テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年10月9日は、加藤諦三&坂井眞。今月末までに、借家のリフォーム代を払わないと法的処置を取ると、妹の借家の大家から内容証明で請求。契約書も一緒に送られてきたが、署名は自分の字でなく妹の署名と同じ筆跡、更に印鑑は三文判、妹の判と自分のハンコは同じもの。最後の署名にはハンコは押されていない。聞いた事も承諾したこともないが、払うべきなんだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『自己卑下する人は、不当な請求に怯えてしまいます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

テレフォン人生相談2017年10月9日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:56歳男性 14~5年前に離婚 長男26歳と同居 他に一人暮らしの娘 何十年会っていない妹48歳

もしもし?(加藤諦三)

あ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
あ・・あ、すいません、よろしくお願いします。(相談者)

はい、最初に、年齢を教えて下さい。(加藤諦三)
え・・56です。(相談者)
56歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

えっと、今、離婚してます。(相談者)

え・・何年前ですか?(加藤諦三)

えーっと、10・・4~5年ですか?(相談者)
14~5年前ね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
で、今、そうすると・・お一人で暮らしてるんですか?(加藤諦三)
いや、あのぅ、倅とです。(相談者)

ご子息、なんさ・・何歳ですか・・(加藤諦三)
あ、はい・・(相談者)
息子さん?(加藤諦三)

く・・26です。(相談者)
26歳・・(加藤諦三)
・・
え、あと、娘がいるんですけど、今、一人で住んでます。(相談者)
あ、そうですか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えっと・・連帯保証人について、聞きたいんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

えっと・・ですね・・(相談者)
あなたが、連帯保証人に、なったの?なんかの?(加藤諦三)

いえ、知らない間に・・連帯保証人に、なっちゃってたんですよ。(相談者)

知らない間に、連帯保証人になってった・・(加藤諦三)
はい・・はい・・(相談者)
ってのは、どういうことですか?(加藤諦三)
えっとですね、あのぅ・・自分、妹がいまして・・(相談者)

はい、妹が・・(加藤諦三)
えっーと・・ええ、もう・・何十年も・・会ってないんですよ。(相談者)

はい。(加藤諦三)

でぇ・・なんか、妹は・・ええ、借家・・で、借りてるらしいんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その、黙って出て行っちゃっら・・出てっちゃったらしくて・・(相談者)

・・

でぇ・・大家さんならんか、そのぅ・・(相談者)

部屋を見に行った時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
なんか、もう・・中が、ひどかったらしいんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、リフォームするって言うんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう、リフォーム代の請求が、僕に来てるんですね。(相談者)

はい。(加藤諦三)

ええ。(相談者)

いや・・(加藤諦三)
金額、約、70万弱なんですよ。(相談者)

え・・それでそのぅ・・(加藤諦三)

まあ、あなたに妹さんがいて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
もう、何十年も会わないってことも、わかったんですが・・(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)
それで、妹さんが、家を借りてたっていうのも、わかるんでうが・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
それと、連帯保証人とは、どこが関係あるんですか?(加藤諦三)

したら大家さんから、いきなり手紙が送られてきまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
自分のところに。(相談者)

はい。(加藤諦三)
でぇ、そのぅ、連帯保証人の欄に、僕の名前が、書いてあったんですよ。(相談者)

はぁ~ん。(加藤諦三)
ん、でぇ・・僕・・(相談者)
あ、ただ・・連帯・・あなた、保証人、名前が書いてあったって、やっぱり・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ハンコ・・実印なの?(加藤諦三)
ハンコは、この・・(相談者)

三文判が・・(相談者)

妹と同じ三文判が、全部、押してあるんですよ。(相談者)
・・
だから・・(相談者)

なんですか、実印というのが、一切ないんですね。相談者)

じ、実印では、ないんですね?(加藤諦三)
・・
はい、三文判です。(相談者)

はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

と、あなたはそれを・・(加藤諦三)

知らなかったわけですね?(加藤諦三)
・・
知らないですね。(相談者)
まぁ、そうですよね・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
何十年も、会ってないんだから。(加藤諦三)

そうですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
向こうも、一人でいたかも知らないし・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

で、そのぅ・・大家さん・・なり、不動産・・(相談者)

からも、あのぅ、も、例えば、連帯保証人になるっていう・・電話も、もらってないんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ないし・・ただ、全然それが・・(相談者)

わかんない間に、そういう・・請求が来まして・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

でぇ、今月末までに、支払わないと・・法的・・(相談者)

処置をとりますとかっていう・・(相談者)

う、うん・・(加藤諦三)
手紙が、来たんですね、はい。(相談者)
そ、それで・・あのぅ・・(加藤諦三)

連帯保証の・・いくらぐらいの?(加藤諦三)

えっと・・な・・70万弱です。(相談者)
70万弱・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

では、あなた、ビックリしたでしょうね?(加藤諦三)

そうですねぇ・・今にしたら・・(相談者)
だって、何十年も会わない人・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)

のことを・・(加藤諦三)
そうなんです。(相談者)
連帯保証人になっていて・・(加藤諦三)
そうですね、はい。(相談者)
今月中に、払わない・・と、っていうのが、来れば。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(相談者)

それで、今日・・そうすると、今日の、あなたの相談っていうのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ですから、こんな、全く知らない・・(加藤諦三)

話し。(加藤諦三)

はいはい。(相談者)
で、しかも、自分が、ハンコを押していないと。(加藤諦三)

そうです。(相談者)
実印を、押していないと。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

ん、でぇ・・(加藤諦三)
でぇ・・それを払わなきゃいけないのかな?と。(相談者)
な、70・・万円を、払わなきゃ・・(加藤諦三)

いけないのかという・・はい。(相談者)
払わないのか・・ということですね?(加藤諦三)
・・
そうです、はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あ、すいません。(相談者)
全くの、素人から考えても・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

全く知らないで、判も自分が押してないで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
自分が、名前も書いてなきゃぁ・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)

でしょう?(加藤諦三)
あのぅ・・払わなくて、いいんじゃないかな・・と・・(相談者)

うん・・でぇ・・(加藤諦三)
僕は、思うんですけども・・(相談者)
あ・・だけど、あなたは、非常に驚いた・・ということですね?(加藤諦三)

そうですね、いきなり・・来たもんで。(相談者)
うん、いきなり来たもんでね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

電話も、全然・・(相談者)

それっきり、電話もないんですね、ぅ、その、大家さんからは、たぶん、手紙が・・(相談者)

言い返しただけで。(相談者)

あ、手紙は、あったの?(加藤諦三)

手紙で言ってきたんです、2回。(相談者)

・・

2・・(加藤諦三)
1回目は、だからなんか、妹が、出て行ってしまって・・(相談者)

あ、妹が・・(加藤諦三)
連絡が・・連絡が、つかないんで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん、もし、つかない場合は、お兄さんの方に、保証してもらいますっていうようなのが、来まして・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
・・
んでぇ・・1週間ぐらい経ったら、今度・・(相談者)

郵便の、内容明細ですか?(相談者)

ああ、内容証明のね。(加藤諦三)
ああ・・内容証明ですか、それで送られてきまして・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
そん時、せい・・あのぅ・・金額が、入って・・(相談者)

相手の口座番号が、書いてありまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
今月末までに、振り込まないと・・(相談者)

法的処置をとりますっていう・・連絡が来たんですね、はい。(相談者)

だって・・最初の手紙・・ったって・・(加藤諦三)

そのもう、何十年も会ってない・・どこに住んでるかも知らない・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
妹さん・・に、ついての手紙でしょう?(加藤諦三)

そうですね、それで、その時に、だからあのぅ・・契約書が、入ってたんですね。(加藤諦三)

ああ、どういう契約書だ・・とね。(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

はい。(加藤諦三)
でぇ、あのぅ・・自分が、ハンコ、押してない・・契約書・・(相談者)
で、この、あなた・・と、が、だん・・長年、会ってないって、妹さんってのは、どういう方だったんですか?(加藤諦三)

ちょっと、中学時代から・・(相談者)

あに・・なんて言うんですか・・素行が良くなくて・・(相談者)

中学時代から?(加藤諦三)

はい。(相談者)

結構な歳ですね、今、何歳?(加藤諦三)

今・・僕と、8つ違うんで、48ですか・・(相談者)
あ・・(加藤諦三)

まだ、48ですか?(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)
それで、今、独身なの?(加藤諦三)

なんか、急に、ゴタゴタしまして、なんか、生活保護を受けてるらしいんですよ。(相談者)

はい、子供も・・(相談者)
あの、結婚はしてないの?(加藤諦三)

子供はいます。(相談者)

子供はいる?(加藤諦三)

それで、結婚は?(加藤諦三)

・・

結婚は・・(相談者)
は、してない?(加藤諦三)
1回したと・・したと・・して・・別れちゃったと、思うんですけども。(相談者)
あ、結婚は、して・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
子供ができて、別れた・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
で、あなたは・・詳しい事情は、わかってないのね?(加藤諦三)
わかってないです、はい。(相談者)

はい。(相談者)
はい、わかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日はスタジオに、弁護士の坂井眞先生がいらしてますので・・(加藤諦三)
はい、すいません。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、すいません。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク