テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年5月25日(木)は、加藤諦三&大迫恵美子。夫の両親からお金を無心され、キャッシングで借りて貸す。約束の分割返済の月にお金を返せないと言われ、自分達が代わりに払うことに。貸したお金を返さないだけでなく、かかってないはずの結婚式に使ったお金を請求される。両親から呼び出された夫、貸したお金を返してもらうと言っているが、これからの関係を断った方がいいのではないだろうか?
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:女性28歳 夫30歳 子供1歳 3人暮らし

加藤諦三氏の〆の言葉『解決は、修羅場を作ること』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

28歳の女性から、夫は30歳、1歳の子供の3人暮らし。

で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

夫の両親に無心され貸したお金

子供が、産まれる前に・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
主人の・・(相談者)
・・
両親から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
え・・(相談者)

ちょ・・一部の、借金を返済する為に・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

お金を・・(相談者)
・・・
ぇ・・貸して欲しいと言われて・・(相談者)

え・・(相談者)
あっ・・お父さんの方から・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたに・・お金を・・貸して欲しいということですね?(加藤諦三)

そうですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・主人の・・(相談者)

両親・・からですね。(相談者)
ん・・ご主人の、両親からね?・・はいはい。(加藤諦三)
はい・・から、主人の方に、連絡が入って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

「お金を貸して欲しい」という・・ことで、言われたんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたし・・は、ちょっと・・(相談者)

結婚・・式・・も・・(相談者)

えっと、子供が産まれてから・・(相談者)

控え・・てたので・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

そのお金もあるので、ちょっと・・貸すのは・・っていうふうに、躊躇していたんですが・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

主人的には・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

貸したいということで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・・

で、どのぐらいの額ですか?(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
ご主人の・・御両親が言ってきたのは?(加藤諦三)
・・
あっ、えっと、60万ですね。(相談者)
60万・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ・・(相談者)

あのぅ、返済を・・えっと、その・・貸した・・(相談者)

年の・・えっと・・(相談者)

5ヶ月後・・ぐらいから・・わたし達に、返済を・・少しずつ、してくれるっていう話しだったんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えっと、5ヶ月後になっても・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ちょっと、返済することができないと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
言われて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それから・・(相談者)

約束の、5ヶ月後から・・(相談者)
・・
えっと、半年ぐらいですかね?(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたし達が、代わりに返済を・・(相談者)

していったんですね。(相談者)
・・
その分を・・(相談者)

えーっと・・(相談者)
要するに、ご主人・・が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなた達のところでなくて、他所から・・(加藤諦三)

あっ、そうなんですよ、わたし達・・も、えっとその、結婚資金が・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
その・・が、あったので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えっと・・(相談者)
・・
両親・・に、貸す分は・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えっと・・キャッシングから、借りたんですよね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたし達が、代わりに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

なので、わたし達が・・(相談者)

えっと、両親・・(相談者)

が、返済できない・・(相談者)

分を・・(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
わたし達が、代わりに・・返すことになってしまって・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)
毎月、どのぐらい返してるんですか?(加藤諦三)

毎月・・2万円ですね。(相談者)
2万円ずつ返してるの?・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

返済が厳しい

で、それで・・(相談者)

・・

その後・・(相談者)

ぃ・・一時期・・から、返してくれるように・・(相談者)
&%$#(赤ちゃんの声)
なったんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

#$(赤ちゃんの声)
そのぅ、返してくれ・・(相談者)

て・・(相談者)

今から・・(相談者)

半年前くらいですかね?(相談者)
はい。(加藤諦三)
ぃ、えーっと・・わたし達、結婚式したんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
その結婚式の時・・に・・(相談者)
・・
また、お金がかかったからっていう理由で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

お金を返せないっていうふうに・・(相談者)

言われてしまって。(相談者)
・・
また・・(相談者)
結婚式をしてって、結婚、あなた達の結婚式ですよね?(加藤諦三)
あっ、そうなんですよ。(相談者)

なんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
なんか、その間に・・(相談者)

あ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
息子の結婚式だということで、親としては、いろんな出費あがあったということですね?(加藤諦三)

そうみたいですね、そこまで、お金をかけさせたつもりは、ないんですけど、わたし達で、全部やったので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

なんですが、お金は返せないということで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その時も、わたし達が、代わりに返済することになり・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

それからまた、結婚式の後に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

翌月からは、また、返してくれたんですけど・・(相談者)
・・
今月になって、また、返せないっていうことで、連絡が入ったような形なんですね。(相談者)
・・・
はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

なので、返してくれたり・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
返せなくなったりして・・(相談者)
・・
でも、今回は・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ほんとにもう・・(相談者)

駄目みたいで・・(相談者)
・・
結構、厳しいみたいで・・(相談者)
今回・・今回、ほんとに駄目っていうのは・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
ご両親の方が、返すのが、もう駄目っていうことですね?(加藤諦三)
はい・・はい・・はい。(相談者)
・・
でぇ・・(加藤諦三)

今、そうすると、駄目っていうことは、あなたが残りの・・(加藤諦三)

金額を、全部これから払・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

返さなければ・・(加藤諦三)
わなきゃいけなく・・なりそうな感じなんですよね。(相談者)

はいはいはい。(加藤諦三)

関係を切るか切らないか

でぇ・・(相談者)

主人・・に、連絡が今回入り・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
あの、主人・・(相談者)

が、ちょっと、遠方に・・えっと、主人の両親がいるので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その・・両親の所に・・(相談者)
・・
来てくれという、連絡が入ったんですよ。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

なので・・(相談者)
・・
行かな・・きゃ、いけないのか・・それとも・・もう・・(相談者)

お金を、あげたものだと思って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

諦め・・・て・・わたし達が返していって、もう、両親とは、連絡をとらない・・っていうように、した方がいいのか?(相談者)
うん。(加藤諦三)

主人は・・親の所に行って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
催促してくるとは、言うんですけど・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)

それが、正しいのか・・ちょっと、わからなくなってしまって、わたし達夫婦の・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)
だと・・(相談者)
今、そのぅ・・60万円のうちに・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
あの、残ってる借金っていうのは、いくらなんですか?(加藤諦三)

50万・・(相談者)

あぁ・・(加藤諦三)
弱、ありますね・・50万ぐらいは、ありますね、はい。(相談者)
まぁ・・はい。(加藤諦三)

・・

わかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そうすると・・問題は、アレですね、ご主人と、あなたの間でも・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
意見が、割れてるわけですね?(加藤諦三)
・・
はい、そうなんですよね、主人は、えっと、両親の所に行って、催促するべきだ・・っていうふうに、言ってますし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたしは・・もう・・主人の・・両親のとこに、主人が行ったところで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なにもできない・・しで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
わかってるから・・(加藤諦三)
思ってるんで、ちょっとあの、両親・・が・・(相談者)
&%$#(赤ちゃんの声)
ヒステリックに・・なりそう・・なので・・ちょっと、主人が行・・(相談者)

ったら、逆に、悪くなるんじゃないかな・・っていう・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

だから、あなたとしては・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

まあ、そんなような状態の中で、わたし達に、返してくれるはずないだろうと。(加藤諦三)

はい。(相談者)
これは、諦めようと・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・

だけど、ご主人は・・(加藤諦三)
ええ・・はい・・はい。(相談者)

話し合いに・・行きたい・・はい。(相談者)
その話しをね・・御両親との関係は、切りたくないということですね?(加藤諦三)

はい、みたいですね、でぇ・・返してもらうものは、返してもらいたいと・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
返してもらう・・たいものは、返してもらいたいと言いながら・・(加藤諦三)

本音の・・ところは、なんなんですかね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
本音のところは、やっぱり、両親との関係を、切りたくないというところがある?(加藤諦三)
そうだと思います・・(相談者)
そうですねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

すごく、難しい・・問題だと、思いますけれども・・(加藤諦三)
・・
今日は、スタジオに、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. いつもありがとうございます。
    ライブで聴いてましたが、きょうの大迫センセはちょっと
    いつもと違いましたね。ツイッターも荒れていました。

    ところで、まんなかあたりに相談者のひとりしゃべりになって
    いるようなところがございます。いつもすみません。

    • いつも、ありがとうございます。
      自分で、言うのもなんですが、多いですね。
      申し訳ないです。
      訂正しておきました・・・が、まだ、あるかも(汗)

  2. ja6whm(ジェイエイ シックス ダブリュウ エイチ エム)

     まぁ  今回は その金をくれてやったつもりで よく言われる「高い授業料」と思い 諦め 今後二度と 義父母とは お金の付き合いをしない事ですね その事を ご主人ともはっきり 申し合わせておくべきです、義父母のおかげで 自分らの過程が壊れたら元も子もありません。

     近い間柄であるほど 金銭貸借はするな!

  3. 管理人さんの云う通り奥さん旦那さんに親と離縁させたら、自分も旦那さんから離縁させられそうですね。これ反対の立場で自分の親との離縁迫られたら妻は夫を恨むでしょう。今は離婚してもすぐに次の相手とめぐりあえて、結婚とか同棲とか展開の早い時代ですが何が幸せなのかは分かりません。ところで、この旦那さんこれから大変ですね。自分の兄弟何人いるのか、両親の年代も分かりませんが一筋縄では行きませんね。親は本当のところは絶対隠すし、借金の整理に弁護士さんすぐ頼んだ方が良いですね。不思議と家族に隠しても弁護士さんとかにはスラスラ話すそうですよ。
    金利の高いところから借りてるでしょうから一日も早く手を付けた方が良いでしょうね。この旦那さんに兄弟がいるんなら皆で両親と対峙した方が良いと思います。取り敢えず頑張れですね。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.