テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原敬子)

あっ、こんにちは・・よろしくお願い致します。(相談者)
いいえ、あのですねぇ・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)

今日の・・(大原敬子)

はい。(相談者)
あなただけじゃなくって・・(大原敬子)

はい。(相談者)
わたしもそうなんですけども・・(大原敬子)
あっ、はい。(相談者)
立ってる位置を・・(大原敬子)

はい。(相談者)
自分の都合の良いようにすり替えると・・(大原敬子)

はいはい。(相談者)

自分のやった後悔と悔しさを・・(大原敬子)

はい。(相談者)

相手にかぶせちゃうんですね。(大原敬子)

ああ・・(相談者)
今回は、夫なんです。(大原敬子)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
つまり、まとめますとですねぇ・・(大原敬子)

はい。(相談者)
まずですねぇ・・(大原敬子)

はい。(相談者)
一つは・・わたしは・・(大原敬子)

いえ、主人の母っていうけれども・・(大原敬子)

はいはい。(相談者)
その前に・・(大原敬子)

選択肢が二つあって・・(大原敬子)

はい。(相談者)
どちらにしようかな?・・って決めてる時に・・(大原敬子)

はい。(相談者)
主人の話しが・・来たと、母から。(大原敬子)

はいはい。(相談者)
無意識に、あなたの中に・・(大原敬子)

ああ・・(相談者)
主人の母が・・(大原敬子)

ふふふ・・(相談者)
わたしを・・(大原敬子)
ふふっ・・はい。(相談者)
認めてくれた・・承認ですよね?(大原敬子)

はいはい。(相談者)
だから・・つい・・感情的でもいいから・・(大原敬子)

うれしくって、「はい」って、返事してしまったんです。(大原敬子)

うふふ・・ふふふ・・はぁ・・い・・(相談者)
その後に・・(大原敬子)

ふふふ・・ふふっ・・(相談者)
もし・・(大原敬子)
はい。(相談者)
主人の母の紹介でね・・(大原敬子)

はい。(相談者)
あなたは、「お嫁さん、ダメね」って言われても困るし・・(大原敬子)

はい。(相談者)

それから・・その前に・・仕事・・(大原敬子)

はい。(相談者)
二つ前ですかね?・・(大原敬子)
はい。(相談者)
ぇ・・人間関係がありましたね・・(大原敬子)
はい・・はいはい。(相談者)
そういうことが・・(大原敬子)

かぶってきて・・(大原敬子)

はい。(相談者)
万が一・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)
と、思ってくると・・(大原敬子)

気が重くなってきたところに・・(大原敬子)

はい、はい。(相談者)
ご主人様が・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)
二つの仕事をやってましたねぇ?(大原敬子)

はぁい。(相談者)
で、一つは、正社員がいいよ・・って。(大原敬子)

はい。(相談者)
言った時に・・(大原敬子)

今、あなた・・(大原敬子)

はい。(相談者)
うちは・・(大原敬子)

経済的に、大変なのよ・・(大原敬子)

はい、はい。(相談者)
なのに、あなたは・・(大原敬子)

はい。(相談者)
わたしが我慢をして・・(大原敬子)
はぁい!(相談者)
この、主人の母のねぇ・・(大原敬子)
はぁ・・(相談者)

ヒヒヒヒヒヒヒ・・(相談者)
選択を決めたのに、あなたは勝手に・・(大原敬子)
ヒヒヒ・・はぁい。(相談者)
僕は・・(大原敬子)

厳しくって嫌だって、言える、あなた?・・ってことが・・(大原敬子)
はぁい、はい・・ヒヒヒヒヒヒ・・(相談者)
あなたの怒りなんですよ・・違います?k
ヒヒヒヒヒ・・あのぅ・ふふふ・・(相談者)

ふふっ・・(大原敬子)
ふふふ・・うん・・ほんとに、たぶん、そうだと思います。(相談者)

ねぇ・・じゃあ・・(大原敬子)
はい。(相談者)
それ、なにか?・・っていうと・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)
あなた、ご主人様・・(大原敬子)
はい。(相談者)
大好きなんですよ。(大原敬子)

はい。(相談者)

はい。(相談者)
で、いい妻。(大原敬子)

はい。(相談者)
もう、姑からも・・(大原敬子)
はぁい。(相談者)
いい妻と、思われたかったんです。(大原敬子)

はい。(相談者)

もう・・(相談者)

たぶん・・おっしゃってる通りだと思います。(相談者)
そうでしょう。(大原敬子)
もう、わたし、はぁい・・(相談者)
良かった・・あっ、気付きました?(大原敬子)
もう、周りにいい人と思われ・・いや、いい人と思われたいと思う人間なんです、はい。(相談者)
それはまぁ、あなた・・(大原敬子)
はい。(相談者)
だけではなくって・・(大原敬子)

はい。(相談者)
誰しもそうなんですけども・・(大原敬子)
はぁい。(相談者)

それやってしまった時に・・(大原敬子)

はぁ・・い。(相談者)

自分・・その・・や・・って、返事をした時は、事実なんです。(大原敬子)

はい、そうです、はい。(相談者)
終わった後・・(大原敬子)

いやだ・・変な仕事、引き受けたな・・っていう・・(大原敬子)
はい。(相談者)
感情が、ずーっと、引きずっちゃうんです。(大原敬子)
ヒヒヒヒヒヒ・・ふふふ・・はぁい。(相談者)
その時、ご主人様は・・(大原敬子)
ヒヒヒ・・(相談者)

いいよ・・僕も、辛い仕事は、やるよって言ったら、あなたはね・・(大原敬子)
はぁい。(相談者)
しょうがない・・(大原敬子)

やっぱり良かったって思うんですけども・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)
今度は、ガラっと変わりまして・・(大原敬子)

はい。(相談者)
わたしはキツイ仕事選んだのに・・(大原敬子)
ああぁ・・はい。(相談者)
あなたは、選択するので・・(大原敬子)

・・

自分のやってしまった安易な行動の・・(大原敬子)
はい。(相談者)

怒りをですね。(大原敬子)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
ご主人様に、今、向けてるんです。(大原敬子)

はぁ・・でも、その通りだと思います。(相談者)
素直ですねぇ。(大原敬子)
はぁい、はぁい・・(相談者)

でもねぇ、これ、あなたは・・だけではなくって・・(大原敬子)
はぁい。(相談者)

はぁい。(相談者)
誰しも、これやってしまうんですよ。(大原敬子)

そして、だんだん、だんだん、夫婦の中でねぇ・・(大原敬子)
そうねぇ・・はぁい・・(相談者)

亀裂が来るんです。(大原敬子)

はい、あの、だから・・(相談者)
ええ。(大原敬子)
わたし・・あのぅ・・(相談者)

すごく・・(相談者)
ええ。(大原敬子)
あのぅ・・(相談者)

主人・・と、一緒にいて・・(相談者)
うん・・うん。(大原敬子)

自分が大好きになれたんです。(相談者)

ですよねぇ・・(大原敬子)
もともと・・自分のこと、大嫌いだったんですけど・・(相談者)
ああぁぁ・・(大原敬子)

でも、すごくそういう、なんて言いますか?(相談者)
ええ・・(大原敬子)
人を、楽しくさせる・・(相談者)
うん。(大原敬子)

人なんですねぇ。(相談者)
うん。(大原敬子)
でぇ・・すごく一緒にいて・・(相談者)

すごくわたし、良かったなぁ・・って、いつも、思うんです。(相談者)

でも、この・・この今の、このタイミングの・・この・・(相談者)

態度が、ものすごくなんか、もやもや、もやもやしてしまって・・(相談者)

・・

そのもやもやは・・(大原敬子)
その中でも・・はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
今度の就職先は・・(大原敬子)
はい、はい。(相談者)
あなたに合ってるんです・・と申しますのはねぇ・・(大原敬子)
はい、はい。(相談者)
今まで全部・・(大原敬子)

調理師とかやってましたねぇ。(大原敬子)

はい、はい。(相談者)
自分と向き合う仕事は、トラブル・・起きてないんですねぇ。(大原敬子)

はぁぁ・・(相談者)
ところが・・(大原敬子)

はい。(相談者)

と、人間関係、おかしくしたのは・・(大原敬子)

はい、はい。(相談者)
自分と向き合うんではなくって・・(大原敬子)

はい、はい。(相談者)
人と、人とのつながりだったんです。(大原敬子)

はぁぁ・・(相談者)
今回の・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)
でぇ・・(大原敬子)

次に、楽しかったでしょう?今度の、あのぅ・・(大原敬子)
はい、そうなんです、はぁい、はい。(相談者)
ぇ・・&%$たちは・・それを・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)
これがいい!・・っと、思った時に・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)

今も、アレを選べば良かったなと、思うかもしれませんけども・・(大原敬子)
はぁい、はい、はい、あっ・・(相談者)

たまたま・・(大原敬子)
はぁい。(相談者)
あった、同じグループであって・・(大原敬子)

はい。(相談者)
何年ぐらい、かかりますか?地元の・・職場に戻るのは?(大原敬子)

あっ、いえ、その・・(相談者)

半・・年後に、そのぅ・・一応、復帰出来る事には、なってたんですけれども・・(相談者)
ねぇ、そうすると、時間の流れが・・(大原敬子)
はい、はい。(相談者)
変わってくると・・(大原敬子)

はい、はい。(相談者)
人の心も、変わるんですよ。(大原敬子)

はぁぁぁ・・(相談者)
そうしますとねぇ・・(大原敬子)
はぁい、はぁい。(相談者)
わたしは・・(大原敬子)

あなたは、一生懸命、やっただけに・・(大原敬子)

はい。(相談者)
神様は、いいご褒美くださったんじゃないですか?と、申しますのは・・(大原敬子)

はぁい、はい。(相談者)
自分と、向き合う仕事・・今度の幼稚園もですねぇ・・(大原敬子)
はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
けして、あなたは失敗なさらないと思いますよ。(大原敬子)

はぁぁ・・そうでしょうか?(相談者)

そしてねぇ・・(大原敬子)
はぁい。(相談者)
あなたが・・(大原敬子)
はい。(相談者)
地道に・・これ、コミュニケーションよりも・・(大原敬子)

はい。(相談者)
優しさとエゴで十分ですから・・(大原敬子)

はぁ・・はぁい。(相談者)
そして、お母様の紹介ですよねぇ?(大原敬子)
はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
あなたは、夫、大好きですよねぇ?(大原敬子)

はぁい。(相談者)
これ・・が、また、人間関係だったら、悩んでもいいです。(大原敬子)

はい、はい。(相談者)
今、あなたがね・・(大原敬子)

はい。(相談者)
非常に、なんとか信じて、迷ってるのは・・(大原敬子)

はいはい。(相談者)
さっきまでの楽しい職場を・・(相談者)

はぁい。(相談者)
まだしたいって引きずってるんです。(大原敬子)

あぁぁ・・そうなんですかぁ・・はぁい。(相談者)
でも、人間って、一つ一つの世界、踏む・・(大原敬子)

一つ・・終わったら、次のなんかがあるんですよねぇ・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)
その、次の段階の時に・・(大原敬子)

あなたが、慣れ親しんだ・・(大原敬子)

はい。(相談者)

調理の仕事ですよねぇ。(大原敬子)

はい。(相談者)
それ、一点。(大原敬子)

はい。(相談者)
しかも、お母様の紹介。(大原敬子)

はぁい。(相談者)
で、あなたが、これ、長く勤めていました。(大原敬子)

はぁい。(相談者)
お母さん・・(大原敬子)

と、関係は・・悪くなるはずがないんです。(大原敬子)

はぁぁぁ・・(相談者)

今、あなたが、億劫だって言うのはねぇ・・(大原敬子)

はぁい。(相談者)
あた・・頭のどちらかに、お母様っていらっしゃるはずです。(大原敬子)

うふふふふ・・(相談者)
ふふふ・・ねぇ。(大原敬子)
ふふふふふふふふふ・・(相談者)
と・・この関係をうまくもっていくには・・(大原敬子)
はぁい。(相談者)

もう、今回の職場でぇ・・(大原敬子)
はぁい。(相談者)
失敗は、許されると思うかもしれませんけども・・(大原敬子)
はぁい・・はいはい。(相談者)

あなたは、なさると思いますよ、ちゃんと。(大原敬子)

で、次にですねぇ・・(大原敬子)
わぁぁぁ・・はぁい。(相談者)
ご主人様だけは・・(大原敬子)

はいはい。(相談者)
あなたに甘えられるんですねぇ。(大原敬子)

お母様よりも・・(大原敬子)
はぁい。(相談者)
あなたに甘えてますね。(大原敬子)

はぁぁ・・(相談者)
四つ、年下なんでしょう?(大原敬子)

はい、そうです。(相談者)
普通、男の人がねぇ、僕、嫌だと言わないんですねぇ。(大原敬子)

はぁ・・(相談者)
もう、こんな会社、嫌だって、言えることは・・(大原敬子)
ヒヒヒヒ・・はぁい。(相談者)
彼は、居心地がいいんです。(大原敬子)

はぁぁ・・なんか、すごくいつも・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

あのぅ・・すごく、言ってくれるんです、あのぅ・・「わたしと結婚して良かった」・・って、いつも、言ってくれて・・(大原敬子)
あなたも良かったわねぇ。(大原敬子)

はぁい、だから、すごく・・(相談者)
ねぇ・・(大原敬子)

はぁい、なんか・・あのぅ・・イイ人なんです。(相談者)
・・
だから、こう思うのが、すごく嫌なところ・・があって・・(相談者)

この、なん・・なんで、この・・(相談者)

えっ?・・って、思うのが、すごく・・(相談者)
それ、自分の気持ちだったのね。(大原敬子)

はぁい、そう・・ふふふ・・(相談者)
わたしが、後悔してるから・・(大原敬子)

はい。(相談者)
その後悔を払拭する為の怒りが・・(大原敬子)

はい。(相談者)
ご主人様に向けられた。(大原敬子)
はぁい。(相談者)
それだけ、夫婦仲がいいんでしょうね。(大原敬子)

そうなんだ・・もうだから・・すごくありがとうございます。(相談者)
どうします?そうしたら・・(大原敬子)
なんだかこう・・はぁい?(相談者)
お母様の所に決まっても・・(大原敬子)
はぁい・・はい。(相談者)
ご主人様が、「僕、嫌だよ、この会社」って、言っても・・受け入れてあげられるでしょう?(大原敬子)

はぁい、大丈夫です。(相談者)
その時、ご主人様、手を合わせますよ。(大原敬子)

はぁい、なんか・・(相談者)
僕が言ってることが・・(大原敬子)
わかりました。(相談者)
とんでもないこと言ってるってこと、知ってますから。(大原敬子)

あっ、ははっ、なんかすごく・・(相談者)
で、お母様も知っています。(大原敬子)
はい。(相談者)

最終的には・・(大原敬子)

はい。(相談者)
あなたが全部・・(大原敬子)

大黒柱の母になるんじゃないの?あなたが最終的に。(大原敬子)
あ、いや、もう、ふふふふふ・・いやぁ・・(相談者)
これ、お母様とか、本当に、ただ、あなたが素晴らしいのは・・(大原敬子)
ほん・・ええ。(相談者)

原点・・(大原敬子)
はい。(相談者)
どこに立ってる位置か・・(大原敬子)

すぐに気づかれるとこですよね。(大原敬子)

はぁぁ・・(相談者)
すごいですねぇ。(大原敬子)

いえいえ・・(相談者)
今ねぇ・・(大原敬子)

はい。(相談者)
今井先生に、変わりますのでね。(大原敬子)
はい、すいません。(相談者)
先生、お願いします。(大原敬子)
ありがとうございました。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1.  ご相談なさって お泣きになるくらいだったら 最初から 己の 思う通り 生きなさい! 周りの柵(しがらみ)に 左右されず 本心 思いのままに生きられるのが貴女の精神安定上最良ですねぇ!