは避けたいと・・離婚は、避けたいと・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

でも完全に、今、夫婦の間は・・(加藤諦三)

・・

おっしゃったような・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
関係になってますと。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

どうしましょうか?・・ってことですね。(加藤諦三)
そうです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

あの、今日はですねぇ・・弁護士の先生が、いらしてくれてるので・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

弁護士の塩谷・・崇之先生です。(加藤諦三)

はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. なぜ奥さんが激怒するのか、聴いていてもよくわからない相談でした。
    奥さんに関する情報が少なすぎるからなんですね。
    加藤先生が指摘したように、奥さんの生育過程に問題の根があるんでしょう。
    相談者はそうした事柄について奥さんから話を聞き出せてないし、日常生活でもあまり奥さんを観察してない様子です。
    奥さんに対してあまり関心がないのかな?

    話を聞く限りでは、相談者に大きな落ち度はないようですけど、関係を改善するためには敢えて火中の栗を拾う覚悟が要りそうです。

  2. 何かにいつも怒っている奥さんなのでしょうね。
    心の奥にいつも「怒り」があって、一番そばにいるはずの夫が、自分の思いに関心がないって、そりゃカッカしますよね。甘えたいのに甘えさせてくれる場もなくて、女はいくつになっても、時々は、旦那さんに弛緩状態で寄りかかっていたいですもんね。そんな心に全く気付きもしない、この相談者さんはだめですね。センスがない。まずは「よしよし」ってしてあげるつもりで、奥さんの喜ぶことを口に出してみては?女ってあんがい単純ですから、言葉で心地よくなると、もうルンルンですよ。本心は。硬い壁をコツコツと崩すつもりで寄り添っていってほしいです。
    日本の女は、言葉の足りない亭主のせいでみんなストレス抱えていますよ。

    親との関係で性質の先行きが決まって、抱えてしまったものがあるとしたら、それを溶かしてゆくのが夫婦関係ではないのかな。。。

この記事にはコメントできません。