テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年11月12日(土)は、柴田理恵&坂井眞。半年前に他界した実母の相続の件で、弟と揉めている。生前母が、生命保険金は全額弟にあげると言っていたと弟、しかし実際に受取人は、相談者と弟で50、50になっていて、その通り受け取る。亡き母から、生活費や子供の学費など、合計すると1000万ほど貰っていた相談者。弟は母からその明細を持っていると、生命保険金を全額渡せと言う。夫の土地の上に建つ母名義の建物は2軒。店舗と自宅、その相続のハンコを押さないと弟、一切連絡してくるなと手紙を寄こす。

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:54歳女性 夫62歳 長男30歳 長女26歳 次女22歳 半年前に他界した実母 相続で揉めている実弟

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

54歳の女性から、相続について、お願いします。

あなたは、おいくつですか、今?(柴田理恵)
54です。(相談者)
54歳・・ご結婚、なさってらっしゃいますか?(柴田理恵)
はい。(相談者)

旦那さんは?(柴田理恵)
62になります。(相談者)
62歳・・お子さんは、いらっしゃいますか?(柴田理恵)
はい、長男・・(相談者)
はい・・(柴田理恵)
30歳・・(相談者)
はい・・(柴田理恵)
長女・・(相談者)
はい・・(柴田理恵)
26歳・・(相談者)
はい・・(柴田理恵)
次女、22歳です。(相談者)
はい・・(柴田理恵)

弟と相続トラブル

わかりました、えっと、相続というのは、どなたの相続になるんでしょうかね?(柴田理恵)
はい・・今からだと、半年前に・・(相談者)
はい・・(柴田理恵)

わたくしの実母ですね・・(相談者)
ああ、はい、はい、はい。(柴田理恵)
が、亡くなりました。(相談者)
はい。(柴田理恵)

その・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
相続についてなんです。(相談者)
ああ、お父様は、いらっしゃるんですか?(柴田理恵)

父は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
今からだと、20年前に亡くなりました。(相談者)
ああぁ、そうですか・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

じゃあ、ご兄弟は?(柴田理恵)
はい、兄弟は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
弟と、妹がおります。(相談者)
はい。(柴田理恵)

じゃあ、その、お母様の・・遺産相続となると、弟さんと、妹さんとの関係ってことですかね?(柴田理恵)
はい、そうです。(相談者)
はい、どういった・・(柴田理恵)

え・・妹は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ、相続には・・もう、わた、私は何もいらないっていうことで・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

言っとります。(相談者)
はい、はい、じゃあ、弟さん・・(柴田理恵)
それで・・はい・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
弟と、私との間の問題なんです。(相談者)

どういう?(柴田理恵)
土地が・・ありまして・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

その土地は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
私の夫の名義の土地なんです、今、住んでるところが・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

そして、その上に、家が2軒建っております。(相談者)
はい。(柴田理恵)
店舗と・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
自宅が・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

そこを、建て直して・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
母が、生きてた時に、一緒に住もうねって、言ってたんですけれども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

母が亡くなって・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
相続ができてないまま・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
なんです。(相談者)
はい、うん・・(柴田理恵)

それで、この・・相続・・に対して、ハンコを押すっていう約束でしたが・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
弟が、ハンコを押すのを渋ってる。(相談者)

生命保険金を全額渡せ

ああ・・えっ・・(柴田理恵)
それは・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
生前・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

母が・・わたくしに・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
貸してた・・っていう、お金があるとか・・(相談者)

借りてたんですか、お母さまに?(柴田理恵)
まあ、生活をしてる上で・・(相談者)
ええ・・(柴田理恵)
少し出してもらったとか・・(相談者)
う、うん。(柴田理恵)

子供の学費を、少しもらったとか・・(相談者)
あっ・・はい、はい。(柴田理恵)

・・は、あります。(相談者)
はい、はい、はい。(柴田理恵)

それでそれを、細かく書いたのが・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
弟は、持ってるそうです。(相談者)

それで・・うん、母は・・生命保険に入ってて・・その生命保険の受取人を・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

私と弟に半分ずつ・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
残してくれたんですが・・(相談者)
はい、はい。(柴田理恵)

母は・・弟に、前に全額あげるっていうこと、言ってたらしいんですね。(相談者)
はあああ・・(柴田理恵)

でも・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
開けてみたら・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

50、50になってたっていう、ことなんです。(相談者)
ああ、はい、はい、はい。(柴田理恵)

それで、弟は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

その、50を・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
俺にくれ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
っていうことなんですね。(相談者)
はい、はい。(柴田理恵)

それをしてくれないと・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ハンコは、押してやらない。(相談者)
はあ、そうですか。(柴田理恵)

それで、ハンコを押してくれっていうことで・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
わたしが作った、協議書を見せたらば・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

納得がいかないっていうことで・・(相談者)
うん、ふん、ふん、ふん。(柴田理恵)

そのまま、帰っちゃったんですね。(相談者)

あなたの・・書いた協議書は・・えっと、生命保険は・・ま、書いてある通りに、半分ずつ欲しいと・・(柴田理恵)
あっ・・(相談者)
いうことですか?(柴田理恵)

もう、生命保険に対しては・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
まず・・お金を、50、50ずつ、分けたんです。(相談者)
はいはいはい・・うん。(柴田理恵)

でも、その50を・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
俺がもらう約束をしてたって・・あの、なんか・・(相談者)

もう、もうでも、それは、支払われたものなんですね?(柴田理恵)
そうなんです・・そうなんです。(相談者)
うん、うん、うん。(柴田理恵)

それでも納得がいかないっていう・・(相談者)
いかない・・(柴田理恵)
ことなんです。(相談者)
はい。(柴田理恵)

母の最期の面倒は

この・・建物・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
その、お店とか、自宅っていうものは・・お父さんが・・建てられたものですから、今、名義は・・お母様のものに、なってたわけですね?(柴田理恵)
そうです。(相談者)

はい。(相談者)
ふんふんふん。(柴田理恵)
です、じゃ、その、ホントは・・その、建物も・・お二人で・・折半したりしなきゃいけない物であるってこと・・でしょうか?(柴田理恵)

この・・土地の上に建ってる物だから・・(相談者)
うんうん、うん、うん・・そうですねぇ・・(柴田理恵)

売れるような物でもないんですね。(相談者)
ふん、うんうん、うん、うん。(相談者)

なんで、私がもう、もらうっていうことで・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
話しは、ついてたと思ったんですが・・(相談者)
はあ、はあ、お母さんがね、あの、一緒に住もうねって・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
おっしゃってたぐらいですからね・・(柴田理恵)
はい、はい。(相談者)

あの、最期、お母さんって・・あの、どなたが面倒、みてらっしゃったんですか?(柴田理恵)
わたしです。(相談者)

はあ、そうですか・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

わかりました、じゃあ、先生に聞いてみましょう。(柴田理恵)
はい。(相談者)
では、今日の回答者の先生は、弁護士の坂井眞先生です。(柴田理恵)
先生、よろしくお願いします。(柴田理恵)
よろしく、お願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.