相続手続き放置状態

テレフォン人生相談
相続問題

テレフォン人生相談2016年10月22日は、加藤諦三&中川潤。再婚した夫は既に他界。遺していった田や畑、家屋敷は亡くなった夫の父親の名義のまま。相談者との間には子供はなく、先の夫との間に子供が3人。夫には妹がいるだけで、後妻として入った義母もまた、義父との子はなく、先夫との子供がいて、義母が他界した折りに、現金全部を持っていってしまった。自分が亡くなった時の為に整理しておきたいのだが。

テレフォン人生相談2016年10月22日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:66歳女性 夫50代で鬼籍 一人暮らし 夫との間に子供なし 相談者は再婚で先夫との間に子供3人

加藤諦三氏の〆の言葉なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

66歳女性から、主人は50代で亡くなって一人暮らし。自分は再婚なので、先夫との間に子供が3人おり、別に暮らしている。

私が今、66歳、一人なんで、主人の・・遺産の名前が、主人の父親の名前なもんですので・・あのぅ、私が亡くなった時に、子供達が整理するのに困るだろなという相談なんですけど。(相談者)

あ・・ええっと、亡くなられたご主人なんだけど、そのご主人の・・あのぅ、財産が・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
土地建物が・・ご主人の・・父親の名義になっているということですね。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あの、全部じゃないんですけどね・・(相談者)
はい、はい・・(加藤諦三)
私と主人との間で買ったもんは、私の名前になってるんですけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

あの、後で、専門の弁護士の先生に、伺いますけれども・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
そうすると、ご主人・・と、あなたとの間の・・で、出来た財産については、あなたの名義になっていると・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

で、あなたとご主人とのか・・間には・・子供はいないと・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

それで今、ご主人・・亡くなったご主人の財産というのは、あなた・・の名前になってないのは、ご主人の父親の物であると・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

で、あなたとしては・・な、何が問題なわけですか?(加藤諦三)
あのぅ・・主人の義理の母親・・が、面倒、主人がずっと看てきたんですけど・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

結局、亡くなった時に・・あの・・(相談者)
亡くなった時っていうのは、ご主人の父親ですね?(加藤諦三)

いや・・お義母が亡くなった時に・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

主人がずっと、今まで、あの、二十何年間、一緒に、あの、お義母さんと二人で生活してきたなかで・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

一緒に築いてきた財産とか、ああいうのが、全部、その、お義母の子供さんの方に、全部行ってしまったんです。(相談者)

はあ、はあ、はあ、はあ・・(加藤諦三)
はい・・それで、あのぅ・・お葬式の費用も全部・・あの、一切いただけんと、その子供さんが、お金全部持っていったから・・その、今、私が名義変えたいという、その、田んぼとか家とかの、3分の1の分を、現金でくださいって言われた時には・・その現金が一銭もないので、出すことができんので・・そんな、あの、土地で・・あの、渡したらいいとか、そう言うなら、対処方法が、あるんかなと思って、お聞きしたんですけど・・(相談者)

はい、ちょっと、あの、全貌ははっきりしないけど・・あのぅ・・それで今日あ、あなたの相談したいのは?

今、住んでる所の・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

住んでる所の・・名義は・・誰の名前なの?(加藤諦三)

ち・・あの、父親の名前です。(相談者)

父親の名前っていうのは、ご主人の父親の名前?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

・・に、なってるわけですね?(加藤諦三)
はい・・はい・・(相談者)
そうすると・・それを・・(加藤諦三)

私が、亡くなったらもう・・名前を、誰にするっていうことも、できないまま・・なったら困るんで、ちゃんと、いっそ、ちょんと、今、しとこうかなっと・・はい・・(相談者)

ああ、そうか、住んでいる所は、あなたの名前ではないと・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

ご主人の名義であると・・(加藤諦三)
うん、しゅ、主人の父親の名義なんです・・(相談者)
父親の名義ですよね?(加藤諦三)
はい・・はい・・はい・・(相談者)
はい、はい・・(加藤諦三)

だけれども・・私が亡くな・・った時のことを考えて・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

この、ご主人の、父親の名義の土地を・・どういうふうに・・(加藤諦三)
うん、あのぅ・・農地とかがあるんで、その、農地の方で、あの・・とってくださいということは、その子供、あの・・母親の、子供さんの方に、言うことはできるもんでしょうか?と・・(相談者)

ああ、あ、あの・・義理の、母親の、子供ですね。(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)

はい、わかりました・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
今日はスタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしているので・・(加藤諦三)
はい、すみません、お願い致します。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

【おすすめ記事】



中川潤アドバイス

こんにちは、中川です。(中川潤)
はい、お世話になります。(相談者)

あの、ちょっと整理したいんですけどね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
まず、あの、ご主人のお父さんが、先に亡くなられて、そこで相続があった・・(中川潤)
はい・・(相談者)

ですね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
で・・その時には、後添え・・で、みえたんでしょうか・・その、義理のお母さん・・(中川潤)
はい・・(相談者)

それと・・その義理のお母さんとの間の・・子供さんが、何人かいらっしゃって・・(中川潤)
あ・・はい、あの、さっき先・・先のご主人さまの、子供さんです。(相談者)

あの・・(相談者)
ええっ?(中川潤)
しゅ、主人の父親の子供はいないんです、その人の間には・・(相談者)

あ、そっちも、先夫の・・(中川潤)
はい・・(相談者)
子供なんですか?(中川潤)
はい、あと主人との血縁関係はないんです。(相談者)

いや、そうしますとね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
あのぅ、その後添えさんの・・ぉ・・義理のお母さんね・・(中川潤)
はい・・(相談者)

お父さんが、27年面倒看ていたっていう・・(中川潤)
はい・・(相談者)

あの、そちらとはまあ、今みたいな問題出てるから、養子縁組してなかったわけね?(中川潤)
はい、そうです、はい。(相談者)
はい・・(中川潤)

で、してなかったから、その・・お父さんが面倒を看てた、義理のお母さん・・その相続については・・その義理のお母さんの先夫・・との間の子供に行ってしまう、そこ、わかるんですよね?(中川潤)
はい、はい。(相談者)

だけど、その・・以前の・・(中川潤)
はい・・(相談者)
もともと、お父さんの相続・・(中川潤)
はい・・(相談者)

ね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
ご主人のお父さんの相続の時には・・(中川潤)
はい・・(相談者)

まあ、あのぅ・・相続分が、今と同じ時期だと考えて・・(中川潤)
はい・・(相談者)
半分が、お母さん、後添えさん行って・・(中川潤)
はい・・(相談者)

残り半分が、お父さんに来てるはずですね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
その時点で・・(中川潤)

はい、たぶん、その時点で、全然名義も書き換えんまんま・・母親が・・母親が亡くなったんです。(相談者)

そうすると、最初のその・・お父さんの・・(中川潤)
はい・・(相談者)
時の相続の処理っていうのは、何もされてなかった?(中川潤)
な・・してなかったんです。(相談者)

はあぁ・・(中川潤)
なんもしてないまま・・今度、あのぅ、後入り・・のお母さん、後のお母さんが、ご、あの・・亡くなったから・・なおややこしくなったんです。(相談者)

はあ(小さくつぶやく)・・それで、そのぅ、後添えでみえた、義理のお母さん・・(中川潤)
はい・・(相談者)

の、相続の時に・・(中川潤)
はい・・(相談者)

・・は、どういうことを、されたの?(中川潤)
だから、あの、預金を・・(相談者)
その、まず預貯金、現金類については・・(中川潤)
全部、その、あの・・向こうの子供さんにも、お金持っていったんです。(相談者)

あの・・ひょっとしてね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
預貯金は、持っていかれたっていう、その預貯金っていうのは・・(中川潤)
はい・・(相談者)

全部、その、後添えの、お母さん名義だったんですか?(中川潤)
はい・・はい。(相談者)
あ、お母さん名義になってたんですか?もう・・(中川潤)
はい・・(相談者)

亡くなられた時点で?(中川潤)
あの、亡くなる2年前に、全部、お母さんの名前に、お母さんが変えてたんです。(相談者)

はあぁ・・(中川潤)
預金とか、&%$の妹とか、おったんですけどね・・(相談者)

え?ご主人には、妹さんがいたの?(中川潤)
はい・・(相談者)

そいで、い、妹の名前・・(相談者)
妹さんっていうのは・・いいですか・・(中川潤)
はい・・(相談者)
ちょっと、あの・・ご主人の妹さんって、おっしゃるのは・・あの、ご主人が・・(中川潤)
はい・・(相談者)

その、義理の母親じゃない・・ね、ご主人のお母さん、前のね、亡くなられたのか、離婚されたのか、知らないけど・・(中川潤)

亡くなったんです・・はい・・(相談者)
亡くなられたのね。(中川潤)
はい、はい・・(相談者)

先に亡くなられた・・(中川潤)
はい・・(相談者)

あの、前のお母さん・・との間に、ご主人は、ご兄弟がいらしたの?(中川潤)
はい、はい。(相談者)

妹さんと、二人兄弟だったの?(中川潤)
はい、なんで、3人おったんです、一人赤ちゃんの時、死んだんです。(相談者)
ああ、だから、じゃあ、二人だね。(中川潤)
はい、今、二人だったんです、はい。(相談者)

やっかいな話しですね。(中川潤)

そうするとね・・実際の、今、権利関係いう、を言うとね・・(中川潤)
はい・・(相談者)

あの、その、お父さんで、名義もお父さんのままですから・・(中川潤)
はい・・(相談者)

そのぉ、今の土地について言えば・・(中川潤)
はい・・(相談者)

あのぅ・・自宅の土地について言えば・・ま、仮にそれだけに、限定して、あの、簡略化するためにね・・(中川潤)
はい・・(相談者)

それだけに限定して、考えてみましょう・・(中川潤)
はい・・(相談者)
半分が・・(中川潤)
はい・・(相談者)

そのぅ・・後妻さん・・(中川潤)
はい・・(相談者)
義理のお母さん・・(中川潤)
はい・・(相談者)

のところに行ってて、それぇ・・が・・そのまま・・あのぅ・・義理のお母さんの、先夫の、子供さんね・・(中川潤)
はい・・(相談者)

の、ところに、引き継がれてるんですよ。(中川潤)
はい・・(相談者)

で、そちらも・・あの、亡くなった人がいれば、代襲でさらに下に行ってるんだけれども・・(中川潤)
はい・・(相談者)

で、残りの2分の1・・(中川潤)
はい・・(相談者)

については・・お父さんと・・それから、お父さんの、実の妹さん・・(中川潤)
はい・・(相談者)
これがまだ、権利を持ってるんですよ・・(中川潤)
はい・・(相談者)

そういう今・・あの、合有(ごうゆう)っていう、共有の、ちょっと特殊な状態、未分割の共有・・ですけども・・(中川潤)
はい・・(相談者)
未だにそんな状態にあるんです、自宅の土地は・・(中川潤)
はい・・(相談者)

で、そうするとね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
それ、きちんとしたいっていうことであれば・・(中川潤)
はい・・(相談者)

そこを、今の段階で・・(中川潤)
はい・・(相談者)
あの、遺産分割そのものはね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
時効はありませんから・・(中川潤)
はい・・(相談者)

あの、税務上の申告って、よく10ヶ月って言うけども、あれは申告の、問題だけの話しであって・・(中川潤)
はい・・(相談者)

だ、未分割のままですから・・(中川潤)
はい・・(相談者)
お父さん名義だけど・・(中川潤)
はい・・(相談者)

実は、潜在的にそれが・・あぁ・・半分は・・義理のお母さんへ行って・・(中川潤)
はい・・(相談者)

それから残り2分の1の・・(中川潤)
はい・・(相談者)
ゴホン(咳)・・2分の1の・・だから、4分の1は・・(中川潤)
はい・・(相談者)

あのぅ、ご主人に来てて・・(中川潤)
はい・・(相談者)
ね・・で、ただ、ご主人が・・(中川潤)
はい・・(相談者)

・・と・・あなたの間に・・(中川潤)
はい・・(相談者)
子供さんがいないから・・(中川潤)
はい・・(相談者)

あなたが・・ぁ・・4分の3で・・で、妹さんが・・
はい・・(相談者)
その2分の1の・・あ・・4分の1だと思うけれども、ちょっと、割合い間違ってるかもしんないけども・・(中川潤)
はい・・(相談者)

従ってその妹さんの方が・・(中川潤)
はい・・(相談者)
あ・・4分の1プラス・・えー、2分の1の4分の1だから、8分の1・・(中川潤)
はい・・(相談者)

ねぇ・・(中川潤)
はい・・(相談者)
で、あなたが2分の1の、4分の3・・(中川潤)
はい・・(相談者)

を、承継してるって、まあ、まあね、ぐちゃぐちゃな・・(中川潤)
はい・・(相談者)

それだけ・・が・・(中川潤)
はい・・(相談者)
あ・・協議をして・・(中川潤)
はい・・(相談者)

その未分割分・・(中川潤)
はい・・(相談者)
の土地について・・(中川潤)
はい・・(相談者)

どないするかを、決めにゃあいかんと・・(中川潤)
はい・・(相談者)
いうことになるんですよ。(中川潤)
はい・・(相談者)

これねぇ・・(中川潤)
はい・・(相談者)
あのぅ・・お父さんの遺産分割が・・(中川潤)
はい・・(相談者)

きちんと、終わってないんですよ・・(中川潤)
はい・・(相談者)

でぇ・・これ、あの・・きちんと処理しようと、思ったら・・(中川潤)
はい・・(相談者)

それについてのぉ・・その、遺産分割・・の、協議なりなんなり・・ここんところで、きちんとやっといて・・(中川潤)
はい・・(相談者)

あのぅ・・それなりの処理をしなきゃいけなくて・・(中川潤)
はい・・(相談者)

ほんで、あと田んぼがあるんですか?(中川潤)
はい、たくさん。(相談者)
たくさんあるのね?(中川潤)
はい・・(相談者)

ただ、その、お母さん側の・・そのもらっ・・持ってった3人の子供達っていうのは・・農家の方ではないの?(中川潤)
はい・・(相談者)
ちゃうの?(中川潤)
はい・・(相談者)

ああ、そうすっと・・た、田んぼもらっても、しょうがないし・・(中川潤)
はい・・(相談者)
も、もらいようもないわけだな・・(中川潤)
はい・・(相談者)

その田んぼっていうのは、ホントの田んぼなんですか?(中川潤)
はい・・(相談者)

あら、そう。(中川潤)
はい・・6反(1800坪、約6000㎡弱)ほどあります。(相談者)

い、今、どうしてるの?(中川潤)
近所の人が・・お野菜、少し作ってます。(相談者)
あ、近所の人に、小作に、貸してるわけ?(中川潤)
はい・・(相談者)

はあぁ・・(中川潤)
ホントに、あの、草刈り程度の管理ぐらい・・(相談者)

ああ、く・・ああ、そうか・・(中川潤)
はい・・(相談者)
ああ、お母さんやるわけ・・ぁ、やることもできないからねぇ・・(中川潤)
まあ、よう・・機械類は、よう使わんのです。(相談者)

はあぁ・・あの、その田んぼの周りも、みんな田んぼ?(中川潤)
はい・・(相談者)

あ、じゃあ、まったくそこ、住宅にするわけにいかん土地ね。(中川潤)
はい・・(相談者)

はい・・(相談者)
要するに、宅地に転用できますか?っていう・・(中川潤)
あの・・近くはようけ、その、分譲地とかはできてます。(相談者)
できてるの?(中川潤)
はい。(相談者)

あぁ、じゃあ、その気になれば転用許可も・・(中川潤)
はい・・(相談者)
おりなくも・・ないような・・(中川潤)
ないです・・はい・・(相談者)
環境なの?(中川潤)
はい・・(相談者)

うん、そうするとね・・(中川潤)
はい・・(相談者)
さっきアイデアとして、おっしゃってた、田んぼくれてやってもいいから・・(中川潤)
はい・・(相談者)

自宅の土地を・・守りたいと・・(中川潤)
の・・はい・・(相談者)
こっちのもんに、したいと・・(中川潤)
はい・・(相談者)

いうカードにはなるわなぁ。(中川潤)
はい・・(相談者)
つまり、田んぼもらってもしょうがない・・し、もらいようがない。(中川潤)
はい・・(相談者)
ですよね。(中川潤)
はい・・(相談者)

だけど、転用して、住宅用にできて・・(中川潤)
はい・・(相談者)
あの、売れる土地ならば・・(中川潤)
はい・・(相談者)

売って金にするから、処理せんかっていう・・(中川潤)
あ、そういう提案ができますかね?(相談者)
できるね。(中川潤)

はい・・(相談者)
はい、はい、これねぇ・・(中川潤)
はい・・(相談者)

やっぱり、あのぅ・・どなたか弁護士頼みなさい。(中川潤)
はい・・(相談者)

うん、手に負えませんよ。(中川潤)
はい。(相談者)
弁護士だって、大変だもん。(中川潤)
はい。(相談者)

ともかくねぇ・・(中川潤)
はい・・(相談者)
今から、手をつけて・・(中川潤)
はい・・(相談者)もう、はい・・(相談者)

急いでそれ・・もう、それ、始められた方が、いいっすよ・・(中川潤)
宅地もね、あの、10坪とか、50坪ぐらいやったら、別に、現金で払ってもいいんですけど・・450坪ほどあるんですよ。(相談者)

自宅のしき・・敷地が、450坪もあるの?(中川潤)
はい。(相談者)
わお!(中川潤)

だから、それを、はんぶ・・半分とか、3分の1になったら、現金化してくれ言うたら・・とてもじゃないけど・・できんのでね。(相談者)

はあ・・あの・・(中川潤)
はい・・(相談者)
これ、結構、大変な作業ですから・・(中川潤)
はい・・(相談者)
はい・・(中川潤)
はい・・(相談者)
頑張って、やってください。(中川潤)
はい、すいません、ありがとうございます。(相談者)
はぁい。(中川潤)

はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
はい、はい、はい、すいませんでした。(相談者)

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.