テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年6月24日(土)は、加藤諦三&中川潤。50年ほど前に他界した父が、20年ほど前に他界した腹違いの姉(前妻の子)に、先妻と離婚した時に土地の名義を姉に変えていた。ずっと後妻の子の2年前に他界した兄が税金を払い続けてきたが、今は甥が払っている。その甥から、土地の名義を甥に変更したいと相談された。今となっては姉の二人の息子からハンコをもらわねばならないが、良い方法は?

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:79歳男性 妻74歳 長男49歳(独身) 3人暮らし 関係者:父50年前に他界 兄86歳で2年前に他界 兄の子(甥)53か4歳 20年ほど前に他界した腹違いの姉と姉の子2人

加藤諦三氏の〆の言葉『物事の解決の第一歩は、正しい状況把握です』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

79歳男性からの相談。
妻は74歳、長男49歳独身、3人暮らし。

はい、わかりました、で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

腹違いの姉

えっと、あのぅ・・わたしの実家の・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
土地の・・件ですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたしの、父があのぅ・・再婚しとるんですよ、わたしの父が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その・・(相談者)

ん、先妻・・父の先妻の・・(相談者)
・・
子供・・あのぅ、だから、わたしから見たら、腹違いの・・姉が・・(相談者)

ぃ、いたんですよね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
その・・姉の・・名義に、ずーっと、なっとるなんですよ。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
・・
そいでもう、もちろん姉も・・(相談者)

もう、二十年ぐらい前に亡くなり・・(相談者)
・・
あ、これも、二十年前に亡くなってる。(加藤諦三)
ええ、むこうからもう二十年・・ぐらいになると思います。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そして・・もう父が、わたしの父が、亡くなってもう、五十年は、なるですよね。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

そのぅ・・(相談者)

土地の税金を・・父が亡くなるまで・・父がずっと・・払っとったわけですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そして・・(相談者)

父が亡くなった後・・(相談者)

兄が・・(相談者)

ずーっと、払ってきて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

税金を払ってきて、ほいで、兄が・・(相談者)

亡くなったのが、もう・・もう、やがて・・(相談者)

二年になろうと、しよるんですけど・・(相談者)

そいで今度、兄の子供に・・(相談者)

ぇ、土地の、名義を、こう変えたいなと・・(相談者)

・・・

ぇ、いうふうなこと、言いよるからですね。(相談者)

ん?待って、兄の・・(加藤諦三)

あなたの、今の・・ぁ・・五十年前に、亡くなられたお父さん・・(加藤諦三)

・・

の、子供で、あな、あなたの、お兄さん?(加藤諦三)

そうそう、あの・・兄も、わたしも・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
父の・・(相談者)

あの、再婚した後妻の子供なんです。(相談者)
ああ、はいはい。(加藤諦三)
ほいで、姉ちゅうのは・・父の先妻の子供なんです。(相談者)

はぁはぁ・・(加藤諦三)
姉はですね。(相談者)
はいはい、はい。(加藤諦三)

土地の名義

はい、それで?(加藤諦三)
・・
え・・(相談者)

その、今、言うに・・土地・・の、名義・・(相談者)

・・を、今度は、兄の子供にですね。(相談者)

はい。(加藤諦三)

この際・・(相談者)

三回忌が、もう、やがて来るんで・・(相談者)
・・
ええ。(加藤諦三)
え・・・はっきり・・(相談者)

土地の名義を・・(相談者)
・・
ぇ、変えたい・・ぃ・・というふうなことを、言いよるわけですよ。(相談者)

だから、そうなった場合・・(相談者)
ぇ、言いよるって・・言いよるってのは、その、誰が言うんですか?・・あなたの、その・・(加藤諦三)
いや、そりゃもう・・(相談者)

兄の子供・・が、そういうふうに・・(相談者)
あ、お兄さんの子供が?(加藤諦三)
ええ、そうそう・・そ・・(相談者)

兄の子供の名義に、この・・わたしの実家の・・(相談者)
・・
土地の名義を・・(相談者)

その、今・・(相談者)

わたしの、腹違いの姉・・(相談者)

ぇ・・の名義に、なっとるでしょう?(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
・・
そしたらその・・(相談者)
・・
腹違いの姉には・・二人の男の子が居るんですよ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

だから今、その土地の名義は・・(相談者)
・・
二人の・・その、権利というか・・(相談者)

なっとるからですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
その・・(相談者)

二人の子供・・から・・(相談者)
・・
土地の名義を変更するのに・・(相談者)

印鑑、押してもらわないかんでしょう。(相談者)
はい。(加藤諦三)

だから・・・どういうふうになるか・・・その、土地の税金は、ずーっと・・(相談者)

兄が払ってきて・・(相談者)

ぁ、このお兄さん、何歳?(加藤諦三)

ぇ、もう、亡くなったんですが、86で、亡くなったんです。(相談者)
それで、このお兄さん、亡くなられた、お兄さんの・・(加藤諦三)

子供に、今度は、名義変更したいということで・・(相談者)
はい・・で、この子供は、今、何歳?(加藤諦三)

えーっと、今・・50・・(相談者)

ぅ・・3・・(相談者)
50、ま、3歳。(加藤諦三)
53か4か・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

わたしから見たら、甥っ子ですよね。(相談者)

すると、あなたの、お兄さんの、長男・・はい。(加藤諦三)
はい、名義・・(相談者)

・・を、変えたいということでですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、そういうふうな・・話しで・・(相談者)

ぇ・・もし・・場合によっては、わたしが、立ち合わないかんかもしれんなと、思いよるんですけどね。(相談者)

はい。(加藤諦三)
まぁ・・(相談者)

どういうふうに・・(相談者)
ただ、お兄さんは、もう、亡くなられてる?・・なってる。(加藤諦三)
ええ、もう、2・・亡くなって、2年ぐらいになります。(相談者)
・・
ですねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

それで・・(加藤諦三)

・・

そのぅ・・(加藤諦三)

腹違いの、お姉さんも、もう、二十年前に亡くなってるのね。(加藤諦三)
ええ、もう、二十年ぐらいになるでしょうね。(相談者)
ね・・ですねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

そいで、お父さん自身も、もう、五十年前に亡くなられてるわけですね。(加藤諦三)
はい、そうそう・・はい。(相談者)

そうすると・・(相談者)

あのぅ、今・・生きているって・・いう言い方、大変失礼なんですけども・・(加藤諦三)

79歳の、あなたと・・(加藤諦三)

もう、わたし・・の・・(相談者)

兄弟は、わたし、一人です。(相談者)

え?(加藤諦三)
生きとるのは、わたし一人です。(相談者)

・・

ああ、そうか、あなたのお兄さんは、もう、既に死んでるんだからね。(加藤諦三)
そう、そうです。(相談者)

で、生きてるのは、あなたのお兄さんの・・(加藤諦三)

長男、つまり、あなたの甥ですね?(加藤諦三)
そう、そうです。(相談者)

で、そのあなたの甥が、ずーっと、税金を払ってきた・・(加藤諦三)
いや、ずっとちゅうか、まだ・・払い始めて、ここ・・ぁ、兄が亡くなるまでは・・兄が払いよったんですから。(相談者)

はい。(加藤諦三)
に、二年前までは、兄が、払いよったんです。(相談者)
はい、はい、それで?(加藤諦三)

・・・

それを、誰の名義にしたいんですか?(加藤諦三)
いや、今度は・・(相談者)

あのぅ・・兄の長男、わたしから見たら、甥っ子ですよね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

の、名義に変えたいということで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
ちょっと、そういう相談があったからですね。(相談者)
はい・・そういう相談があったってのは、そ・・誰から、そういう相談・・(加藤諦三)
いやいや、それは・・(相談者)

そのぅ・・兄の子供から・・(相談者)
・・
要するにこの・・長男、53歳の、長男が・・(加藤諦三)

この土地は、俺の名義にしたいという相談が、あったと・・(加藤諦三)
そうそう、そういうことです。(相談者)

そういうことですね?(加藤諦三)
そうです。(相談者)

はい、わかりました、今日はあの、スタジオに、弁護士の中川潤先生が、いらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント

  1. 事実関係を確認しなければ答えは出せない、という中川先生の判断。
    相談者さんの言ってることがすべて事実なのか?
    あるいは語られていない事情もあるのか?

    聞いた限りでは不自然・無理筋な相談のようでもあります。
    その土地の正当な所有者は先妻の娘・その娘が生んだ男の子。
    それなのにその土地を自分のものにしようとしてる。長年にわたってその土地にかかる税金を納め続けてきたから、という主張。でもその土地を利用する利益を享受してもいるんですよね。借地料を払ったとは言ってませんし。

    父親が先妻の娘を憐れんで、一家が住んでいる土地の名義をその娘にした?なぜ?後妻が継子いじめをしたのか?

    勘ぐりだすとキリがありませんね。

    中川先生のおっしゃる通り、事実関係を確認するのが先ですね。

  2. ja6whm(ジェイエイ シックス ダブリュウ エイチ エム)

     いずれに せよ 直接 専門家にご相談 なさったほうが その時 ありったけの証拠書類(戸籍や登記謄本) など など 取り揃え(ご本人ではご無理)真実を明らかにしたうえで 白黒つけた方がいいですね!

  3. 難しく考えないで良いのでは?
    今回 50代の甥が自分達が住んでいる家の名義を亡くなった父親から自分に変えようとしたら実は伯母さんの名義のままだったってことでしょう。
    伯母さんが嫁に行く前に祖父が名義変更していたんですよね。

    伯母さんの息子さん達に取っても初耳のはず。
    そんな50年以上も前のこと、甥の名義に無償で変えても誰も文句は言わないと思いますよ。
    財産放棄は直ぐにしてくれるはず。
    文句を言ってたら近所中から「貪欲だ。」と言われて田舎じゃ住めません。
    (勝手に田舎だと思ってます)

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.