テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年4月14日(金)は、今井通子&塩谷崇之。子供が産まれてから夜の営みを拒否される夫。2年前からアルバイトを始めた妻が、イライラし子供にあたるので相談にのると、職場に好きな男が居るとのこと。やきもち、嫉妬心もなく、体の関係もあるだろうが何の感情もわかない。夫婦関係破綻しており、妻の浮気が子供に及ぼす影響が心配。子供の為に婚姻生活を継続するべきか、離婚すべきか悩む。
パーソナリティ:今井通子
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:29歳男性 妻29歳(2年前からアルバイト) 長男4歳 婚姻期間6年半

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

29歳の男性から、奥さんとの今後の人生の有り方というか・・そんな感じです。

はい、あなたはおいくつ?(今井通子)
えーっと、29です。(相談者)
29歳・・奥様は?(今井通子)
奥さんも、29です。(相談者)
29歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

ご結婚されて、何年目?(今井通子)
7年・・(相談者)
7年・・(今井通子)
6年半ぐらいですね。(相談者)

6.5年?(今井通子)
はい。(相談者)
そうですね、で、えーっと、4歳の息子が、1人います。(相談者)
はい。(今井通子)
はい。(相談者)

それで・・今後のことについて、はい・・どういったことでしょう?(今井通子)

妻の浮気

2年ほど前に・・(相談者)
はい。(今井通子)

えーっと、奥さんが、あのぅ・・こ、子供が、保育園、入ったっていうことで・・(相談者)
はい。(今井通子)

えーっと、アルバイトの方・・昼間ですわね・・(相談者)
はい。(今井通子)

働きに行ったんです。(相談者)
はい。(今井通子)
で、今まではそういう・・結婚してからそういう・・とこ、したことなくて・・(相談者)
ええ。(今井通子)

でぇ、ま、働き始めて・・(相談者)

でぇ・・したらあのぅ・・飲み会だとか、そういう、頻繁に出歩く、回数が、増えたんです。(相談者)
はい。(今井通子)

土日は、僕も仕事休みなので、家に居るんですけど・・(相談者)
はい。(今井通子)

そこが月曜日休みで・・で、月曜日があの・・朝の昼間っから、夜遅くまで・・(相談者)
ええ。(今井通子)

出歩くでぇ・・っていうふうで・・(相談者)

はい。(今井通子)
出歩いたり・・するのがもう・・週に1回は絶対、月曜日休みなんで、それはもう、当たり前になってて・・(相談者)
はい。(今井通子)

そのぅ・・なんか・・ちょっと、出歩く回数が・・怪しいな?とは思ってたんですよ。(相談者)
はい。(今井通子)

だでまぁ、働き始めて、付き合いもあるし、まぁいいかなと、思ってたんですけど。(相談者)
はい。(今井通子)

家でもなんか、ちょっと様子がおかしいっていうか、なんか・・子供にイライラして、あたったりだとか・・(相談者)
はい。(今井通子)

えっと、なんか悩んどるような様子があったもんで・・(相談者)
はい。(今井通子)

ちょっと聞いたら・・(相談者)

そういう・・好きな人がいるじゃないけど・・(相談者)
はい。(今井通子)

えっと、そういうのが、あるらしくて・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、それで・・まぁ、僕としてはもう・・ちょっと、奥さんに対して、そういう・・(相談者)

ぅ・・ぅ・・(相談者)

奥さんが、働き始める前ぐらいから・・ちょっと、女性としての魅力が・・全然、感じられなくなってて・・(相談者)
はい。(今井通子)

で、もう、ほんと、ただ、家族として、一緒に居るだけというか・・(相談者)
はい。(今井通子)

そんな感じで、で、それを聞いても、別に、何とも思わなかったんですよ。(相談者)
・・はい。(今井通子)

で、奥さんに言ったのは、まぁ、家族は・・一応、家族なんだから、子供も居るし。(相談者)
はい。(今井通子)

まぁ、その、悩みとかあるんだったら・・(相談者)
はい。(今井通子)
別に、俺は、あの、少なからず、お前のことは、少しは理解はあると思うで。(相談者)
ええ。(今井通子)

その、男目線からの、そういう、相談もできるし・・(相談者)
はい。(今井通子)

あの、全然・・あの、悩んで子供にあたるぐらいやったら・・(相談者)
ええ。(今井通子)
ちゃんと、言葉を発して・・(相談者)
はい。(今井通子)
あの・・(相談者)

一番バレたら・・ダメな相手じゃないですか、僕・・の立場って。(相談者)
ふん。(今井通子)
奥さんからすれば。(相談者)
はい。(今井通子)

で、それが・・味方じゃないけど・・別にそれを聞いても、何も思わんのやで・・(相談者)

あの、友達みたいな感覚で言ってくれれば・・いいよっていうふうで、話しをして。(相談者)
はい。(今井通子)

はい・・んで、ぇ・・今、そういう状況で・・(相談者)

でぇ、今後・・なんか、どうすればいいのかなぁっていう・・(相談者)

・・・

嫉妬もやきもちもない

離婚・・っていうか・・すべきなのか・・それとも、今まで通り、そういう状況であっても、一緒にいるべきなのか?っていう・・(相談者)

あのぅ、そ、そういう状況っていうのは・・今、お話になさったのは、あの、友達として相談していいよって、言われて・・(今井通子)

はい。(相談者)
で、なんとも思ってないって、あなたは、思ってらっしゃるの?(今井通子)

はい、思ってます。(相談者)

そ・・(今井通子)
僕の気持ちとしては、奥さんに対しても、そういう気持ちすら出てこないの、なんか、嫉妬とか、やきもちとか・・(相談者)
うん・・(今井通子)
怒りとか・・(相談者)
うん。(今井通子)
そういうのも、なにもないんですよ。(相談者)

うん。(今井通子)
うん・・(相談者)
で、そういう気持ちでいて・・(今井通子)

はい。(相談者)
で、今後、どうしたらいいか?って・・いうことは・・(今井通子)

はい。(相談者)
あなたが、その・・そういう気持ちで、ずっと、い、いれば、いいのか?(今井通子)

そうです。(相談者)
でぇ・・それとも離婚した方がいいのか?っていうところが悩みなの?(今井通子)
そういうことです・・そうです。(相談者)

その、離婚した方がいいのか?っていう悩みは・・どういう意味の、悩みですか?(今井通子)

子供がいて・・(相談者)
うん。(今井通子)

でぇ・・あんっと、子供の前では・・ぁ、そのぅ・・仮面夫婦じゃないけど・・(相談者)
はい。(今井通子)

そういうのを、演じないとダメじゃないですか?(相談者)
はい。(今井通子)

で、そういうふうに、仮面夫婦をしていると、やっぱ、子供にも、なんかし影響が出てくると思うし・・まぁ、お互い、人間なんで、やっぱ、感情的になることもあるだろうし・・(相談者)
はい。(今井通子)

うん・・(相談者)

でぇ、それを・・が、あるもんで・・子供に影響が・・悪いのかなっていう・・思う、思うんであれば、離婚した方が、いいのかなっても、思うし・・(相談者)

ただ、あのぅ・・お互い、会話はするもんで・・(相談者)
はい。(今井通子)

毎日。(相談者)
はい。(今井通子)

ん・・でぇ、会話・・で、今・・な、仲は・・傍から見たら、いい方だと、思うんですけど・・(相談者)
はい。(今井通子)

ま、喧嘩は結構、しますけど。(相談者)
はい。(相談者)

うん、で、そういうのであれば、今まで通り・・このままの状況で・・(相談者)

離婚もなにもしずに・・(相談者)
はい。(今井通子)

ずっと続けてく方が、いいのか?(相談者)
うん。(今井通子)

奥様の状況は、どうなの?(今井通子)

うん・・(相談者)
あなたは、そのぅ・・えーっと、やきもちも、嫉妬も、なにもないっていう・・(今井通子)

はい。(相談者)
友達感覚でいいっていう・・(今井通子)
奥さんも、僕に対して・・(相談者)
うん。(今井通子)

そういう・・のも、マジ、本当に、わかんないし、僕が、あのぅ・・(相談者)

なんかいも、あのぅ・・そういう、夜の営みじゃないけど・・誘った時も・・(相談者)
はい。(今井通子)

ホントに、気持ち悪いで、やめてだとか・・(相談者)
ええ。(今井通子)

でぇ・・家、帰ってきても・・あの、仕事から帰ってきても、足が臭いで、あっち行ってだとか・・(相談者)
うん。(今井通子)

でぇ、あんたの為に、弁当も作りたくないだとか。(相談者)
ええ。(今井通子)

でぇ、口もちょっと、悪いもんで・・(相談者)
はい。(今井通子)
そういうのとか・・でぇ・・(相談者)

その夜ご飯・・わたしと子供は・・あの、向こ・・だしの実家で食べるで・・弁当、買ってきたで・・それ食べてとか。(相談者)
ええ。(今井通子)

もう、そんな感じなんで・・たぶん、向こうも、本当になにも、思ってないっす・・(相談者)

のは、もう、言われました。(相談者)

浮気相手と結婚したいが躊躇する妻

うん・・それでぇ・・その、なんとも思ってないですは、わかったんですけど・・(今井通子)

はい。(相談者)
その、奥さんは、悩んでいて、その、悩んでいた時に・・好きな人がいるという・・相談を、あなたにしたの?(今井通子)

しました。(相談者)

でぇ、その人は、どういう人なの?(今井通子)

えーっと、その、同じ・・(相談者)

そ、要は・・アルバイト先で、知り合ったというか・・(相談者)
うん。(今井通子)

向こうは、なんか、正社員だったみたいで・・(相談者)
はい。(今井通子)

今はもう、なんか、辞めて、違う・・職種に、入ったみたいなんですけど・・(相談者)
はい。(今井通子)

えーっと、そこで出会った人で・・(相談者)
はい。(今井通子)
歳も・・えーっと、僕より、4つ、5つぐらい上の人で・・(相談者)
はい。(今井通子)

で、独身で。(相談者)
はい。(今井通子)

っていう感じですね。(相談者)

・・・

でぇ・・だから、奥様としては、最終的には、その人と結婚したいわけ?(今井通子)
その人と・・一緒には、なりたい・・考えとるって言うんですけど・・(相談者)
はい。(今井通子)

ただ、その人がなんか、子供が好きじゃないみたい・・(相談者)
はい。(今井通子)
なのが、まず・・奥さんから・・いれば・・すれば、欠点が一つと・・(相談者)
はい。(今井通子)

あと、もう一つが、な・・(相談者)
はい。(今井通子)
確実に、なんか、幸せになれない気がするって言ってたんで・・(相談者)
はい。(今井通子)

そこ・・の、欠点が、2つあるぐらいって言ってましたね。(今井通子)

・・・

あ、じゃあ、奥さんの方は・・(今井通子)

そういう欠点のある人だから・・(今井通子)

彼と、結婚する気は、ないと。(今井通子)

いや、結婚はしたいんだけど、そういうのがあるもんで・・(相談者)
ええ。(今井通子)
結婚できないって言ってました。(相談者)

その、奥様自身は、結婚したいけどできない?(今井通子)

はい。(相談者)
すなわち、し、しないってことですよね?(今井通子)

・・そう・・ですね。(相談者)
できないで、その、そうなりますね、はい。(相談者)
はい・・(今井通子)
はい・・(相談者)

今日の、ご相談は、もう1回、まとめて言うと、なにになります?じゃあ?(今井通子)

えーっと・・まあ、今の、この状況で・・(相談者)
ぁ、はい。(今井通子)

ま、気持ちは・・お互い・・男女としての、気持ちとかない・・(相談者)
はい。(今井通子)
としても・・(相談者)
はい。(今井通子)

子供の、ためを思って・・(相談者)
はい。(今井通子)

一緒に居るべきなのか・・(相談者)
はい。(今井通子)

それとも・・別れるべきなのか?(相談者)
・・はい。(今井通子)

っていう・・相談です。(相談者)
わっかりました。(今井通子)

今日は、弁護士の塩谷崇之先生がいらしてますので・・(今井通子)
はい、お願いします、はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい。(塩谷崇之)
先生、よろしくお願いします。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. この相談者さん、どうして平気でいられるんでしょうね?とても不思議。
    もはや夫婦とは言えない関係、家庭とは言えない状況なのに。
    そんなことでは幸せにはなれないと思いますけどねえ。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.