テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年2月7日(水)は、加藤諦三&中川潤。半年ほど前に夫が他界。保険金等が入ってくると、疎遠だった弟から、癌治療でお金が必要と無心されるようになる。再婚同士で二人の間に子供もおらず、ずっと二人で寄り添って暮らしてきたので信頼のおける相談できる人がいない。弟は万が一の為、自分名義の口座に預貯金を入れろと言う始末。中川潤が任意後見人の説明。
加藤諦三氏の〆の言葉『血縁に注意せよ』デヴィッド・シーベリー

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:62歳女性 夫とは半年ほど前に死別 再婚同士で子供なし 実弟54歳(別居中で妻以外の女性と同居中)

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、よろしくお願い致します。(相談者)
はい・・最初に年齢を教えて下さい。(加藤諦三)

はい、60・・2歳です。(相談者)
62歳・・結婚してます?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

・・

・・

はい、結婚・・して・・おりました。(相談者)

あっ・・そうですか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ぇ、今は・・おひ・・お一人ですね?(加藤諦三)

そうです。(相談者)
はい・・何年前ですか?・・離婚したのは?(加藤諦三)

あっ・・えーっと・・離婚ではなくて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
死別・・です。(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

死別ですか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
な・・ん年前・・(加藤諦三)

ぁ、半年・・(相談者)
あ・・(加藤諦三)
ぐらい前です。(相談者)

・・

・・

まだ・・(加藤諦三)

悲しみの癒えない頃ですねぇ・・(加藤諦三)

そうですねぇ・・はぁい・・ぇぇ。(相談者)

ああ、そうですか・・(加藤諦三)
はぁい、はい。(相談者)
で、お子さんは・・(加藤諦三)

・・

・・

えっと・・主人とは、お互いに再婚・・同士でしたので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

二人の間には、子供はおりません。(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

はい。(相談者)
で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

はい。(相談者)

お金をせびる弟

えーっと・・主人が亡くなりまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・生命保険とかのお金が入ってきました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい・・(相談者)

ぇ・・お金が入ってきたことによって・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

えっと・・わたくしの方の・・実の弟の方から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ、お金をせびられるようになり・・(相談者)
・・
ああ・・ああ・・ぁぁ・・(加藤諦三)
ました。(相談者)

でぇ・・(相談者)
で、弟さん、何歳?(加藤諦三)

・・

・・

えっと・・(相談者)
おおよそ。(加藤諦三)
54歳です。(相談者)
54歳・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

結婚してるんですねぇ?(加藤諦三)

はい。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
なんか、特別にお金が必要な事情って・・っていうのは、なんか出てるっていうような事はないんですか?(加藤諦三)

・・

・・

どうも・・(相談者)

癌・・が・・(相談者)

あるらしくって・・(相談者)

あぁぁ・・ぁぁ・・(加藤諦三)
なんか、そういった治療に・・お金が必要だって・・(相談者)

いうこと・・(相談者)

なんです・・ねぇ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

わたくしが・・あの、一人なもんですから・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・まぁ・・(相談者)

主人・・を亡くして・・からというもの、ちょっと、わたしもあの体調を崩してしまいまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・病院の先生から、いずれ・・歩けなくなりますよ・・っていうことを、言われて・・るん・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ですね。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

あの、いずれ、あの、老人ホームなり・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
うーん・・(相談者)

まぁ、体調が悪ければ、病院なりに・・入らなきゃいけないとは・・思っては・・いるんですけども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

その為に、やっぱり、お金は残しておきたいと・・(相談者)
そりゃそうですよねぇ。(加藤諦三)
考えてまして・・ね。(相談者)
例えば今・・(加藤諦三)

お金があっても、不安・・(加藤諦三)

ですよねぇ?(加藤諦三)
不安・・ですねぇ。(相談者)
ええ・・(加藤諦三)
ええ・・あのぅ・・(相談者)

えーっと・・(相談者)

今、持ち家・・なんですけども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ま、そこも・・あの、いずれは、あの、処分して、あの、現金・・に、しようかと。(相談者)
はい。(加藤諦三)

思・・ってます・・が・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

おと・・(相談者)

うと(弟)の方から・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そのぅ・・(相談者)

わたくし名義の・・預貯金だと・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

なにか・・例えば夜中に心筋梗塞とかで亡くなった時に・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

わたし名義の預貯金だと、後々、面倒だから、お金を全部・・(相談者)

あのぅ・・移して・・(相談者)

くれと・・(相談者)

「俺名義の預貯金に、移してくれ」と。(相談者)

・・

・・

いうことを言われて・・(相談者)
俺名義の・・って・・(加藤諦三)

貯金に?(加藤諦三)
ふっ・・(相談者)

ええ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
あのぅ・・新しく・・えっと・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
銀行を開設したので・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
そこに・・お金を全部、移してお・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
おいてくれと。(相談者)

そうすれば・・(相談者)

あ・・ん・・なにか・・あっても・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
その預貯金っていうのは・・俺の所に入ってくるので・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

うん・・っていう事を・・言われ・・(相談者)

てしまいましたので・・(相談者)

で、やはりこのぅ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

生命保険っていうお金が入ってきたことによって・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
異様にこう・・近づい・・(相談者)

てきてるん・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
ですねぇ・・(相談者)
あっ、それまであんまり、近い・・(加藤諦三)

行き来は、あんまりなかった、兄弟・・(加藤諦三)
うん・・なかったんです。(相談者)

そうなんです。(相談者)
ふぅーん・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

でぇ、あのぅ・・(相談者)

わたしもよくは・・(相談者)

詳しいことは、わからないんですけども、なんか、あの・・(相談者)

そういった・・(相談者)

お金の管理とかを、やって・・(相談者)

なんとか・・後見人・・(相談者)

っていう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そのぅ・・(相談者)

制度を使うのには・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

どういった・・手続き・・です・・とか。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

が、必要なのかな?と思いまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

はい、その辺を、お聞きしたかったんですけれどもね。(相談者)
はい、そうですか・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
はい、わかりました、今日はあのぅ・・スタジオにですねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
弁護士の中川潤先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
ぁ、はぁい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク