テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年5月16日(火)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。定年2年前の今、会社を辞めたいと言い始めた夫。その夫を支えてきた外国人妻。けして会社から、辞めるような嫌がらせを受けているわけでなく、むしろ評判の良い会社。しかし、馬鹿真面目な夫は、プライドが高く、人に言われないよう、頑張ってきたので、土日の休みの日など、疲れきって休んでいる状態。妻として、自分はどうしたらいいのか?
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:62歳女性 夫63歳 長女21歳 長男18歳(高校3年生)

加藤諦三氏の〆の言葉なし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

62歳の女性から、夫は63歳で、会社社員。
子供は2人、21歳の長女と、高校3年生の18歳長男。
今、4人暮らし。
※相談者である妻は、外国籍の方と思われ、流ちょうに話されますが、言葉が若干、たどたどしいので、読みにくいかもしれません。

わかりました、それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

定年2年前にして会社を辞めたいという夫

えーっと、主人が・・長年勤めて会社・・今、63になって、あと2年、退職なんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、会社を辞めたいという話し・・でまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

なんか、辛いみたいで・・(相談者)
・・
うん・・あの・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

あと2年残す・・して、退職だけれども、もう、今、辞めたいということですか?(加藤諦三)

そうですね。(相談者)

でぇ、今・・そこまで辞めたいっていうのは、会社で・・なんか、余程・・辛い事っていうのか・・要するに、人間関係なんかで・・(加藤諦三)

あぁ・・(相談者)
とても・・ん、ん・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
酷い目にあってるとか、なんか、そういうこと?(加藤諦三)

そういう・・会社に・・全然、あの、良くて、なんか・・本人から、聞いてるのは、評判も良くて・・特に本人、真面目で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの・・(相談者)

勤め、気にするタイプなんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、仕事はすごく、真面目・・熱心なんで・・(相談者)
はい。(相談者)
そのかわり、なんか、いろいろプレッシャーとか、いろいろ、抱えて・・来て・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

若い時は、なんとか耐えられたんですが・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
今・・今の歳になると・・なんかちょっと・・自分がプレッシャーに、潰され・・ふふふ・・(相談者)
うん・・うん・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)

まぁね、若い時には、気力、体力があるからねぇ・・(加藤諦三)
そうそう、そうです・・はい。(相談者)
最初は、いろんなこと言われたり・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
その仕事の締め切りで、追われたりしても・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
まぁ・・(加藤諦三)

気力、体力・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
まあ・・ま、力があるから・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
やり抜けるけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
だんだん、それが辛くなったということね。(加藤諦三)
・・
そうですねぇ・・(相談者)

でぇ・・それはあの・・あの、会社が別にこう・・辞めさせようと思って、ことに・・(加藤諦三)
あっ・・(相談者)
ひ・・酷いまねをしてるってんじゃあないのね?(加藤諦三)
ああ・・(相談者)

そんなこと、全然ないです。(相談者)
そんなこと、全然なくて・・(加藤諦三)
・・
うん。(相談者)

もう、今までと、同じ生活なんだけれども・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)
ちょっと・・(加藤諦三)

今までの真面目さで・・(加藤諦三)

適応できなくなったということね。(加藤諦三)

馬鹿真面目でプライドの高い夫

みたいですねぇ。(相談者)
ちょっと、失礼な言い方だけ・・だけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
馬鹿真面目なところがあるわけでしょう?(加藤諦三)

そう・・ですね・・あと、自分のプライドが高い・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ですねぇ・・(相談者)
プライドが高いよね。(加藤諦三)

人から、なんか言われると・・もう・・(相談者)
凄い傷つくよね?(加藤諦三)
なんか、言われないように、一生懸命・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

うん。(相談者)
だから、プライドを、守るために・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
・・
あの、頑張るから、それで疲れるんだよねぇ。(加藤諦三)

そうなんです、人がいにより(?聞いたまま)、あの、疲れるんですよ。(相談者)
うん・・だから・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
仕事、そのもので疲れるよりも・・(加藤諦三)

その仕事に関わるそのぅ・・(加藤諦三)

まぁ、ちょっと、難しい・・言葉使わせて・・ぇ、もらえば、自我価値の崩壊っていうのかな?・・自分の、プライドが・・(加藤諦三)
・・
うん。(相談者)
傷つくことを、避けようとして・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
気を張ってんですよねぇ。(加藤諦三)
そうです。(相談者)

大変、失礼な言い方だけど・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
やりたいことって、あんまりないんじゃないの?(加藤諦三)

・・・

あ、一応、本人として、あるって・・ですが・・(相談者)

うふふふふ・・(相談者)
本人としては、あると言うよねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
・・
うん。(相談者)

ただし、今なんか・・(相談者)

つ、疲れて・・もう、土日、ほとんど・・(相談者)

お昼まで寝て・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
それは・・(相談者)

んん・・仕事・・疲れたから・・やる気もだせない、もう、とにかく・・休みの日、カラダ、休ませて・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

それでぇ、また、月曜日から・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

集中・・して、1週間なんか、すごく長くて、辛くて、なんか、感じ・・ですねぇ・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)
だから、やりたい事は、できないみたいで、今。(相談者)
やりたいこと・・あのぅ・・(加藤諦三)

辞めることには・・ここまで来たら、もし、経済的なことが許せばねぇ・・(加藤諦三)

あの、辞めるっていう・・(加藤諦三)

選択肢もあると思うんだけれども・・(加藤諦三)
はいはい。(相談者)

2年前に辞めると、退職金が・・すごく減るとかなんか、そういうことって、あるわけ?(加藤諦三)

あっ、ごめんなさい、一応、60歳、退職して、今、契約社員というか・・(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)

はい、はい・・(相談者)
そうす・・(加藤諦三)
退職金は、関係ないけど、ただ・・年金とか、たぶん・・ん・・そこが・・(相談者)
に、影響がでる?(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)
そして、その、経済的なことについては、どういうふうに、考えてるの?(加藤諦三)

一応、本人も悩んでいるんで・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)
・・
うん・・(相談者)
あの・・(加藤諦三)

もっと優しくしてればと改心

ご主人、とにかく真面目で・・(加藤諦三)
んん・・(相談者)
熱心で、そ、それ・・(加藤諦三)
んん・・(相談者)
もう、ほんっとに真面目で・・(加藤諦三)
・・
うん。(相談者)

あのぅ・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
べつに趣味が・・あるわけではないと思うんですよ。(加藤諦三)
ん、う、うん・・(相談者)

んで、真面目ということで、自分をもってきたし・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
それで、プライドも、強いし・・(加藤諦三)
そう、そう。(相談者)

はたらく・・(加藤諦三)
辞めさせるは・・られるわけじゃないですから・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
うん・・ただ・・本人が・・んん・・(相談者)

それで・・(相談者)
だから、なーんかね・・(加藤諦三)
わたしとし・・ああ、ご、ごめんな・・ぁぁ、はい?(相談者)
なにか・・(加藤諦三)

うん。(相談者)

言えないことっていうのは、抱えてるっていう可能性は、ないんですか?(加藤諦三)

いやぁ・・たぶん・・なーい、かな・・(相談者)

・・・

た・・ん・・わたし・・わたしの、せいも、か・・あるかもしれないけれど・・(相談者)
あな・・(加藤諦三)
うん、あるかもしれない・・ある・・ある・・あると思うんですが・・早く・・うん、はい。(相談者)
だから・・仕事が辛いというよりも、今・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

初めて、自分の立場に、気が付いてるっていうことじゃないの?(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

一緒に生きられることが、そのぅ・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
じ、自分・・達の、幸せっだって、そういう感覚が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ないままに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
この年齢になった・・(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)
その不安・・っていうのが、大きいんじゃないのかなぁ?(加藤諦三)
あぁ・・そうですか・・(相談者)

・・・

それでぇ、わたしとしたら、これから・・なにがやればいい・・ふっ・・わたしも、ん、ん、なんか・・(相談者)
・・
あ、ん、うーん・・(相談者)

反省してます、あの、主人に、もう、もうちょっとね・・優しくしたいから・・改心・・(相談者)
んで、今、その反省してる、優しくすれば良かったっていうの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
なにか、思い当たることっていうの、あるんですか?(加藤諦三)

特別は、そんな・・ないで・・です・・(相談者)
・・
まぁ、一緒に・・子供のこともあるし・・(相談者)
・・
一緒に居て・・(相談者)
・・
あげられることも、休みの日も、ほとんどない・・(相談者)
・・
ですねぇ・・寂しいから・・(相談者)

が、主人としては・・(相談者)
う、うーん・・なんか・・今・・60・・を超えて・・(加藤諦三)
んん・・うん、うん・・(相談者)

・・・

なんか人と・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

うん・・うん・・(相談者)
家族という、名前の・・(加藤諦三)
うん・・うん・・う、うん・・(相談者)
・・
形式は・・あるけれども・・(加藤諦三)
うん、う、うん、うん・・(相談者)

・・・

なんかすごい、孤独なんじゃないのかなぁ?(加藤諦三)
そうそう・・ん、今まで・・なんの為に生きてる・・本人も言ってねぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

どうしていいか、わからないっていうことなんじゃないかなぁ?(加藤諦三)
うん、う、うん・・うん、うん・・(相談者)

・・・

ですので・・(相談者)
だから、むしろ、あ・・(加藤諦三)
はい?(相談者)
ご主人が・・ん、辞めたがって・・(加藤諦三)

うん。(相談者)

いるのを、どうしたらいいか?っていう・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
こともあるけれども・・(加藤諦三)
うん・・うん、うん、うん、うん・・(相談者)

わたし今、どうしていいか、わかんないってことじゃないの?(加藤諦三)
そうですねぇ・・ふふふ・・(相談者)

うん・・(相談者)
・・
どうしたら・・(相談者)

主人は・・(相談者)

支えて・・ん、乗り越え・・られるから・・いいなと、思ってなんです。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

わかりました・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
今日はですね・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

スタジオに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ま、心についての・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
深い洞察のエッセイを、たくさん書いていらっしゃる・・(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

マドモアゼル愛先生が、いらしてるので・・(加藤諦三)
・・
あ、はい。(相談者)
なかなか、大変・・まぁ、年齢の・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
こともあって、非常に、難しい・・(加藤諦三)
そうですねぇ・・(相談者)
相談だと思いますけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
うかがって見たいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.