母は心の中に生きている

テレフォン人生相談
%e5%bf%83%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%ab

テレフォン人生相談2016年11月18日は、今井通子&最上雄基。夫は自営業で従業員数名を雇い、自身も手伝っている相談者。遠方の母が急に余命宣告され、看取りたい3ヶ月行き来を続け、夫から「どうすんねん?」と言われる。自身の意思で戻ったところ、母が息を引き取る。自分で決めたことだが、死に目に会えず夫を逆恨み。母を思い出しては後悔が膨らむ。酒にのまれる自分を鼻で笑って見ている夫。母を思うたび、夫の影を思い出し、ムカっとして向き合えなくなる。離婚、別居は考えていないが・・・

テレフォン人生相談2016年11月18日(金)
パーソナリティ:今井通子
回答者:最上雄基(心理療法研究)
相談者:53歳女性 夫55歳(自営業) 二人暮らし 長女28歳 長男23歳(学生で外に出ている)

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

53際の女性から、母の死をきっかけに、どうしても、主人との、この向き合い方が、なかなか巧くできなくなってしまって・・そこから、お酒の方に、ちょっと、行ってしまってるっていう自分を、なんとかできないかな、と思いまして・・

なるほど・・えー、あなたは、おいくつですか?(今井通子)
53歳です。(相談者)
53歳・・ご主人は、おいくつ?(今井通子)
55歳です。(相談者)
55歳・・お子さん、いらっしゃいます?(今井通子)
はい、二人おります・・長女が28歳で・・(相談者)
はい。(今井通子)
長男が、23歳です。(相談者)
23歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ、ご長女、ご長男・・あ、ご長男まだ、お家にいらっしゃいますよね?(今井通子)
あ、いえ、学生ですけども、ちょっと家から離れて・・るんで、あのぅ・・(相談者)
あっ・・(今井通子)
今、家におりません・・家には、もう主人と二人だけです。(相談者)
あの・・(今井通子)

母の死をって、おっしゃったんだけど、その、お母様は・・(今井通子)
はい。(相談者)
あなたの、お母様?・・それとも、義理のお母様?(今井通子)

私の、実の・・はい、母親です。(相談者)
実のお母様も、その前は、一緒に生活されてたの?(今井通子)
いえ、まぁ、実家の方、遠くにあるんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)
はい・・あの・・(相談者)

あ、実家・・ご実家、遠いのね?(今井通子)
はい。(相談者)
じゃあ、お母様は、そっちで生活して・・されてたのね?(今井通子)
そうですね、はい。(相談者)
はい。(今井通子)
両親共が・・はい。(相談者)

あのぅ、お父様、じゃあまだ、生きてらっしゃるの?(今井通子)
いえ、父もその後、母の後・・はい、数年後に・・あの、亡くなりました。(相談者)

死に目に会えなくて

ご存命だった頃の、お母様が・・(今井通子)
はい。(相談者)
遊びに来られたりとか・・(今井通子)
はい。(相談者)
なんかこう・・えー、直接的な、関わりがあったの?(今井通子)

それは・・あのぅ・・そういうことではなくて、母の死が、突然だったんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

ま、余命の宣告をされる・・状態にあって・・(相談者)
はい。(今井通子)
で、それで私も、それまで、ホントに・・あのぅ、普通に関わってたもんが、一変してしまったので・・(相談者)
はい。(今井通子)

私自身が・・なんとかして、そのぅ・・母の死を看取り・・看取りたいっていうか、ま、傍にいといてあげたいっていう思いがあって・・(相談者)

ホントに、頭を下げて、「お願いします」っていうことで・・3ヶ月間の間を・・ま、今のぅ・・現、あの、住まいの所と、遠方の母の所を、行ったり来たりを、させてもらったんです。(相談者)

まあ、ホントは、やっぱり、あのぅ・・自営をしてますし、まあ、数人雇って・・もおりましたので・・「どうすんねん?」「どうすんねん?」っていうふうに、あの、迫られて・・(相談者)

私の、あの、片や母の担当の先生からは・・よくもって、あと何日ですよ、何日ですよっていうのを、あの、言われつつ・・結局、私は・・帰ってしまったんですね。(相談者)

あの、仕事の方にっていうか・・それで・・(相談者)
はい。(今井通子)

それを、やってる最中に・・母が、息を引き取ったんですけども・・(相談者)

なるほど・・(今井通子)
その時に・・決めたのは、私なんですけども・・何故もっと、あの時に、とかっていう思いが、どんどん、どんどん膨らんでしまいまして・・(相談者)

「なぜ、あの時あなたは、ひと言、言ってくれなかったの?」みたいな・・部分で、主人がどうしても、ついてくるっていうか・・(相談者)

要は、死に目に会えなく・・お母様の死に目に会えなかったのは・・(今井通子)
はい。(相談者)
夫のせいだっていう・・(今井通子)
そうですね。(相談者)
のが、ちょっとあるわけでしょ?(今井通子)
ありますね、はい。(相談者)

でも、一方で自営をやってらして・・(今井通子)
はい。(相談者)
あなたがいないと・・(今井通子)
うん。(相談者)
仕事は、回らなかったわけでしょ?(今井通子)

・・・そうですね、はい。(相談者)
うん。(今井通子)

お酒にのめり込む

で、その後、ギクシャクっていうのは・・(今井通子)
はい。(相談者)
えー、どういう面で、ギク・・あ、実際の生活上、ギクシャクしてんですか?(今井通子)

あっ・・まぁ・・もう、ホントに・・数か月で、もうそろそろ、なんとかしろよみたいな感じのことを言われたりとか・・(相談者)

それともう、強く・・叱責されたりとかっていうことが・・どんどん、どんどん、重なってきて、私の中では、もう・・結局、母ともそういう・・思いから、まだ全然・・立ち直れて無かった時でしたんで・・(相談者)

それが、ずーっと・・どんどん、こう、傷がっていうか、溝が深くなってきたっていうのは・・あるんじゃないかなと思うんです。(相談者)

で、その時に・・お酒っていうのに・・どんどん、私もどんどん、のめり込んでいってしまってましたので・・(相談者)

朝昼晩、考えて、いつ頃から・・(今井通子)
はい。(相談者)
1日に・・(今井通子)
はい。(相談者)

何を、どれぐらいの量、飲まれるの?(今井通子)
ビールを飲ん・・まあ、あのぅ・・3、4本いって・・まあ、焼・・焼酎とかそういった方に、いって・・で、ウイスキーで・・っていうふうになるんです。(相談者)

それまぁ、焼酎も・・あのぅ、ロックで1、2杯・・ウイスキーも、ロックで1、2杯・・(相談者)

一人で飲むの?(今井通子)
はい。(相談者)

ご主人が、夕食が・・えー、必要な時に・・(今井通子)
はい。(相談者)
既にビール、焼酎、ウイスキーとか・・(今井通子)
はい。(相談者)

飲み終わっていて・・(今井通子)
はい。(相談者)
この・・ご主人に、食事は、作ってあげない?(今井通子)

あげません。(相談者)

うん、あの・・この、お母様の死をきっかけに・・(今井通子)
はい。(相談者)
お酒にのめり込んでから・・(今井通子)
はい。(相談者)

食事を作ってあげなくなったのか・・(今井通子)
はい。(相談者)
それとも・・前々から、お互いに、お互いの食事は、自分達でやりましょうと・・(今井通子)
はい。(相談者)
いうふうにしてたのか、どっち?(今井通子)

えっ、あのぅ・・前者の方です・・きっかけにです。(相談者)
あっ、じゃあその前は・・あの、夕食は、作ってあげてたの?(今井通子)
あ、もう、ちゃんとやってました。(相談者)
なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

そうすると、その、今・・夕食を作ってあげないことについて・・(今井通子)
はい。(相談者)
ご主人からは、クレームは、出てますか?(今井通子)
出てません。(相談者)

じゃあ、ご主人、どっちでも良かったんだ。(今井通子)
なんでしょうね・・もう、鼻でわ、あしら・・笑ってるってうか・・はい・・飲んでる、私を、見てます、はい。(相談者)
なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

夫との向き合い方

あなたは、そうすると、今日は、何をご相談したいんですか?(今井通子)
そうですね、母を、思い出す度に、主人の影が、浮かんでくるんですけれども、でも、もう、母は、この世におりませんし・・現実に、主人と、どう彼と向き合っていったらいいんだろうっていうのが・・(相談者)

それは・・別居したいとか、別れたいとかっていう・・そういう話し?(今井通子)
いえ、それはしません。(相談者)

じゃ、それはしないんだけど、じゃ、あ、あんまり会いたくない?(今井通子)
あ、そうです。(相談者)

なるべく、会わないようにしたい?(今井通子)
そ、その方が、心が穏やかにいられるので・・(相談者)

うん、顔は合わせると、ムカっとしちゃうっていうことね。(今井通子)
それもありますね。(相談者)
うん。(今井通子)
はい。(相談者)

じゃあ、それを・・な、そういう方法は、ないか?っていう話し?・・それとも、その、ムカっとしちゃう方を、直したい?・・どっち?(今井通子)

ムカっと・・しちゃう方を、直したい方ですね。(相談者)
ムカっと、しないようにしたい?(今井通子)
そうですね、あの・・(相談者)
わかりました。(今井通子)
はい。(相談者)

今日はですね・・(今井通子)
はい。(相談者)
心理療法研究の、最上雄基先生がいらしてますので・・(今井通子)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います、先生・・(今井通子)
ありがとうございます。(相談者)
よろしくお願いします。(今井通子)

【おすすめ記事】



最上雄基アドバイス

よろしくお願いします。(最上雄基)
はい、よろしくお願いします。(相談者)

きっかけ

えー、ちっとあのぅ、あなた達が、この後、生きていくにしても・・(最上雄基)
はい。(相談者)

夫婦であれば、何十年もまだ、いくわけじゃないですか・・(最上雄基)
はい、はい、はい。(相談者)

お母さんが、お父さんがって、次々ね、こういうことがあれば・・(最上雄基)
はい。(相談者)

もう、ホントにね・・自分でもいろいろ、気の抜けていくっていうかね・・(最上雄基)
はい。(相談者)

いろんなことを思い返たりって、時間が長くなると思うんですよ。(最上雄基)
はい。(相談者)

え、だけど、だからこそ、これからはもう、今も、二人暮らしなわけでしょ?(最上雄基)
はい。(相談者)

でしたら、これからはもう、夫婦二人で生きていくわけじゃないですか・・(最上雄基)
はい。(相談者)

ねぇ、そうしたら、ここから・・もう一度・・イチからって気持ちでね・・(最上雄基)
はい。(相談者)
やり直して・・お、お父さんも、お母さんもない、本当に、ただ、自分達一人だけ、自立した人間同士、大人同士で・・(最上雄基)
はい・・はい。(相談者)

もう一度って・・やっていかないとね・・(最上雄基)
はい。(相談者)
今後の幸せ、ありますか?(最上雄基)

・・・

そう、そうですね・・(相談者)

あの・・今すごく、いいきっかけだと思います、僕は。(最上雄基)

よく考えて・・いくために・・(最上雄基)
うん・・はい、はい。(相談者)

夫婦の形

ここで・・(最上雄基)
はい。(相談者)
ああ、なんか、こういうことが、大事な時に、こんなことが起こったってことは・・(最上雄基)
はぁい・・(相談者)

なんか、今までの・・この旦那との付き合い方が・・(最上雄基)
はい。(相談者)
なんか、おかしかったなって・・(最上雄基)
そうですね。(相談者)

もうちょっと、どうしたらいいのかなって・・(最上雄基)
はい。(相談者)
考えて・・(最上雄基)
はい。(相談者)

こういうふうにして行った方がいい、な、何、どうすればじゃあ、巧くいくんだろうとかね・・(最上雄基)
はい。(相談者)

今までの、付き合いは、どうだっただろうって、振り返って・・(最上雄基)
ええ、ええ・・ええ、ええ。

きちんと、イチから・・やり直すっていうかね・・(最上雄基)
はい。(相談者)
人間誰でも、間違いますから。(最上雄基)
はい。(相談者)

間違って、巧くいかなくなったら・・(最上雄基)
はい。(相談者)
気付けはいいわけですから。(最上雄基)
はい。(相談者)

今、こうなってるってことは・・(最上雄基)
はい。(相談者)
気付けたってことですから。(最上雄基)

ああ・・はい・・(相談者)

自分自身の理想の・・形・・を・・(最上雄基)
はい・・はい。(相談者)
作る・・ためにね・・(最上雄基)
はい。(相談者)

私、本当は、こうしたいっていうことを・・(最上雄基)
はい。(相談者)
そういうもん、なんかこう、新たなね・・(最上雄基)
ええ。(相談者)

夫婦の形を作って、で、今後は・・(最上雄基)
ええ。(相談者)
もっと、幸せになってもらいたいと、思いますよ・・二人だけなんですからね。(最上雄基)
うん、うん・・はい。(相談者)

すいません、先生、よろしくお願いします。(最上雄基)

今井通子まとめ

はい・・おわかりいただけましたか?(今井通子)
はい。(相談者)

かなりいい人

ふん。(今井通子)
今す・・ちゃんと・・(相談者)
うん?(今井通子)
気持・・自分の・・気持ちを、自分の言葉で・伝えて・・彼が、それを、どう受取ってくれたかも、ちゃんと、確かめられるように・・言えるように・・(相談者)

うん。(今井通子)
なりたいです。(相談者)
こん、今後ね。(今井通子)
はい。(相談者)
うん。(今井通子)
はい。(相談者)

でもねぇ、お話し伺ってて・・(今井通子)
はい。(相談者)

なんか、お母さん亡くなっちゃってすごい、しょげちゃってる・・あなたを・・(今井通子)
はい・・はい。(相談者)

3ヶ月は、何にも言わないで、そろそろ、立ち上がってくれよって・・(今井通子)
はい。(相談者)
言った、ご主人は・・(今井通子)
はい。(相談者)

かなりいい人だと思う、私は。(今井通子)

そうですか?・・そうですかっていうか、そ・・はい、はい。(相談者)

悲しみが急に増す

うん、ただね・・(今井通子)
あ、そうです・・はい。(相談者)

実際に・・(今井通子)
はい。(相談者)
非常に親しい、身近な人間?・・親戚、あの、えーっと、家族、親戚じゃなくったとしても・・(今井通子)
はい、はい。(相談者)

・・を、亡くすと、人間って、半年ぐらいは、元に戻れないのよね。(今井通子)

・・・

はあ・・あ、そうですね、私は・・(相談者)
むしろ・・(今井通子)
はい。(相談者)
そのぅ、えーっと、亡くなった事へのショック・・で、初めのうちは・・(相談者)
はい。(相談者)

興奮してるんだけど・・(今井通子)
はい、はい。(相談者)
半年ぐらい経つと、しみじみと、考えるようになって・・(今井通子)
はい。(相談者)

そうすると、悲しみが急に、増してくるんですよ。(今井通子)
そうです・・(相談者)
うん。(今井通子)

心の中では生きている

だから・・経験のない人は・・(今井通子)
はい。(相談者)
3ヶ月くらい経ったら、そろそろ立ち直って欲しいなって、思うわけよ。(今井通子)
あはっ(笑う)・・(相談者)

3日、3週間、3ヶ月、3年みたいな・・(今井通子)
はい、へへ・・(相談者)
日本には、なんとなく、けじめがあるから。(今井通子)
はい。(相談者)

だけど、多分・・半年ぐらい経ってから・・すっごい、寂しくなっちゃったって・・(今井通子)

そうですね、はい(涙声)。(相談者)
あるんだと思うの。(今井通子)
はい。(相談者)

で、そんな時、どうするか?(今井通子)

はい。(相談者)

亡くなった人は、生き返らないし・・(今井通子)
はい。(相談者)
たとえば・・死に目に会って、お葬式もちゃんと出してあげたとしても・・(今井通子)
はい。(相談者)

その悲しみは・・(今井通子)
はい。(相談者)
絶対に、癒えないので・・(今井通子)
はい。(相談者)

その時は・・(今井通子)
はい。(相談者)
自分が生きている限り・・(今井通子)
はい。(相談者)

その・・亡くなった方・・は・・(今井通子)
はい。(相談者)
自分の心の中では、生きている。(今井通子)
あ、はい。(相談者)

と、思い込む。(今井通子)
はい。(相談者)
っていうか・・思い出したい時に、いつでも、自分の心の中で・・その人との、こう、あの自分との間がね・・(今井通子)
はい。(相談者)

一番いい時を、思い出すんですよ。(今井通子)

・・ああ・・あ、はい。(相談者)

毎日考えていなかったのに

そうやって、自分の心を癒すっていう方法があるので・・(今井通子)
はい。(相談者)

日常生活は、すっぱり思い切って・・(今井通子)
はい。(相談者)

えー、だって・・ご存命だった時に、お母さんのこと、毎日、考えてたわけじゃないでしょ?(今井通子)

・・そうなんです、そうなんです(泣きながら)・・(相談者)
うん。(今井通子)
はい。(相談者)
うん。(今井通子)
亡くなってからは、毎日・・(相談者)
そう。(今井通子)
考えどおしですね、はい。(相談者)

そう、おかしいじゃない、それって?(今井通子)

もっと生きてる時に、考えてあげれば良かったじゃない。(今井通子)
そうですよねぇ、ホントに、そう思います。(相談者)

でも・・生きてる時には、考えないで、お互いに・・(今井通子)
はい。(相談者)
生きていられるんだけど・・(今井通子)
はい。(相談者)

亡くなっちゃったら、生きてる方が・・どうも、亡くなっちゃった人の方・・ことをずっと、考えるようになっちゃうので・・(今井通子)
はい。(相談者)
うん。(今井通子)

その、考えるのを・・毎日ずーっと、考えるではなく・・(今井通子)
はい。(相談者)

自分の心の中には生きてるから、いつでも取り出せるってふうに、思い込むっていうか、思えば・・(今井通子)

うん。(相談者)

夢に出てきた時とか・・(今井通子)
はい。(相談者)

それから、たまに何か、やった時に・・(今井通子)
はい。(相談者)
ふっと・・(今井通子)
はい。(相談者)

あ、お母さんだったら、こういうふうにしたよなぁっとか・・(今井通子)
はい。(相談者)

うん、そういう方向に、切り替えていくことが、できると思います。(今井通子)

はい。(相談者)

しまっておく

できるかな?(今井通子)

・・・え、今も・・今でもずっと毎日、毎日・・呼ぶんです、私。(相談者)
うん。(今井通子)
母の事を・・(相談者)
うん。(今井通子)

うん、呼ばないと、落ち着けないところも、あるのかもしれないんですけど。(相談者)
うん。(今井通子)

今度逆に・・じゃあ逆にちょっと、しまっときなさいっていうことですよね?(相談者)
そうです。(今井通子)

もう、だって、毎日会ってたわけじゃないし・・(今井通子)
はい。(相談者)
一緒に住んでたわけじゃないんだから・・(今井通子)
ええ。(相談者)

その、ご存命の頃に、会ったぐらいのペース?(今井通子)
はい。(相談者)
うん、ご存命の時に、電話したぐらいのペースで・・思い出してあげるのが、あなたの日常生活なんだから。(今井通子)

ああぁぁ・・(相談者)

そっか・・(相談者)
でしょ。(今井通子)
そっか・・そうですね。(相談者)
うん。(今井通子)

その上では、あなたが、生きてる限り、心の中で、お母さん生きてんだから・・(今井通子)
はい。(相談者)

いいですよね?(今井通子)
そうですね、はい。(相談者)
うん。(今井通子)
うん。(相談者)

いい人に決まっている

で、あとは、ご主人は、いい人。(今井通子)

ふふふふ・・(今井通子)

いい人?(相談者)
うん。(今井通子)

ありがとうございます(蚊の鳴くような声で)。(相談者)

いい人なんですね(笑いながら)?(相談者)
うん、わかった?(今井通子)
はい・・人に言われて、気付くのも・・恥ずかしいですわ・・はい。(相談者)
うふふふふ・・(今井通子)

だって、お酒飲んで、ぐだぐだしてるのを、ふふっと笑って、通り抜けてくれる旦那なんて、いい人に決まってるじゃない。(今井通子)

ホントは、ご飯作って欲しいのにさ!(今井通子)

そうですか・・(相談者)
うん。(今井通子)
はい。(相談者)

おわかりいただけましたでしょうか?(今井通子)
あっ、はい、わかりました。(相談者)
はい。(今井通子)
どうも、ありがとうございます。(相談者)
はぁい、どうもぅ・・(今井通子)
ありがとうございました。(相談者)
はい、失礼しまーす。(今井通子)
失礼します。(相談者)

管理人のちょっとひと言

えっ?最上さん、どうした?
加藤先生と組んでる時と、違うじゃない?
これ、伝わったん?

それにしても今井先生、素晴らしいです。
相談者が、納得する的確なアドバイス。
1回聞いて、スッと、頭の中に入ってきました。

こういう、難解でない、わかりやすく、実践しやすいアドバイスっていいですよね。
どれだけ正論を言っても、伝わらなければ言ってないも同然。
ちょっと沁みたんだけど・・・苦言を一つ。

お医者さんとして、お酒への依存のアドバイス。
なかったですね。
これ、失点だと思うんですが・・・

だって、相談者さん、お酒抜けてないですよね。
違います?
なんか、聞いてて、酒臭さが臭ってきそうで・・・

自分が下戸なので、酔っ払いに過剰に反応してるのかもしれませんが。
なんとなく、お酒の勢い借りてる感じを受けました。

そっち、やばくないっすか?

スポンサーリンク

コメント

  1. 親の死に目に会えない人って大勢いると思いますよ。何らか事情で、いくら近距離に住んでいてもです。私もそうでした。それを誰かのせいにしたり後悔したりくよくよ悩むものですが、けして御主人が悪いわけでもなく、なるべくしてなった。その現実を試練だと受け止めるだけです。そして”親の死に目に会えない”という本当の意味は親より子供が先に亡くなって親を送ることができなかったという事だそうです。

  2. この、最上雄基、の喋り方嫌い。。。
    初登場の時から嫌な喋り方だな、と思ってきたけど。
    相談者もこんなやつに偉そうに言われてイラッと来ないのかな w

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.