テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018月6月4日(月)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。四年ほど前から同居している夫の両親と上手くいかなくなり、同居解消したいという34歳女性からの相談。過干渉な義父、娘に対して何の相談もなく物を買ってきた。それを止めて欲しいと言って口論になる。義母はそれを咎めない。同居解消は夫も義父母も反対してないが、夫がなかなか行動に移してくれない。どうしたらいいでしょうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『全ての事には時があります。今まで上手くいっていた方向を再検討する、そういう時もあります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:34歳女性 夫40歳 自営業 娘二人 5歳と1歳 夫の両親と同居 義父74歳 義母82歳

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、よろしくお願いします。(相談者)
はぁい・・最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

34歳です。(相談者)
34歳・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)

えーっと、ご主人何歳ですか?(加藤諦三)

40歳です。(相談者)
40歳、お子さんは?(加藤諦三)

娘が二人いまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

5歳と、1歳です。(相談者)
5歳と1歳・・(加藤諦三)

はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)

同居の舅姑と上手くいかない

あの、夫の・・両親と・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

四年前ほどから・・同居しているんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あまり関係がうまく、いっていないのでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あの、別々に暮らすことを考えているんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あの、夫もまぁ、その方向で賛成はしてくれてるんですが、なかなかその決断に・・(相談者)

至っていなくてぇ・・(相談者)
はいはい、はぁい。(加藤諦三)

ん、ん、どういうふうに、伝えれば決断をしてくれるのか・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
っていうことを、ご相談したいんですけれども。(相談者)
あっ・・ぁ、そうですか・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

四年から上手くいっていないって、こりゃ一軒の・・(加藤諦三)

家の中で住んでんですか?それとも・・(加藤諦三)
そうですね・・(相談者)
ぁ、あ、別の・・(加藤諦三)
あの、一戸建てで。(相談者)
一戸建ての中で・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
そうすると・・(加藤諦三)

一階と二階・・(加藤諦三)
ウーン・・(相談者)
とかっという、そういう感じで?(加藤諦三)

いえ、もう・・(相談者)
あなた・・(加藤諦三)
普通の一戸建てに・・(相談者)

一緒に?(加藤諦三)
あのぅ・・二家族が暮らしてる状態です。(相談者)
ということはぁ・・台所も一緒?(加藤諦三)

そうです、全部水回りは一緒です。(相談者)

ということは、関係がうまくいっていないと・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

かなりきついですねぇ。(加藤諦三)

そう・・ですねぇ・・あの、両親はもうあの、高齢なので仕事はしていないんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ま、日中ずっと家にいて・・わたし達、自営なのでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
昼間は・・(相談者)

まぁ、もちろん・・(相談者)
あぁ・・(加藤諦三)
別の・・(相談者)
なるほどねぇ・・(相談者)
職場に行ってますのでぇ・・顔は・・合わせないんですがぁ・・(相談者)

あぁ・・そうですか。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
ご両親は、何歳ですか?(加藤諦三)

父親が74・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

母親が82です。(相談者)

あぁ・・そうですか・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

そいでぇ、まぁ、あのぅ・・お歳だって言いますけど、元気は元気なわけですね?(加藤諦三)

そうですねぇまぁあのぅ・・足腰は、ちょっとしんどいみたいなんですが、元気は元気です。(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
それでぇ・・(加藤諦三)

父親の方と、母親の方と、両方うまくいってないんですか?それとも・・(加藤諦三)

うーーん・・まぁあのぅ・・父親の方が、どちらかといえば、過干渉・・な、タイプでしてぇ・・(相談者)
は・・はぁい、はぁい、はい。(加藤諦三)
ま、それに・・(相談者)

比べて、母親の方が、ま、それに対して・・(相談者)

「ちょっとやりすぎじゃないの?」とか、そういう口を出すことも一切ないのでぇ・・(相談者)
あぁ・・はぁ、はぁ、はぁ・・(加藤諦三)

な・・んて言うんですかねぇ・・ま、それがちょっと・・だんだんしんどくなってきて・・(相談者)

具体的な衝突みたいなのは、起きていないんですか?(加藤諦三)

気持ちの上の・・(加藤諦三)
え・・(相談者)
・・
行き違い・・(加藤諦三)
は(わ)、あり・・ありました。(相談者)
・・
ぎ・・具体的な衝突もありました。(相談者)
どんなことですか?食事の準備・・(加藤諦三)

いえ、ま・・(相談者)

子供に対する物を買って・・くれたんですけれども。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

ま、それがわたしに何も相談がなかったのでぇ・・(相談者)
・・
ああぁぁ・・(加藤諦三)
ま、それに対してぇ・・あの、「ちょっと一言、相談してくれませんか?」っていうことを、言ったらまぁ・・父親の方が、ちょっと・・(相談者)

怒った?(加藤諦三)
怒ってしまって、それで口論のような感じになりました。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)

・・

なるほどねぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

別居に同意したのに

そいでぇ・・先程の話だと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
別に暮らす方向・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
という事は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
夫婦の間では、夫との間では、ぉ・・わかったわけですねぇ?(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)
いや、わかったっていうか、そういう方向・・(加藤諦三)

で、行こうということですね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

だけど、父親の方が・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

具体的に・・じゃあ家を探すとか・・そういうふうには、なって行かないわけです・・(加藤諦三)

あのですねぇ、その自営をしてるところっていうのが・・(相談者)
・・
あのぅ・・(相談者)

住居にも、可能は可能なんです。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

なので、そこをちょっと手を入れて、そこに移ろうか・・っていう話で・・(相談者)

はぁい、はぁい・・(加藤諦三)
まとまってはいるんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ただ、それぇ・・だけで、まぁ、なにを改装するわけでもないですし・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

もう、そこでぇ・・ずっと・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
ストップしてる状態です。(相談者)

・・

・・

そうすると・・(加藤諦三)

うまく、今まではうまくいってた夫婦関係が・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

なんとなくトゲトゲしてきたっていうこと?(加藤諦三)

いや、夫婦関係はうまく・・いってます、それ以外の面では。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

あのぅ・・別に、喧嘩をすることでもないし・・(相談者)
あ・・(加藤諦三)
気を使ってくれてると思うんですけれども、ただその一点が・・(相談者)

いつも引っかかってる・・のでぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

夫婦関係がうまくいっていないわけではないんですが・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

・・

・・

・・

そこだけです。(相談者)
なんか・・ああ・・そ・・(加藤諦三)

そこだけねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
そいじゃあ・・(加藤諦三)

んっと、夫の方・・も・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
別に暮らした方がいいというふうには、これは・・(加藤諦三)

本音ですね?(加藤諦三)

それは本音だと思います、夫も両親との関係が・・ぁ、あの、いい・・とは・・(相談者)

いえない・・(相談者)

のでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・

すると・・(加藤諦三)

こういう関係の中にあるとね・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
この、5歳と1歳の子供ですけれども。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

敏感に家の中の空気っていうのを感じ取りますよねぇ?(加藤諦三)

上の子なんかは特に、そうですねぇ・・(相談者)

うんでぇ・・(加藤諦三)

・・

こういう関係の・・あの、うまくいってない関係の時っていうのは、子供っていうのは、すごくそれに敏感でぇ。(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

ま、ちょっと悪い言葉ですけど・・(加藤諦三)

調子の良い子になっちゃうことが多いんですよね。(加藤諦三)
ぁぁ・・(相談者)

あっちに行ったら、そ・・(加藤諦三)

だって、周りが・・(加藤諦三)

意見が対立してれば・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
子供の側とすれば・・(加藤諦三)
ゴホン。(相談者)

はい。(相談者)
お父さんのところ行った時は、お父さんに都合のいいことを言い、お父さんの意見に賛成するし。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
で、お母さんのとこ来たら、お母さんのとこにいるし・・おじいちゃんのとこ行ったら、おじいちゃんに言うし、という・・(加藤諦三)
ウーーン・・(相談者)
その場その場の・・相手にすごく、合わせて、調子の良い子になっちゃうんですよね。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

ま、ちょっと・・(加藤諦三)

悪い言葉ですけども。(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

誠実には、欠けてくることあるんですよ。(加藤諦三)
・・
子供の立場・・からすりゃ、しょうがないわけですよ、そりゃあ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
家の中でそうなってるわけですから。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

だからどうしても調子が良くて・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

人間としての誠実味に欠ける・・っていうか・・(加藤諦三)
ウーン・・(相談者)
周りから信頼されないんですよ、あいつ・・(加藤諦三)

言うこととやることが違うよっていうような・・(加藤諦三)
ウーーン・・(相談者)

に、思われちゃう。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

だから、それでよく、そのぅ・・(加藤諦三)

夫婦関係がうまくいっていないときには、子供の為には別れた方がいいっていうのは、そういう意味なんですよ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
ねえ?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

で、今日・・今回の場合は別に・・夫婦関係が悪いわけじゃないわけでぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

ですけれども・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

あのぅ・・(加藤諦三)

祖父母と、うまくいってない・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
と・・(加藤諦三)

・・

やっぱり・・(加藤諦三)

どっちにも、いい顔はしますね。(加藤諦三)

そうですね、そんな感じがします、今は。(相談者)

と、それは・・(加藤諦三)

良くない。(加藤諦三)

はい、良くないですねぇ・・(相談者)

良くないですよねぇ?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

そうするとあなたの今日の相談というのは、どーうしたらこの夫が・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

もう・・(加藤諦三)

別に暮らす方向は、決まってんだから・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
どうしたら、もうちょっときちんと・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

決断・・してもらえるか?・・っていうことね。(加藤諦三)
はい、そうですね。(相談者)

でぇ、両親が、74歳・・あ・・82歳と74歳で、これが、二人が暮らして、別になんの問題もないんですね?(加藤諦三)

あのぅ・・それを一度、チラっと話たところ、ま、別々に暮らすのはかまわないって話でしたのでぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

はぁい、それは大丈夫・・なので・・はぁい。(相談者)
あっ・・それは大丈夫ですか・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(加藤諦三)
・・
大変難しい・・相談だと思いますけど・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日は、あの、スタジオに、心についての・・エッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしているので・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
・・
はい、お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. はたから見てると、大した問題があるとは思えないような日常生活なんでしょうね。
    夫の目から見ても緊急に手を打たなくちゃいけない状況には見えないんじゃないでしょうか。
    でも相談者の心の中では、もはや限界だ、となっている。

    相談者自身が動き出したらいいんじゃないかなあ?
    リフォーム箇所を書き出して業者に見積りさせるとか、寝泊りできるように寝具を持ち込むとか。
    夫になんとかしてもらおうって思うんじゃなくて、夫を引きずり回すくらいのバイタリティがあれば、事態は動き出すと思うんですけどねえ。