テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年9月23日(土)は、今井通子&坂井眞。2年前に64歳で他界した夫の妹。6年前に生命保険に加入し、その受取りが、1700万プラス50万と言われたのだが、生年月日を2歳若く記入してあった為、1,357,468円しか入って来なかった。契約書は封書に入れて送ってしまったので手元にない。三回忌も終わり、夫と話しをし、保険金に納得できないということで相談の電話をした。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:63歳女性 夫69歳 長女37歳(独身) 三人暮らし 夫の姉70歳 二年前に64歳で他界した夫の妹(離婚し子供なし)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)
あ、こんにちは。(相談者)

こんにちは。(今井通子)
ぉ、お世話になります。(相談者)
はい。(今井通子)
はい。(相談者)
今日は、どういったご相談ですか?(今井通子)
あの、遺産の事で、お願いします。(相談者)

遺産?(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

あなたは、おいくつ?(今井通子)

ぁ、わたしは63歳です。(相談者)
63歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

ご主人、いらっしゃいますか?(今井通子)
はい、居ますぅ。(相談者)
おいくつ?(今井通子)

えっと、60・・・9歳です。(相談者)
9歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

お子さんは?(今井通子)
ぇ、居ます、一人。(相談者)

男のお子さん?女のお子さん?(今井通子)
・・
女の子です。(相談者)
女のお子さんで・・(今井通子)
はい。(相談者)
おいくつ?(今井通子)

えーっと、30・・7歳。(相談者)

37歳・・(今井通子)
はい。(相談者)
ご結婚されてますか?(今井通子)
結婚、してないんですぅ・・(相談者)
あっ・・(今井通子)

じゃあ・・(今井通子)
はい。(相談者)
あの、ご自宅には・・(今井通子)
ぇぇ。(相談者)
ご主人と・・(今井通子)
ぇぇ。(相談者)
あなたと・・(今井通子)
はい。(相談者)

そしてぇ・・(今井通子)
娘・・(相談者)
お嬢さんと・・(今井通子)
はい。(相談者)

三人暮らし?(今井通子)
はい、そうですぅ。(相談者)

でぇ、遺産って、おっしゃいましたよね?(今井通子)
はぁい・・(相談者)
どなたの?(今井通子)

あの、主人の・・妹が遺していった、遺産です。(相談者)

ご主人の、妹さん?・・はい。(今井通子)
ぁ、そうですぅ・・(相談者)

それでね。(相談者)
なん・・何年前ぐらいに、亡くなったの?(今井通子)

二年前です。(相談者)
二年前・・はい。(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ・・(今井通子)

あの、妹さんは・・(今井通子)
ぇぇ。(相談者)
ご主人とか・・お子さん、いらっしゃらないの?(今井通子)

妹ですか?(相談者)
はい・・あっ、その・・ご主人の・・妹さん。(今井通子)

だから、あなたにとっては、義理の・・(今井通子)
あ、はい・・(相談者)
妹さん。(今井通子)
はい、はい・・(相談者)
・・
あのぅ・・居ます。(相談者)

ご主人、いらっしゃる?(今井通子)

はい。(相談者)
はい。(今井通子)
さっき・・(相談者)

で、ご存命なの?(今井通子)

生きてますけども、ちょっと・・ぁ、離婚した形?(相談者)
あっ、もう、離婚されちゃってるのね?(今井通子)
はい。(相談者)
・・
はい。(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ・・(今井通子)

妹さんの、お子さんは?(今井通子)

いま・・居ません。(相談者)

あ・・お子さんが、ないのね?(今井通子)
居ません。(相談者)
はい。(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ、ご主人は・・(今井通子)
ええ・・(相談者)

妹さんの他に、ご兄弟、いらっしゃる?(今井通子)、

えーっと、居ます、ぉ、お姉さん・・(相談者)
お姉さん?(今井通子)
ええ・・ぁ・・(相談者)

お姉さんと、そして、うちの主人?(相談者)

ええ。(今井通子)
で・・三人兄弟です。(相談者)
ああ・・(今井通子)
はい。(相談者)

ぁ、で、お姉さん、おいくつ?(今井通子)

お姉さんが今、ちょうど、70だと思います。(相談者)
70歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

ご存命なんですよね?(今井通子)
ぁ、元気です。(相談者)

はい。(今井通子)
はい。(相談者)

じゃあ、妹さんが二年前に亡くなった時は・・(今井通子)
はい。(相談者)
何歳でした?(今井通子)

妹は、あん時、64・・(相談者)

ぁ、64で亡くなった?(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

わかりました。(今井通子)
はい。(相談者)

・・・

それでぇ・・(今井通子)
ぇぇ。(相談者)

遺産が・・(今井通子)
ぇぇ。(相談者)
妹さんから、ぁ、あなたにってこと?(今井通子)
いや、ぁ、ぁ、違う、あたしじゃなくて・・(相談者)
あっ・・ご主人に?(今井通子)
あのぅ・・ぇぇ、妹は・・(相談者)
はい。(今井通子)
お姉さんと、うちの主人・・が、兄弟だから・・(相談者)
うん。(今井通子)
二人・・五割、五割?(相談者)

そうですねぇ。(今井通子)
ええ・・五割、五割、分けなさいって言って・・(相談者)
はい。(今井通子)
ええ、ちゃんと、あのぅ・・(相談者)

・・

あのぅ、そのぅ、載ってます、兄弟・・五割、五割って。(相談者)

はい。(今井通子)
・・
ぇ、そうして、遺していったんです。(相談者)
・・
はい。(今井通子)
はい。(相談者)

それでね・・(相談者)

遺していったんですけども・・(相談者)
はい。(今井通子)
ちょっと、あのぅ・・(相談者)

生年月日が、ちょっとね・・(相談者)
・・
二年ほど、間違った為に・・(相談者)

あの、入るお金が、ちょっと・・(相談者)
・・
少なかったので・・どうしたもんかな?と思いまして・・(相談者)

電話しました。(相談者)

これはあの、現金じゃなくって・・(今井通子)

保険証・・か、なんか?(今井通子)
ぇ・・ぉ・・(相談者)
生命・・生命の・・(今井通子)
生命保険です。(相談者)
生命保険?(今井通子)
はい。(相談者)
ああ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ。(今井通子)
はいはい。(相談者)

生命保険を、お持ちだったのね?(今井通子)
そうです。(相談者)

ぇぇ。(相談者)
でぇ・・(今井通子)

ちなみに、おいくらぐらい?(今井通子)

あの・・(相談者)
亡くなった時に。(今井通子)
亡くなった・・あの、遺してったものが・・(相談者)

1700万プラス・・(相談者)
・・
1700万・・(今井通子)
壱、拾、百、千、万・・プラス・・(相談者)
プラス・・(今井通子)
壱、拾、百、千、万、十万・・50万?(相談者)

50万・・(今井通子)
うん、そ・・まず、確実に・・ぁ、1700万は、入りますって・・あのぅ・・言われたんです、全部書類、持ってった時にね、わたしが・・(相談者)

はい。(今井通子)
・・
ええ。(相談者)

それで、困っちゃ・・ぇぇ、ぇぇ・・(相談者)
これって・・あのぅ・・お妹さんが・・(今井通子)

ぇぇ。(相談者)
ぃ・・あの、義理の妹さんが・・(今井通子)
はい。(相談者)

何年前ぐらいに、入られてんの?(今井通子)

六年前ですか?(相談者)
六年前に、入られたのね?(今井通子)
はい、そうです、そうです。(相談者)
はい。(今井通子)
はい。(相談者)

・・・

これ、入られたのって、ろ・・おいくつの時になるかな?そうすると・・(今井通子)
これがねぇ・・(相談者)
うーーんっと・・(今井通子)
ひゃく・・なな・・出てないんですよねぇ。(相談者)

二年前に・・(今井通子)
ええ。(相談者)

・・・

えーっと、64歳で、亡くなっています・・(今井通子)
はい。(相談者)

・・

で、今から、6年前に、入ってるってことは・・(今井通子)
はぁい。(相談者)
60歳の時に、入られたのかな?(今井通子)
あ・・そう、そうか・・計算ですねぇ。(相談者)

はい・・(相談者)
なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)
・・
その時、なに?(今井通子)

生年月日が・・(今井通子)

ちょっとねぇ・・(相談者)
うん。(今井通子)
あのぅ、二年ほど若く・・書いたらしいんですよねぇ。(相談者)

あの、生命保険のとこの。(相談者)

昭和何年の、二年前っちゅうこと・・に、か、書いたもんだから・・(相談者)

うん、ちょっと待って、二年前って書いたの?(今井通子)

後じゃなくて?(今井通子)
そう、だ、自分の生年月日をね。(相談者)

若く・・(相談者)
だ・・(今井通子)
要するに、若く、若く。(相談者)

自分で、若く・・(相談者)
わ・・(今井通子)
書いたつもりじゃないんだけども・・(相談者)
・・
あのぅ、アレに、証書には・・もう・・二年・・若く、書いた物であるから、あのぅ・・ほ、保険料は、ちょ・・ダメですね・・って、それ、全額は無理だって。(相談者)

言われたんですね。(相談者)

・・

で、入ってきたお金が・・わずか、100・・ちょっと、も・・ちょっとねぇ、全然違う・・ぁ、お金が入ってきたもんで・・(相談者)
・・
びっくりして・・(相談者)

でぇ、これって・・アレですか?(今井通子)
いや・・はい・・ええ・・(相談者)
二年前の話しを、今、されてるわけ?(今井通子)

そ、そう・・ですねぇ・・(相談者)
・・
あのぅ・・まぁ、まぁ・・一応・・じゃ、三年忌、終わったんですけどもねぇ・・(相談者)

ちょ、どうも・・納得いかないので、先生に聞いてもらおうと思って、電話させてもらったんです。(相談者)

うん。(今井通子)
うん・・(相談者)
・・
要するに・・(今井通子)

・・

若く書いちゃった・・ていうことは・・(今井通子)
そう、そうなんです・・そうなんです。(相談者)

えーっと、60歳の時に、入られたんだけど・・(今井通子)
うん・・(相談者)

58歳だっていう・・証明になっちゃったっていうことかなぁ・・(今井通子)
ぁ、そういうことですかねぇ・・なんか、二年・・に、若くね、書いた・・(相談者)
ふぅーん・・(今井通子)

これってあのぅ・・(今井通子)

要するに、入られる時の契約ってのは、どんなんだったか、おわかりになります?(今井通子)

あの・・(相談者)

と・・もってかれたんです・・あのぅ、そこ、入ったとこに・・戻しなさいってことで・・(相談者)

えっと、封書に入れて・・戻したんです。(相談者)

どういう条件で入られたかは、わからない?(今井通子)
ちょっと、わかんないんで・・ねぇ・・(相談者)

こ・・これ、なんて言ったら、いいんだろうねぇ・・(相談者)

も、これだけしか払いませんって紙だけは、くれました。(相談者)

で、これだけ払いませんの紙の・・(今井通子)
ええ。(相談者)

金額は、どういう・・金額ですか?(今井通子)
あっ・・いいですか?(相談者)
はい。(今井通子)
えーっとねぇ、百・・百三十・・五万・・(相談者)
はい。(今井通子)
七千・・四百六十八(1,357,468)円。(相談者)

ふっ・・七千四百・・(今井通子)
そう、そう、そう、そう・・(相談者)
六十八円・・(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

四百六十・・これだけね・・(相談者)
はい。(今井通子)
ぇ、振り込まれたっていう・・ちょっと、すいません・・通帳に、今、手元、持ってるんです。(相談者)

これだけしか入らんかったので・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)
どう・・しても、納得いかずにねぇ、ちょっと・・(相談者)

弁護士さんに、聞いてもらおうかなって思いまして、電話させてもらいました。(相談者)

1,357,468円が・・(今井通子)
ええ。(相談者)
も、もともと、これだけしか、おは・・らいできませんって、書いてあったの?(今井通子)
あ、そうです、そうです。(相談者)

そうです。(相談者)

あとでねぇ・・(相談者)
で、その理由は・・っていうのは・・(今井通子)
はい・・(相談者)

はい。(相談者)
あのぅ・・要するに・・(今井通子)

生年月日が・・(今井通子)
そうそう。(相談者)
間違っていたからだけで・・(今井通子)
間違ってる・・ん、ぁ、だけです・・そうですそうです、それだけです。(相談者)
それで、何年間違えると、どうだとか・・あのぅ、それから・・(今井通子)
あ、なん、なん・・ぁ、ぇぇ・・ぇぇ・・(相談者)
何年・・(今井通子)

間違えて・・(今井通子)
ぇぇ。(相談者)
若く書いてしまっていると・・その二年分で・・(今井通子)
ヴン(咳?)・・・(坂井眞)

二年、ほんとの歳と、違うから・・(今井通子)
ぇぇ。(相談者)

いや、それと詳しく書いて、ええ・・(相談者)
あのぅ・・入った時の・・(今井通子)
ええ・・(相談者)
条件が違いますよ・・とか、そういう細かいことは、何も書いてないの?(今井通子)
ぁ、何も書いてません。(相談者)

ふぅーん・・(今井通子)
それで、納得いかないんですね、わたし達もね。(相談者)
うん。(今井通子)
どうしたもんかなぁと思って・・ちょっと・・(相談者)
で、それを・・(今井通子)
ぇぇ。(相談者)

ぇ、えーっと、二年間、そのまま放っておいたのは何故?(今井通子)

・・

いや、な、なんで・・(相談者)
三周・・三回忌が終わるまでは・・(今井通子)
ええ。(相談者)
とりあえず・・(今井通子)
ええ、そうですね。(相談者)
供養の為ってこと?(今井通子)
そうですね。(相談者)
で、今になって・・(今井通子)
ええ。(相談者)

いや、ぁ、やっぱちょっと・・納得いかないので・・(相談者)

ちょっと、聞いてもらいます。(相談者)

と、もう、もらおうと思って、ええ・・(相談者)
あ、はぁ、はぁ、はぁ。(今井通子)
電話させてもらいました。(相談者)

なるほど・・(今井通子)
はい、お願いします。(相談者)
これは・・(今井通子)
ええ・・(相談者)

あのぅ・・ご主人から、あなたが頼まれたわけね?(今井通子)

そ、そう、そうです、いや、二人でねぇ・・納得いかないねぇ・・って、答えは、聞いておいて・・って、頼まれました。(相談者)

なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

わかりました。(今井通子)
はい。(相談者)
今日はですねぇ・・(今井通子)
はい。(相談者)
弁護士の坂井眞先生がいらしてますので・・(今井通子)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい・・はい、よろしく・・(相談者)
先生、よろしくお願い致しまーす。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 家族構成聞くだけでも結構時間かかりましたね。亡くなった義妹さん離婚して子供もないと最初から云えばもっとスムーズに進めたのに。管理人さん文字起こし御苦労様です。生命保険2才の違いで1700万が135万に。原因は義妹さんの単純なミスなんでしょうか。でも自分の歳を間違うって。相談者さん諦めきれないんですね。
    義姉さんと半分にしても大金ですものね。でも坂井先生の説明を聞いたら私だったら夢を見た位に思って諦めるけど保険料も払っていたのは自分じゃないし。
    相談者は坂井先生のお言葉通り保険会社に聞くようですね。でも多分保険会社も坂井先生と同じ事しか云わないように思うんだけど。なんと云うか2年も悶々としてきたんだろうなと想像するけど、親と違って兄弟ってある意味離れた存在でその人のお金を当てにするのもなんだかなぁって思うし・・。最後の今井先生の笑いがなんとも・・・

  2. じゃりんこ

    妹さんが年齢詐称していたのに、175万も保険金が下りてラッキーじゃないですかね。
    契約がなかったこととされても不思議でないと思いました。

  3. 自分の年齢を間違えるなんておかしいですよ。間違えたんじゃなくてわざとそうしたのかもしれませんね。
    そんな重大なことをいい加減にする人が世の中にはいるんですね。

    昔私が見聞きした事例にこんなのがあったのを思い出しました。
    会社に就職したときの履歴書に本名とは違う名前を書いたオバサンがいたのです。
    現地採用で身分も正社員ではなかったので、会社も戸籍抄本などで確認することもせず、それを鵜呑みにしたまま採用手続きをしてしまいました。
    臨時雇いということだったのですが、その後定年過ぎても雇用継続し、とうとう厚生年金受給年齢に達しました。
    で、社会保険事務所で年金受給の手続きをしたのですが、その時になって名前が違うことが発覚しました。
    当人に事情を聴いたところ「占い師に名前を変えないと不幸になる」と言われたのでそうしたのだとか。

    ペンネームだの通称だのを使う人はいくらでもいますが、公式の手続きには正しい名前を使わないといけません。

  4. ja6whm(ジェイエイ シックス ダブリュウ エイチ エム)

     最初 遺産の事で と 来たので 争族 の相談かな? と 思いきや 死亡保険金に不満があるとの 事でしたね、相談者これまで 世間の事について学習機会がおありにならなかったようで 63歳と言うと 昭和二十八年生まれ 十分な義務教育を受けられた世代ですよね?

     保険金は 遺産ではないし また 受取人は誰になっていたのかな?
     「近くに保険会社がるので 聞きに行く」と おっしゃってましたが 保険会社のご担当者 の おっしゃることを素直にご理解なさるでしょうかね?
     ご無理では? 墓場まで不満を持ち込まれるのでは?
     強欲な根性とひとパックにして!

  5. 揚げ足鶏さん初めまして。しずりと申します。揚げ足鶏さんのコメント拝見しました。やっぱり認識して生年月日書いたのでしょうか。女心で若く見せたかった?でも、大事な書類ですよね。わざとだったら浅はかでしたね。それから名前のお話ですが、実は私の従兄弟は所謂「神さん」に名前を付けて貰い普段は戸籍上の名でなく通称の名で生活しているのですが、勿論大事な書類や手続きなどは戸籍上の名を使っています。臨機応変に対応する常識は必要だな、と揚げ足鶏さんのコメントを呼んで深く感じました。

    • しずりさん、コメントいただきありがとうございます。
      ちなみに厚生年金の名前の件ですが、事業主の始末書(従業員の名前を間違えるとは何事か!という社会保険事務所からのお叱りがあった)や、間違えてしまった顛末書などを添えて訂正の手続きをした結果、おおごとにならずに済みました。
      結果的には、年金受給開始が3カ月ほど遅れただけ(遅れた分の年金も後からまとめて支給されました)です。
      ただ、会社の社会保険事務担当者はずいぶん大変な思いをしたようです。
      自分の名前に対する思い入れ、こだわりがあってもかまわないと私は思います。『赤毛のアン』の主人公もそうでしたから。
      でも、しずりさんがおっしゃるように、臨機応変に対応する常識は必要だな、と私も思います。