テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

塩谷崇之アドバイス

はい、こんにちは。(塩谷崇之)
あ、こんにちは、お願いします。(相談者)
はぁい。(塩谷崇之)

なんか、大変そう・・ですねぇ・・(塩谷崇之)
ええ・・(相談者)

なんかこう、特定の言葉に・・(塩谷崇之)

過敏に・・奥さんが、反応して・・(塩谷崇之)
ええ。(相談者)
しまうと・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
まあ・・(塩谷崇之)

え・・いわゆる、地雷を踏むっていうような・・(塩谷崇之)

そうですねぇ・・(相談者)
そういう状態なん・・ですよねぇ?(塩谷崇之)
ええ・・(相談者)

で、一旦、地雷を踏んでしまうと・・(塩谷崇之)

ま、しばらく・・手がつけられなくなると・・(塩谷崇之)

ええ・・(相談者)

いうことなんですけども・・(塩谷崇之)
ええ・・(相談者)

ま、そのぅ・・地雷がね・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
どういう所に隠れているのかということについては・・(塩谷崇之)
ええ・・(相談者)

まったくあなたは、わからないん・・ですか?(塩谷崇之)

いえ、なんとなく・・(相談者)

こう・・あまり、家事とかが、得意な方ではないので・・(相談者)
奥さんが?(塩谷崇之)

ええ・・(相談者)
ああ・・(塩谷崇之)

ン、ですから、なんかそういう・・(相談者)

・・・

そういうところを、指摘するような言葉・・(相談者)
ああ・・ん・・(塩谷崇之)
を・・(相談者)

使ってしまうと、そうなるような・・(相談者)

ああ・・(塩谷崇之)
気はしてるんですけども。(相談者)

ああぁぁ・・ん・・(塩谷崇之)

なるほどねぇ・・(塩谷崇之)

まあ、あのぅ・・奥さんの方のね、ま、ストレス・・というか、まぁコンプレックス・・(塩谷崇之)

なんでしょうねぇ。(塩谷崇之)
ぇぇ。(相談者)
だからやっぱり、コンプレックス持ってるようなことを、指摘してしまえば・・(塩谷崇之)
ええ・・(相談者)

やっぱり、もう・・相手の方は、冷静さを失ってしまいますんでねぇ・・(塩谷崇之)
ええ・・(相談者)

・・・

そこ・・だけ、気を付ければ、いい・・んじゃないかな・・っていう気はするんですけれどもねぇ・・(塩谷崇之)

ええ・・(相談者)
うん、あのぅ・・(塩谷崇之)

・・・

なんかねぇ、今まで、いろいろそのぅ・・機嫌悪くすると、とりあえずこう、ゴメンというふうに、あや、あや・・謝って歩み寄ってというような話しを、してたんですけどねぇ。(塩谷崇之)
ええ。(相談者)

・・・

うん、それって、なんかこう、全然、解決になってなかったんじゃないかな・・っていう感じはするんですよね。(塩谷崇之)

そうですねぇ・・(相談者)
うん・・まぁ・・(塩谷崇之)

あのぅ、怒った奥さんが、悪いってわけじゃないですけれども・・(塩谷崇之)

ええ・・(相談者)
あのぅ、まぁ、あなたの言葉じゃ、なにかこうね、カチンと来ることが、あったっていうことなんでしょうけども・・(塩谷崇之)
ええ・・(相談者)
そこはなんて言うんでしょうかねぇ?(塩谷崇之)

あのぅ・・もちろん・・(塩谷崇之)

気に障るようなこと言って、ゴメンね・・っていうように、謝るのはぁ・・それは、悪いことじゃないんですけれども・・(塩谷崇之)
ええ・・(相談者)

ン、ン・・なんで・・そんなに、気にしたのか・・っていうところを・・やっぱり・・そこを、突き詰めないで・・(塩谷崇之)

・・

・・

なんとなく・・(塩谷崇之)

表面・・だけ・・(塩谷崇之)

・・

取り繕って・・きて・・しまったっていう・・感じなんじゃないですかねぇ?(塩谷崇之)

まぁ、結局、そういう原因を探ろうと思・・(相談者)

・・・

って会話をすると、もう・・(相談者)

・・・

感情的になっちゃって、無理なんで・・(相談者)

うーーーん・・(塩谷崇之)

ま、子はかすがいじゃないですけどもねぇ・・(塩谷崇之)

ええ・・(相談者)

え・・あの、子供も、もう、小っちゃいうちだったら・・あのぅ・・難しいかもしれないけれども、20歳と18歳・・(塩谷崇之)

ええ・・(相談者)
男の子ですからねぇ・・(塩谷崇之)

・・・

あのぅ・・子供にちょっと、ひと役かってもらうっていうことも、考えても・・いいんじゃない・・ですかねぇ?(塩谷崇之)

・・・

・・・

そう・・ですねぇ・・(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

まず・・子供に対してね・・(相談者)

お父さんは・・(塩谷崇之)

お母さんと、普通に仲良く・・(塩谷崇之)

え・・したいと思ってるんだけれども・・(塩谷崇之)

なかなかそれが、できないんだけれども・・(塩谷崇之)

・・

お母さんにね・・(塩谷崇之)

なにが・・良くなかったのか・・ってことを・・(塩谷崇之)

ちょっと、聞いてみてもらえないか?とか・・(塩谷崇之)

ぇぇ・・(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

そんなような・・(塩谷崇之)

ことをね、子供にもちょっと、力になってもらうっていう・・ことを、考えてもいいんじゃないのかなぁ・・と。(塩谷崇之)

ぅ・・むしろそういうふうに・・(塩谷崇之)

あのぅ・・間に入ってもらっても、大丈夫なような年齢になってきてるんじゃないと思うでねぇ・・(塩谷崇之)

・・

そう・・ですねぇ・・(相談者)
うん・・そこ・・は、ちょっと・・考えてみてもいいんじゃないかと、思うんですよ。(相談者)

・・・

ええ・・(相談者)

・・・

・・・

でぇ・・あとそのまぁ・・「ごめん」っていうふうに、謝るっていうのが、まぁ大事なんですけれども・・(相談者)
ええ・・(相談者)

謝って、その場が収まったからと言って・・(塩谷崇之)

なにかが解決してるわけではないのでぇ・・(塩谷崇之)
ええ・・(相談者)

・・

やっぱり、あのぅ・・(塩谷崇之)

・・

なにが問題・・だったのか・・(塩谷崇之)

それは、あなただけじゃなくて、奥さんの方にも・・(塩谷崇之)

ちゃんとそこを、把握してもらわないと・・(塩谷崇之)
ええ・・(相談者)

いけない・・(塩谷崇之)

わけで・・(塩谷崇之)

もう・・だから・・そういう話しをしようとすると・・(相談者)

激怒しちゃうんでもう・・(相談者)

うーーん・・(塩谷崇之)

とってもじゃないですけど・・(相談者)
うーん・・(塩谷崇之)

話し合いができない・・(相談者)

・・

んですよねぇ・・(相談者)
あぁーん・・うーん・・(塩谷崇之)

・・

・・

なるほど・・(塩谷崇之)

ええ・・(相談者)

うん、でも、まぁ激怒・・しても・・いいんじゃないですか?(塩谷崇之)

あ、えへへへ・・それはな・・(相談者)
いや、だってそんな冷戦で、口もきかないっていう状態でいるぐらいだったら・・(塩谷崇之)
ええ・・(相談者)

激怒してでも、もう、ぶつかって・・(塩谷崇之)

そこでないかこう・・ポンとこう・・(塩谷崇之)

燃え上がらせた方がねぇ・・(塩谷崇之)

むしろいいのかもしれないですよ。(塩谷崇之)

・・

・・

ええ・・(相談者)

・・

別に子供に・・隠さなくちゃいけないような・・(塩谷崇之)

トラブルでも・・ないと思いますんで・・(塩谷崇之)

ええ・・(相談者)

・・・

そこは・・(塩谷崇之)

ねぇ、是非、考えてみて・・(塩谷崇之)

・・

いただいて・・(塩谷崇之)
ええ・・(相談者)

それでもダメなら、また次の方法を考えるという・・(塩谷崇之)

ええ・・(相談者)

・・・

そんな・・感じじゃないかと思うんですけどもねぇ・・(塩谷崇之)
そう・・ですね、ちょっと、その方向で、考えてみます・・(相談者)
はぁい。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. なぜ奥さんが激怒するのか、聴いていてもよくわからない相談でした。
    奥さんに関する情報が少なすぎるからなんですね。
    加藤先生が指摘したように、奥さんの生育過程に問題の根があるんでしょう。
    相談者はそうした事柄について奥さんから話を聞き出せてないし、日常生活でもあまり奥さんを観察してない様子です。
    奥さんに対してあまり関心がないのかな?

    話を聞く限りでは、相談者に大きな落ち度はないようですけど、関係を改善するためには敢えて火中の栗を拾う覚悟が要りそうです。

  2. 何かにいつも怒っている奥さんなのでしょうね。
    心の奥にいつも「怒り」があって、一番そばにいるはずの夫が、自分の思いに関心がないって、そりゃカッカしますよね。甘えたいのに甘えさせてくれる場もなくて、女はいくつになっても、時々は、旦那さんに弛緩状態で寄りかかっていたいですもんね。そんな心に全く気付きもしない、この相談者さんはだめですね。センスがない。まずは「よしよし」ってしてあげるつもりで、奥さんの喜ぶことを口に出してみては?女ってあんがい単純ですから、言葉で心地よくなると、もうルンルンですよ。本心は。硬い壁をコツコツと崩すつもりで寄り添っていってほしいです。
    日本の女は、言葉の足りない亭主のせいでみんなストレス抱えていますよ。

    親との関係で性質の先行きが決まって、抱えてしまったものがあるとしたら、それを溶かしてゆくのが夫婦関係ではないのかな。。。

この記事にはコメントできません。