テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年12月8日(金)は、加藤諦三&中川潤。子供の学校の保護者会で知り合った男性と不倫関係になった51歳相談者。飲み会の後、車で送った時、車の中で関係をもつ。それ以降、相手から連絡はなくなるが、自分から連絡をすれば連絡は返ってくる。遊ばれたと知りつつ、別れられず辛い。ほうっておけば関係は終わるのに、ほうっておけない。どうすればいいでしょうか?という相談。
加藤諦三氏の〆の言葉『生きる喜びの力を失う、これが最も恐ろしいことです』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:51歳女性 夫55歳 家を出た子供二人 長男26歳 長女22歳

もしもし?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい。(相談者)

最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

51歳です(わざとゆっくりと話す)。(相談者)

51歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)

ご主人は何歳ですか?(加藤諦三)

・・

55です。(相談者)

ご主人は55歳。(加藤諦三)

はい。(相談者)

あのぅ、お子さんは?(加藤諦三)

・・

二人・・です(ゆっくり)。(相談者)

何歳ですか?(加藤諦三)

20・・(相談者)

6・・(相談者)

と・・(相談者)

・・

20・・(相談者)

2です。(相談者)

・・

男の子、女の子は?(加藤諦三)

男と女です。(相談者)

いや、上が男の子ですか?(加藤諦三)

はい。(相談者)

上が男の子・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
下が女の子。(加藤諦三)

はい。(相談者)

はい、それで今・・(加藤諦三)

・・

4人で暮らしてるんですか?(加藤諦三)

・・

子供はもう出ていて(少し早くなる)・・(相談者)

ご主人と2人で暮らしてる?(加藤諦三)

いえ。(相談者)

ぎり・・義理の両親と・・(相談者)

あ、義理の両親とね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、わかりました、それで・・どんな相談ですか?(加藤諦三)

主人・・でない・・(相談者)

人・・(相談者)

と・・(相談者)

ちょっと、お付き合い・・というか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

で、その主人でない人と・・(加藤諦三)

うーん、当然、男性ですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)

うん、この人、何歳ですか?(加藤諦三)

43・・です。(相談者)
40・・43歳・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

で、この43歳の人は・・あのぅ・・(加藤諦三)

妻子がいるの?(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

じゃあ、あの・・結婚してるわけですね、今?(加藤諦三)
はい、はい、はい。(相談者)
ほいで・・(加藤諦三)

・・

まぁ・・(相談者)
どこで知り合いました?(加藤諦三)

・・

こどもの・・学校で・・(相談者)

・・

同じ・・(相談者)

あ、要するに、PTAとか、ほご・・保護者会とか、そういうとこね。(加藤諦三)
はい・・ほご・・はい。(相談者)

・・

要するに、あなたの・・(加藤諦三)

・・

子供の・・(加藤諦三)

友達のお父さんだということですね?(加藤諦三)

・・

あ、直接・・友達ではないんですけど(少し早くなる)。(相談者)

って・・だけど・・まぁあのぅ・・(加藤諦三)

・・

学校・・(相談者)
ほご・・保護者・・んあのぅ・・保護者会で・・うん・・(加藤諦三)
はい・・はい・・はい。(相談者)
ということですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
そ・・それが何年前くらいからですか?(加藤諦三)

2年・・(相談者)

ぐらい前・・(相談者)

からの知り合い・・だったん・・ですけど・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

飲み会とか、そういうのもあって(少し早くなる)・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

たまたま・・(相談者)

・・

いろいろ・・話し・・を・・(相談者)

相談したりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そういう・・(相談者)

感じで・・(相談者)

なんかとても・・(相談者)

相談に乗ってくれたりとかして(ここは普通のしゃべり)・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

とてもこう、わたしの仕事とかも、褒めてくれた・・とかして(思い出して饒舌になる)・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんか・・(相談者)

とても・・(相談者)

いい・・関係というか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
な・・とても・・(相談者)

ほんと・・(相談者)

尊敬・・して・・いて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
頼りにしていたんですが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

飲み・・会・・が・・たまたまあった時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
おく・・っていっ・・て・・(相談者)

・・

ちょっと・・そういう・・(相談者)

・・

ことにな・・フッ・・(相談者)

はい。(相談者)

で、そのぅ・・飲み会の席ですけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そのぅ・・彼が、あなたの隣に居た?(加藤諦三)

そういうわけでもない・・ですけど・・(相談者)

隣に居たわけではないんですね?(加藤諦三)

そう・・ですねぇ・・はぁい。(相談者)

で、隣に居たんでないけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

じゃあ・・(加藤諦三)

その飲み屋さんから出て行くとき・・(加藤諦三)

・・

一緒になったのね?(加藤諦三)

お・・おくって・・って言われて・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

わたしは・・(相談者)

飲まないので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

車で送りました。(相談者)

車で送った・・はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

車で、す・・あのぅ・・(加藤諦三)

家に・・(加藤諦三)

真っ直ぐ・・送ったんではないんですね?(加藤諦三)

いえ、その、お・・おく・・った・・(相談者)

かえりみちに・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
あの・・(相談者)

求められて・・ふっ・・というか(嬉しそう)・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
なんか・・そう・・そういう・・(相談者)

・・

全然、そう・・そういうふうだと思ってなかったので・・すごいビックリしたんですけど・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

そう・・そういう・・(相談者)

・・

ふう・・に・・(相談者)

・・

なってしまってという・・(相談者)

でぇ・・ということは、飲み会の帰りに車で送っていって・・(加藤諦三)

ラブホテルに入ったということですか?(加藤諦三)
いや・・(相談者)

そうではないんです。(相談者)

そうではな・・ない?(加藤諦三)
ええ・・そうではない(照れながら)・・(相談者)

ぇ・・(相談者)

くるま・・(相談者)

の・・中というか(テレテレ)・・(相談者)

で・・(相談者)

ぁ・・(相談者)

はい。(相談者)
車の中?(加藤諦三)

はい。(相談者)

はい。(加藤諦三)

・・

それでだけど・・(加藤諦三)

・・

送ってって・・という、それまで・・し、親しくなければ・・言わないですよね?(加藤諦三)

・・

・・

そう・・(相談者)
いきなり話したこともない・・(加藤諦三)

あっ!(相談者)

そう・・そうですね・・(相談者)
人にね・・(加藤諦三)

うん。(加藤諦三)
ええ・・そう・・よく話しはして・・いて・・だ・・相談に・・のってもらったりとかして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういうことですね。(相談者)

そ・・相談にのってもらって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

いい人だなぁ・・っていうのは・・(相談者)

好感は、持っていたと?(加藤諦三)
あ、あぁ、そうです、はい、はい、はい。(相談者)
ほんで、はい、そう、そういう時期に、はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)
もう、わかりました・・それで、そういう・・ぅ・・関係になってから・・(加藤諦三)

今、付き合いが、つ・・続いてるということね?(加藤諦三)

いえ・・(相談者)

そういう関係になってから・・(相談者)

あまり・・(相談者)

連絡すれば・・(相談者)

くれるん・・連絡を・・(相談者)

くれるん・・けど・・(相談者)

あまり・・連絡が、来なくなってしまった・・(相談者)

・・

はい、あまり連絡が来なくなって・・(加藤諦三)
はい・・はい、はい。(相談者)
はい・・それで?(加藤諦三)

・・

どうしたらいいか(思い切り照れながら)・・(相談者)

どうしたらというか・・(相談者)

まあ・・(相談者)

・・

そのまま、わたしが連絡しなければ・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

連絡はない・・ん・・だろう・・と思いながらも・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ちょ・・(相談者)

それも・・(相談者)

辛いという・・(相談者)

話しですかねぇ(照れ)・・(相談者)
要するに・・(加藤諦三)

こういうことですか。(加藤諦三)

その人が今好きで・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
別れられないと。(加藤諦三)

どうしたらいいでしょう?ということですね?(加藤諦三)

そう・・ですねぇ・・(相談者)
だって、ほっとけば・・何の問題もないわけじゃないですか。(加藤諦三)

そうですねぇ・・はい。(相談者)

だから・・(相談者)

この人を、わたしは好きになりましたと。(加藤諦三)

はい。(相談者)

それで、こういう関係がありますと。(加藤諦三)

はい。(相談者)

どうしましょう?・・ってことですね?(加藤諦三)

そう・・ですね・・はい・・はい。(相談者)

要するに、不倫・・関係・・に、あ・・ある人と、どうしたらいいでしょうか?・・っていうことね?(加藤諦三)

そう・・で・・すねぇ・・はい・・はい。(相談者)

そういうことですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあの、スタジオに弁護士の中川潤先生がいらしてるので・・伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク