テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年12月29日は、今井通子&坂井眞。知的障害中等度レベルの24歳の息子。女の子を紹介してくれる所に電話をかけたとのこと。架空的な請求の通知や電話がかかってくる。3年前にもあったが、消費者センターや警察に相談したところ、放っておくように言われた。今回、相談者の勤務先や、息子の勤め先を教えてしまったとのこと。法律的に、知的障碍者の免責事項があるのか、また親は責任を負うのか教えてほしい。

テレフォン人生相談2016年12月29日(木)
パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:47歳女性 夫52歳 長男24歳(知的障害) 長女22歳(家を出て働いている) 次男21歳(大学生で家を出ている)

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

47歳女性から、、長男のことなんですけれども、ちょっと業者の方から、あのぅ、まぁ、架空的なっていうか、そういう請求を、電話や通知で、来ているっていう感じでの相談なんですけれど・・

あっ・・あなたは、おいくつですか?(今井通子)
あっ、わたしは・・えっと、47歳です。(相談者)

ご長男は、おいくつ?(今井通子)
えっと、24歳です、はい。(相談者)
あの、ご主人は?(今井通子)
えっと、52歳です。(相談者)

お子さんは、他にいらっしゃいますか?(今井通子)
えっと・・あとは、娘と次男が、います。(相談者)
お嬢さんは・・ご長男の・・上、下?(今井通子)
あっ、下です。(相談者)

次男・・次男の方は、当然下だけど・・(今井通子)
はい、そうです、はい。(相談者)
何歳と、何歳かな?(今井通子)
えっと・・娘が、22で・・(相談者)
はい。(今井通子)
次男の方が、21です。(相談者)
はい。(今井通子)
はい。(相談者)

ま、もう皆さん、成人してらっしゃるのね?(今井通子)
そうです、はい。(相談者)

で、えー・・(今井通子)
はい。(相談者)
実家っていうか・・(今井通子)
はい。(相談者)
あの、ご一緒に住まれてるんですか、全員?(今井通子)

あっ・・えっと・・長男だけで・・(相談者)
うん。(今井通子)
娘は・・えっと・・働きに、出てます。(相談者)
はい。(相談者)
あの、外へ・・出て・・(相談者)

じな・・(今井通子)
で、下は、大学生で、他所へ行ってます。(相談者)
なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

じゃあ、ご長男と、3人で住んでらっしゃる?(今井通子)
そうです、はい。(相談者)

知的障害の長男に架空請求

で、ご長男は・・(今井通子)
はい。(相談者)
今・・お仕事何かされてるの?(今井通子)

はい、あのぅ・・施設の方で・・午前中3時間ぐらい・・(相談者)

・・は、働きに行ってます。(相談者)

あのぅ・・ハンディキャッパー?(今井通子)
あっ・・知的障害です。(相談者)
ああ、なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)
・・はい。(今井通子)

でぇ・・(今井通子)

どんな請求をされたの?(今井通子)
えっと・・ちょっと、女の子を紹介してくれるっていうところに・・(相談者)
はい。(今井通子)

サイト・・長男が、電話したみたいで・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、まあ、&%$のこと、まぁ親、わたし達は、しらなかったんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)

それであの・・(相談者)
それ・・いつ・・いつの・・どれぐらい前の事?(今井通子)
うんと・・一番最初にあったのは、3年ぐらい前・・だと思うんですけど・・(相談者)

3年前に、電話をした?(今井通子)
えっ、電話をして・・(相談者)
はい。(今井通子)

それが、1回目です。(相談者)
はい。(今井通子)
今回が、2回目なんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)
ま、それと同じなんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、えっと、電話をして・・ま、それにお金が、かかるみたいなんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)

それで、お金・・あの・・あの、払えっていう・・電話が来たりとかして・・(相談者)
はい。(今井通子)
で、通知も、来た時によく見たら・・(相談者)
はい。(今井通子)

ま、10万以上の、請求だったっていうことで・・(相談者)
はい。(相談者)

で、えっと、その時に・・消費者センターと・・(相談者)
はい。(今井通子)
警察の方に、その通知とかを持って行ったら・・(相談者)
はい。(今井通子)

ま、調査費とかは・・(相談者)

あ、あの、相手に・・請求するものじゃないからっていうことと・・あと、そういう会社の、アレを調べたら・・(相談者)
はい。(今井通子)

架空請求の・・所だから、払わない方がいいっていうふうな、感じで、あったので・・(相談者)
は・・はい。(今井通子)
3年前の時も、そのまま放っておいたんです。(相談者)
はい。(今井通子)

それでまた今回・・(相談者)
はい。(今井通子)
また、同じようなことで、かけてしまって・・(相談者)
はい。(今井通子)

で、また、家の方に・・ちょっと脅迫めいたっていうか・・電話がかかってきて・・(相談者)
はい。(今井通子)

で、今回も消費者センターと警察の方は、行ったんですけれど・・(相談者)
はい。(今井通子)

かけた事実はあるので・・(相談者)
はい。(今井通子)
ま、今回、知的障害者っていうか、障害・・で・・(相談者)

どこまで・・(相談者)
はい。(今井通子)
こういう・・責任的なっていうか、対応とか、ま、こん・・今後どういう、そこへ対応をしていったらいいのかっていう・・相談なんですけれど。(相談者)

・・・

請求書の明細

えっ・・そうすると、消費者センターと・・(今井通子)
はい。(相談者)
警察の方は・・(今井通子)
はい。(相談者)

その電話を・・息子さんがかけられたということから・・(今井通子)
はい。(相談者)
何の、アドバイスも、くれなかったっていうこと?(今井通子)

ええ、まあ、あの・・支払わなくても、いいんじゃないかっていうような・・感じで・・(相談者)
また、なにか脅迫めいたことがあって・・大変だったら・・で、それだけで済んだんですけれど・・(相談者)

ま、じゃあ、なにかあったら、相談してくださいっていう話しになったんですね?(今井通子)
ああ、そんな感じです・・ええ。(相談者)
うん。(今井通子)

で、請求・・額が、10万以上だったと。(今井通子)
10万以上・・はい、そうです。(相談者)

それは、なんの請求になってました?(今井通子)

いろいろと分かれて・・アレなんですけれど、何がどうか?っていう細かい的なことは・・なにも書いてないので・・(相談者)

ま、だい・・えーっと、ざっと今、え、見てみます。(相談者)

事務手数料とか・・(相談者)
はい。(相談者)
サーバー管理とか・・操作(捜査?)費とか、いろいろな、感じで書いてあるんですけど・・(相談者)
はい。(相談者)

で、えっと・・あと、延滞・・損害金・・(相談者)

延滞損害金・・(今井通子)

が、括弧して、年、14.6%って書いてありまして・・(相談者)

・・・

で、あの・・(今井通子)
はい。(相談者)
そうすると、今、読み上げられた・・(今井通子)
はい。(相談者)

その事務手数料云々とかって書いてある・・(今井通子)
はい。(相談者)
この内容は・・(今井通子)
はい。(相談者)
今回のものなのね?(今井通子)

うん、たぶん、そうだと思います、はい・・はい。(相談者)

で、前回のものは・・(今井通子)
はい。(相談者)

ないわけね?(今井通子)

そうです。(相談者)

なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)
で、前回は、だいたい、どれぐらいの・・請求額だったの?(今井通子)
似たようなものだと思います、10万・・(相談者)

10万ぐらいだった?(今井通子)
11万ぐらいです、はい。(相談者)
で、それはまあ、放っておいて、なくしてしまったってことね?(今井通子)
はい、はい。(相談者)

で、前回と、今回で・・同じ会社?(今井通子)

えーっとね、前のやつが・・名前が違います、はい。(相談者)
はい。(今井通子)

で、今回のこととして・・(今井通子)
はい。(相談者)
請求書が来たんですね?(今井通子)
はい、そうです。(相談者)

障害者の免責事項は

じゃあ、何週間前に電話されたの?(今井通子)

それもわからないんです、はっきりと子供も、覚えてないので・・(相談者)

でも、電話した事は確かなの?(今井通子)

電話したことは確かです。(相談者)

電話・・(相談者)
で・・(今井通子)
したのは、家・・家のと、で・・携帯から電話したのは、確かみたいです。(相談者)

・・はい。(今井通子)

で、まあ、それで、子供が、そういうふうな・・事実があって、こういう請求が来てるんですけれど・・(相談者)
うん。(今井通子)

まあ、えっと・・障害者・・というか、そういうふうで、払う権利が、こういう時、あるのか・・どうかなの・・とか・・(相談者)

あと、親にも責任があって・・(相談者)

子供が会社・・わたしが勤めてる会社の名前と・・自分の勤めてる会社の名前を言ってしまってるんですが、相手の方に・・(相談者)

はい、はい。(今井通子)
でぇ・・(相談者)

で、それで向こうから、あのぅ・・脅迫めいたのが、仕事場にかかってきたりとかした時に・・(相談者)
う、うん。(今井通子)

わたしも、こっちの方へ、会社・・と、電話する時に・・(相談者)

あのぅ・・障害者・・だから・・払わなくてもいいんだみたいな、そういうふうな・・(相談者)

あの、法律っていうか、そういうのって、あるのかな?とか・・(相談者)

なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

・・・

はい。(今井通子)
どこまでの責任を、障害者は、負うのかなっていう、親・・こ、これは・・成人してても、親にまた、かかって来ることなのかな?っていう・・(相談者)

もし、向こうと、話し合いのことを、するのであれば・・こちらも、しっかりそういう、法律的なことも、知っておきたいなと思って・・(相談者)

でぇ・・お子さんの・・(今井通子)
はい。(相談者)
そのぅ・・知的障害レベルは、どれぐらいなの?(今井通子)

・・・

知的障害レベル?(相談者)
ん・・えっと・・(相談者)

昔、軽度、中度、強・・あの・・っていうのが、あった時は、中度っていうふうに・・(相談者)
中等度?(今井通子)
はい、中等度、はい。(相談者)

・・・

・・はい、一応、療育手帳も取ってっていう状態で・・す。(相談者)

あのぅ・・日常生活には、支障ないですか?(今井通子)
とくにはないです、はい。(相談者)

話しも、お互いに通じます?(今井通子)

通じます、はい。(相談者)

うーん・・なるほど。(今井通子)

・・・

でぇ・・(今井通子)

今のお話ですと・・障害者であること・・(今井通子)

うん、はい。(相談者)
・・が、免責事項になりますか?っていう、お話しですよね?(今井通子)

そうですね、はい。(相談者)
はい。(今井通子)

はい・・(相談者)
今日はですね、弁護士の坂井眞先生がいらしてますので・・(今井通子)
はい。(相談者)
お話し伺ってみたいと思います。(今井通子)
はぁい。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.