テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

加藤諦三まとめ

ええ、あのぅ・・塩谷先生、おっしゃったように・・(加藤諦三)

例えば、家事について、指摘されると怒ると・・家事についての劣等感があると・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

・・

というような・・(加藤諦三)

ことを・・ですよねぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
た、確かにその通り・・だと思うんですけれども・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

・・

奥さん、もの凄い、不安なんですよねぇ。(加藤諦三)

・・

あ、はぁ・・(相談者)

・・

・・

だから・・(加藤諦三)

なんでそんなに・・(加藤諦三)

家事・・(加藤諦三)

の事でねぇ・・(加藤諦三)

・・

激怒するかって、そこのところ、はっきり・・理解・・す、する為には・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

やっぱり、奥さんの過去を知らないと・・無理ですよねぇ・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

・・・

・・・

で、ことにねぇ・・(加藤諦三)

心のトラブルっていうのは・・(加藤諦三)

関係の中で現れるわけです。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
あなたとの関係の中で現れるわけでぇ・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

これは、あなたと関係ないんですよね。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

・・・

・・・

心のトラブルを解決するのには、一番いい方法っていうのは、他人を巻き込むことなんです。(加藤諦三)

ええ、ええ、ええ・・(相談者)

・・・

だから・・(加藤諦三)

・・

あなたとの・・(加藤諦三)

言葉に・・(加藤諦三)

過激に反応する・・(加藤諦三)

ことで彼女は、心のトラブルを・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

・・

解消してるん・(加藤諦三)

・・

だと思うんですけれども・・(加藤諦三)
そう・・ですねぇ・・(相談者)

・・

・・

ただ・・(加藤諦三)

あなた褒めたことあります?奥さんのこと。(加藤諦三)

・・・

いやぁ・・あんまりないと思います。(相談者)

・・・

・・・

それは・・(加藤諦三)

劣等感を持っている人にとっては・・(加藤諦三)

キツイねぇ・・(加藤諦三)

ええ、ええ・・(相談者)

・・

・・

とにかくねぇ・・劣等感を持ってるってことは・・(加藤諦三)

いつも、褒められてないと、気持ちがもたないんですよ。(加藤諦三)

ええ、ぇぇ・・(相談者)

・・

で、あなた・・(加藤諦三)

歩み寄るって言うけど・・褒めてないんでしょう?(加藤諦三)

そう・・ですねぇ・・(相談者)

ということは・・(加藤諦三)

あなたは歩み寄ってるつもりかもしれないけれど・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

奥さんから見れば、歩み寄ってるつもりない・・歩み寄られてると思わないでしょう。(加藤諦三)

・・

そう・・ですねぇ・・(相談者)

・・

・・

あなたは・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

奥さんが、もっとも求めてる反応を、まったくしていない。(加藤諦三)

ああ・・そうなのかもしれないです。(相談者)

・・・

・・・

だってやっぱり、褒めないと・・(加藤諦三)

褒めるのも、口先だけで、お世辞はダメですよ。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

お世辞は。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

こういう不安な人っていうのは・・(加藤諦三)

反応が欲しいんだよ。(加藤諦三)

ええ、ええ・・(相談者)

もしかすると・・(加藤諦三)

・・

わたしは、料理の下手な女・・(加藤諦三)

と、思ってても、一生懸命、作った・・ああ、うまく出来たなってお料理が、あるかもしれない。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

その時に、褒められたら・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

・・

これは、嬉しいですよ。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

・・

そしたらもう・・(加藤諦三)

どんどん、変わっていきますよ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・・

・・・

だから、観察すること。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

一週間でも、二週間でもいいから。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

で、アレ?・・っと思ったら・・(加藤諦三)

・・・

・・・

そのことを褒めてみる。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

徹底的に繰り返す。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

わかりました。(相談者)

よろしいですか?(加藤諦三)

はぁい、ありがとうございます。(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)

はい・・どうもありがとうございました。(相談者)

心のトラブルは、人との関係の中で現れてきます。




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

塩谷先生、お疲れ様です
『なんか、大変そう・・ですねぇ』
ご自分に向けて、言っていたように感じたのは、自分だけ?

こういう展開から、離婚相談なら
沢山あるでしょうが
逆に、関係修復したいはねぇ・・・

激怒させる・・・自分もいいかと思います
まぁ、離婚って方向に行くかもしれませんが
溜まっている不満を吐き出させないとね

1年半、この調子で
もしも、普通に会話できるようになっても
また、同じこと繰り返すことになるでしょう

問題の根っこ、押えないとね

それにしても珍しく今回は
加藤先生が具体的なアドバイス
いつも、こういうのが、欲しい

でも、1年半、無為に過ごした旦那に
できるんかなあ・・・

テレフォン人生相談2017年11月14日(火)予告

サラリーマンを辞め職人見習い中。
親方から「しばらく仕事がない」と言われ、生活が立ち行かず精神的に辛い。どうすれば?という相談。

パーソナリティが今井通子さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

123次へ »
3 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. なぜ奥さんが激怒するのか、聴いていてもよくわからない相談でした。
    奥さんに関する情報が少なすぎるからなんですね。
    加藤先生が指摘したように、奥さんの生育過程に問題の根があるんでしょう。
    相談者はそうした事柄について奥さんから話を聞き出せてないし、日常生活でもあまり奥さんを観察してない様子です。
    奥さんに対してあまり関心がないのかな?

    話を聞く限りでは、相談者に大きな落ち度はないようですけど、関係を改善するためには敢えて火中の栗を拾う覚悟が要りそうです。

  2. 何かにいつも怒っている奥さんなのでしょうね。
    心の奥にいつも「怒り」があって、一番そばにいるはずの夫が、自分の思いに関心がないって、そりゃカッカしますよね。甘えたいのに甘えさせてくれる場もなくて、女はいくつになっても、時々は、旦那さんに弛緩状態で寄りかかっていたいですもんね。そんな心に全く気付きもしない、この相談者さんはだめですね。センスがない。まずは「よしよし」ってしてあげるつもりで、奥さんの喜ぶことを口に出してみては?女ってあんがい単純ですから、言葉で心地よくなると、もうルンルンですよ。本心は。硬い壁をコツコツと崩すつもりで寄り添っていってほしいです。
    日本の女は、言葉の足りない亭主のせいでみんなストレス抱えていますよ。

    親との関係で性質の先行きが決まって、抱えてしまったものがあるとしたら、それを溶かしてゆくのが夫婦関係ではないのかな。。。

この記事にはコメントできません。