テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年6月28日(木)は、柴田理恵&高橋龍太郎。大学2年から休学して4年間、今はアルバイトを始めた24歳男性からの相談。何に対してもつまらない、意欲が湧かない状況が続いており、宙ぶらりんな感じ。海外青年協力隊で海外で働きたかったが、応募してから潰瘍性大腸炎になり薬が欠かせなくなり挫折。父の紹介で理学療法士の専門学校へ行くつもりだが、興味もなくやる気がない。この状態をどうにかしたい。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:24歳男性(大学2年から休学4年・潰瘍性大腸炎) 父65歳 母62歳 妹20歳(大学生)

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

もしもし?(相談者)
あ、もしもし・・今日は、どんな・・ご相談ですか?(柴田理恵)

えっと、何に対しても・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

こう・・(相談者)
・・
つまらないというか、意欲がないというか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ま、そういう状況が続いてまして。(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ・・まぁ・・(相談者)

客観的に見ても僕の・・(相談者)

今の状況が・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

宙ぶらりんみたいな感じなんですよね。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

えっと・・あなたおいくつですか?(柴田理恵)

24です。(相談者)

24歳・・はい・・えっと、まだ独身ですか?(柴田理恵)
はい、そうです。(相談者)

お仕事は・・なさってらっしゃいますか?(柴田理恵)

えっと、アルバイトをしてます。(相談者)
アルバイト・・はい。(柴田理恵)

じゃあ、えっと独身・・お父さんとか、お母さんとか、ご一緒に住んでらっしゃるんですか?(柴田理恵)

まぁ、そうですね、はい。(相談者)
ぇ、お父さん、おいくつですか?(柴田理恵)

は(わ)、60・・5です。(相談者)
うん、お母さんは?(柴田理恵)

は(わ)、60・・2です。(相談者)
2・・同居なさってる?(柴田理恵)

はい。(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ、アルバイトってことは・・えっと、学校を卒業なさって・・(柴田理恵)

高卒?大卒?(柴田理恵)
ああ・・(相談者)

・・

あの・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
高校を卒業した後に・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

一浪して大学行ったんですよ。(相談者)
はいはい。(柴田理恵)

でも、大学・・に・・行きたくなくなっちゃって・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ、大学2年の時から・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
もう、4年間ずーっと、休学してます。(相談者)

あっ、じゃあ今、休学中ってことですか?(柴田理恵)
はい、そうです。(相談者)

はぁはぁ、なるほど・・(柴田理恵)

それでぇ・・(柴田理恵)

えっと、アルバイトをなさってて・・(柴田理恵)

将来どうなさるとか、そういうこともあまり・・ないんでしょうか?(柴田理恵)

・・

目標・・(柴田理恵)
うーーん・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

そうですねぇ、なんか・・(相談者)

一応あのぅ・・(相談者)

まぁ、今、宙ぶらりんな状態なのでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

一応そのぅ、その状態がまぁ・・ここ・・(相談者)

ま、2年、3年、4年って続いてきて。(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ、うちの・・(相談者)

親はあまり干渉しなかったんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)

あのぅ・・専門学校・・こういう場所があるから、ここへ行けば・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

資格取れて、これくらいの給料が、最低でも・・(相談者)

取れるから・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ここ・・(相談者)

行けよ・・っていう話で、一応、家族の中では、話が、まとまった・・んですよ。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

それはあの・・(柴田理恵)

ん、ん、何系の専門学校というか・・(柴田理恵)

あ、医療系ですね。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

ってことは、医学部かなんか、行ってらっしゃったんですか?(柴田理恵)

いや全然、文系です。(相談者)
あ、文系を、やってらっしゃって?(柴田理恵)
はい。(相談者)
ふぅーん・・(柴田理恵)

ぁぁ、そうですか・・(柴田理恵)

そ、そのぅ・・大学に入られた時は・・(柴田理恵)

なにか・・まぁ、将来・・(柴田理恵)

こういうのになりたいなぁ・・とか、そういう目標みたいなものは、お有りだったんですか?(柴田理恵)

あの、発展途上国とかに行って・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

そのぅ・・なんて言うんですかね?(相談者)
・・
こう・・海外で、働きたかったんです。(相談者)

はぁ、はっはっはぁ・・あの、海外の・・(柴田理恵)

青年協力隊みたいな、ああいう・・(柴田理恵)
そう、そうです、そうです。(相談者)
ほぅほぅほぅ・・え、やれば良かったのに。(柴田理恵)

あのぅ・・一応、応募とかもしたんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)

僕が、その時を同じくして、慢性の消化器炎症に・・(相談者)

罹って(かかって)しまって。(相談者)
はぁはぁはぁ・・(柴田理恵)

でぇ、あのぅ・・まぁちょっと・・健康面で・・(相談者)

まぁ・・ダメになったりだとかっていうのが、結構、続きましてぇ。(相談者)
うんうんう、うん。(柴田理恵)

ぁぁ・・(柴田理恵)

それでそこの・・その夢は・・(柴田理恵)

こう・・(柴田理恵)

潰えて(ついえて)しまったというか・・(柴田理恵)

あまりうまく・・(柴田理恵)

いかなかったってことですか?(柴田理恵)

そうですね、現時点だとそうですねぇ。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

今は?その、消化器・・炎症とか?(柴田理恵)

えーっと・・一応、落ち着いてるんですけど・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

通院・・して、薬・・で、抑えてるのでぇ。(相談者)
ふーんふんふんふんふん・・(柴田理恵)
これからじゃあまぁ・・海外に、例えば・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
働きに・・長期で、行くとかなると・・(相談者)
あぁぁ・・(柴田理恵)
また、そのぅ・・薬の問題が出るので。(相談者)
なるほど・・(柴田理恵)

うん・・(柴田理恵)

じゃあ、それ以外になにか、その、国内で出来る・・何かそのぅ・・(柴田理恵)

・・

自分の・・夢に・・(柴田理恵)

ちょっとは近いようなものっていうのは・・ないですか?(柴田理恵)

うーーん・・(相談者)

・・っと、それで・・(相談者)

今のところこう・・まぁ、そういう・・ものに・・(相談者)

前は、目が向いてたりだとか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

その場、その場でこう・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
まぁ、気になったことは・・(相談者)

ちょっと、見たり聞いたりしたんですけど。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

実際にこう、週5日・・(相談者)

でぇ、今、あのぅ・・アルバイトし始めたんですが・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

こう・・結構、なんて言うんですかねぇ(苦笑)・・(相談者)

その・・(相談者)

働く・・っていうことが、大変だっていうのに・・遅まきながら気付きましてぇ。(相談者)
うん。(柴田理恵)

結構、そういうリアルな部分で、シビアな部分・・(相談者)

でぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

こうあんまりこう、興味対象・・だけじゃあ、食ってけないなぁ・・っていうのも・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
なんとなくちょっと、感じてて。(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・

・・

ウーーン・・(相談者)

でぇ、なんか・・そういう・・(相談者)

嫌な部分ばっ・・が、ちょっと、結構、気になっちゃってぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

なんて言うんですか?こう・・(相談者)

どういう仕事だっていうのに対してもこう・・(相談者)

あんまりこう・・(相談者)

食いつきが良くないっていうか、あんまりちょっと・・(相談者)
ウーーン・・(柴田理恵)

そんなにすごい・・(相談者)

やりたいこともないなぁ・・みたいな感じなんですよ。(相談者)

今、バイトって、何やってるんですか?(柴田理恵)

接客です。(相談者)

接客、うん。(柴田理恵)

・・

ぁぁ、なるほどねぇ、接客・・も、そりゃ大変だわね、働くのは全部大変ですからねぇ。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
あぁ・・ん・・(柴田理恵)

一応・・生活リズムとかも・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

それ、出来てきたんでぇ。(相談者)
うん。(柴田理恵)

また・・(相談者)

そこ辞めて・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
別のアルバイト・・(相談者)

にする・・移るのに、エネルギー・・(相談者)

必要じゃないですか。(相談者)
うん。(柴田理恵)

それも・・あんまりちょっと、出ない・・っていうか・・(相談者)
あんた、24歳でしょう(苦笑)?(柴田理恵)
そうなんです(笑)。(相談者)
エネルギーなんか、放っておいたって出て来るでしょうが(笑)・・ははっ・・(柴田理恵)

いやもう・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
なんか、そんな感じなんですよ、ホントに。(相談者)
ああ、そうなのかぁ・・うん・・(柴田理恵)

・・

アルバイトで、生活は・・(柴田理恵)

出来てる・・(柴田理恵)

わけですか?(柴田理恵)

いやぁ・・もう、全然・・(相談者)
出来てる?(柴田理恵)
親と同居してるんでぇ・・(相談者)

そうだよねぇ。(柴田理恵)

親の・・スネかじってます。(相談者)

ああ、そっか・・(柴田理恵)

そっか・・じゃあ・・お父さんが・・(柴田理恵)

じゃあ、医療系の専門学校、行けばっていうふうにな・・(柴田理恵)

って・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
納得はしたんですか?(柴田理恵)

納得っていうか、その・・(相談者)

一応・・(相談者)

もう面接とかも、全部その・・なんて言うですか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

入学する・・為の手順はもう・・(相談者)

現在・・進行形で踏んでるんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)

まぁ、全然、はっきり言って、興味がない分野なので。(相談者)
うん。(柴田理恵)

まぁ・・その・・(相談者)

我慢して3年間・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

行くって・・そうすれば・・国家資格取れて・・(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)

それぐらいの待遇だっていうのは・・(相談者)

まぁ、頭では・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
分かってるんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)

他に・・(相談者)

まぁ、それが・・あんまり気が向かないからって。(相談者)
うん。(柴田理恵)
選択肢がないんでぇ。(相談者)

なんで?(柴田理恵)

自分のやりたいこと必死で探せばいいんじゃない?(柴田理恵)

いやぁだから、ないんですよ(苦笑)・・ふふっ・・(相談者)

ない?!(柴田理恵)

うーーーん・・なるほどねぇ・・(柴田理恵)

じゃあ・・もう・・(柴田理恵)

ダメだねぇ。(柴田理恵)

ははははは・・(相談者)
ほほほほほ・・(柴田理恵)

そんなあなた・・(柴田理恵)

甘いんじゃない?(柴田理恵)

はい。(相談者)

・・

じゃあ、今日の相談は・・(柴田理恵)

・・

何に対してもつまらなくて・・(柴田理恵)

ふふふ・・(柴田理恵)

この先、どうやって・・職業選んでいけばいいか?・・ってことですかねぇ?(柴田理恵)

・・

そうですねぇ・・(相談者)
だよねぇ。(柴田理恵)
仕事ですね、仕事。(相談者)
仕事。(柴田理恵)

やる気の出し方・・ってこと?(柴田理恵)

うーん・・(相談者)

・・

まぁ・・(相談者)

とにもかくにも、この、この状態・・でぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ずっと行くっていうのは、僕はなんかこう・・嫌なんですよ。(相談者)

・・

そうだよね。(柴田理恵)

自分を変えるのは、自分だけですけどね。(柴田理恵)

はい。(相談者)
うん!(柴田理恵)

とにかくこの状態を、どうにかしよう・・ってことで、よろしいですか?(柴田理恵)

はい・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
お願いします。(相談者)

はい・・じゃあ、えっと先生に聞いてみましょう。(柴田理恵)

今日の先生は・・精神科医の高橋龍太郎先生です。(柴田理恵)

先生、お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 柴田さんが言ってるように、怠け者なんですよ。要するに。
    このまま行ってしまえば、やがては無職引きこもりボケ老人の出来上がりってことでしょ。

    自分がやりたいことを職業にしてる人間なんか稀ですよ。
    みんな生きるのに必死で、自分にできることを一生懸命やってるだけです。
    それが何年も続けば、それこそが自分の天職ってことになるんです。石の上にも三年って言うじゃないですか。

    目の前にあることに全力で取り組むことです。
    それができなきゃ、何をやっても上手くいきません。

  2. 10年後も同じ様な事を言ってそう。
    単なるぐうたらな人なのでは?
    親が居なくなったらどうするのか?
    妹さん、全力で逃げて!