テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年3月26日(月)は、加藤諦三&大原敬子。3年半ほど中南米に行き、日本人の男性にはない優しい彼氏がいる。30歳になり、家族を持って子供も欲しいので、日本に戻り家族の近くに住みたいと思う。中南米の彼氏も日本に一緒に来たいと言うが、日本に来るなら結婚した方がいいだろうが、彼はそこまで考えていない様子。経済力はなく結婚に踏み切れない状態だが、どうしたものだろう。
加藤諦三氏の〆の言葉『どちらかを選ぶという事は、どちらかを捨てるっていう事なんです』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:30歳女性 独身・中南米に3年半ほど行っている ただ今一時帰中で実家に身を寄せている 現地に彼氏36歳あり

もしもし?(加藤諦三)
あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あっ、どうも、こんにちは。(相談者)
はい・・最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

あ、えっと、30歳です。(相談者)
30歳・・結婚してます?独身ですか?(加藤諦三)
独身ですね。(相談者)
独身ですか・・(加藤諦三)

あのぅ・・ずーっと独身?離婚して独身?(加藤諦三)

ずっと未婚のままです。(相談者)
ずこんだ(未婚だ)・・(加藤諦三)

でぇ、今、そうすると・・(加藤諦三)

お父さんと、お母さんと、一緒にく・・(加藤諦三)

暮らしてるんですか?(加藤諦三)

いや、今、外国に住んでて・・(相談者)
ああ、外国・・(加藤諦三)
ちょうど今、一時帰国をしてるところです。(相談者)
あ、一時帰国・・(加藤諦三)

でぇ、実家に居るの?(加藤諦三)

あっ、そうです。(相談者)
はい、わかりました・・それでぇ、どんなアレですか?相談ですか?(加藤諦三)

中南米の彼氏と結婚に踏み切れない

えっとまぁ、ざっくり言うと・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
ま、結婚・・してもいいのか・・(相談者)

ま、踏み切れないというか、そういうところなんですけども・・(相談者)

と、今その・・(加藤諦三)

結婚を考えている男性がいるということですね?(加藤諦三)

まぁ、そうですね、はい。(相談者)

そのぅ・・男性は、何歳ぐらいの人?(加藤諦三)

えーっと・・わたしよりまぁ・・(相談者)

6っつ・・6つ上ですね、はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それでぇ・・あなた・・(加藤諦三)

・・

しようか・・どうしようか、考えているっていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

どこに、こう踏み切れない・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
原因があるんですか?(加藤諦三)

えっとですねぇ・・まず、一つ目は・・そのぅ・・(相談者)

ま、わたし今、外国に住んでるんですけども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

えっとまぁ・・(相談者)

このぅ・・わたしもやっぱ、日本の家族とか、友達の近くに居たいっていうのもあって・・まぁ、日本に帰ろうと思っているんですけども・・(相談者)
はい・・外国に住んでるっていうのは今・・永住権かなんか、持ってるということ?(加藤諦三)

あ、永住権までではないですけど、一応、住むためのビザは持ってます。(相談者)

はい。(加藤諦三)

それでぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

・・

でぇ、まぁ、そのぅ・・日本に・・まぁ、一緒に戻って来ようと思うんですけれども・・(相談者)
日本に一緒に戻って来るっていうのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
その、外国で既に、その男性と今・・迷ってるわけですね?(加藤諦三)

あっ、そうです、彼・・(相談者)
けっ・・あっ・・あっ・・この36歳の彼というのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
日本人じゃない、外国人ですね。(加藤諦三)
あっ、外国人なんです、はい。(相談者)
あっ、そうです、はい。(加藤諦三)

そうなんです。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ、もし、差し支えなければ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
国は・・(加藤諦三)

国はまぁ、中南米の国なんですけども、はい。(相談者)
あっ、中南米です、はい。(加藤諦三)

・・

でぇ、まぁそのぅ・・戻るにあたって・・ま、今後たぶん・・一緒に住んでいきたいっていう人ではあるので・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

まぁ、その、生活のことだか、考えるとやっぱり、結婚した方が、日本では・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
いいかなぁ・・って思うんですけども・・(相談者)
まぁ、そうでしょうねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

経済力がなく生活に余裕がない

ただまぁ・・その心配事としてはやっぱり、彼に経済力がないとか・・(加藤諦三)

あと、外国人だと、仕事が不安定だと思うんですね、こちらで・・(相談者)

彼は、経済力はないということは、アレですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

日本に来た場合に、経済力がないということ?(加藤諦三)

いや、そ・・(相談者)
それとも、そのまま中南米に居る・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
向こうに居る時にも、経済力がないっていうこと?(加藤諦三)

今時点、向こうでもない感じなんですねぇ、はい。(相談者)
ああ、そうですか・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

だけども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたが惹かれてるのはなに?非常に陽気な人だとか・・(加藤諦三)

ああ・・(相談者)
そういうところ?(加藤諦三)

あ、まぁ、すごい優しい・・ところ。(相談者)
優しいねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
うん、だから・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

ちょっと、日本・・で、これだけの男性、み・・見つけようと思っても・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

一緒に居て、こんだけ楽しい・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)
男性は・・(加藤諦三)

まぁ、居ないだろうねぇ・・と。(加藤諦三)
あっ、そういう感じです。(相談者)
いう、こ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
そういう感じでしょうねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

なるほど・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
そうすると・・(加藤諦三)

今、あなたの話だと、この彼は、経済力はまぁ・・中南米に居ても、ないということですから・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

向こうでは、あなたが働いて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

生活は、支えてるの?(加藤諦三)

一応、二人で働いて、半々で・・全部は出してるんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

まぁもう、それ以上の余裕は、彼にはないっていう感じですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
暮らす以上の・・はぁい。(相談者)

だた、それ以上の余裕はないと言ってもね。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

我々、日本人が・・考える、生活の余裕がないっていうことと。(加藤諦三)

はい。(相談者)

彼が考えてる生活の余裕がないっていうこと、重みがまったく違うでしょう?(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)

それほど問題にしてないんでしょう、彼は?(加藤諦三)

・・

そうですねぇ・・そこまで、はい・・彼は・・うん・・(相談者)

まぁ、あなた、結婚して・・(加藤諦三)

出来れば・・彼が・・日本に来て、一緒に住み・・始めたいと言ってる?(加藤諦三)

思ってるわけね?(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)

・・

・・

はぁぁぁ・・(加藤諦三)

・・

日本に戻って

で、あなたが向こうに住み続けるっていう・・(加藤諦三)

意思はないわけ?(加藤諦三)

あたしはもう、やっぱり、日本に戻りたい・・って、なってしまってます、はい。(相談者)
あ、日本に戻りたいってなってしまっている?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

なん・・なんで日本に・・(加藤諦三)

戻りたい・・ってなった?(加藤諦三)

つまり・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

中南米で暮らしていてねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
あ、なんか人生って、こういう生き方あるんだって・・新しい世界が開け・・なかったんですか?(加藤諦三)

いや・・そうですねぇ、やっぱ、向こう・・の方、結構、家族を大事にしているのとか見て・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

でぇ、わたしも・・いつか家族は持ちたいっていうのは、すごい出てきたんですねぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

それでやっぱり、ま、今の自分の家族の近くに居たいとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あとはまぁ、将来的に・・家族を持つにあたって、ま、その出産するんだったら、やっぱり年齢も考えると・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

ま、一回、日本に戻った方がいいかなぁ・・っていう、二点ですねぇ。(相談者)

あぁ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

随分、いろんなぁ・・要素が入って・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
心の葛藤が、大変ですねぇ。(加藤諦三)

そう・・そうなんです、はぁい。(相談者)
ええ・・だからまぁ・・(加藤諦三)

でぇ、あなたは・・なんでこの・・(加藤諦三)

何年前ぐらですか?中南米に行ったのは?(加藤諦三)

えーっと、3年半ぐらいです、だいたい。(相談者)

ああ、まだ・・そんな・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

短い・・(加藤諦三)

期間なんですか。(加藤諦三)
そうですねぇ、はぁい。(相談者)

3年半だとまだ・・ちょっと中南米の・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

物の考え方には・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
ついて行かれないところ・・が、いくつかあるねぇ?(加藤諦三)

あります・・(相談者)

きっと・・ふふふ・・(相談者)

ねえ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

でぇ、彼の方は、もう、結婚したいっと思ってるの?あなた・・一緒に居たいというふうに、思ってるわけね?(加藤諦三)

まぁ、彼もとりあえず・・(相談者)

そうなんだと思います、はい。(相談者)
・・
に、日本に一緒に行くって言ってるので。(相談者)

・・

・・

にしょうに(日本に)・・だけど彼・・日本に行くって言ってるけれども・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
彼は日本のこと、知らないわけでしょう?(加藤諦三)

・・

まぁ、何回か、一緒に来たことはあるんですけど・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
まぁ、でもそんなに・・(相談者)
この3年半の間にね。(加藤諦三)
ぁ、はぁい。(相談者)
ええ。(加藤諦三)
うん・・(相談者)

・・

・・

ただそんなにやっぱり、実際の日本人が、どうかとかまでは・・あんまりわかってないと思います・・うん。(相談者)

・・

まぁ・・それであなた・・今日の相談っていうのは・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

こういう人と、今、恋愛関係にあるわけですよね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

それでぇ・・あなたの方は・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
日本に住みたいと。(加藤諦三)

はい。(相談者)

彼は・・経済力はないけど日本に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

住んであなたと、結婚したいっていう意思はある?(加藤諦三)

うん、結婚したいは・・(相談者)
う、うん。(加藤諦三)
っていう意思はないですけど、ないですけど、一緒に・・ぃ、居たいっていう・・ことです、はい。(相談者)
居たい・・ということねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

ただ、そのぅ・・(加藤諦三)

発想が・・日本の社会に・・(加藤諦三)

き・・入った時に・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

なかなか受入れられない・・(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)

・・

ということを、彼は、理解してないよねぇ?(加藤諦三)

・・

・・

まだ、そういう話は、そこまでちゃんとしてないです。(相談者)
ですよねぇ、だから・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ、あなた・・今、どうも・・彼の良さが・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

あなたは日本に・・(加藤諦三)

一緒に帰ってきて・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
一緒に住み始めた時・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・

彼の良さを・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたの、しゅう・・周囲の人達は、理解できるかしら?(加藤諦三)

・・

うーーーん・・たぶん、時間が、かからないと・・っていう感じは・・あります。(相談者)

・・

ウーン・・(相談者)

・・

だから、それを・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

ま、乗り越えられるか・・どうかという・・ことですけれども・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

今日はもう、ぴったりの方が、スタジオに来ていらっしゃいます。(加藤諦三)
あっ、はぁい。(相談者)
幼児教育研究の・・大原敬子先生です。(加藤諦三)

あっ・・はぁい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 加藤先生の締めの言葉がすべてですね。
    アレもコレも、と言っていては決断できませんもの。

  2. 中南米人を日本に連れてきて結婚 あくまでも 経済的に ご相談者が優位にお立ちになり その男性を ご支配なさりたいのかな?
     逆に 貴女が 中南米の男性のもとに嫁ぎ 現地の暮らしをお出来になる ご覚悟は (・・? サラサラ無いと推測しますがねぇ!