テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年3月6日(月)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。お酒の飲み過ぎで、アルコール性肝硬変から肝臓がんになった夫、限りなくステージ4に近い3の状況。糖尿病もあり、開腹手術もできない。結婚した頃から、お酒を飲む人で、周りからも気を付けるように言われていたし、妻自身も何度も注意していたが言う事を聞いてくれなかった。さばさばした気持ちだと言う妻。こんな気持ちでいいのか悩む。どう夫に対応していけばいいのか。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:52歳女性 夫52歳 子供2人(25歳と23歳 どちらか娘)

加藤諦三氏の〆の言葉はなし

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

52歳の女性から、夫も52歳、子供は2人で、25歳と23歳。

アルコール性肝硬変から肝臓がん

で、どんな相談ですか?(加藤諦三)
はい、えーっと、主人がですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
昨年の秋に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

癌ということで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まあ、ちょっとかなり、進んでる・・ような状態で・・(相談者)

かなり進んだという・・のは、どういうことです?・・もう転移してるというようなこと?(加藤諦三)

肝臓の方の・・癌で・・(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)

でぇ、まあ、ステージ4に近い・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
3ということで、はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

まあ、それで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
元からですね、あのぅ・・糖尿病があったり・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
アルコール性肝硬変があったりしたんですけど・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
でも、わたしはそのことは・・(相談者)

ま、糖尿病があることは知ってたんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、あと・・まあ、肝機能の数値とかも・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まあ・・高いのは知ってたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まあ、もう、自分で管理してる・・と思って、まぁ、結婚・・した当初から、凄く、お酒・・を、飲む人で・・(相談者)

まあ、周りの人から・・にも、まあ、よくお酒飲む人だから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まあ、同僚のひ・・(相談者)

主人の同僚の人とか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
から、まあ、気を付けといた方がいいよって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
いう感じで言われてて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

だからすごく、わたしも・・結婚した当初から・・まあ、あの、健康診断は、どうだった?っとか、聞くんだけど、まったく、わたしには、教えてくれない人だったんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、まあ・・わたしとしてはもう・・もう、前から、その、両親よりも先に、死ぬこ・・のようなことがあったらいけないよ・・とかっていうのは、口酸っぱく言ってて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、健康管理も仕事のうちだから・・仕事のうちなんだから・・とかいうのを、もう、口酸っぱく言ってたんですけど、とにかく、自分の都合の悪いことがあると、もうすぐなんかこう、言う事きかない、何もみ・・耳を傾けてくれないような人なんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・自分でまぁそのぅ・・結構、家系的にまぁ・・(相談者)

血圧が高かったり、まぁ、肝機能数値が高かったりするのか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ま、もう自分はなんか人生60年みたいな感じ・・の人ではあったんですよ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
昔から・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
はい。(相談者)

で、その、癌が見つかったのは・・どのぐらい前ですか?(加藤諦三)

8ヶ月ぐらい前ですかね、はい。(相談者)

これは・・治療は、してるわけですよね?(加藤諦三)
治療は・・はい、してますけど・・あのやっぱり、もう、アルコール性の肝硬変と・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

糖尿病からのものなので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

開腹手術して、手術するっていうのは、できなくって・・(相談者)

複雑な気持ち

はい、それで・・今日の、相談というのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
どういうことでしょうか・(加藤諦三)

わたしとしてはもう、わたしがもう、さんざん言ってたのに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
なんか・・もう、まぁ、こういう結果にな・・ってしまって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

だけど、だから・・なんかもう、もう、とにかく・・まあ・・(相談者)

娘なんかは、もう、自分・・が、もう・・(相談者)

ま、そうですね、もう、20歳ぐらいまでに、もしかしたら・・自分のパパは、いないかもしれないと思・・ったぐらいに、娘もすごく、心配してて・・(相談者)

でぇ、やっぱ、こうなってしまったので・・や、やっぱりね、みたいな感じで、なんかお互い、娘とわたしは、同じ気持ちでですね・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

まあ、でも、許すしかないんだなとか思・・って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まあ、前向きに・・(相談者)

主人の為に・・っと思ってまあ、病院には通ってますけど・・(相談者)

うん・・なんか・・(相談者)

許せない、なんで、わたし達の言う事、聞いてもら・・くれなかったんだろうとかいう・・(相談者)
ああ・・そういうこと・・って・・(加藤諦三)
ゆ、許せない気持ち・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
が・・(相談者)

結構、なんか、あって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、なんか、自分は、悪妻だなとか思・・(相談者)

ったりなんか、してる部分があって・・そうですね、なんか未だに、うん、こんな気持ちで、いいのだろうか?・・っと思うのと・・(相談者)

こんな気持ち・・(加藤諦三)
で・・(相談者)
こんな気持ちっていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
どういう・・ことですか?(加藤諦三)
自分が結構・・あはは(自虐的な)・・さばさばしててですね・・(相談者)

はい。(相談者)

あ、要するに、こういうことですか、さっき言った・・(加藤諦三)

そのぅ・・責める気持ちが一方にあるけれども・・(加藤諦三)
はいはい、はい。(相談者)
また・・もう、こんだけ・・(加藤諦三)

・・・

健康・・に、無関心で・・(加藤諦三)
はいはい。(相談者)
生きてきたから、しょうがないやという・・(加藤諦三)
ん・・そうです。(相談者)
さばさばっていう言葉使いましたけど・・(加藤諦三)
そうです・・ね・・(相談者)
さばさばして・・(加藤諦三)
はいはい。(相談者)

そういう・・自分がいるけれども・・(加藤諦三)
はいはいはいはいはい。(相談者)

この気持ちで、いいのかなぁ?っていう・・(加藤諦三)
そうですね、そういう気持ちもありますね、はい。(相談者)

母にどう伝えるか

で、またもう、今・・(相談者)
というのが・・(加藤諦三)

今日の・・相談?(加藤諦三)
あはっ・・(相談者)

まあ、それと、あとは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まだ主人の・・(相談者)

あの、父は・・あの、1ヶ月ほど前に・・亡くなってしまって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

はい・・ええ、母・・が、ま、いるんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

心臓の病気がある方なんで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・まあ・・(相談者)

言・・まだ、伝えてない状態、わたし達は、伝えたかったんだけど、お義兄さん・・達、兄弟から・・(相談者)

年寄りは季節の変わり目は、どうかなるかわからないから・・まだ、伝えなくて・・ないでおこうっていうことで・・まあ、順序だ・・(相談者)

まあ・・時を・・(相談者)
ほんとはそうすると・・(加藤諦三)

今日の相談っていうのは・・ごそ・・その・・ご主人・・の・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
52歳の、ご主人のことと・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ご主人の・・母親のことまで考えて・・(加藤諦三)

そうですね、はいはい。(相談者)

・・・

で、今・・(加藤諦三)

自分は、どう・・したらいいかという、こと・・(相談者)

そうですね、だから母親に、どう伝えるべき・・どう・・(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
して対処するべきかということと、ま、主人の・・(相談者)
あっ・・(加藤諦三)
これからに対しての(笑いながら)・・こと・・(相談者)

と、2点ほどありまして・・(相談者)
はい、わかりました・・(加藤諦三)
はいはい。(相談者)
主人の、これからに対することが一つと・・(加藤諦三)
はいはい・・はいはいはい。(相談者)
もう一つは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ご主人の癌を・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お母さんに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

伝えたらいいか、伝えたら・・良くないかという・・(加藤諦三)

ことですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)
今日はあの、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.