テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年7月18日(火)は、加藤諦三&大原敬子。産まれた時から障害のある次女、夫は話し合いを拒否し続ける。何より一番大事なのは子供だが、これ以上、何か起きたら一人で耐えられない、対処できないという相談者。自身、母親から虐待を受けており、短大卒業後に家を出て、遠くに就職し夫と出会い結婚。頼りない自分、これからいろんな事が起きる前提で考え、頼りなさ過ぎて申し訳ない。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:42歳女性 夫47歳 長女17歳 次女10歳(障害あり)

加藤諦三氏の〆の言葉『大抵の事は、意味を感じれば耐えられます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

42歳の女性から、夫は47歳、子供は17歳と10歳の女の子。

はい、わかりました・・(加藤諦三)
はい・・はい・・(相談者)
で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

夫と話し合えない

えっと・・今、えっと・・毎日、あの・・ちょっと、生きているのが・・怖いっていうことで・・(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

生きているのが・・怖いっていうことは・・(加藤諦三)
朝、起きて、なんとなく怖いん・・(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)
ですか?(加藤諦三)
・・
だから・・(相談者)
怖いって、具体的に、要するに・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

猫が怖いとか、隣の人が、怖いとかっていうんでは、ないんですね?(加藤諦三)

あ、違いますね。(相談者)
具体的に、何かが・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
怖いっていうんじゃなくて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

なんか、生きてる事が、怖いわけですね?(加藤諦三)

あのぅ・・具体的には・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・子供、下・・あのぅ、下の子供が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

産まれた・・時・・から、障害があって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい、ひんで(なまってる?)、すごく・・(相談者)

あのぅ・・大変だったんですね。(相談者)
・・
いろんなことが・・(相談者)
はいはい、そりゃ大変・・ですね、はい。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

それでぇ・・その、わかった時に、夫と・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
話し合いを、したかったんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

一人にしてくれっていう感じで、拒否されたり・・(相談者)
・・
あの、一緒・・はい?(相談者)
ご主人の方が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
話し合いを、拒否したということですね。(加藤諦三)
そうですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで・・もう、自分は自分で頑張るからっていう感じで・・(相談者)

あの、一緒に頑張るという感じではなくて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あぁ・・自分は自分で頑張る・・っていう感じで、突き放された感じで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・話し合うっていうことが、難しくてですねぇ。(相談者)
うん、うん。(加藤諦三)

まぁ、わたしは、もう、しょうがないな・・って・・娘の事が、一番大事なので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ、ま、現実に・・の、問題に・・まぁ、その都度・・対応してきたんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

やっぱり、いろんなことが・・重なると・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
やっぱり、頼りにしたいっていう気持ちも、誰・・ねぇ、あ、ありまして・・(相談者)
そりゃそうですね・・はい。(加藤諦三)
はああ(声じゃなく大きな溜息)・・(相談者)

そこでもう・・今・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
本当に、限界を、来ているんだなぁ・・っていう・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
感じなんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

そうすると・・怖いっていうのは・・(加藤諦三)
・・
最初に言ったように、生きている事が、怖いというよりも・・(加藤諦三)

むしろ・・それなりに、具体的な事が、あるわけですね?夫に対する不満、この子は、どう・・(加藤諦三)

これから、どうなっていくんだろう・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
という不安とか。(加藤諦三)
はい。(相談者)

そういうことも・・全部・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
含まれているという事ですね。(加藤諦三)

そうですね、これ以上、また、何かが、問題が起きた時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしはもう、対応できないっていうか、気力がないので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう、恐ろしいというか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう、明日になるのが、怖いっていう感じなんです、一日、一日が・・(相談者)

はいはいはい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

母からの虐待

そうすると・・(加藤諦三)

これ、もう・・もちろん、恋愛結婚ですね?(加藤諦三)

いいえ・・(相談者)
・・
あ、違うんですか?(加藤諦三)
あのぅ・・恋愛というかですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしは、ちょっと・・(相談者)

小さい時の、家庭環境で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ちょっと、母親から、ちょっと・・虐待みたいなこと、されてたんですね。(相談者)
ああ・・そうですか、はい。(加藤諦三)
それで、もう・・(相談者)

大学・・短大を卒業したら、もう・・家を出たいっていうことで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・思い切って出て・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
遠くに、就職をして・・(相談者)

あの・・そこで・・(相談者)

出会って・・結婚して、そのまま・・住んでます。(相談者)

あのぅ・・(加藤諦三)

小さい頃、母親から・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
虐待っていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
どの・・程度の、虐待ですか?(加藤諦三)

叩かれたり、蹴られたりですな(ちょっとなまってる)・・(相談者)
あ・・叩かれたり・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
蹴られたり・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

あのぅ・・ふっと、寝てるところ蹴られたり、そんなとこに、寝てるんじゃない・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
起きろっていうような・・(加藤諦三)

形で・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
叩かれる・・蹴られる、とか、そういうようなことも、あったわけ?(加藤諦三)

そうですね、母親・・自体がもう・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・すごい、不安定な・・人で・・(相談者)
はぁい・・はい・・はい、はい。(加藤諦三)

急にこう・・(相談者)

気分が変わって・・(相談者)
うん、うん・・(加藤諦三)
イライラしたら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの、わたしが居る部屋に来て・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

突然、叩いたりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

する人でした。(相談者)

要するに、お母さんも・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
イライラ、怒りを、あなたにぶつけて、要するに、あなた・・を、虐待するころ・・とで、お母さんは、自分の気持ちを、保ってたってことですね。(加藤諦三)

そう・・だと思いますね。(相談者)
う、うん・・(加藤諦三)

で、お父さんとの関係は、あなた、どうだった?(加藤諦三)

父親は・・(相談者)

母親の事を、恐れていました。(相談者)

なので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしを、庇うとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そういうのは、できなくて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
いつも、母親の言うなりというか・・(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
あの・・機嫌を損なわないように、気を使っていました。(相談者)
う、うん・・(加藤諦三)

疲れ果て

そうすると、あなた・・は、アレですね・・(加藤諦三)

自分を守ってくれるものが、小さい頃、なにもなかったという・・(加藤諦三)

そ・・そうです(泣き始める)。(相談者)

ズズッ・・(相談者)

あのぅ・・(加藤諦三)

だからあなたが最初、生きているのが怖い・・っと言ったのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

不安のことか・・(加藤諦三)

なんか生きてることが、ものすごく不安で、どうにもならないってこと?(加藤諦三)

なんか・・自分が・・頼りないんですね。(相談者)
うん、そりゃそうですね。(加藤諦三)

だから・・(相談者)

なにか、この・・子に・・(相談者)

何かがあるって・・思ってしまって、これから何か・・(相談者)

いろんなことが、もう・・起きる・・っていう、前提で、生きてて・・(相談者)
・・
それ・・その時に、自分が・・頼りなさ過ぎて・・(相談者)

・・・

自分で、こう・・(相談者)

・・

支えてあげられないっていう・・(相談者)

・・・

申し訳ないっていう・・(相談者)

・・・

あ、そこで、申し訳ないっていう・・感情、出ちゃうのねぇ・・(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)

それで、その、起きたことに、自分は対処できない・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

で、その感覚は・・(加藤諦三)

日々、強まってますね?(加藤諦三)

・・・

・・・

はい・・(相談者)

そうですね・・(相談者)

はい。(相談者)

そうですか、それで・・ご主人との関係が、今言ったように、一緒に対処するわけではないと・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

大変辛いというのは、わかります、辛いというのはですね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

個々、別々に、あることで怪我をしたとかね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ある会社で、こういうこともあって、まぁ、失業したとかって、個々の問題じゃなくて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

要するに・・(加藤諦三)

今あなたが抱えている問題は、本当に、人間としての根源的な問題・・(加藤諦三)

ですからね。(加藤諦三)
はい。(相談者)
小さい頃に、ま、そういうことがあって・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

そいで、今・・もう本当に・・(加藤諦三)

疲れ果てて、どうしようか?・・って、ことですね。(加藤諦三)
はい・・そうです。(相談者)

今日ですね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

幼児教育の・・(加藤諦三)
・・
あ・・(相談者)
研究の・・(加藤諦三)

大原敬子先生がいらしているので・・(加藤諦三)
ズッ・・はい。(相談者)

どう対処したらいいか、ということをですね・・(加藤諦三)
うん、はい。(相談者)

考えてくださると思います。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

ありがとうございます・・ううっ・・(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.