テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年11月18日(金)は、今井通子&最上雄基。夫は自営業で従業員数名を雇い、自身も手伝っている相談者。遠方の母が急に余命宣告され、看取りたい3ヶ月行き来を続け、夫から「どうすんねん?」と言われる。自身の意思で戻ったところ、母が息を引き取る。自分で決めたことだが、死に目に会えず夫を逆恨み。母を思い出しては後悔が膨らむ。酒にのまれる自分を鼻で笑って見ている夫。母を思うたび、夫の影を思い出し、ムカっとして向き合えなくなる。離婚、別居は考えていないが・・・

パーソナリティ:今井通子
回答者:最上雄基(心理療法研究)
相談者:53歳女性 夫55歳(自営業) 二人暮らし 長女28歳 長男23歳(学生で外に出ている)

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

53際の女性から、母の死をきっかけに、どうしても、主人との、この向き合い方が、なかなか巧くできなくなってしまって・・そこから、お酒の方に、ちょっと、行ってしまってるっていう自分を、なんとかできないかな、と思いまして・・

なるほど・・えー、あなたは、おいくつですか?(今井通子)
53歳です。(相談者)
53歳・・ご主人は、おいくつ?(今井通子)
55歳です。(相談者)
55歳・・お子さん、いらっしゃいます?(今井通子)
はい、二人おります・・長女が28歳で・・(相談者)
はい。(今井通子)
長男が、23歳です。(相談者)
23歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ、ご長女、ご長男・・あ、ご長男まだ、お家にいらっしゃいますよね?(今井通子)
あ、いえ、学生ですけども、ちょっと家から離れて・・るんで、あのぅ・・(相談者)
あっ・・(今井通子)
今、家におりません・・家には、もう主人と二人だけです。(相談者)
あの・・(今井通子)

母の死をって、おっしゃったんだけど、その、お母様は・・(今井通子)
はい。(相談者)
あなたの、お母様?・・それとも、義理のお母様?(今井通子)

私の、実の・・はい、母親です。(相談者)
実のお母様も、その前は、一緒に生活されてたの?(今井通子)
いえ、まぁ、実家の方、遠くにあるんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)
はい・・あの・・(相談者)

あ、実家・・ご実家、遠いのね?(今井通子)
はい。(相談者)
じゃあ、お母様は、そっちで生活して・・されてたのね?(今井通子)
そうですね、はい。(相談者)
はい。(今井通子)
両親共が・・はい。(相談者)

あのぅ、お父様、じゃあまだ、生きてらっしゃるの?(今井通子)
いえ、父もその後、母の後・・はい、数年後に・・あの、亡くなりました。(相談者)

死に目に会えなくて

ご存命だった頃の、お母様が・・(今井通子)
はい。(相談者)
遊びに来られたりとか・・(今井通子)
はい。(相談者)
なんかこう・・えー、直接的な、関わりがあったの?(今井通子)

それは・・あのぅ・・そういうことではなくて、母の死が、突然だったんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

ま、余命の宣告をされる・・状態にあって・・(相談者)
はい。(今井通子)
で、それで私も、それまで、ホントに・・あのぅ、普通に関わってたもんが、一変してしまったので・・(相談者)
はい。(今井通子)

私自身が・・なんとかして、そのぅ・・母の死を看取り・・看取りたいっていうか、ま、傍にいといてあげたいっていう思いがあって・・(相談者)

ホントに、頭を下げて、「お願いします」っていうことで・・3ヶ月間の間を・・ま、今のぅ・・現、あの、住まいの所と、遠方の母の所を、行ったり来たりを、させてもらったんです。(相談者)

まあ、ホントは、やっぱり、あのぅ・・自営をしてますし、まあ、数人雇って・・もおりましたので・・「どうすんねん?」「どうすんねん?」っていうふうに、あの、迫られて・・(相談者)

私の、あの、片や母の担当の先生からは・・よくもって、あと何日ですよ、何日ですよっていうのを、あの、言われつつ・・結局、私は・・帰ってしまったんですね。(相談者)

あの、仕事の方にっていうか・・それで・・(相談者)
はい。(今井通子)

それを、やってる最中に・・母が、息を引き取ったんですけども・・(相談者)

なるほど・・(今井通子)
その時に・・決めたのは、私なんですけども・・何故もっと、あの時に、とかっていう思いが、どんどん、どんどん膨らんでしまいまして・・(相談者)

「なぜ、あの時あなたは、ひと言、言ってくれなかったの?」みたいな・・部分で、主人がどうしても、ついてくるっていうか・・(相談者)

要は、死に目に会えなく・・お母様の死に目に会えなかったのは・・(今井通子)
はい。(相談者)
夫のせいだっていう・・(今井通子)
そうですね。(相談者)
のが、ちょっとあるわけでしょ?(今井通子)
ありますね、はい。(相談者)

でも、一方で自営をやってらして・・(今井通子)
はい。(相談者)
あなたがいないと・・(今井通子)
うん。(相談者)
仕事は、回らなかったわけでしょ?(今井通子)

・・・そうですね、はい。(相談者)
うん。(今井通子)

お酒にのめり込む

で、その後、ギクシャクっていうのは・・(今井通子)
はい。(相談者)
えー、どういう面で、ギク・・あ、実際の生活上、ギクシャクしてんですか?(今井通子)

あっ・・まぁ・・もう、ホントに・・数か月で、もうそろそろ、なんとかしろよみたいな感じのことを言われたりとか・・(相談者)

それともう、強く・・叱責されたりとかっていうことが・・どんどん、どんどん、重なってきて、私の中では、もう・・結局、母ともそういう・・思いから、まだ全然・・立ち直れて無かった時でしたんで・・(相談者)

それが、ずーっと・・どんどん、こう、傷がっていうか、溝が深くなってきたっていうのは・・あるんじゃないかなと思うんです。(相談者)

で、その時に・・お酒っていうのに・・どんどん、私もどんどん、のめり込んでいってしまってましたので・・(相談者)

朝昼晩、考えて、いつ頃から・・(今井通子)
はい。(相談者)
1日に・・(今井通子)
はい。(相談者)

何を、どれぐらいの量、飲まれるの?(今井通子)
ビールを飲ん・・まあ、あのぅ・・3、4本いって・・まあ、焼・・焼酎とかそういった方に、いって・・で、ウイスキーで・・っていうふうになるんです。(相談者)

それまぁ、焼酎も・・あのぅ、ロックで1、2杯・・ウイスキーも、ロックで1、2杯・・(相談者)

一人で飲むの?(今井通子)
はい。(相談者)

ご主人が、夕食が・・えー、必要な時に・・(今井通子)
はい。(相談者)
既にビール、焼酎、ウイスキーとか・・(今井通子)
はい。(相談者)

飲み終わっていて・・(今井通子)
はい。(相談者)
この・・ご主人に、食事は、作ってあげない?(今井通子)

あげません。(相談者)

うん、あの・・この、お母様の死をきっかけに・・(今井通子)
はい。(相談者)
お酒にのめり込んでから・・(今井通子)
はい。(相談者)

食事を作ってあげなくなったのか・・(今井通子)
はい。(相談者)
それとも・・前々から、お互いに、お互いの食事は、自分達でやりましょうと・・(今井通子)
はい。(相談者)
いうふうにしてたのか、どっち?(今井通子)

えっ、あのぅ・・前者の方です・・きっかけにです。(相談者)
あっ、じゃあその前は・・あの、夕食は、作ってあげてたの?(今井通子)
あ、もう、ちゃんとやってました。(相談者)
なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

そうすると、その、今・・夕食を作ってあげないことについて・・(今井通子)
はい。(相談者)
ご主人からは、クレームは、出てますか?(今井通子)
出てません。(相談者)

じゃあ、ご主人、どっちでも良かったんだ。(今井通子)
なんでしょうね・・もう、鼻でわ、あしら・・笑ってるってうか・・はい・・飲んでる、私を、見てます、はい。(相談者)
なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

夫との向き合い方

あなたは、そうすると、今日は、何をご相談したいんですか?(今井通子)
そうですね、母を、思い出す度に、主人の影が、浮かんでくるんですけれども、でも、もう、母は、この世におりませんし・・現実に、主人と、どう彼と向き合っていったらいいんだろうっていうのが・・(相談者)

それは・・別居したいとか、別れたいとかっていう・・そういう話し?(今井通子)
いえ、それはしません。(相談者)

じゃ、それはしないんだけど、じゃ、あ、あんまり会いたくない?(今井通子)
あ、そうです。(相談者)

なるべく、会わないようにしたい?(今井通子)
そ、その方が、心が穏やかにいられるので・・(相談者)

うん、顔は合わせると、ムカっとしちゃうっていうことね。(今井通子)
それもありますね。(相談者)
うん。(今井通子)
はい。(相談者)

じゃあ、それを・・な、そういう方法は、ないか?っていう話し?・・それとも、その、ムカっとしちゃう方を、直したい?・・どっち?(今井通子)

ムカっと・・しちゃう方を、直したい方ですね。(相談者)
ムカっと、しないようにしたい?(今井通子)
そうですね、あの・・(相談者)
わかりました。(今井通子)
はい。(相談者)

今日はですね・・(今井通子)
はい。(相談者)
心理療法研究の、最上雄基先生がいらしてますので・・(今井通子)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います、先生・・(今井通子)
ありがとうございます。(相談者)
よろしくお願いします。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク