テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年5月4日(水)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。20年前に離婚、子供達は独立して独り暮らしの68歳の女性から、亡くなった長男の小学6年生の男の孫についての相談。家から電車で10分、バスで20分の所に住んでいる元嫁と孫。シングルマザーとして、夜9時まで仕事をしており、土日休みでない。自身も生活の為に働いているので、独りきりの孫は、自分の家に泊まりに来たり、相談者が日曜に行ってご飯を作ったりする。孫が散歩をするからと言って犬を飼うも、散歩をしてないとか、父母面談で、宿題はやらないし提出物は出さないし、勉強もできないと言われ、ヒステリーを起こしたシングルマザーの元嫁、昔は蹴ったり髪を引っ張ったりしたが、今は「出ていけ」と言うそう。孫は泣いて「居させて欲しい」とお願いするとのこと、これが2ヶ月に1回、ある時、ヒステリーを起こした母親が、会社から帰って来なくて、心配になった孫が、普段は電話して来ないが、その時ばかりは電話してきて、母親の居場所を尋ねる。加藤諦三は、子供が深く傷つくと憂慮する。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:68歳女性 離婚して20年 子供は独立一人暮らし 長男は他界 長男嫁45歳 小学6年生男の孫

加藤諦三氏の〆の言葉『子供の心をより深く傷つけるのは、「出ていけ」より、「お母さん出て行く」です』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

68歳の女性から、離婚して20年、子供は独立して一人亡くして、独り暮らし。
亡くした長男の孫の件で相談したい。
孫は今現在、小学校6年生の男の子、元嫁さんは働いている。

ヒステリー

なかなか稼げないということで、夜遅くなる、どうしても9時過ぎに帰ってくるような仕事をしている。(相談者)
その間一人で、孫は待っていますので、悪く言えば自由時間があるわけです。(相談者)
ママはあれをしなさい、これをしなさいと言っていきますが、なかなかやりませんよね。(相談者)

それであと、寂しいからって犬を飼ったんですけど、そしたら結局、孫の・・犬の散歩もしないけど・・(相談者)
要するに、犬の散歩を、お孫さんがすることを期待して、飼った?(加藤諦三)
そうです、そういう約束で飼ったという・・まあ最初、みんなそうですよね、子供なんてね、子供がやるって言って飼いますけど、やりませんよね、だいたいがね。(相談者)

で、そうすると、やったという嘘をつくわけですね、孫が。(相談者)
で、それはやっぱり分かりますよね、嘘だって。(相談者)
何回もそういうことがあると・・元嫁が、ヒステリーを起こしちゃうわけですね。(相談者)

ヒステリー起こすとは、具体的に例えばどんな感じ?(加藤諦三)
小っちゃい時は手もあげたようですけど、蹴ったとか髪引っ張ったとかって聞きましたけど、今現在はさすがにないようですけど・・(相談者)
良くないなと思うのが、出てけって言うんですよね。(相談者)
ああ、家を出てけね。(加藤諦三)

そうすると孫は、やっぱりお母さんが大好きですから、ここに置いてくださいって、泣いて詫びるらしいんですよね。(相談者)
そんなことが、繰り返しっぽいので、お嫁さんに私は、そんな絶対に怒っても駄目よって言ってるんですけど、やっぱり、カーっときちゃうんでしょうね。(相談者)

孫からの話し

で、このお孫さんは、あなたが住んでるとこから、どの位離れて?(加藤諦三)
電車に乗って10分、バスで20分ですね。(相談者)
で、あなたは結構、行ってるわけ?(加藤諦三)

私はまだ独り暮らしですので、やっぱり、お仕事してますので・・(相談者)
あ、まだ仕事してるわけですか。(加藤諦三)
そうです、生活のためにね。(相談者)

だから、自分のお休みの時は、行って・・ちょっと、ま、軽い勉強みたり、食事を作ってあげたりとは、してたんですよね。(相談者)
で、どのぐらい行ってたわけ?週1回・・(加藤諦三)
何年間ってことですか?(相談者)

いや、週1回とか・・(加藤諦三)
あ、週に1回だけですね。(相談者)
あとは、お嫁さんの仕事上、土日がお休みじゃないので、孫が泊まりに来てました。(相談者)
あなたの所にね、土日はね。(加藤諦三)

それで今その・・なんか話し聞くと結構・・お母さんとこの・・お孫さんは、あんまり上手くいってないみたいですよね?(加藤諦三)
だって、お母さんから「出てけ」って・・(加藤諦三)
あ、結局、日頃はホラ・・アレ、あの・・そんなことはないんでしょうけど、結局あの・・うーん・・あの、まぁ、そういうことが、露呈すると・・ママがキレちゃうわけですね。(相談者)

帰って来ない母親

そいでこの前あの、父母面談の時に、提出物がない、宿題はやって来ない、そういうことを先生に、こんこんと言われたらしくて、勉強もちょっと、できないと、言われたらしくて、それでまたキレちゃったんですね。(相談者)
まあ、そうね、あの・・(加藤諦三)

そういうことも・・で、やってって、やるって、それの繰り返しでまた、ママがキレての繰り返しなんで。(相談者)
ですね、ママがこんなに一生懸命やってるの、どうして分かんないのよっていってキレるわけでしょ。(加藤諦三)

そうですね、本人も、お仕事も私はもう、遅くなってもご飯も食べずに・・とりあえず飛んで帰るのに、やっておいてってことは何もやんない。(相談者)
うん、で、この、まあ「出てけ」っていうような、繰り返しって言いましたけれど、こういう喧嘩っていうのは・・なに・・1ヶ月に1度や21度は・・(加藤諦三)
1ヶ月に1回はないですけど、2~3ヶ月に1ぺんはありますね。(相談者)

実は、あの、孫はあんまり私には連絡してこない・・タイプなんですけど、1回はあの・・そういう・・トラブルがあった後に、ママがもう「出てけ」って言ったけれども、孫は出て行きませんから、ママが遅くなるのに、何の連絡もないから、ママがどっか行っちゃったのかな?って孫から私に、心配の電話がありましたし。(相談者)

あ、それは凄い心配だね。(加藤諦三)
ええ、そうなんですよ。(相談者)
「出てけ」って言われるよりも、お母さんが出ていく方が、はるかに孫には大きいね。(加藤諦三)
そうです、そいでほら・・夜遅くにね、独りで待ってるわけですから、とても不安ですよね。(相談者)

それはね・・あのね、「出てけ」まではね、これはまぁ、耐える限界があるんだけれども、お母さん自身がそう言って出てっちゃうって事は、これはもう、孫にはもの凄いこたえます。(加藤諦三)

心の傷

うん、ただ結局は帰ってきたんですけど・・(相談者)
いや、結局は帰ってくるけど、その心の傷・・(加藤諦三)
そうなんですよ・・(相談者)
「出てけ」って言うのは、出てったって、そこにお母さんが居るのはわかるわけですよ。(加藤諦三)
ところが喧嘩して、お母さん出てっちゃうって言った時には、これはもう、どこにいるのか分かんないわけですから・・この心の傷っていうのは、もの凄いです。(加藤諦三)

これはもう、かなり深刻に残りますよ。(加藤諦三)
そうですよね。(相談者)
そういう、要するに繰り返しをしてるんでね、とても心配なんですよね。(相談者)
どういうふうに、アレしていったらいいか。(相談者)

なるほどね、わかりました 。(加藤諦三)
今日はスタジオに、心についてのエッセイストでお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク