テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年7月31日(月)は、加藤諦三&中川潤。11年前に離婚し、大学3年生21歳の息子と母親と3人暮らしの女性。これまで、息子中心の生活だったが、3ヶ月ほど前に知り合った男性と、1ヶ月前からお付き合いを始めた。女に目覚めたが、息子に対して、話しをすべきかどうかで悩んでいるという相談。子離れできていない自覚あり。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:49歳女性 11年前に離婚 大学3年生21歳の息子 母 3人暮らし 1ヶ月ほど前から付き合い始めた男性56歳(バツイチ・両親と同居中)

加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

49歳女性から、11年前に離婚し、大学3年生の息子と母親と3人暮らし。

はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

付き合い始めた彼氏の存在

半年ぐらい前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

知り合った人が、いるんですけど。(相談者)

で、その方も、バツイチ・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

ま、お付き合いを・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

1ヶ月ぐらい前から・・始めたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ、まぁ・・(相談者)

子供に、そのぅ・・息子に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そういう・・お付き合いしてる人が・・今、いるんだよってことを・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

こう・・(相談者)

伝えた方が、いいのかな?それとも・・(相談者)

まあ、結婚とかも・・(相談者)

まだちょっと、考えてないので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そういうことは・・言わなくてもいいのかな?・・っていう・・(相談者)
ふん・・でぇ・・(加藤諦三)
え・・(相談者)
今、大学2年生・・って、言いましたっけ?(加藤諦三)
あ、3年・・3年生です。(相談者)
3年生?(加藤諦三)
はいはい。(相談者)
えーっと・・っということは、20・・1歳?(加藤諦三)
1ですね・・はい。(相談者)
21歳ですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)
まぁ、もう・・大人で・・(加藤諦三)
えへっ・・そうですね。(相談者)

はい。(相談者)
で、だけど・・(加藤諦三)

もう、21歳になってですね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ん・・お母さんが、ま、結婚するかしないかは・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
別として・・(加藤諦三)
はい・・うーん・・(相談者)
恋愛・・始めてるっていうのは、なんとなく・・(加藤諦三)

感づかない?(加藤諦三)

う・・(加藤諦三)
うーん、だぶん・・なんとなくは・・わかってると思います。(相談者)
ん・・ねぇ、例えば・・(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)
お母さん・・(加藤諦三)

ん・・(加藤諦三)

なんだか知らないけど、急に、おしゃれになったなぁ・・とかね。(加藤諦三)
うふふ・・(相談者)

あれ?なんか・・きれいになっちゃったなぁ・・とかね。(加藤諦三)

うーん・・(相談者)

はぁぁ・・(相談者)

という・・ような・・(加藤諦三)

そうですね・・はい。(相談者)
だけど、あなたとしては、アレですか?(加藤諦三)
うーん・・(相談者)
・・
このぅ・・(加藤諦三)

息子との関係で言うと・・(加藤諦三)
・・
うん。(相談者)

あの、結婚は、まだ・・(加藤諦三)

・・

しないで、隠し・・この、息子に隠して、もっと・・息子が、大きくなってから・・っという・・(加藤諦三)

そうですね、まぁ、もうちょっと・・(相談者)

ある程度、ちょっともう・・あと1年・・ぐらい・・(相談者)

あと1年?(加藤諦三)
落ち着いてから・・そうですね、子供がまぁ、大学、出るぐらい・・(相談者)

・・

ああ・・(加藤諦三)
まで・・(相談者)
じゃあ・・(加藤諦三)
ってぇ・・自分の中では、なんとなく、思ってるんですけど・・(相談者)

ま、今まで、そういうふうに、あの、ねぇ・・(相談者)

デートとか、そんなに毎週毎週・・とかって言って・・出掛けてた・・こともなかったので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、子供も、薄々は、感じてると思うんですけど・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

・・・

うーーん・・なんかそれを・・(相談者)

言ったほうが・・「お母さん、こういう人がいるんだよ」って、子供に、言っちゃった方がいいのか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
それとも子供は、そういうことを・・ほんとは、聞きたくないのか・・(相談者)

いや、聞きたい・・(加藤諦三)
なんか・・ふふふふ・・(相談者)
聞きたくないかっていうよりも・・もう・・(加藤諦三)
うふふふ・・(相談者)
だけど、あなた・・(加藤諦三)
ああ・・(相談者)
もう、一人で・・(加藤諦三)

うーん・・(相談者)
その恋愛、もう、既に・・(加藤諦三)

あの・・知り合いっていうんじゃなくて、恋愛関係なんでしょう?(加藤諦三)

はい。(相談者)

そうですね・・はい。(相談者)

息子との間に第三者

で、結婚の話しは、出てるの?(加藤諦三)

いや・・そういうのは、出てないです。(相談者)
・・
ただ、付き合ってる・・っていうだけ?(加藤諦三)

な・・(加藤諦三)
そうですね・・はぁい。(相談者)
で・・それで今あのぅ・・毎日、毎日、出かけるって言いましけど・・(加藤諦三)
あっ・・(相談者)
そんなに・・(加藤諦三)
毎日じゃなくて・・(相談者)

毎週、毎週。(相談者)
あ、毎週ね。(加藤諦三)
そう、毎週・・はい。(相談者)

だって、大学3年生って、けっこう、忙しいでしょう?そんなしょっちゅう、お母さんなんかと、一緒にいないでしょう?(加藤諦三)

いや、いっ・・うーーん・・(相談者)
・・
けっこう・・(加藤諦三)
なぁ・・(相談者)
けっこう、母親と・・(加藤諦三)

その、息子と二人で、食事をしてる・・なんてことが、多いわけか?(加藤諦三)

・・

そうですね、まぁ、わりと・・(相談者)

そうですね、あんまり・・(相談者)

こう・・うーん・・(相談者)

こう、すごい・・(相談者)

弾けてる・・大学生・・っていう感じじゃないので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
うん・・(相談者)

・・

っていうことは、なに?・・まあ・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)

あなたの目から見ると、このぅ・・(加藤諦三)

・・

大学3年生の息子っていうのが・・(加藤諦三)

うーん・・(相談者)
まだ・・心理的には、母親から乳離れしていない・・っていうような・・(加藤諦三)

感じなんですか?(加藤諦三)
・・
(息を大きく吸う)・・(相談者)

・・

いや・・わたしが、できてないのかも、しれないんですけど・・(相談者)
あ・・(加藤諦三)

あなたの方が・・(加藤諦三)
いや、最近ね・・(相談者)
息子から、心理的に・・(加藤諦三)
もしかしたら・・はい。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
息子はきっと、そんなこときっと、思ってない・・のかもしれない・・(相談者)

のかな?(相談者)

うーん。(加藤諦三)
うーん・・(相談者)

まぁ、し・・(加藤諦三)
うふふ・・(相談者)
ものすごい、そのねぇ・・いっ・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)
ものすごい、一般的な話しをすれば・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

まあ、息子・・が、まぁ、もう・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

21歳だから・・(加藤諦三)

うーん・・(相談者)
別でしょうけども・・(加藤諦三)

うーん・・(相談者)

ん、小さい頃でいえば、母親の女の面っていうのは、まぁ・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)
見たくないっていうのは・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
一般的には、あるかもしれないですけど・・(加藤諦三)
うんうん・・はい。(相談者)

ただまぁ、21歳ですしねぇ・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

で、もう・・本人が恋愛してたって・・(加藤諦三)

おかしくないし・・(加藤諦三)

うーん・・(相談者)
本人が・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

もう、恋人が・・できて、お母さんよりも、恋人の方が、大切だっていう・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

事の方が、おきておかしくない・・(加藤諦三)

そうです、ま、歳・・(相談者)
ですよね?(加藤諦三)
年齢的にはねぇ・・(相談者)
うーん。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・・

・・・

という・・ことは、なに?・・あなたの方が、なんとなく・・(加藤諦三)

この今・・(加藤諦三)

・・

付き合っている・・(加藤諦三)

・・

方・・よりも・・まだ・・(加藤諦三)

・・

21歳の、息子の方が・・(加藤諦三)

大切なのか?(加藤諦三)

・・

大切・・っていうか、心配・・っていうか・・(相談者)
心配?(加藤諦三)

あ、うふふ・・(相談者)
つまり・・わたしが、れ・・恋愛してると・・(加藤諦三)

うーん・・(相談者)
結婚してるってわけじゃないから・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)
言ってるわけじゃないんでしょう?(加藤諦三)

はい。(相談者)

うーん・・(相談者)
そう言うと・・(加藤諦三)

うーん・・(相談者)
心配・・心配っていうことは、なに?(加藤諦三)
心配?(相談者)
っていうか・・(加藤諦三)

・・・

うーん・・(相談者)
高校生じゃあ、あるまいし、グレちゃうってこと・・そう言うこと言ってるわけじゃ・・(加藤諦三)
うん、そういうことじゃあ、ないんですけどね。(相談者)
ないですよねぇ。(加藤諦三)

うん、たぶん、話したら・・「あ、そうなんだ」・・っていうふうには、たぶん、思うとは、思うんですけど・・(相談者)
・・
ええ。(加藤諦三)

うーん・・(相談者)

でもなんかこう・・結構・・(相談者)

仲、いいっていうか・・(相談者)
ああ、あなたと、息子さんがね。(相談者)
そう、はい。(相談者)

うん、そこにこう・・(加藤諦三)
うふふふふふ・・(相談者)
第三者が・・(加藤諦三)

うーん、なんか、そういう・・(相談者)
入られる・・(加藤諦三)
のもあるのかなぁ・・(相談者)

きっと、自分の中には・・(相談者)

あなたの方にねぇ・・(加藤諦三)
うーん、たぶん。(相談者)

sponsored links




居心地がいい

すると・・(加藤諦三)

あなたの生活は、もう11年間、もう、息子なしには・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
成り立ってなか、こう、なかったっていう・・(加藤諦三)
うふふふふふ・・(相談者)

そうかなぁ・・そうかもしれない・・(相談者)

まぁ、一応・・中心ですよね、中心ですね・・(相談者)
ねえ。(加藤諦三)

うん・・(相談者)
あなた自身が、中心っていうんじゃなくて・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)
息子が中心の、家庭だったんでしょうね。(加藤諦三)
うーん・・そうかもしれないですねぇ・・(相談者)
お母さんと、三人でねぇ。(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
はい、そう・・かもしれないですね。(相談者)
ということは・・(加藤諦三)
うーん・・ん・・・?(相談者)
それほど・・この今、付き合ってる・・(加藤諦三)

うーん・・(相談者)
人が・・好き?(加藤諦三)
うん・・(相談者)

という・・(加藤諦三)

・・

ことではな・・(加藤諦三)

・・

いや、そんな・・そんなことはないです。(相談者)
そんなことはないの?(加藤諦三)
そんなことは、ないんです。(相談者)

今回、なんかすごく・・自分の中で・・(相談者)

女に目覚めた?(加藤諦三)

目覚めた・・あはははは・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

うーん・・(相談者)

そりゃまあ・・(加藤諦三)

当た有り前の話しですからねぇ・・(加藤諦三)

うーん・・(相談者)

ん、でぇ・・(加藤諦三)
すごく、なんかこう・・居心地がいいんで・・(相談者)

居心地いいって?この男性と居ると、居心地がいい?(加藤諦三)
そう・・(相談者)

そうなんです。(相談者)

息子と居るよりも、居心地がいい?(加藤諦三)
・・
いや・・(相談者)

息子は、息子で居心地いいんですよ。(相談者)
ええ。(相談者)

うん、息子・・とは、なんかこう・・けっこう、漫才みたいな・・(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
あはは・・けっこう、こう、なんか・・で、なんか・・うん。(相談者)

そう・・(相談者)

そう・・(相談者)

そう・・(加藤諦三)
でも、また、その人と居る時は、その人と居る時で、また違った・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
癒されるって言えば、癒される?(相談者)
それはもう・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
そりゃ、もちろん人間は、いろんな面が、ありますからね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

母親の・・面と、女の面と、違いますから・・(加藤諦三)
あははは・・そうですよねぇ・・(相談者)
そ、そりゃあ・・そりゃあ別に、どうってこと・・ないし・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

うん・・(相談者)
うん・・・(加藤諦三)

でぇ・・だけど、今・・相手は、どう言ってるの?(加藤諦三)

あ・・相手に、ま、ちょっと、話しをしてみたんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
そしたら・・ま、別にそんな・・(相談者)

今は・・言いたくないんだったら、言わない方・・が、いいんじゃない?っていう感じで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん、そんな感じでは、言ってました。(相談者)

でぇ、相手の・・この男性は、何歳?(加藤諦三)

56・・です。(相談者)
5・・56歳?(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・・

なるほどね、それで・・今は、一人ということですね?離婚して。(加藤諦三)
あ・・えっと・・あ、そうですね、一人ですけど、両親と、住まわれてるみたいで・・(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

結婚の話しは・・まだ、出ていないと?(加藤諦三)

そうですね。(相談者)

いう・・ことですね、だから・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚する人が・・(加藤諦三)

したい人が、いるという話しではなくて・・(加藤諦三)
なくて。(相談者)
す、好きな人が・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
居るという・・(加藤諦三)

こと・・(相談者)

ことを・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

言った・・方が、いいか、どうかってことですね?(加藤諦三)
あっ・・そうですねぇ・・はい。(相談者)
はい、わかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日はあの、スタジオに、弁護士の中川潤先生が、いらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

こう、法律のように、論理的に、こう・・した方がいい・・っていうようなね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
明快な・・(加藤諦三)

答えが出るような問題ではないですけれども・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
弁護士の、中川先生に、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. 今回はリアルタイムで聞いていました。が、途中からどーっちでもいい話に思えて中川先生のアドバイスの途中で聴くのをやめました。こんな事で電話かけて相談するんだ、暇だな〜とつくづく思いました。

  2. ja6whm(ジェイエイ シックス ダブリュウ エイチ エム)

    どっちを取るか でなく  息子は将来的に 独立するのだから 今のうちに ひとり立ちさせ 自分は 自分の生活(恋愛)を 始めた方がいいですね。
     息子と距離を保ったままにしていないと 息子の結婚 孫誕生 等と言う事になって 嫁との関係が 縺れるのでは? そこまで 心配し過ぎか?

  3. アスタキサンチン

    息子だって成人してて、親子関係もいいなら別に付きあってる人いるんだよって話せばいい。何が悩み事なんだこの人。単にのろけ話をしたかったの?下らないとまでは言わないが、いちいち人生相談することか?と腹立ってきました。もっと深刻な人のために時間割くべき。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.