テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

マドモアゼル愛アドバイス

どうも、はい、こんにちは。(マドモアゼル愛)

こんにちは・・(相談者)
はい。(マドモアゼル愛)
よろしくお願いします。(相談者)
はい、こちらこそ、よろしくどうぞ。(マドモアゼル愛)

子供はなついてる

んん、なんて言ったらいいのかなぁ・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
同居っていう・・(マドモアゼル愛)

ぅ・・それなりの、覚悟が必要な・・(マドモアゼル愛)

あの、ケースだったわけじゃない?(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
ねえ・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
そいでぇ・・あなたにとっても良い面が、絶対あったはずなんだよね。(マドモアゼル愛)
はい、はい。(相談者)

そいでぇ・・子供だから、おじいちゃん、おばあちゃん、離れたくないんじゃないの?ホントのとこは?(マドモアゼル愛)

いや、もう・・かなりなついてるのでぇ・・(相談者)
うん、だから、離れたく・・(マドモアゼル愛)
離れるっていうことは・・ないと思います・・か、彼女の中では・・(相談者)
離れたくは・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
ないわけだよね、だからね?(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
そいでぇ、あなたの中に・・(マドモアゼル愛)

そのぅ・・おじい・・ちゃんと・・(マドモアゼル愛)

いや、おばあちゃんと、子供達が・・ふふっ・・(マドモアゼル愛)

ストレスなく遊んでる姿に・・(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
やっぱ、孤独感っていうか・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
いや、あのぅ・・なんか、なか・・仲間外れにされたような・・(マドモアゼル愛)

こ、ことが・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
あるんじゃないの?や・・気持ちの上で。(マドモアゼル愛)
はぁい・・ありますね。(相談者)
ねぇ・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
原因が、それなんじゃないの?意外と?(マドモアゼル愛)

別れたいっていう。(マドモアゼル愛)

・・

ウーーン・・(相談者)

ウン・・(相談者)

ウ、ウ、ウ、ウ・・(相談者)

まあ・・わかんないけれども・・(マドモアゼル愛)
はぁい、はい。(相談者)
大きな要素であるような、気がすんのよねぇ、なんとなく話を聞いててね。(マドモアゼル愛)

ウーン・・(相談者)
だから・・(マドモアゼル愛)

こ、あのぅ・・自分の・・性格の問題を・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
感じちゃうんだよね、そのケースを見て。(マドモアゼル愛)

・・

ハァ・・(相談者)

うん、なんか人と・・うーん、なんて言ったらいいのかなぁ?・・苦手なところに、飛び込めないとか。(マドモアゼル愛)

ウン・・(相談者)
なんか・・(マドモアゼル愛)

す、す・・素直になんなくちゃいけないところで、なんか意地を張・・はっちゃうとか。(マドモアゼル愛)
はぁい・・はい、はい。(相談者)

そこら辺を・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
あなたの・・え・・ぼ、僕が・・別に、あなたに問題があるとは言ってんじゃないけれども。(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
ご自身が・・感じてる自分の・・克服できていない性格が刺激されるんじゃないの?今の生活は。(マドモアゼル愛)

はい、されてますね。(相談者)

そんな気がするんだよねぇ。(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
そうなると・・(マドモアゼル愛)

話は、ややこしくなるんだよね。(マドモアゼル愛)

・・

ぅ・・そう・・ですねぇ。(相談者)
うん。(マドモアゼル愛)

そこら辺を、どうすっきりさせたいかな?・・っと思う。(マドモアゼル愛)

そこら辺が・・(マドモアゼル愛)

何て言うの、みんなの立場からで・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
この話が・・(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
進まないと・・(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
結局は何か・・(マドモアゼル愛)

・・

つまらない・・(マドモアゼル愛)

結末に、至っちゃうような気がするんだよね。(マドモアゼル愛)

はぁい・・(相談者)
だから・・(マドモアゼル愛)

僕は別れた方がいいと思うんです、実は。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
でもそれは置いといて。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
everybody happy・・これだったら納得できるって言うような・・(マドモアゼル愛)
はぁい。(相談者)
解決を目指してもらいたいっていうのがまず一番最初に感じた事なんですよ。(マドモアゼル愛)

はい。(相談者)
そいで、気になったのじは・・(マドモアゼル愛)

あなたの・・(マドモアゼル愛)

性格的な・・一つの・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)

ん・・あの、負い目っていうかね。(マドモアゼル愛)

はぁい。(相談者)
それが・・(マドモアゼル愛)

ぇ・・きっと、苦しめていたんだな・・っていう、子供に、おじいちゃんに、おばあちゃんに・・(マドモアゼル愛)

取られてしまう、なついてしまう・・っていうことに対して、なんか・・あったような気がしたのでね。(マドモアゼル愛)

あのぅ・・そこら辺も、ちょっと・・(マドモアゼル愛)

逆に感謝が・・出てくれば・・(マドモアゼル愛)

あなた自身も救われると思うしね、気持ちの上でね。
はぁい。(相談者)
うん・・(マドモアゼル愛)

ウーーン・・(相談者)
ちょっとそこら辺ふまえて、加藤先生に、僕もう一回・・(マドモアゼル愛)
はい。(相談者)
聞いてみたいなと思います、はぁい。(マドモアゼル愛)
はぁい、はい。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. はたから見てると、大した問題があるとは思えないような日常生活なんでしょうね。
    夫の目から見ても緊急に手を打たなくちゃいけない状況には見えないんじゃないでしょうか。
    でも相談者の心の中では、もはや限界だ、となっている。

    相談者自身が動き出したらいいんじゃないかなあ?
    リフォーム箇所を書き出して業者に見積りさせるとか、寝泊りできるように寝具を持ち込むとか。
    夫になんとかしてもらおうって思うんじゃなくて、夫を引きずり回すくらいのバイタリティがあれば、事態は動き出すと思うんですけどねえ。