テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

塩谷崇之アドバイス

はい、こんにちは。(塩谷崇之)
はい、どうも・・(相談者)

はい、どうも・・(相談者)
はい。(塩谷崇之)
よろしくお願い致しまーす。(相談者)
はい。(塩谷崇之)

えーっと、お父様が、さ・・四ヶ月前に亡くなられて・・(塩谷崇之)
・・
まぁ、相続財産は・・ほとんど・・(塩谷崇之)

ない・・状態だという・・(塩谷崇之)

そうです。(相談者)
ことですね・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
それで・・ぇ・・ただ、預金通帳を・・見せてくれないので・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
正確には、わからないということなんでしょう・・(相談者)
わからないんですよ。(相談者)
あぁ・・(塩谷崇之)

預金の残高があるかどうか・・っていうのは、わかってるんですか?(塩谷崇之)

葬儀代として・・2・・3百万ぐらい・・は、あったみたいですけど。(相談者)

あ、通帳の中に?(塩谷崇之)
うん。(相談者)
・・
はぁ・・(塩谷崇之)

ぁ、それはじゃあ、葬儀で使ってしまって・・(塩谷崇之)
ええ。(相談者)
もう、残っていないと?(塩谷崇之)

そうです。(相談者)
うん・・でぇ、その・・(塩谷崇之)

通帳を見せてくれないというのは・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ぁ・・過去にどうだったか・・ってことを、教えてくれないという・・(塩谷崇之)

そうです・・そうです、そうです。(相談者)
そういうことなんですねぇ。(塩谷崇之)

半年ぐらい前の、通帳は見ましたけど。(相談者)
はい。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
もう、その時点で、でも・・ま、そんなになかったわけでしょう?(塩谷崇之)
・・
もう、百万しか残ってなかったです。(相談者)
ああ・・ん、でぇ、それがまぁ、葬儀代で、使ってしまったと。(塩谷崇之)
そうです。(相談者)
あ、なるほど。(塩谷崇之)

わかりました。(塩谷崇之)

そうするとねぇ・・えっと、先ほどのあなたからの、ご質問なんですけどねぇ。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
えーっと、お兄さんは・・20年前に、家を立て直した時に・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)

家の名義を変えてもらった・・って言いますけども、これ、建て直してるんですよね?(塩谷崇之)

そうです、そうです。(相談者)
だから、新しく建てた家を・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
お兄さん名義・・にしたと。(塩谷崇之)
に・・したんですん。(相談者)
いうことですよねぇ。(塩谷崇之)
そうです。(相談者)
・・
はい、そうです。(相談者)

でぇ、その時点で・・その敷地は、ま、たく・・借地だったと。(塩谷崇之)

そうです。(相談者)
借地だったと。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
でぇ・・(塩谷崇之)

えっと、借地権の、名義変更とか・・っていうのは、なんか・・手続きしたんですかね?(塩谷崇之)

いや、今でも借りてるみたいですけど。(相談者)

えーっと、今・・は・・(塩谷崇之)

お兄さん名義で借りてるのかな?(塩谷崇之)

そう・・そうみたいです。(相談者)
お兄さん名義でね。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

で、地主さんの・・承諾を得て・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ぇ、今度、新しく家を建てるんだけれど・・(塩谷崇之)
・・
その時には、息子名義で建てるからと・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
・・
いうことで・・新しく建った家が・・(塩谷崇之)

お兄さんの名義になってるということなんですよね。(塩谷崇之)
そうです、そうです。(相談者)
はい。(塩谷崇之)

それで、その家を建てる為の資金が・・(塩谷崇之)

1千万円・・ぁ・・っと、全部で2千5百万円ぐらいかかっている・・(塩谷崇之)
・・
そうです。(相談者)
ん・・でぇ、その内の1千万円ぐらいは・・(塩谷崇之)

ぇ・・義理のお父さんが・・出してあげたと。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

っていうことなんですね。(塩谷崇之)
・・
はい、そうです。(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

スゥ・・そうするとねぇ、ま、この1千万円と、あとまぁ、その後で・・(塩谷崇之)
ハイ。(相談者)
ま、生活に困って3百万円を・・(塩谷崇之)
ハイ。(相談者)
支援したと。(塩谷崇之)

はい・・(相談者)
いう・・ぅ・・ことなんですけれども・・(塩谷崇之)
・・
ハイ。(相談者)
相続との関係で言うとねぇ・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
こういうのを、まぁ・・あのぅ・・(塩谷崇之)

ぅ・・特別受益というふうに言ってね。(塩谷崇之)

ええ。(相談者)

被相続人が・・つまり、あなたの義理のお父さんが・・(塩谷崇之)

そのお兄さん・・息子であるお兄さんにね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ぇ・・まぁ、生前贈与ですよね、一種のね。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
ぇ・・ようにした者について・・(塩谷崇之)

本来まぁ・・(塩谷崇之)

ぁ・・相続人は・・(塩谷崇之)

同じ・・対等なね・・公平な立場であるにも関わらず・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
そのぅ・・特定の相続人だけ・・(塩谷崇之)

ええ。(相談者)
生前に、特別な利益を受けていたというような場合には・・(塩谷崇之)
はい、はい。(相談者)

はい。(相談者)
その・・分をですねぇ。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ぇ・・一旦、相続財産に戻して、計算をし直すという・・(塩谷崇之)

ことができるわけ。(塩谷崇之)
なるほど。(相談者)

なるほど。(相談者)
これを、特別受益の持ち戻しというふうに言うんですけれども。(塩谷崇之)
ええ、ええ。(相談者)

ぅ・・義理のお父さんがね・・1千万円を出していたというのが・・(塩谷崇之)

特別受益にあたるんだとすれば・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
・・
ぇ・・それを・・ぉ・・戻した上で・・(塩谷崇之)

ま、戻すと言ってもね、その現金で戻すとかっていうことではなくて、計算上ってことになるんですけれども。(塩谷崇之)
はぁい、はい。(相談者)

それを戻した上で・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ぇ・・まぁ、お父さんが、亡くなった時の・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
資産・・のような・・ま、相続財産のね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ぇ・・残高にそれを足して・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
でぇ・・(塩谷崇之)

ぇ・・そういう・・ぅ・・戻した・・戻されたものが・・相続時に、あ・・ったというふうに・・(塩谷崇之)

ぇ、みなして・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
遺産分割を・・(塩谷崇之)

行う事になるんですね。(塩谷崇之)

ああ、そうなんですか?(相談者)
はぁい。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

で、あとまぁ・・あ・・その後の3百万円・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

これも、ま、特別受益にあたるということであれば・・(塩谷崇之)

それも・・戻すという・・ことになりますので・・(塩谷崇之)

それはどうも、証拠もなにもないんですけど、どうやって戻せばいいんですか?(塩谷崇之)
うん、あの、証拠もなにもないと・・だからこれは・・(塩谷崇之)

お兄さん自身が、それを認めてればね・・(塩谷崇之)

ああ・・なるほど。(相談者)
認めていれば・・(塩谷崇之)

それはそれで、いいと思いますし・・(塩谷崇之)
ああ、そうですか?(相談者)
はい。(塩谷崇之)

はい、わかりました。(相談者)
あのぅ・・別に証拠がなくっても・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
いいんですけれども、ただ・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
お兄さんがね、「そんなのもらってないよ」と。(塩谷崇之)

ええ。(相談者)
・・
いうふうに・・主張した場合には・・(塩谷崇之)

そういうのがあったのかどうかね。(塩谷崇之)
・・
実際にそういう受益があったのかどうか、わからなくなりますんで・・(塩谷崇之)
はい、わかりました。(相談者)
はい。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
なので、このまぁ、1千万円は、戻し・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
まぁ、戻して、それで・・(塩谷崇之)

お父さんが亡くなった時に・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
存在した預貯金とか、現金とか・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
あと、多少の資産があると思うんですけれども。(塩谷崇之)
・・
はい。(相談者)
そういうもの、全部、足し合わせてですねぇ。(塩谷崇之)
はい。(相談者)
例えばじゃあ、それで・・(塩谷崇之)

ぇ、2千万・・(塩谷崇之)

ん、ん・・(塩谷崇之)
ええ。(相談者)

に、なったと。(塩谷崇之)

すると、その2千万円を・・(塩谷崇之)

ぉ・・相続人、四人の相続人で・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ぇ、公平に、分配をしていくと。(塩谷崇之)

ん、なるほど。(相談者)
はい、ただ、お兄さんは・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)

既に・・ぇ・・1千万円もらってますから・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ぇ、その分は、もう先にもらったということで・・(塩谷崇之)

ぇ、お兄さんの方は、ま、取り分がほとんどなくなると。(塩谷崇之)
ああ・・なるほど・・わ・・(相談者)
ま、そんなような・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
関係になってくると思います。(塩谷崇之)

はぁい、わかりました。(相談者)
はい・・(塩谷崇之)
すいません、どうも・・(相談者)
あっ・・(今井通子)
ありがとうございます。(相談者)
もしもし?(今井通子)
はい?(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1.   相続に関しては 当事者(相続人)ではなくその 配偶者が口を挟むと争族に発展する 典型的なパターンですね! ご自身に相続権は無いのに 妻(夫)が相続人である場合 往々にして 欲がでて 実家の相続人もしくは配偶者が 不正を働き独り占めしているのではないか(・・? と言う疑心暗鬼に駆られ はっきりした相続財産も分からぬまま あれこれと想像を巡らし 口を出す 典型的な 兄弟姉妹の仲を悪くする元凶です!
     とにかく 相続人(兄弟姉妹)だけで 専門家 司法書士なり に 入ってもらい 話し合いをするべきです その場に 今回のご相談者は 居合わせるべきではありません、 貴方は 部外者です!

  2. 以前女性からの夫側の遺産相続の相談を聞いた事があったような気がします。その時私の記憶違いかも知れませんが、配偶者が余計な口出しをすると「争続」になると弁護士の先生が仰ったような気がします。今回の相談も妻の方の遺産相続ですよね。
    塩谷先生、今井先生から同じような指摘があるかと思ったらすんなり終わって少し拍子抜けしました。この相談者、当事者の妻よりもカリカリして動き回ってる様子が目に浮かびます。老親と住むと云うのは肉体的にも金銭的にも大変だと想像します。
    独立して子供の世話にもならずに、亡くなった親の遺産を兄弟で平等にと云うのは、理解出来ますが老親と一緒に住み、世話をしてくれた人がいる上で何もかも平等にと云うのはどうでしょうか。そしてそれを当事者の夫と云う他人が云うのがおこがましいなぁと不愉快になった相談でした。まっ珍しくないけどね。

  3. ja6whmさんのご意見にまったく同感です。

    長兄の経済状況からすると、相談者の主張にそった対応は無理っぽいですよ。
    相談者がごり押しすれば、長兄一家はその家を処分しなければいけなくなるかも。
    公平にすべしという理屈はわかりますが、それなら義父の面倒を見てきた負担も公平に、という理屈も成り立ちますね。

    老親の面倒をみなかった人ほど、権利を主張するのは世の通例ですが、肉親の情を壊してしまうことにつながるのは残念ですね。