テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年1月2日は、加藤諦三&マドモアゼル愛。薬学系の大学3年の息子がほぼ留年確定。追試の前に、大学を辞めて投資の事業を起業したいと言い始めた。2年生まではトップクラスの成績、クラブでは副部長、趣味でギターもし、スノボもやっているような息子。金儲けではなく、どうすれば大学にとどまって、卒業、資格取得までもっていけるか。

テレフォン人生相談2017年1月2日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:56歳女性 夫62歳 長男21歳(薬学系の大学3年) 次男16歳

加藤諦三氏の〆の言葉『説得するというのは大変難しいです。説得できても納得してない事が多いです』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

56歳の女性から、夫62歳、子供は男の子二人、上が21歳、下が16歳。

留年するなら大学を辞める

はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
えっと、上の子が・・大学3年生なんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

留年の・・ほとんど決まってる状態で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まだ学校から通知が来てないので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
確定ではないと思うんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

留年するんだったら、大学辞めて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
アルバイトしたい・・って言ってるんですよ。(相談者)

大学辞めて、アルバイトをしたいと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
という事は、あのぅ、留年がほぼ決ま・・まあ、決まったと仮定して・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

あのぅ・・ん・・留年の理由っていうのは、なんですか?要するにクラブ活動は、や・・やり過ぎ・・って、そっちが面白かったとか、あるいは遊んでたとか、なんで留年・・(加藤諦三)

わたしも、ちょっと理解できないところがあるんですけども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

1・・2年生は、その時は、通知表はトップの方で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
良かったんですけども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

3年生になって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの、理系なんですけども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

覚えるものがすごく多いみたいで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
それについていけなくて・・(相談者)

単位を落としたみたいなんですよ。(相談者)

ああ、そうすると・・理工系で・・あれですね・・2年までは非常に熱心にやっていて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ずーっと一生懸命・・勉強していたということですね。(加藤諦三)
そうです。(相談者)

それで・・ 3年になってから・・(加藤諦三)

勉強・・(加藤諦三)

学校の・・あの・・単位を取るときに、講義とか実験とか、いろいろあると思うんですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
それについていけなくなったということ?(加藤諦三)

暗記ものが・・(相談者)

いっぱいあって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
それが出来なくて・・(相談者)

今まで・・この、高校の時とか・・(相談者)

暗記が得意で・・きたのが・・(相談者)

できなくなって・・自信なくしたっていうのも、あると思うんですよね。(相談者)

要するに、一生懸命勉強してたけども・・(加藤諦三)

その、思うように単位も取れないし、成績も上がらないし、自信・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
自分に自信を失ったということなのかな?(加藤諦三)

そうですね・・そうだと思います。(相談者)

留年が理由とは理解しにくい

そのぅ・・学校、大学を辞めて・・(加藤諦三)

アルバイトという・・言っても、要するに大学を辞めて働きだすということですよね?(加藤諦三)

そうですね。(相談者)

で、1年間で急に・・(加藤諦三)

・・・

そうなってしまうってのは・・な、なんかその・・(加藤諦三)

・・・

ん・・成績・・ということの他に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
本人じゃないからわからないでしょうけど、何か他に原因があるんじゃないでしょうかね?(加藤諦三)

そうですね。クラブ活動・・(相談者)

も・・副部長やったりして、やってたので・・(相談者)

ああ・・な、なんですか?(加藤諦三)
&%$も・・(相談者)
あ、あの、クラブ活動の、クラブっていうのは?(加藤諦三)

ん・・なんか、研究のクラブ活動を・・(相談者)
ああ・・(加藤諦三)

いや・・そ・・そのぅ・・クラブ活動って言っても、理工系で・・要するに、スポーツな・・クラブ活動、やってるわけじゃなくて、なんか、研究ってことだとすると・・(加藤諦三)

なんかその自分の勉強に関わることなんでしょうね?(加藤諦三)

そうですね、そうだと思います。(相談者)
それ・・で・・(加藤諦三)

そのぅ、その、クラブで、中心的な役割を果たしていて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、留年が決まった・・ほぼ決まったというのが・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ん・・ん・・な、なんかちょっと・・(加藤諦三)

理解・・しにくいんですよね。(加藤諦三)
なんか、むしろ・・(加藤諦三)

彼の心の中に、何か変化が・・(加藤諦三)

起きているというふうに・・(加藤諦三)
んん・・(相談者)

なんか、ちょ、ちょ、ちょっとわからないけど、なんかこう・・最近、変わった様子とか、なんかないですか?今までとは違った。(加藤諦三)

投資で金儲け

うーん、やっぱり携帯のゲームに夢中だったりとか・・(相談者)

あとは・・(相談者)
ん・・そ、そうするとあと・・(加藤諦三)
ギターとか、買ったりして・・(相談者)
ん?・・何を?(加藤諦三)
それに夢中になって・・(相談者)
何を買う?(加藤諦三)

ギターです。(相談者)
あ、ギターを買う。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

あとはスポーツ?(相談者)

スノボとか、好きで・・(相談者)
よく・・毎年、行ってるみたいなんですけど・・(相談者)

あの大学・・(加藤諦三)

卒業の単位が取れないという・・のは、わかるんですけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
必要なね、ま、どこの大学で・・どこの理工系の学部とか・・知りませんけれども・・(加藤諦三)

そのひつ・・(加藤諦三)
理工系じゃなくて・・薬学系です。(相談者)

薬学系?(加藤諦三)
はい。(相談者)
薬学系だって、当然、卒業するためには、必要な単位っていうのは、あるわけですから・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

その必要な単位が、取れないという・・ことではないんですよね?(加藤諦三)

・・・

言ってるのが?(加藤諦三)

なんか大学を辞めて、アルバイトをしちゃうって、何で言い出したのか?(加藤諦三)

んん・・(相談者)
でぇ、なんか、あなたの話し聞いてると・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・・

何の問題もない、学生ですよね?(加藤諦三)

んん・・(相談者)
勉強はよくするし、ギターやってるし、スノボ、スポーツもやってるし、クラブやってるし、クラブもしかも・・副部長っていうんだから・・(加藤諦三)

重要な、役割を果たして、人間関係も・・(加藤諦三)

クラブの副部長は、人間関係が・・上手くいかないような人だったら、務まんないですからねぇ。(加藤諦三)

んん・・(相談者)

・・・

うーん・・そうですね、あの・・(相談者)

追試が・・あのぅ・・する、ちょっと前に・・(相談者)

もう、学校辞めて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
投資やりたいって言い出したんですよ。(相談者)

・・・

学校辞めて、投資?(加藤諦三)

ええ・・投資の事業をやりたいって・・(相談者)

パソコン使って、投資やってる人がいるから、それをやりたいって、言い出して・・(相談者)

ああ・・ああ・・(加藤諦三)
なんか・・(相談者)

要するに・・(加藤諦三)
あんに、金儲けをしたいっていう・・(相談者)
という・・(加藤諦三)

考え方があるのかなぁっていう、気がするんです。(相談者)
あるのかな?って、それだとあの・・(加藤諦三)

よく理解できます。(加藤諦三)

だから、アルバイトっていうんじゃなくて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

なんか・・自分はもう、仕事を、起こしたいっていうことじゃないの?・・ベンチャー企業みたいな、なんか。(加藤諦三)

投資がしたいってことは。(加藤諦三)

そうですね・・(相談者)
なんか、お金儲けたいってことでしょ、もっと言えば。(加藤諦三)

そうですね。(相談者)
そ・・(加藤諦三)
金儲けしたいっていう・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
ことが、根底にあると思います。(相談者)

うん、要するに、大学辞めて、金儲けしたいっていうことですよ。(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)
ということでしょう?(加藤諦三)

うん・・そうです。(相談者)

はい・・と、相談というのは、アレですよね・・(加藤諦三)

・・・

この息子を、どうやって・・いや、ちゃんと大学出なさいって・・いうふうに、持って行ったらいいか?っていうこと?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

それが相談ですよね?(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)

はい、わかりました・・今日はあの・・心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生が、スタジオにいらっしゃるので・・伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.