テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年6月30日(金)は、加藤諦三&坂井眞。10年ほど前、夫の浮気発覚、相手の女性宅に電話した妻。その事で女性と上手くいかなくなり逆ギレした夫。以降、近くに寄るのも嫌悪感を示し、メールで命令してくるようになる。経済的に、夫に支配され、気に入らないと脅迫してくる。困ってしまったいる妻。このような夫に、どう対応すればいいのか?

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:56歳女性 夫54歳 長女25歳独立 次女23歳同居 3人暮らし 結婚して25年

加藤諦三氏の〆の言葉『相手が、近くの人になると嫌悪感を覚えます。回避依存症、アボイダンスアディクトと言います』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

56歳女性から、夫は54歳 長女25歳、次女23歳、長女は家を出ており3人暮らし。

で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

夫の浮気とモラハラ

あの、モラハラの夫・・にですね・・(相談者)
・・
10年ほど前から、悩まされておりまして・・(相談者)

はい・・(加藤諦三)
・・
ただ、暴力はなく、精神的な虐待です。(相談者)
暴力はない・・はい。(加藤諦三)
それが、先ほど、10年前って言いましたけど、恋愛結婚ですか?(加藤諦三)

恋愛結婚です。(相談者)
恋愛結婚ですか、そして・・(加藤諦三)

最初のうちは、そういう、そのぅ・・(加藤諦三)

あなたから見ると、理由もないのに、怒るということは、なかったということですか?(加藤諦三)
あっ・・(相談者)

一切ありません、むしろ、なにも・・口出ししないで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

優しいというか、普通の夫でしたが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

10年ぐらい前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

主人の浮気・・が、発覚した時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

相手の家に電話をしたところ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

逆ギレしまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それから急に、別人のようになりました。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

浮気をした時っていうのは、浮気は、どういう・・相手だったんですか?(加藤諦三)

中学か高校かのクラス会に行きまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

昔、付き合っていた人と、また、あの、付き合いだしたようで・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

わたくしが、あの、電話番号、突き止めて、その人の家に、電話をしましたところ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
お母様が、でられて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その・・ことを、言いましたところ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、告げ口をしたっていうようなことで、主人が・・(相談者)

鬼のように怒りまして。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
それがきっかけで、なんか、その方と、上手くいかなくなったようで、わたしのせいだみたいな・・(相談者)
・・
うん・・(加藤諦三)

・・

母と息子の関係

あ・・そうすると、アレですね、あなた今、モラハラって・・(加藤諦三)

言ったので、僕は、モラルハラスメントというふうに、理解をしたんですが・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
人間性を批判するっていう・・(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)
あ・・そういうことがあるんですか?(加藤諦三)
そういうことです、「こんなことも、出来ないのか?」っていう・・(相談者)
例えば・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・洗た・・わたくしが洗濯物を干していて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
主人の・・(相談者)

ソックスが、片一方、なく・・あのぅ、まぁ、風に飛んじゃったか、わからないんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それに対して・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

夜中だろうが、なんだろうが、「早く、探してこい」とか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
あと、わたしがあの、どこに行ってようが・・(相談者)

ええ。(加藤諦三)
・・
自分の探してるものが・・例えば・・「テレビのリモコンがない」・・どう・・「すぐ、持って来い」とか・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
・・
ん、ん、なるほどね・・(加藤諦三)
・・
で、これは先ほどの、あなたの話しだと・・結婚当初はなかった・・ということですよね?(加藤諦三)

そうです。(相談者)
・・
それで、そのぅ・・浮気が、バレた時から、この態度が、変わったという・・(加藤諦三)

そうです。(相談者)
・・
その後も、何回か浮気してるんですけど・・(相談者)
・・
あ、その後も、浮気はしてるんですか?(加藤諦三)
もう、何回も、浮気しています。(相談者)

うん・・なんか・・(加藤諦三)
ただ、怖いので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

なにも言わない・・んですが・・(相談者)
何回もということは・・(加藤諦三)

きつい言い方すると・・(加藤諦三)

もう、そばに・・(加藤諦三)

もう、あなた以外の、女性がいないと、いられないっていうような、そういう感じ?(加藤諦三)

・・

そこまででは、ないんですが・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

なにしろ、あのぅ・・全て、あのぅ・・お給料明細も・・えーっと、一切見せないし、あのぅ・・お金を自由に使ってるものですから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
とにかく、外で遊び放題・・(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
やり放題・・(相談者)

うん・・うん。(加藤諦三)
家でも、テレビも、チャン・・一切、他の人の・・自分優先で、見放題。(相談者)

・・

つまり・・(加藤諦三)

結婚してるっていう意識がないっていうか、独身の時と、同じような感じね?(加藤諦三)
そんな感じです。(相談者)

それであなたには・・夫と妻という関係よりも・・(加藤諦三)

むしろ、あなたにこう・・(加藤諦三)

かしづくことを、求めていると。(加藤諦三)
・・
そうです。(相談者)

で、あなたが・・(加藤諦三)

なにか意見をもったり、あなた自身の・・(加藤諦三)

願望というか、望みを持った・・(加藤諦三)

ことに対して・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
すごい、怒る・・(加藤諦三)

一切、許さない感じです。(相談者)
許さないですね。(加藤諦三)
はい。(相談者)
つまり・・(加藤諦三)

夫の側からすると・・(加藤諦三)

あなたが意見を持つということは・・(加藤諦三)
・・
ええ。(相談者)

もの凄い、侮辱に感じている・・(加藤諦三)

そう理解していいですね?(加藤諦三)
「お前ごときが、なにを言ってるんだ」っていう感じです。(相談者)

あ、うーん・・(加藤諦三)
・・
で、なんか言うと・・(加藤諦三)

「いつから、そんな偉くなったんだ?」ということね?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

あのぅ、わたしに、家賃を払えと、言ったぐらいですから。(相談者)

う、ん・・うーん・・(加藤諦三)
置いて、やっているっていう感じですね・・(相談者)
・・
うーん・・(加藤諦三)

ということは・・(加藤諦三)

ご主人は・・かなり母親との関係は・・(加藤諦三)

深いですね。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

毎日・・(相談者)

行ってます。(相談者)
あ、毎日、行ってる?(加藤諦三)
ええ、別に、住んでおりますが・・(相談者)
・・
うーん・・(加藤諦三)
毎日・・そちらに行ってから・・(相談者)

家に戻るように・・(相談者)
それに行ってから・・要するに・・(加藤諦三)

あなたと、結婚・・は、社会的には、結婚はしているけれども・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
心理的には・・(加藤諦三)

お母さんと、息子という関係と、考えていいですね?(加藤諦三)
・・
はい、そうです。(相談者)

ということですよね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

・・・

結婚は束縛

それで、10年前に、浮気してから変わるってんじゃ・・その、10年・・(加藤諦三)

結婚してから10年間・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

浮気は、なかったんでしょうかね?(加藤諦三)

いえ・・(相談者)

あのぅ・・ちょこちょこ・・(相談者)
・・
あったようですね。(相談者)

うん、ちょこちょこないと、おかしいですよ。(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

つまり、常に・・(加藤諦三)

あの、周りに・・(加藤諦三)

かしずく女性・・(加藤諦三)

もっと、言えば・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
無条件に・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
自分を・・称賛してくれる女性を、必要としている。(加藤諦三)

そうかもしれないです。(相談者)

だけど、あなたの場合は、こう一緒に生活しているわけだから・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
やっぱり、その、無条件にいつも・・(加藤諦三)

夫を褒めるっていうこと、できないよね、生活では・・(加藤諦三)

あ、はい、ただあの・・一緒に生活していると言っても・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

・・・

もう、何年か前から、全く口をきいていなくて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・そばに寄ると、嫌悪感っていうか、すごい顔す・・されるので・・(相談者)

もう、お互いにあの・・(相談者)

家の中には居るんですけど・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

えーっと、一切、あのぅ・・(相談者)
・・
メールで、向こうから、あのぅ・・命令が・・(相談者)

来る・・それに対して、わたしがメールで・・答えるっていう・・関係です。(相談者)
・・
その、今、言った嫌悪感っていうのは、あなたの夫に対する嫌悪感じゃなくて・・夫の側が、あなたに対する、嫌悪感という意味ですね?(加藤諦三)

・・・

そうです。(相談者)

そうですよね?(加藤諦三)
そばに寄るなっていう感じです。(相談者)
う、うーん・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

そ・・(加藤諦三)
・・
それぇ・・なんでだと思いますか?そばに寄るなっていう、その通りだと思い・・思うんです・・あの・・(加藤諦三)

近づかれると、嫌なんだと思うんですよ。(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)

・・・

・・・

これはね、結婚はね、彼にとっては・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
愛の実現ではなくて、束縛なんです。(加藤諦三)

・・・

ぁ・・あぁ・・(相談者)

・・・

だから、嫌なんです。(加藤諦三)

・・・

ぁぁ・・(相談者)

・・・

だから・・嫌悪感っていうのは、もうその通りだと思います。(加藤諦三)

あ・・(相談者)

経済的に支配

でぇ、今日のあなたの、相談としては、どういうことでしょうか?(加藤諦三)
・・
ま、こういう、お・・(加藤諦三)

結婚してみたら、こういう夫であったと・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

で、今・・あなたは、耐えられないということね?(加藤諦三)

ええ、それも・・ありますが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
あのぅ・・経済的に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
支配されてますので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・なにか、わたしがあのぅ・・(相談者)

お金を・・要求する・・(相談者)

と、それが、気に入らないと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

こんなことなら、い、家を、売るぞとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・脅迫するんですね。(相談者)
・・
もう、あのぅ・・何もやらないぞとか、一切、だ・・お金は・・出さないぞとか・・(相談者)

で、そういう時に、もう、いつもとても困って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、自分の・・(相談者)

貯金を取り崩したり、しなければならないん・・ですが・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

・・

もう、お金も・・なくなりますし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
貯金も・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

これから、どうしていったらいいのか?っていう・・こういう人に対して、なにか対策はないものか?(相談者)

・・・

んん・・はい。(加藤諦三)

今日はあの、スタジオにですね。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
あの、弁護士の・・(加藤諦三)

坂井眞先生が、いらしてるので・・(加藤諦三)
ああ、はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい、よろしくお願いします。(相談者)
よろしくお願いします。(坂井眞)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. 今日の相談、正直怖いです。うちの旦那が普通の人で良かったとしみじみ思えた相談でした。これ相談者が相手の女性に電話したのが原因で、夫が変わったのではないんですよね。根っこにこういう性質を持っていたと考えていいのでしょうか。
    結婚当初から浮気をちょいちょいされてて、バレると開き直って兵糧攻めにしていく。まだ自分にお金があるうちに、相談者の方行動した方が良かったのでは。
    「金がないから離婚出来ない」と云う事は、この夫は妻のお金を引き出させようとしているって事なんでしょうか。もう妻を人とも思っていないんですよね。万に一つでも(この夫が元に戻ると云う云い方は当て嵌まらないと思うのですが)もし以前のような普通に会話が出来る夫になったとしたら、この相談者普通に生活して行けるんですかね。

  2. いつもありがとうございます。
    ひとつ教えていただきたいのですが、離れるべきなのはよくわかりますが、離婚となったら生活できない、と訴えていましたよね。離婚したら自分で働いていくことになるでしょうが、たぶんたいした仕事もないでしょう。
    こういう時は、人間、依存しないでどんな仕事でもして生きていくものだ、というのが前提というか人生の正解なのですね?

    • コメントありがとうございます。
      加藤先生風に言えば、大変、難しい云々って言うのかもしれませんが、自分はそう思います。
      ただ、それを余計なお世話だ、と言う人もいるでしょう。
      例えば、この相談者さんなら、『相手が、結婚当初のように、元のように、変わってくれるんだったら・・それが、一番いいことなんですけど』って言ってます。
      結婚当初から、経済的に支配され、浮気され、母親の元へ通ってから、家に帰ってくる生活であるのに、彼女は、こう表現してます。
      怒るということはなく、なにも口出しせず、優しい、普通の夫と。
      自分は、嫌ですけど、この相談者夫婦は、当時はお互いに幸せだったんでしょうね。
      縛られず、自由でいたいと、自分なら思いますけど、行き過ぎれば、自分勝手となりかねません。
      要は、それを前提にしておけば、フットワークが軽いぞ程度に思っておけば、いいんじゃないでしょうか?
      なんとか食べていけるぐらいの収入と、ちょっとした蓄えがあれば、思い切れる気もするんですけど。
      どうでしょう?ちょっとは答えになってますかね?

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.