テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年年12月1日(金)は、ドリアン助川&三石由起子。自転車で転んで運動機能を失った夫。トイレ位は自力で行けたがお酒を飲むと行けなくなる。二ヵ月ほど前からお酒を飲んで自分の欲求が満たされないと暴力をふるうようになる。息子がケアマネジャーに相談したところ病院に入ることに。介護士に俺は捨てられたと涙を流して訴えた夫。家に帰したいが、有料老人ホームに行く事になる。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:83歳女性 夫92歳 息子50歳 娘年齢不明

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

はい・・お願い致します。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)
あの、介護のことなんですけども。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

病院へ入った夫

あのぅ・・主人が・・(相談者)

えーっと、4年ぐらい前から・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

・・

運動機能がダメになりまして・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅまぁ・・少しぐらいの・・トイレ行くぐらいだったらまぁ、自力で歩けるんですけども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えーっと・・(相談者)

・・

アルコールが好きなんですよね。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

だから、朝から晩まで・・飲むっていう感じで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そういうふうに、飲んじゃうと・・自分で立ち上がるっていうことは・・ちょっと不可能で・・(相談者)

わたしが少し後ろから、こう・・持ってあげないと立てないんですよ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そんな感・・じで・・(相談者)

で、最近、ここなん・・(相談者)

・・

二ヵ月ぐらいかな?・・あのぅ・・お酒を飲んだ後に・・(相談者)

自分の欲・・求が通らないと・・(相談者)

あの、暴力振ったり・・(相談者)
はあ・・(ドリアン助川)

杖を振り回したり・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
まぁ、わたしにはぶつからないんですけども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

目の前のテーブル叩いたりね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ベッドの縁叩いたり・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

テーブルの上にある物、投げつけたり・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
そんなこんなしてて・・るもんで・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

普段ふたりっきりなもんでね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、し・・あのぅ息子に・・電話でその、状況を・・流したんですよ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そしたら息子も・・(相談者)

あのぅ・・マネージャーさんなんかと相談して、もうこれ以上・・(相談者)

・・

父親を、ここに置いておくわけにはいかないと思ったんでしょう。(相談者)

あのぅ・・マネージャーさんといろいろ相談して・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、今の・・病院へ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

入れて・・もらって・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・一か月ぐらい、経ちますかね?(相談者)

はい。(ドリアン助川)
アルコール、断ってるんですよね。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

で、面会も・・(相談者)

困るっていうんで・・(相談者)

行ってないんですけど、やっと、許可が出たんです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

俺は捨てられた

そうしまして、こないだ息子が行ったらば・・(相談者)

なんか息子に・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

介護士さんが・・(相談者)

手をとって、涙流しながら「俺は捨てられたんだ」とかって・・こぼしたらしいんですよね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それを聞いて、それでなくてもわたしは・・(相談者)

ここの家を出て行く時に・・(相談者)

ああ・・(相談者)

もう主人は帰って来られないんだと思いながら出したもんで・・(相談者)

すごいまたショックになっちゃってェヘェ・・(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
そいであのぅ・・(相談者)

息子も・・介護士さん達も・・あのぅ・・もうここの家は帰さないで・・(相談者)

あのぅ・・特養は入れないから・・あの、有料老人ホームの方へ手続きして・・(相談者)

そっちへあのぅ・・入れようっていうことになったんですよね。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

そう言うのを聞いて・・(相談者)

・・

一ヵ月ぐらい経つから少しずつ・・(相談者)

まぁ、主人のことも、毎日毎日、思い出さないで・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

きたんですけど・・その看護師(介護士では?)さんの話しを聞いた途端に、また・・わたしも滅入っちゃって・・(相談者)

わたしさえ、我慢すれば、ここへ連れて帰ってきてもいいからな・・いいのかなぁ・・と思ったんですけども・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

絶対に・・(相談者)

病院のほうも・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

・・

マネージャーさん達も、マズイって言うんですよね。(相談者)

もうせっかくそこで、あのぅ、お酒断って、暴力も・・(相談者)

・・

あのぅ・・収ま・・れて・・(相談者)

そいでそのまんま、あのぅ・・異常がなければ・・(相談者)

老人ホームに入れるってことになっちゃったんですよ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

それはまぁ、いいんですけども・・(相談者)

なぁんか・・わたしの気持ちが・・(相談者)
あなたの心が?(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
可哀想で、可哀想で・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

「俺は捨てられた」なんて、捨てた覚えはないんだけど、やっぱしお父さんが・・お酒さえ飲ん・・飲まなければ、まだいいんですけど・・(相談者)

うーーん・・(ドリアン助川)

・・

・・

家に帰せない

あのぅ・・(ドリアン助川)

・・

失礼ですけど・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

旦那様と、あなたの年齢はおいくつですか?(ドリアン助川)

あ・・あの、主人は、90・・2です。(相談者)
92歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
あなたさま?(ドリアン助川)
わたし・・(相談者)

わたし、83になります、今年。(相談者)
83歳・・(ドリアン助川)

え・・92歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

あの、結婚・・してから、どれくらいになるんですか?(ドリアン助川)

もう、50・・何年です。(相談者)

50・・何年・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
息子さんは、おいくつですか?(ドリアン助川)

50です。(相談者)
50歳・・(ドリアン助川)

息子さん、お一人?(ドリアン助川)

娘がいます。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

え・・(ドリアン助川)

はい。(ドリアン助川)

それで・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

え・・運動機能失ったの、4年前だっていうふうにおっしゃいましたよね?(ドリアン助川)
はい・・はい。(相談者)

これ、具体的にどういうこと・・ですか?(ドリアン助川)
あのぅ・・自転車で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

転んだんですよね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そいで、その前から・・もう足腰が・・弱ってる所へ・・(相談者)

自転車でコケて、そのコケるときも・・(相談者)

踏ん張れなくて、結局・・倒れちゃったんですよね。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

それからあのぅ、しばらくは・・(相談者)

まだ運転してたもんで・・(相談者)

あのぅ・・外科・・整形外科、通って・・ブロック注射みたいなのを打ってたんですけど・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

何本か・・(相談者)

毎週毎週打ってたんですけど・・やっぱり効かないって言ったらもう・・(相談者)

行かなくなっちゃって・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

「でもお父さん、歩かなきゃ無理だよ」って言って、少し歩かせようと思っても・・もう自分で・・(相談者)

歩く気力がない。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
そしたらマネージャーさんが・・(相談者)

生きる気力も・・(相談者)

なくなっちゃって・・てますよって言われちゃいました。(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

あのぅ昔は、言葉遣いの丁寧な人で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

わたし達がちょっと、悪い言葉使うともう・・怒ったぐらいだったんですけど。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

それ、酒・・全部、ぬ、抜けたら、元のお父さんに戻るってことはないんですかね?(ドリアン助川)

・・

・・

だから、それは、わたしは・・(相談者)

思うんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

息子達は、家に連れてくれば・・(相談者)

絶対、お酒っていうのは、忘れてないから・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

また要求するだろう。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
そしたら・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

お母さんは・・(相談者)

また出すだろうって言うんですよね。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

それ・・うん・・(ドリアン助川)
それでまた暴力ふるう・・だから、今の病院の先生も・・(相談者)

そういうふうにされたんでは困るって言うんですよね。(相談者)

そうですねぇ。(ドリアン助川)

ええ、せっかく良くなって・・そういうふうに、元の木阿弥になったんじゃあ困るって。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

そいだから・・やっぱし、今のまんま・・(相談者)

自宅へ帰さないで・・(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
有料老人ホームの方へ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

酒さえ飲まなければ

もう・・(相談者)

もう向こうの人達は、ちゃんと・・もう・・押えてるんですよね。(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)
あのぅ・・マネージャーさんと、病院の方と。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ・・(相談者)

こっちで・・(相談者)

よろしいって言えば・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

もう、そろそろ・・退院しても、いいとは言ってるんだと思うんですよね。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

で、あなたの気持ちとしては・・(ドリアン助川)

ぅ・・それはそうかもしれないけども・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
やっぱり・・(ドリアン助川)

旦那さんの・・(ドリアン助川)

こと考えると、自分の心も乱れてしまって・・(ドリアン助川)
そうなんです・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
それでね・・(相談者)

それが一番辛いんですよね。(相談者)

うーーん・・(ドリアン助川)

で、みなさんにちょっと、お友達なんかに言うと・・「あんたの方が、まいっちゃうから」・・(相談者)

「そういうこと・・息子さん達の・・」(相談者)

「言う通りにしなさいよ」なんて、おっしゃる方もいるんですけどねぇ・・(相談者)
あ、はぁい・・(ドリアン助川)

そんなふうにあのぅ・・杖、振られても・・(ドリアン助川)

まだ、旦那さんへの愛情が残ってるわけですねぇ。(相談者)

愛情って言うんでしょうかねぇ?(相談者)
ねえ・・(ドリアン助川)

なんか、せ・・ここまで・・やっぱり・・夫婦で来たからねぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

息子達は・・(相談者)

・・

割りあいと・・(相談者)

そういう点は・・(相談者)

ドライなんですね。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

やっぱり・・夫婦っていうものは、そういうわけにはいかないんですねぇ・・(相談者)

あなた様の健康状態はどうなんですか?(ドリアン助川)
ダメなんです。(相談者)

ダメなんですか?(ドリアン助川)
はい、ええ・・昨日も病院へ、ちょっと・・血尿が出たもんで、昨日も病院へ行ってきたんですけど・・(相談者)

血尿ということは、やっぱり・・ご苦労が重なって?(ドリアン助川)
ええ、ストレスだって言われますねぇ。(相談者)
ストレスで?(ドリアン助川)

うーーん・・(ドリアン助川)

その有料老人ホームというのは・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ここに入った場合・・ま、しかし、会いに行くことはもちろん、可能ですよね?(ドリアン助川)

うん、たぶん、最初はダメだと思いますね。(相談者)
最初はダメなんですか?(ドリアン助川)

うーーん・・(ドリアン助川)
あのぅ・・結局・・(相談者)

里心がつくんで・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

来てもらっちゃ、困るって言うんですよねぇ・・(相談者)
ふぅーーん・・(ドリアン助川)
ましてお母さんは・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・(相談者)

入所する時も・・(相談者)

来ないでもらいたいって・・言われたんですよ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

そうですか・・(ドリアン助川)

ウン・・(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)

お母さんとしては、どうしたいんですか?本音を言うと?(ドリアン助川)

ほんっとのこと言えば・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
お父さんが、お酒飲まなければ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
家に戻したいです。(相談者)

うん。(ドリアン助川)

ということは・・お家からお酒全部なくしちゃって・・(ドリアン助川)

でもダメなんです。(相談者)

「買って来い!」って騒ぐんです。(相談者)

そこの部分の態度ですよねぇ、あなたのねぇ・・(ドリアン助川)
ええ、そうなんです。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

でぇ、その辺・・(ドリアン助川)
でも、大きな声、出されたりなんかすると・・(相談者)

・・

やっぱり、「じゃあ後で買ってくるね」とかっていうことになっちゃうんですよね。(相談者)

・・

その決断・・の部分ですねぇ。(ドリアン助川)
ええ・・(相談者)

わかりました・・じゃあ、その辺の決断、どうつけるかということで・・(ドリアン助川)

え・・今日の回答者の先生、紹介します。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
三石メソッド主宰、作家で翻訳家の三石由起子先生です。よろしくお願い致します。(ドリアン助川)
よろしくお願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク