テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

はい、よろしくお願いします。(坂井眞)

あ、こちらこそ、よろしくお願い致します。(相談者)

あのぅ・・(坂井眞)

はい。(相談者)

それまぁ、お話の通り・・であれば・・(坂井眞)
はい。(相談者)
見に覚えのないことで、なんで・・そんな・・ものを払わなきゃいけないんだってな、加藤先生のおっしゃる通り・・(坂井眞)

はい。(相談者)
そんなことは、あってはならないんだけれども・・(坂井眞)
はい。(相談者)
ちょっと周りのことからお聞きしますね。(坂井眞)

はい。(相談者)

最初のお話、聞いていたら・・(坂井眞)

はい。(相談者)
妹とは、何十年も会っていないと。(坂井眞)

はい。
・・
住んでる所・・も、知らなかったとおっしゃったから・・(坂井眞)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
だけど、なんか、後の方で聞いたら、「電話で話したりは、するんです。」(坂井眞)

はい。(相談者)
って、おっしゃってたじゃないですか。(坂井眞)
年に・・年に、何回かですね、たま・・たまに、向こうから電話が来るくらいで・・(相談者)

で、だけど、何十年も会ってないって言って、なんか最初聞くと・・音信不通っぽく、聞こえてたんだけど。(坂井眞)
あ、音信不通ではないです。(相談者)
ないんだよね?(坂井眞)

はい。(相談者)

で、音信不通じゃない・・(坂井眞)
会ってはいないですけども・・(相談者)
うん。(坂井眞)
電話では、たまに・・(相談者)

これこれ、たまに・・なんか、相談じゃないんですけど・・(加藤諦三)

うーん・・(坂井眞)
お金、貸してくれだとか・・じゃないですけど・・(相談者)
うん・・(坂井眞)
違う話しは・・(相談者)
あの、なんでこんなこと、聞くかというと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

身に覚えがないと言いながら・・(坂井眞)
はい。(相談者)
なんか電話の中で・・(坂井眞)

はい。(相談者)

「ああ、いいよ」とか、言っちゃってたりすると嫌だなぁ・・と思ったりするので・・(坂井眞)

はい、それはないです。(坂井眞)
その辺のこ・・周りを、固めておきたいんだけど・・(坂井眞)

はい、それはないですね、はい。(相談者)
うん・・で、他の人と話す時も・・(坂井眞)

はい。(相談者)
あ、何十年も、会ってないし、どこに住んでるかも、知らないって、パッと聞くと、音信不通なのに・・(坂井眞)

はい。(相談者)
その後に・・いや、電話で、年に何回か話しますと・・(坂井眞)

はいはい。(相談者)
言っちゃうと・・なんだか話、つじつまが合わないって言われちゃうから・・(坂井眞)
あ・・はいはい・・はい。(相談者)
その辺はねぇ、事実を正確に言った方がいいですよ。(坂井眞)

あ、わかりました、はい。(相談者)
で、その辺をね、あんまり最初、大袈裟に言っちゃうと・・(坂井眞)

はい。(相談者)
あの、なんだ、知ってんじゃないかって言われちゃうから・・(坂井眞)
あ、はいはい・・はい。(相談者)
例えば、大家さんと話す時にもね。(坂井眞)
はいはいはい・・そりゃ、そうです。(相談者)
注意した方がいいと思いますよ。(坂井眞)

あ、それ、知ってます。(相談者)
うん。(坂井眞)

はい。(相談者)
それで・・(坂井眞)

通常、そのぅ・・まぁ、今、そのぅ、親族関係・・前みたいに大家族じゃないし、近い人が、そばにいない人もいるから・・(坂井眞)

あ、はい。(相談者)
借りる時に、あの、家をね・・(坂井眞)

はい。(相談者)
住むところを借りる時に・・(坂井眞)
はい。(相談者)
保証人、立ててくれって・・(坂井眞)

はい。(相談者)
え、言われますよね、普通。(坂井眞)
そうですね、はい、自分も・・そうです・・(相談者)
で、そういう時に・・(坂井眞)
はい。(相談者)

あの・・し、親族・・ぅ・・の、名前、書いてもらうことも、あるわけで・・(坂井眞)

はい。(相談者)
で、いつも、あのぅ・・そ、そばにいる人ばっかじゃないから・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ま、電話で確認・・(坂井眞)

できれば、一番いいんだけど・・(坂井眞)
はい・・はい。(相談者)
よくあるのは・・(坂井眞)

・・

印鑑証明出してください・・って、言われるわけですよ。(坂井眞)
そうですね、はい。(相談者)
不動産屋さんに。(坂井眞)
自分もそうです、はい。(相談者)
サインしてもらって・・(坂井眞)
・・
はい。(相談者)
え・・ハンコついてもらって・・(坂井眞)

はい。(相談者)
で、その印鑑証明・・(坂井眞)
はい。(相談者)
実印を、ついてもらって、押してくれれば・・(坂井眞)
・・
はい。(相談者)
それで、間違いなく・・連帯保証人になってくれたという・・(坂井眞)
はい。(相談者)
証拠になるから・・(坂井眞)

はい。(相談者)

あの、それを出してください・・って・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ま、それ・・あなたもきっと、経験、あるような気がするんだけど・・(坂井眞)
あ、あります、はい。(相談者)

ね、常識的には、そういうこと多いですよね?(坂井眞)

はい、はい。(相談者)
でぇ、逆に言うと・・(坂井眞)

はい。(相談者)
わたしが心配しているのは・・(坂井眞)

はい。(相談者)
なんかの時に・・(坂井眞)

はい。(相談者)
そういう・・なんかまあ、さっき聞くと、同じハンコだって言ってたから・・(坂井眞)
はい。(相談者)
向こう・・あの、妹さんと・・(坂井眞)

はい。(相談者)
そんなことないと思うんだけれども・・(坂井眞)

はい。(相談者)
なんか頼まれて、印鑑証明、渡したりしたこと、ないですか?(坂井眞)
ないです。(相談者)

じゃあ、全然、ない?(坂井眞)

はい、ないです。(相談者)
で、送ってきた契約書に押してあるのも・・(坂井眞)

はいはい。(相談者)
あなたのハンコでは無いんだよね?(坂井眞)
違います、違います、あのぅ・・(相談者)

妹と同じ三文判が、全部、押してあるんです。(相談者)

妹と同じ三文判というと、普通、連帯保証人のハンコとしては、不動産屋さんがいたら、認めないけどね。(坂井眞)

ええ、でも・・(相談者)
これ・・(坂井眞)
この不動産・・(相談者)
同じじゃないか・・って、言われちゃいますよね。(坂井眞)

ええ、同じのが、押してあるんです。(相談者)
同じのが押してある?(坂井眞)

はい。(相談者)
で、そうすると、これは、あのぅ、請求してきてる大家さんの方に、分が悪いとおもうんですけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)

弁護士的には、まず、そういうところを確認をして・・(坂井眞)

はい。(相談者)
身に覚えはないけど、なんかん時に、あのぅ・・印鑑証明を渡して、印鑑、貸したことがあるなんていうと・・(坂井眞)

はい。(相談者)
こっちの印鑑が押してあって・・(坂井眞)

はい。(相談者)
印鑑証明まで、向こうが持ってると・・(坂井眞)

はい。(相談者)
そんなもの、身に覚えがないって言うんだけど、なんでこんな実印が押してあって・・印鑑証明が、ついてるんだって言われちゃうんで・・(坂井眞)

で、自分の名前が、書いてあるとこあるんですけど・・(相談者)
うん。(坂井眞)

そこに、印・・印って書いてあるとこあるんですけども・・(相談者)
うん。(坂井眞)

そこには、なにも押してないんですよ。(相談者)

あ・・そこには、押してないんですか?(坂井眞)

はい・・で、もう1個上になんか、自分の名前が二つ書いてあって・・(相談者)
はい。(坂井眞)

で、1個の方は、自分の住所と・・(相談者)

はい。(坂井眞)
電話番号と、名前が書いてありまして・・(相談者)
はい。(坂井眞)

でが・・俺と・・妹と、同じハンコが押してあるんです。(相談者)

うん・・だから、それは・・(坂井眞)
あの・・(相談者)
あなたにとって、有利な・・話しで。(坂井眞)

三文判で・・(相談者)
うん。(坂井眞)
で、もう一個の方は、また、俺の名前が、書いてあって・・(相談者)

そこにはなにも、ハンコが押してないんですね。(相談者)
うん・・(坂井眞)

で、実・・(相談者)
で、なんで、2か所に、あなたの名前が、書いてあるの?(坂井眞)

どう・・実印・・多分、押すようになってると、思うんですけども・・(相談者)

なんですか・・(相談者)

連帯保証人として・・(相談者)

認めますみたいなことを・・(相談者)

うん、で、それは・・(坂井眞)
書いてあって・・(相談者)
だから、連帯保証人が、サインして、ハンコ押すとこで・・(坂井眞)
そうそう・・(相談者)
普通、それがあればいいんだけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)
もう、一か所っていうのが、意味がよく、わからない・・んですけどね。(坂井眞)
いや、二つ・・あるんですけどね。(相談者)

あのぅ、片っぽはなんか、働いてるとこだとか・・(相談者)

そんなようなことが、書いてあったんで・・(相談者)

なるほど。(坂井眞)
で、最後に、連帯保証人として、どうのこうのって書いてあって、そこには・・(相談者)

ハンコが、ないんですよ。(相談者)
・・
サインもない?(坂井眞)

・・

あ、全部、サインが、だから・・あるんですけども、自分が書いた、サインじゃなくて・・(坂井眞)

うん。(坂井眞)

どうもだから、連帯保証人のところは、ハンコがないっていう事のようなので・・(坂井眞)

はい。(相談者)
それだけでも、そのぅ、家主さんに不利そうだし・・(坂井眞)

はい。(相談者)
あともう一つは・・(坂井眞)
はい。(相談者)
あのぅ、お聞きしたかったのは・・(坂井眞)

はい。(相談者)
サイン・・って、あのぅ、要するに・・ぉ、欧米だと・・ハンコなんかなくて・・(坂井眞)

はい。(相談者)
ヨーロッパ・・の人達は、サインで全部、済ませるじゃないですか?(坂井眞)
そうですね、はい・・はいはい。(相談者)

でぇ、まぁ、サインの方が、真似し難いって話しもあるぐらいで・・(坂井眞)

ええ、まるっきり・・妹が書いた・・妹の名前が書いてあって・・(相談者)

うん。(坂井眞)
同じ・・(相談者)

字なんですよ。(相談者)
あなたのサインと、全然、違う?(坂井眞)

違います、同じ・・字で、妹が書いたのと、同じ字で、書いてあるんです。(相談者)

ああ、そうすると・・(坂井眞)

はい。(相談者)
そのサインも、あなたが自分の・・名前、書いた・・のは・・もちろん、いろんなところに、いっぱい、あると思うんだけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)
それ、全然、違う?(坂井眞)

全然違います。(相談者)
・・
うん。(坂井眞)
で、女の子が書いたような字です。(相談者)
うん。(坂井眞)

はい。(相談者)
で、ハンコも、あなたのもんだという証明はないし、まして・・(坂井眞)
はい。(相談者)
妹さんのハンコだし・・(坂井眞)

はい。(相談者)

それからサインも、妹さん・・と、同じ字で、書いてあるんだとしたら・・(坂井眞)
そうです、はい。(相談者)
あなたは、身に覚えのないってことの、裏付けは・・(坂井眞)

はい。(相談者)

かなり、ちゃんと、とれる・・と思うので・・(坂井眞)

はい。(相談者)

そこの心配は、なさそうですね。(坂井眞)

あ、そうですか?はい、ありがとうございます。(相談者)
ちょっと、いろいろ細かく聞いたのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)

あなたの心配、なくなるために、細かく聞いてるんで・・(坂井眞)

はい。(相談者)
と、ハンコ・・の、部分も、印鑑証明も大丈夫だし・・(坂井眞)
はい。(相談者)
印鑑証明もないし・・(坂井眞)

はい、はい。(相談者)
そもそも、サインも違うと。(坂井眞)

違います、はい。(相談者)
しかも、連帯保証人欄には、ハンコも、押してない・・(坂井眞)
はい。(相談者)

押してないです。(相談者)
ってことになると・・(坂井眞)

はい。(相談者)
そのぅ・・賃貸借契約書の、連帯保証人としてね。(坂井眞)

はい。(相談者)

あなたが連帯保証人に、なったっていう・・ま、証明が、向こう・・向こうが、証明しなきゃいけないんですよ。(坂井眞)

はい。(相談者)
請求する側が。(坂井眞)

はい。(相談者)
で、それを証明する為の材料は、かなり欠けているので・・(坂井眞)

はい。(相談者)

本当に、あんまり心配する必要は、ないと思います。(坂井眞)

あ、ありがとうございます。(相談者)
で、ポイントは・・(坂井眞)

はい。(相談者)
あ・・そもそも、あの、契約書のコピーが、来てるわけだから・・(坂井眞)
来てます、はい。(相談者)

わたし、そもそも、連帯保証人欄に、わたしの名前、書いてないじゃないか、書いてあるのか?・・(坂井眞)

あ、書いてあって、ハンコが、ないです。(相談者)
ハンコが、ないじゃないですか・・っていうのが、一つですよね。(坂井眞)
はい・・はい。(相談者)

で、サインだけあるけど、サインはこれ、上の・・あの・・借りてた、妹本人の字と、同じじゃないですか・・と。(坂井眞)

はい、それは、あのぅ・・(相談者)

この間、手紙で書いて、送ったんですよ。(相談者)
うん、それからは・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
わたしのサインと、全然、違いますよ。(坂井眞)

はい。(相談者)

ってうこと。(坂井眞)

はい。(相談者)

でぇ、わたしは、そちらと話したこともないし、確認を受けたこともないです。(坂井眞)

ぁ、ないです。(相談者)
全く、身に覚えもないことです・・っていうことを・・(坂井眞)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
ちゃんと、整理してね。(坂井眞)
・・
はい。(相談者)

書いて、わたしは・・(坂井眞)
はい。(相談者)
連帯保証なんか、した覚えはないので・・(坂井眞)

はい。(相談者)

払うつもりは、ありません・・ということを。(坂井眞)

はい。(相談者)

ちゃんと今、言ったような事を整理してね、具体的に。(坂井眞)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
こういうわけで、あなたの言ってる根拠は、ないでしょ・・と。(坂井眞)

はい。(相談者)
わたしも、そんな記憶は・・(坂井眞)

記憶は全くないし・・(坂井眞)
はい。(相談者)
やった経験はないし・・(坂井眞)

え・・実際、書いてある、サインや、ハンコや・・(坂井眞)

はい。(相談者)
も、違うし・・(坂井眞)
はい。(相談者)
印鑑証明だって、そっちは、持ってないだろうし・・(坂井眞)

はい。(相談者)
わたしが、連帯保証人だと言っている根拠は、なにもないから・・(坂井眞)

はい。(相談者)
まったく・・あのぅ、不当な請求ですよ・・と。(坂井眞)

はい。(相談者)
わたしは、連帯保証人ではないので、払えませんと。(坂井眞)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
はいっきり、言った方がいいです。(坂井眞)

あ、わかりました、はい。(相談者)
なんか、そういうこと言ったら、払うんじゃないかと思って、分かって言ってきてる可能性、強いですよね。(坂井眞)

そうですね、はい。(相談者)
だって、見たら、わかるんだもん。(坂井眞)

はい、十二分に・・(相談者)
それが、例えば・・(坂井眞)

妹さんが、いかにもな形を、作っていて・・(坂井眞)

はい。(相談者)
で、違うハンコかなんかを、押してたり・・すると。(坂井眞)

はい。(相談者)
ちゃんと、誰か、別の人に書かせたりしてね。(坂井眞)
あ、そうそう、いつも一緒の欄で・・はい。(相談者)
で、いかにも、体裁ができていると・・(坂井眞)

ぉ・・あのぅ・・ほんとか、と思っている人も、いるかもしれないけど・・(坂井眞)
あ、そうですね、はい。(相談者)
あなたの話し、聞く限り・・(坂井眞)

はい。(相談者)
その契約書の体裁から見る限り・・(坂井眞)
はい。(相談者)
いかにも・・(坂井眞)

はい。(相談者)
違うじゃないですか。(坂井眞)

あ、自分が見ても、なんか全然・・納得できないんで・・(相談者)
うん・・それを、ちゃんと言って、わたしも・・(坂井眞)
はい。(相談者)
そんなことしてないんで・・(坂井眞)

はい。(相談者)
あなたの請求は、全く、理由がないと。(坂井眞)

はい。(相談者)

だ、絶対、払いませんっていうのを、はっきりさせると・・(坂井眞)

はい。(相談者)
いいと、思います、そしたらもう・・(坂井眞)
あ、はい。(相談者)
言って来ない可能性は、ありますから・・(坂井眞)
あ・・(相談者)

わかりました・・(相談者)
うん。(坂井眞)
はい。(相談者)

これなんか・・(相談者)
イイですかね・・はい?(坂井眞)
手紙かなんかで・・(相談者)

送った方が、よろしいでしょうか?(相談者)
うん、手紙で送った方が、いい。(坂井眞)

はい・・だ・・はい?(相談者)
出したって、証明を、後でしたいと思うんだったら、内容証明にしといて、いいと思います。(坂井眞)
あ、内容証明に・・はい。(相談者)

わかりました・・(相談者)
よろしいですかね?(坂井眞)
ありがとうございます。(相談者)

どうも、ありがとうございます。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク