テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年4月25日(火)は、今井通子&三石由起子。春から高校1年生になった15歳の男の子。学校が始まり3週間経つが不登校の状態。学校に行きたいが行けない、不登校の理由がわからないと悩む。中学1年の頃から、不登校気味で、楽しかった中2の修学旅行から帰ってきたら、疲れてしまい、学校へ行けなくなってしまった。3週間経てば、友達できないんじゃないかとか、勉強が進んでいくのが辛い。学校へ行きたい、行かなきゃいけないと思っているのに行けない状態、どうすればいいだろうか?
パーソナリティ:今井通子
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:15歳男の子(高校1年生) 父親50代 母親44~45歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

もしもし、テレフォン人生相談です。(今井通子)

あ・・もしもし?(相談者)
はい。(今井通子)

今日は、どういった、ご相談ですか?(今井通子)

不登校の理由がわからない

あの・・・今、不登校・・なんですけど。(相談者)
はい。(今井通子)

なんて言うか、高校、ま、あの、今年、入学して・・(相談者)
・・はい。(今井通子)

あの、休み始めて・・・もう、3週間目に・・(相談者)

・・・

入っちゃって・・(相談者)
・・はい。(今井通子)

・・・

ハァ・・中学2年・・(相談者)

の時に・・(相談者)
はい。(今井通子)

ぁ・・ちょうど、修学旅行の・・(相談者)

後・・に・・(相談者)

ちょい、休んでしまって・・(相談者)

はい。(今井通子)

んっと、まま・・(相談者)

ちゃんと、友達もいて・・(相談者)
・・うん。(今井通子)

まぁ、イジメられてた・・ってわけではなく。(相談者)
・・はい。(今井通子)

結局・・まぁ、不登校の理由が、わかんなくて・・(相談者)

はい。(今井通子)
でぇ・・(相談者)

・・・

友達からも・・不登校中に、「大丈夫?」って・・(相談者)

ま、メールで来て・・(相談者)
・・はい。(今井通子)

けど・・(相談者)

・・・

なんかもう・・どうでもいいやって、なっちゃって・・(相談者)
うん。(今井通子)

それで・・(相談者)

ちょっとまぁ、親子関係・・(相談者)

が、まぁ、ちょっと、ま、だいぶ悪くなってしまって。(相談者)
はい。(今井通子)

・・・

でぇ・・(相談者)

・・・

まぁ・・今、別に、修学旅行・・に、なにかあったというわけではなく・・(相談者)
はい。(今井通子)

まぁ、普通に楽しかったん・・ですね・・はい・・・あの・・(相談者)

はい?(今井通子)
で、親と喧嘩になってしまって・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、お母さんが、怒って・・(相談者)

あの、出て行ってしまって・・(相談者)

はい?(今井通子)

あの・・(相談者)

・・・

ま、出て行った後に、母・・から・・(相談者)
はい?(今井通子)
あの、「本当に、出ていい?」って「いい?」って、聞かれて・・(相談者)
はい。(今井通子)

で、なんか・・なに答えていいか、わからずに・・(相談者)

そのまま、無言でいたら・・(相談者)

はい。(今井通子)
で、なんか、切られて・・(相談者)
・・はい。(今井通子)

・・・

で、なんか本当に、最初は、ほんとに、数日で帰ってくるだろうと思ってたんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)

ま、今も、ちょっと帰ってきてなくて・・(相談者)
何週間ぐらい、帰ってきてないの?(今井通子)

ん・・っと・・ん、1週間・・ぐらいです・・ね。(相談者)
1週間ぐらい?(今井通子)

はい。(今井通子)

・・・

だから・・(相談者)

なんか、やっぱり・・高校に、あがる前に、なんか・・あの、中学で、不登校になって・・(相談者)
・・はい。(相談者)

やっぱり、結局、理由もわかんなくて・・(相談者)

・・・

・・・

底辺

まず・・あなた、今、いくつ?(今井通子)

あの、15歳です。(相談者)
15歳・・(今井通子)

お父さんは?(今井通子)

えっと・・(相談者)
あれ?(聞こえるか聞こえないかぐらいの小さな声)

えっと、あのぅ・・50・・代・・ですね。(相談者)
50代・・(今井通子)

お母さんは?(今井通子)

40・・5歳・・か、4歳で・・(相談者)
45歳・・はい。(今井通子)

でぇ・・中学の時に・・・そのぅ、修学旅行で、なにがあったわけじゃないんだけれど・・(今井通子)

その・・(今井通子)

修学旅行は、行ったの?・・行かなかったの?(今井通子)
行って・・(相談者)
うん、楽しかったのね?(今井通子)
でぇ・・(相談者)

楽しくて・・(相談者)
うん。(今井通子)
で、帰ってきてから・・(相談者)
うん。(今井通子)

やっぱり・・すごい疲れが・・が、あって、出てきて・・(相談者)
ぁ、疲れちゃったんだ?・・はい。(今井通子)

で、なんか、休んで・・(相談者)

うん?(今井通子)
なんか、なんか、突然・・(相談者)

やっぱり、ま、中学1年の頃から・・(相談者)
はい。(今井通子)

ま、逃げの体制に、入ってたっていうか・・(相談者)
・・うん。(今井通子)

ちょっと、1週間に1回、ちょこちょこ休んでしまって・・(相談者)
ええ。(今井通子)

なんかもう、無気力感っていうか、どうでもいいやって・・(相談者)
うーん・・(今井通子)

なんか、今までに・・感じたことない、なんて言うか・・(相談者)

すごいもう・・(相談者)

ま、もう、やる気が、おきなくて・・(相談者)

はい。(今井通子)

やっぱりなんか、テストでも、ちょっと順位が、発表されるんですけど。(相談者)
ええ?(今井通子)

やっぱり・・ま、順位を聞かれて・・聞かれて・・(相談者)
うん。(今井通子)

なんか、ちょっと・・答えたら、すごい馬鹿にされて・・(相談者)
うーん・・(今井通子)

だから、やっぱり・・ま、学力・・とか・・(相談者)
ぁ、順位が・・順・・中学校の時の、順位が、悪かったわけね?(今井通子)

はい、あの、ま、ほんとの・・まぁ、どこに行っても、ほんとの底辺という形で・・(相談者)

ま、その時は、やっぱり、ま、仲良しの友達が居たおかげで・・(相談者)
うん。(今井通子)

ま、なんとかカバーっていうか・・ま、それとあと、ちょこちょこ、休んでたおかげで・・(相談者)
うん。(今井通子)

ま、なんとか、行けたんですけど・・(相談者)
うん。(今井通子)

その・・(今井通子)
ま、やっぱり、が、まぁ、限界が来て・・(相談者)
えーっと、まず・・順位は・・どれぐらいだったの?(今井通子)

一番下?(今井通子)

下の、55人中・・(相談者)
うん。(今井通子)

ま、だいたい、そうですねぇ・・48位とか、51位とか。(相談者)

あ?・・55位じゃないの?(今井通子)

あぁ・・ま、一番下ではないんですね。(相談者)
うん。(今井通子)

じゃあ・・そのぅ、あなたより下の・・50・・・5位の人とか・・(今井通子)

ぁぁ、おそらく・・(相談者)
そういう人達は、不登校に、なってるの?(今井通子)

・・・

うん、まぁ、不登校は、何人かいて。(相談者)
うん。(今井通子)

あなたより、下の人?(今井通子)

やっぱり、僕が見る限りでも・・(相談者)

やっぱり、俺より下って・・不登校が、何人かいるんだなぁと思って。(相談者)

うん・・じゃあ・・あなたより、じゅ・・順位が上で、不登校になってる人は?(今井通子)

んっと、なんか・・ま、学年トップ・・(相談者)
うん。(今井通子)

の・・(相談者)

まぁ、ちょっと、同級生・・(相談者)
うん。(今井通子)

が、ちょっと、まぁ、なんか、いきなり・・まぁ、理由が、わかんなかったんですけど・・(相談者)
うん。(今井通子)

やっぱり、いきなり、不登校になっちゃって・・(相談者)
うん。(今井通子)

じゃあ、学年トップでも、不登校にはなってるのね?(今井通子)

・・・

はい、やっぱり、まぁ・・その・・その子の、ちっと、ま、家庭の事情を、ちょこちょこ聞いてもらった限りでは・・(相談者)
うん。(今井通子)

ま、やっぱり、なんか、100点が、常に求められていて・・(相談者)
うん。(今井通子)

90点以下とか、80点以下は、ちょっと、あり得ないっていう感じで・・(相談者)
うん。(今井通子)

100点とっても、なんのご褒美も、もらえずに・・(相談者)
うん。(今井通子)

だから、そういう感じで・・ま、厳しいんだなっていう印象は、持ちましたね。(相談者)
あぁ、なるほど。(今井通子)

・・・

はい・・(今井通子)

行かなきゃいけない

それで・・結局、今日は、どういう、ご相談をしたいわけ?(今井通子)

・・・

ほんとになんか・・(相談者)

・・・

もう、3週間も休んでしまって。(相談者)
うん。(今井通子)

・・・

ほんとに・・なんか、もう、もう、友達できないんじゃないかと思って。(相談者)
あっ、そっちの方?(今井通子)

いやなんか、そういうのもあるんですけど・・(相談者)
うん。(今井通子)

やっぱりなんか、そういう授業・・んっと、3週間も経てば、さすがに、まあ、授業も・・進むし・・(相談者)

・・・

やっぱり・・友達関係も、いろいろ、できてるだろうし・・(相談者)

うん、そうですね。(今井通子)
やっぱり、なんか・・(相談者)
そうすると・・(今井通子)
なんか、今も、また・・外に出るのが、なんか、辛くなっちゃって。(相談者)
と・・・うん。(今井通子)

友達関係の方と・・それから・・勉強に、追いついていかないんじゃないかっていう、不安?(今井通子)

あとは、外・・ですね。(相談者)

うん、えっ?(今井通子)

外って、なに?(今井通子)
ん、やっぱり、・・(相談者)
外に出たく・・(今井通子)
外・・外に出ることが・・(相談者)
怖い?(今井通子)

やっぱりまだちょっと、怖いので・・(相談者)
怖いのね?(今井通子)

はい・・(今井通子)
はい。(相談者)

うん・・・なんとか、自分は、学校に、行きたいんだよね?(今井通子)

・・・

行きたいっていうより・・行かなきゃいけないっていうか・・(相談者)
あ・・行か・・ん、わかった・・うん。(今井通子)

行きたいというよりは、行かなきゃいけないと、思っているんだけれども、行けない状態なのよね?(今井通子)

ぁぁ・・はい。(相談者)
はい・・わかりました。(今井通子)

今日は、三石メソッド主宰で・・作家で翻訳家の、三石由起子先生が、いらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)

先生、よろしくお願いします。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク