テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年11月15日(火)は、加藤諦三&大迫恵美子。些細な夫婦喧嘩から、愛情がないので離婚したいと突然言われて、頭が真っ白になった夫。とりあえず別居という代案も、経済的に大変なので別居するぐらいなら離婚と言われる。再度、話し合ってみると、ここまで我慢したのだから、夫が離婚や別居と言わなければ、このままでいいと言われるも、この先、愛情がないと言われた妻と、どう接していけばいいのか。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:52歳男性 妻52歳 婚姻23年 長女21歳 長男19歳 次女17歳 三女14歳

加藤諦三氏の〆の言葉『問題を抱えたままそこで安定してしまう。危険なことです。』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

52歳の男性から、妻52歳、長女21歳、長男19歳、次女17歳、三女14歳の6人家族。

愛情がなくなった

はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
離婚・・の事なんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

些細な事で、あのあの、言い争いになりまして・・その際に、ちょっとあのぅ・・いろいろ話しをしてると、私・・達の愛情が・・なくなってると・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、まぁ、あのぅ、よくよく聞くと・・ま、何年も前から・・(相談者)
うん、はい。(加藤諦三)
みたいなんですよね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

うん、それで、ま、あのぅ、そういうふうに、言われてしまって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
で、ちょっと、私の中でも、ちょっと・・普通に言われたもんですから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ、頭ん中が、まぁ真っ白になっちゃったっていう、感じになって・・(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

で・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
何年も前から・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

もう、好きではない・・と言われたのは、今から、どの位前の話しですか?(加藤諦三)
えっと、1週間ぐらい前の話しです。(相談者)
あっ・・まだ、1週間だ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ、一応、離婚の話しもちょっと・・チラつかせられたので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ま、私としては、まだ離婚っていうよりは、ま、ちょっと1回、時間をおく形で、少しちょっと、離れて・・生活してみないかと・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

いう・・ちょっと、打・・昨日したんですよね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ただ・・いや、別居だとやっぱり、経済的に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
大変なので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

別居だったら・・離婚・・したいと・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

ふぅー、いう、はい・・(相談者)
はっきりと、離婚という言葉で、言ったわけですね?(加藤諦三)
ああ、出てますね、もう。(相談者)
はい、はい、はい。(加藤諦三)

言い争いで、突き飛ばす

でぇ、一応、あの、ちくっと、まぁ・・そういう話しも出てるので、もう、ざっくばらんに・・腹わって、全部、話そうっていうことで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

今までのこと全部、一応、話し・・したら、あのぅ・・好きでなくなったっていうの、考えたっていうのが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたし、記憶ないんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
たぶん、前に1回、言い争いになった時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

突き飛ばされたっていうこと、言われたんですけど・・(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
ちょっと、わか・・記憶があんまり、ないんですよ。(相談者)

で・・はい・・(加藤諦三)
ま、それでぇ、やっぱり、男なんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、女ですから、怖いと・・そん時、思ったと・・(相談者)
ああ、怖い・・(加藤諦三)

うん・・(加藤諦三)
まぁ、そうですよね。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

でぇ、力的にやっぱり、男の方が強いので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
うん、やっぱりそん時、怖いと。(相談者)
はい。(加藤諦三)
いうこと・・は、言ってました。(相談者)

その時に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
何を、争ったかも、あなたの中には、記憶はないわけですね?(加藤諦三)

うん、たぶんですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ええっと・・その頃まだ、子供が小さかったと思われるので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ、家事とか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そのことだったとは、思うんですよね、そうすると結構、あの小さい頃は、言い争いしてたので・・(相談者)

あ、結構、言い争いしてたんですか?(加藤諦三)
言い争いっていうかあのぅ・・どうしても・・ま、家事が疎かになる、可能性がありますよね、育児やってると。(相談者)

それはだって・・(加藤諦三)
女房の方も・・(相談者)
子供4人育てれば・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
それは、奥さんも、あなたも、両方、大変ですよ・・(加藤諦三)
大変でした・・ははは(引き笑い)・・(相談者)

だから、言い争いは・・おきるのはこれは・・避けられないよね・・(加藤諦三)
うん、はい。(相談者)

不満が溜まると、些細なことで火がつく

でぇ、ええっと、昨日ちょっと、その辺を聞いてみたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

今後・・今まで通り・・続けられるのかなぁっていう感じで、問い掛けたんですよね。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

したら、いやぁ、今まで我慢してきてるし・・あなたが、別居したいとか、離婚したいとかって言うんだったら、私は従いますけどっていう、感じだったんですね。(相談者)

ということは、その・・話し合いをしてる過程で、ちょっと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
変わってきたわけですね、最初は・・あなたの方から、別居してみたいか?って言われた・・(加藤諦三)
うん・・そうですね。(相談者)

離婚って言われたので、あなたは、まあ、離婚は嫌だ・・離婚・・別居してみないか?って言ったら・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

別居は嫌だ、離婚したいという・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そういう話し合いだったんだけども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

だんだんと、最後の方になると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
いや・・なにも、別居までしなくて・・今のままで・・続けられるよっていう・・ことで、現段階では、落ち着いてるんですね?(加藤諦三)
そうですね・・(相談者)

ということですね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

些細なことで、言い争ったって、最初に言われたんですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

些細なことで、揉めた方が、大きいんですよね。(加藤諦三)
そうですね。(相談者)

本当は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
まあ、家を、どっちの家を買うかってことで、揉めたとかね・・(加藤諦三)
う、うん・・(相談者)

なんか、そういう・・もの凄い大きなことで・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
揉めんじゃなくて・・で、これが、もの凄い問題になるっていうのは・・要するに、このこと自体が、問題じゃなくて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

もともと、二人の間に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

もう、かつてのような、愛がなくなって・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
奥さんの側からすると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ま、いろんな不満が、溜まって・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
で、この溜まった不満が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

些細な事で、火がついたっていうか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
・・あげて・・些細なこと自体は、問題じゃないんだよね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

現状の打開は

で、ちょっと、整理すると今の段階では・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
最後に言った・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

今まで、我慢してきたんだから・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
これからも、我慢できる・・続けられるわよと・・(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
いう、言い方で、最後は、終わってるわけですね?(加藤諦三)
そうですね。(相談者)

そうすると、あなたの今日の相談としては・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
まあ、とにかく、一応、奥さんの方から、はっきり離婚という言葉も出て・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ、いろいろ、話し合いがあって・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
だけど、今・・の段階では、こうなってるけど、今後、自分は、どうしたらいいんでしょう?という・・そういう相談ですか?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日はですね、弁護士の大迫恵美子先生がいらしているので、伺ってみたいと思います。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. この日の回答者の先生は大迫さんではなく
    大原敬子さんではなかったですか?

  2. 失礼しました。
    先週の相談と勘違いしていました。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.