テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

加藤諦三まとめ

あのぅ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
僕も・・(加藤諦三)

愛先生と同じように、別れた方がいいと思うんですけれども。(加藤諦三)

はい。(相談者)
あなたが、その、マドモアゼル愛先生が言われた、性格的な弱点を・・ってのは・・自分のこと、どう評価してる?(加藤諦三)

・・

そうですね、なんか素直になれないというか、ここで・・感謝すべきだ・・とか。(相談者)

素直に受け止めるべきだ・・っていう場面で、どうしても・・(相談者)

素直になれないというか・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
っていうのが、あ・・(相談者)

なるほどねぇ。(加藤諦三)
ります(あります)、はい。(相談者)
という事は・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
結構、今まで我慢してるね?(加藤諦三)

すごく我慢はしてる・・(相談者)

してますね。(相談者)

してますよねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

すべての関係に我慢していた

あの、先ほど・・そのぅ・・(加藤諦三)

夫婦関係は、うまくいっていると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
このことを除いてね。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
だけど、夫婦関係を・・(加藤諦三)

ばかりでなく・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
すべての関係において、我慢してんじゃない?我慢、していたんじゃない?今まで。(加藤諦三)

はぁい・・そうですね。(相談者)

そうするとねぇ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・(相談者)

人間の気持ち、ここまでくると、努力でどうこうできるって問題じゃないですよねぇ、気持ちの問題っていうのは。(加藤諦三)

・・

そう・・ですねぇ、努力しようと思った時期が過ぎてしまったような気がします。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

・・

あの、努力は自分の性格に合った方向で・・の、努力だったら・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
どんどん頑張れるんですけれども。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

自分の・・性格に、根ざさない・・(加藤諦三)

方向での、努力っていうのは・・(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
どんどんと、問題は作ってっちゃうんですよねぇ。(加藤諦三)

心の中に。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
でぇ、その心の中に・・(加藤諦三)

作った問題が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
外から見えないんだけれども。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
人間関係の中に現れてくるわけですよ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

・・

だから、この生活の形態を変えるということです。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

でぇ、そこら辺のところをご主人に・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

説明・・(加藤諦三)

できる?(加藤諦三)

実は、わたしはねぇ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
人間関係でずっと我慢してきたんだと。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

で、自分が我慢することが、人間関係をうまく・・活かす・・(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)
そういう方向で、ずっと来た。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

でぇ、今までは・・(加藤諦三)

それがうまくいっていた。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

だけど・・もう・・(加藤諦三)

それが、限界に来てしまいましたと。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

・・

・・

それと、あなたがやっぱり・・(加藤諦三)

今までは、こう、我慢・・(加藤諦三)

ということで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
人間関係がうまくいってた・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
わけですよねぇ?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

だけど・・(加藤諦三)

常に、あなたの・・(加藤諦三)

周りの・・環境っていうのは、変わっていくわけですよねぇ?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

独身だったのが、結婚して・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
子供ができて。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

おじいちゃん、おばあちゃんができてっていう・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
肉体的にも社会的にも、どんどん変わっていくわけですよ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

だから・・(加藤諦三)

今までうまくいっていたっていたことっていうのは・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

次の時代に必ずしもうまくいくことじゃないんですよね。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

どうでしょうか?(加藤諦三)
はい・・わかりました。(相談者)

今・・(加藤諦三)

変える時期じゃないか・・(加藤諦三)

そうですね、はい。(相談者)

・・

・・

よろしいでしょうか?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

ありがとございました。(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
はぁい、ありがとうございます。(相談者)

全ての事には時があります。今まで上手くいっていた方向を再検討する、そういう時もあります。




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

※後ほど更新

テレフォン人生相談2018月6月5日(火)予告

13歳の娘さんとの関わり方に悩む、52歳のお父さんからの相談です。

パーソナリティーが今井通子さん、作家で翻訳家の三石由起子さんが回答者です。

123次へ »
3 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. はたから見てると、大した問題があるとは思えないような日常生活なんでしょうね。
    夫の目から見ても緊急に手を打たなくちゃいけない状況には見えないんじゃないでしょうか。
    でも相談者の心の中では、もはや限界だ、となっている。

    相談者自身が動き出したらいいんじゃないかなあ?
    リフォーム箇所を書き出して業者に見積りさせるとか、寝泊りできるように寝具を持ち込むとか。
    夫になんとかしてもらおうって思うんじゃなくて、夫を引きずり回すくらいのバイタリティがあれば、事態は動き出すと思うんですけどねえ。