テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年12月3日は、今井通子&坂井眞。大学卒業後の国家試験に落ち、予備校に通うも不登校になり、再度試験に落ちる。精神科医からカウンセリングの結果、10年ほど無気力状態が続いていると言われる。身に覚えのある相談者夫婦。夫は厳しく、母はお父さんに怒られないようにしようねと育てる。反抗期がなかったという息子。会社に勤めながら、まだ諦めていない様子ではあるのだが、どう対応していいかわからない。

テレフォン人生相談2016年12月3日(土)
パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:55歳女性 夫58歳 長女29歳 長男26歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

55歳の女性から、息子のことで、対応の仕方を、ご相談したいんです。

あなたは、おいくつですか?(今井通子)
はい、55歳です。(相談者)
55歳・・ご主人は?(今井通子)
58歳です。(相談者)
58歳・・あの、お子さんは、息子さん、お一人?(今井通子)
えっと・・その上に、長女がおります。(相談者)
はい、お嬢様、おいくつ?(今井通子)
長女は、29歳。(相談者)
29歳・・で、その・・今日・・(今井通子)
はい。(相談者)
問題の息子さんは、何歳?(今井通子)
26歳です。(相談者)
26歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

無気力状態

はい、どういったことでしょう?(今井通子)
はい、息子がですね・・(相談者)
ええ。(今井通子)
大学を卒業・・して・・(相談者)
はい。(今井通子)

その後、あの、国家試験がある、大学なんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)
その国家試験を・・落ちまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

それで、国家試験の予備校に・・1年間・・去年、通ったんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)

えっと、半年を過ぎたあたりで・・(相談者)
はい。(今井通子)
えっと、通えなくなってしまいまして・・(相談者)

通えなく・・なった?(今井通子)
不登校に・・はい。(相談者)
はい。(今井通子)

なったんですね。(相談者)
はい。(今井通子)
それで、あの・・精神的なものかもしれないということで・・精神科にかかったんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)

あの、鬱とかではないと言われまして・・(相談者)
はい。(相談者)
無気力な状態・・(相談者)
はい。(今井通子)

・・と、言われて・・それは、今に始まったことではなく・・10年ぐらいかけて・・そういう状態になってきたのが、今回のつまづきで・・出たん・・ですということを、先生に、お話しいただきまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

それで・・私と主人で、先生に話しを聞きましたら・・親からは、あんまり働きかけを・・試験までの間は、しないようにしてください・・(相談者)
はい。(今井通子)

そっとしてあげてくださいということなので・・(相談者)
はい。(今井通子)
その半年間は・・見守るように・・して・・国家試験受けたんですが、やはり、結果は・・不合格・・だったんです。(相談者)
はい。(今井通子)
はい。(相談者)

でも本人は・・仕事を、して・・働いています。(相談者)
はい。(今井通子)
はい。(相談者)

親としての対応の間違い

それで、今現在なんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)

こちらから、メールしても返事がなかなか、来ないんですね。(相談者)
はい。(今井通子)
で・・事務手続きなどで、どうしても必要な、要件が入っている時は・・向こうから・・それは、大丈夫とか・・返事が来るので、メールは見ているんだなと、思うんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)

これから先・・ですね・・わたしが・・息子から・・連絡が来るまで、じっと待っていた方が、息子の為にもなるのか・・それとも・・時たま・・安否を気にしてるよっていうことを・・メールで・・こちらから・・送ったりしても・・いいのか、最終的には・・以前のように・・(相談者)

普通に・・関わりを持てるように、なるといいなとは、思っているんですが・・(相談者)

そうすると、対・・息子さんの・・に、対する・・(今井通子)
はい。(相談者)
現在の対応を、どうしたらいいでしょうか?っていう・・(今井通子)
そうなんです。(相談者)
ご質問?(今井通子)
はい。(相談者)

あの、間違いたく・・間違いたくないって言いますか・・息子・・の・・ま、人生の邪魔をこれからしたくないって・・思いまして・・(相談者)

その、精神科の先生の、お話し聞いた時に・・自分達の間違いというのも、すごく気づきまして・・(相談者)

それは・・(今井通子)
あの・・わたしたち・・(相談者)
先生から、言われたの?(今井通子)

あっ、いえ、そうではなくて・・わたしと、主人で・・私達の対応は、よくなかったのかなということは、話したんです・・その・・(相談者)

それは・・(今井通子)
はい。(相談者)
どういうふうに?(今井通子)

良くなかったって?(今井通子)
ま、あっ、ええっと・・子供の・・小さい頃・・主人は・・ま、ちょっと厳しかったんです、息子に対して・・(相談者)
はい。(今井通子)

で、すごく厳しかったので・・どうしても主人になつかずに・・(相談者)
はい。(今井通子)

わたしの対応としましても、お父さんに怒られないように・・しようねみたいな・・(相談者)

その方が・・こう、丸く収まるというか・・(相談者)

そういう対応の仕方を、わたしも、ずっとしてきてしまったんです。(相談者)

だから、息子がどうしたいかだとか・・そういうことを、尊重しないで(声が震えだす)・・(相談者)

ああ、なるほど。(今井通子)
・・出てしまったのかなって・・(相談者)

男たるもの

なるほどね。(今井通子)
すいません(泣いてることへの謝罪?)。(相談者)

ですから・・(相談者)
で、そのぅ・・息子さん、反抗期とかは、じゃあ、あんまりなかった?(今井通子)

そうなんですね、反抗期と言いますか・・まぁ、高校生の頃、あまり口をきかなくなった・・のは、あるんですが・・(相談者)
うん。(今井通子)

大きく、なにかを・・こう・・言ってくるとか・・そういうことは、ないんですね。(相談者)

うん・・(今井通子)
ま、もともとまぁ・・(相談者)
なんか・・(今井通子)
静かな・・方ではあるんです・・(相談者)
だって、ほら・・お父さんが、厳しいから・・(今井通子)
はいはい。(相談者)

お父さんに、叱られないようにしようねって、お母さんが、ずっと言ってたわけですよね?(今井通子)
そうですねぇ、はい。(相談者)

で、わかったっていう形で、子供の頃は従うけど・・(今井通子)
はぁ・・はいはい。(相談者)

そのうち、中学、高校生ぐらいになると・・(今井通子)
はい。(相談者)
「うるせぇ、馬鹿野郎!」とか・・「うるせぇ、婆ぁ!」とかっていうふに、なってくる可能性は、あるんだけど・・(今井通子)
はぁ・・(相談者)

そういうことはない・・なかったわけね?(今井通子)
なかったですね。(相談者)
ふーん・・(相談者)

まあ、そいじゃあ・・その、お父さんの・・(今井通子)
はい。(相談者)

その、厳しいっていうのは・・(今井通子)
はい。(相談者)
な、何に対して?勉強に対して?(今井通子)

いやぁ・・なんか・・ちょっと騒いでも・・(相談者)
うん。(今井通子)
うるさい!みたいな感じだったり・・(相談者)
はい。(今井通子)

あとでも、期待は、あったんだと思うんですね、中学の頃は、勉強みてあげる・・とか・・(相談者)
ふーん・・(相談者)

そういうことは、それまで全然こう、例えば、キャッチボールもしてあげなかったので、キャッチボールとか、自転車乗りも、わたしと一緒にやってた・・練習とかも・・(相談者)
ふーん・・(今井通子)

そういう感じだったんですが、勉強に関しては・・まあ、主人も苦労してる人なので・・(相談者)

あっ、そういう期待が、あるんだなっていうことは・・感じましたけれども・・(相談者)

ご主人は、息子さんにだけ、厳しかったの?(今井通子)
そうですね。(相談者)

ん・・息子に・・(相談者)
あなた方には、厳しくなかった?(今井通子)
わたしとか、娘には、はい、厳しくなくって、それを聞いたんです、理由を?(相談者)
はい。(今井通子)

どうして、息子にだけ、あんなに厳しかったのかな?って・・(相談者)

そうしたら、男たるもの・・という気持ちだったっていうふうに・・(相談者)
ふーん・・なるほど。(今井通子)

でも主人も、反省してる感じですね、今は。(相談者)
うん・・(今井通子)

ご主人は、それで反省しちゃってるわけね?(今井通子)

してると思います、ま・・(相談者)
で・・(今井通子)
口に出しては、言わないんですが・・(相談者)
うん・・(今井通子)

これからの関わり方は

で、あなた・・ってほら、ご主人と相談して、お互いの育て方が悪かったんじゃないっていう・・(今井通子)
あっ、はいはい・・(相談者)
反省をしたわけでしょ?(今井通子)
そうですね、はい、はい。(相談者)

うん、で、あなたの場合には・・お父さんに、怒られないようにっていうことで・・(今井通子)
あ、はいはい。(相談者)

息子さんの意思を・・尊重してあげなかったっていう反省をしてるわけでしょ?(今井通子)
そうですね。(相談者)
うん。(今井通子)

はい・・(相談者)

まあ、反省はいいんですけど・・(今井通子)
はい。(相談者)
その後・・(今井通子)
はい。(相談者)

結局、だから・・今度は、どうしていいか、わからなくなっちゃったのね?(今井通子)

そうですね、これから・・(相談者)
うん、なので・・(今井通子)
はい。(相談者)
今日の、ご質問になるわけですね?(今井通子)
はい。(相談者)

あの・・これからその・・な、なるべくほっといた方がいいのか、それとも・・健康にしてるかどうかは・・(今井通子)
はい。(相談者)

いつも、気にしてるよって、言った方がいいのか・・(今井通子)
はい。(相談者)
ってことでしょ?(今井通子)
はい。(相談者)
うん。(今井通子)

でも、息子さん、そのなんか、もう、10年ぐらい前から、無気力だったっていう話し?(今井通子)

その・・先生の話しによると・・そういう、でも、確かに、思い当たります。(相談者)

でも、中学、高校の時には・・(今井通子)
はい。(相談者)
ちゃんと、だい・・あ、えーっと、学校には、行ってたんですよね?(今井通子)

そうです、休まず、行ってました。(相談者)
で、大学も、だから、結局・・(今井通子)
はい。(相談者)

休んだりは、してないんですよね?(今井通子)
・・と、思います、はい。(相談者)

特に・・休んだというような、知らせはないので・・(相談者)
ああ・・(今井通子)
はい、大丈夫だと思います。(相談者)

で、今、一人住まい?(今井通子)
そうです。(相談者)

というのが、現状なんですね?(今井通子)
はい、そうなんです。(相談者)

ただ、その、事務的に必要なことは、ちゃんと言ってくるっていうことは、メールも、ちゃんと見ているし・・(今井通子)
見ていると・・はい。(相談者)

それから会社でも・・(今井通子)
はい。(相談者)
会社からなんか・・親御さんに言ってきてるわけじゃないので・・(今井通子)
ではないです、はい。(相談者)

真面目に、働いてもいるんでしょうね?(今井通子)
と、思います、はい。(相談者)
はい。(今井通子)

わかりました。(今井通子)
はい。(相談者)
じゃあ、どうしたらいいかを・・(今井通子)

今日はですね、弁護士の坂井眞先生がいらしてますので、伺って見たいと思います。(今井通子)
あっ・・(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク