テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年3月7日(水)は、加藤諦三&大原敬子。中学1年生の三男が三日間不登校になる。小学6年生ではクラスの中心的存在で、県の陸上の強化選手に選ばれる。両親共に陸上に携わってきて、長男も高校で陸上を、次男はチームプレイの競技を選択。1ヶ月ほど前から、朝、起きられなくなり、前の週の週末は遅刻。そして今週に入って不登校に。不登校の原因を大原敬子が指摘、学校より家庭と・・
加藤諦三氏の〆の言葉『家の価値観が、その子から居場所を奪う時があります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:43歳女性 夫48歳 長男(高校3年生) 次男(高校1年生) 三男(中学1年生) 長女(年長)

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

こんにちは。(相談者)
こんにちは、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

ぇ・・43歳です。(相談者)
43歳・・ぇ・・結婚しています?(加藤諦三)

はい・・(相談者)
えーっと、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

48です。(相談者)
48歳・・お子さんは?(加藤諦三)

ぇ・・四人おりまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

一番上・・が、高校3年・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

男の子、女の子は?(加藤諦三)

あっ・・はい、男の子です。(相談者)
うん、男の子・・はい。(加藤諦三)

次が?(加藤諦三)
でぇ・・に、二番目が、高校1年生で、こちらも男の子・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、三番目・・も、男の子で・・(相談者)

中学1年生です。(相談者)
はい。(加藤諦三)

一番下が娘で・・(相談者)

・・

年・・長さんです。(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)

それで今日は、ど・・どんな相談ですか?(加藤諦三)

えっと、中学1年生の・・息子のことで・・相談しました。(相談者)

はい。(加藤諦三)

えーっと・・ここ三日間、学校に行かなくなりまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

それでぇ・・なんか、どのように・・彼と接して・・どう対応していって・・いけばいいか・・(相談者)
ま・・はいはい。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
わかりました。(加藤諦三)
あのぅ・・相談したくて、電話しました。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

で、中(ちゅう)・・今、中学校1年生っていうことですけど、小学校の頃は、別に・・(加藤諦三)

なんの問題もなく、ごくごく普通な小学生だったの・・(加藤諦三)

わけ?(加藤諦三)
はい、そうです、元気な・・小学生で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
小学校と、中学校の・・(相談者)

今回、休むまで・・(相談者)
(なんか、具体的な事を話してるっぽく、編集してある)

して・・休んだことが、なくて・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

・・

あのぅ、元気に通ってたんですけど、小学校6年生の時は・・(相談者)
ぁ、はぁい。(加藤諦三)
まぁ、どちらかというと・・中心・・(相談者)

的・・な、存在・・で、かつ・・(相談者)

生活を、おく・・ってた、感じです。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

今までに・・(加藤諦三)

こういうことは、なかったわけですね?(加藤諦三)
・・
今回、初めてですね?(加藤諦三)

そうでもない?(加藤諦三)
そうですね、学校、休むっていうのは初めてです。(相談者)
初めてですね?(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

んでぇ・・(加藤諦三)

あのぅ・・中学校・・で、なんか、あの・・(加藤諦三)

クラブ活動は、どんなことなんですか?(加藤諦三)

あっ・・(相談者)

スポーツをやってまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

一応、成績・・が、いいので・・(相談者)

県の、強化選手・・(相談者)

にも・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
まぁ・・選ばれては・・いたんですけれども・・あのぅ・・(相談者)
それで、きょ・・競技は、なんですか?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

競技は陸上です。(相談者)
陸上・・はぁい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

あな・・たの・・その今の・・家庭・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
スポーツが、好きなんですねぇ?(加藤諦三)

・・

・・

そうですねぇ・・(相談者)
ス・・はい。(加藤諦三)
わたし・・も・・夫も、陸上・・を、やっ・・(相談者)
ぁ、あなたも陸上をやってたの?(加藤諦三)

はぁい、そうですね。(相談者)
ふぅーーん・・(加藤諦三)

結構・・そのぅ・・種(しゅ)・・競技を・・(相談者)

に、携わってる・・ことも多くて・・(相談者)

ただ・・あのぅ・・日常生活・・が、いつも・・り・・(相談者)

あのぅ・・そういうスポーツで・・(相談者)

やってるって、そういう状態ではないです。(相談者)

わたし達も、別にもう、離れてしまったので・・(相談者)

ええ。(加藤諦三)
特に、熱が入ってるわけでもないので・・(相談者)

・・

うーーん・・(加藤諦三)

高3、高1という、上の男の子二人は・・スポーツはどうなんですか?(加藤諦三)
・・
やるの?やらないの?(加藤諦三)

長男・・は・・(相談者)

あの、やっぱり、同じ・・(相談者)

・・

・・

・・

陸上を、やってます。(相談者)

陸上を、やってた。(加藤諦三)
やってました・・はい、ただ・・中学の時は・・(相談者)

やっぱり、ちょっと・・(相談者)

思春期のこともあって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
なんにもやってなかったです。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
それで、自分は・・(相談者)

こう・・(相談者)

まぁ、体力も・・つけなくっちゃあ・・っていうんで・・(相談者)

陸上・・(相談者)

選んで、す・・一人で・・(相談者)

あの、練習ができるからっていうんで、まぁ、学校の陸上部に入って・・(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)
3年間、通ったんですけど・・(相談者)

で、今、1年生・・はぁい。(相談者)
今は・・(相談者)

はい・・次男は、ぜんぜん・・(相談者)
1年生の・・(加藤諦三)
違うスポーツ・・(相談者)

を・・まぁ、中学・・も、高校もまぁ、ぜんぜん違うスポーツ選んで・・(相談者)

そちらは・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

チーム・・プレイの競技を選んで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

本人、マイペースで、やってます。(相談者)

・・

そうすると・・(加藤諦三)

とにかく、男の子三人、スポーツだよねぇ。(加藤諦三)

そうですね。(相談者)
でぇ、最後の女の子は・・(加藤諦三)

・・

・・

小さい子だっていうこともあるけど・・(加藤諦三)

そうでなくたっとしても、これは、女の子ですから・・(加藤諦三)

うーん・・(相談者)
スポーツできる・・動機なら、もう・・ぜんぜん・・(加藤諦三)

自分・・ではないけれども・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
この、中学校1年生の・・(加藤諦三)

男の子の・・に、とっては・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)

やっぱり、スポーツっていうのは、すごい大切な・・(加藤諦三)

・・

・・

うーーん・・(相談者)
自分の・・(加藤諦三)

存在価値だもんねぇ・・(加藤諦三)

うーーん・・(相談者)

でぇ、それが・・かなり・・(加藤諦三)

無理をしてた・・っていうことは、ないんですか?(加藤諦三)

・・

・・

・・

ああ・・そこまで考え・・及んでなかったですねぇ・・本・・(相談者)

本人も・・6年生の時に、ちょっと・・(相談者)

まぁ・・(相談者)

市内大会で、ちょっと、いい成績を・・取ったので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、本人も・・(相談者)

その時辺りから、こう・・自分に自信・・の、あるものとして、ちょっと、やってみたいっていうふうに・・言い・・始めてたのでぇ・・(相談者)

はぁぁ・・(加藤諦三)

・・

中学になって・・やる・・っていう・・よりは・・それがきっかけで・・じゃあ、自分は、何をやろうかな・・(相談者)

うん・・うん・・(加藤諦三)
って・・選んだ時に・・(相談者)

・・

・・

・・

まあ・・(相談者)

そこに・・(相談者)

いった・・(相談者)
行きついたってことねぇ・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)
で、今日のあなたの相談っていうのは、その・・(加藤諦三)

スポーツの選手で・・強化・・(加藤諦三)

にまで、選ばれた・・(加藤諦三)

彼が・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

え・・三日間不登校・・三日間っていうのは、完全に・・あの、どっか・・(加藤諦三)

午後からから、行くかってんじゃなくて、完全に三日間、行かない・・ってことですね?(加藤諦三)
あっ・・(相談者)

そうです。(相談者)
・・
でぇ・・前の週の・・週末二日間は、遅刻・・(相談者)

でした。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)
でぇ、今度は・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
三日間、行かないと。(加藤諦三)

そうですね。(相談者)

けっ・・(加藤諦三)
でぇ、もう・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
この前の・・(相談者)

ひと月前・・辺りからもう、朝、起きるのが辛そうになって・・いて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、毎日・・(相談者)

こう・・ベッドから・・(相談者)

・・

・・

布団をはがして・・(相談者)

・・

引きずり出して・・(相談者)

「起きなさい」「起きなさい」・・というような・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)
生活を続けてしまっていて・・(相談者)

そうすると・・(相談者)

プロセスからいくと・・(加藤諦三)

まぁ、小学校の・・(加藤諦三)

6年生・・クラスの中で、中心的な役割をやって・・ところが、ある段階から、だんだんと・・(加藤諦三)

無気力になって・・起きられなくなって・・(加藤諦三)

起こされて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そして・・(加藤諦三)

いよいよ・・(相談者)
学校に遅刻する・・うん、なって・・そしてついに、三日間、不登校ってことが・・できたと。(加藤諦三)

はい、そうですねぇ。(相談者)
どうしましょう?ということですねぇ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
はい、わかりました、今日はあのぅ・・(加藤諦三)

スタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
あっ・・はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 運動でも学業成績でも、世の中「上には上がいる」ものですからねえ。
    「十で神童、十五で天才、二十歳過ぎれば只の人」って言葉があるように、少しくらい優れていても、いつかは挫折を味わうのが人の常。
    まあ、その挫折を乗り越えることで人は成長するんですけどね。
    親の役目というのは、その過程を“心を温かくして”見守ることなんじゃないでしょうか。

  2.  大原先生に 指摘されてましたが「親しくなると、「うーん」・・「うーん」・・って、距離感がないんです」  と 言われながら  その 大原先生に対しても 距離を お保ちに なれなかったですね、 まるで いつもお茶している お友達どおりの会話 聞いていて 「うーん」・・「うーん」 は 耳障りで ボリュームを絞り 改めて 管理人さんの書き起こされたものを拝読いたしました。

    • 納得いってないようにも、聞こえたりしますよね。
      人と話す時は、「うん」を多用しないよう、反面教師ですw