テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2016年11月17日(木)は、加藤諦三&中川潤。1人きりになり、心配だからと2年半前から次男家族と同居。夜の食事は6人でするのだが、話しに加われないでいる。他界した長男の嫁とは電話で気軽に連絡できる間柄だが、行き来はなく、孫達も訪ねて来ないし、訪ねて行っても会えない。険悪な関係ではないが、寂しいという相談。

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:75歳女性 夫死別(53年前) 20歳で結婚 長男39歳で他界(孫3人) 次男54~5歳家族と2年半前から同居(孫3人)

加藤諦三氏の〆の言葉『何事もあたり前と思うな』アルフレッド・アドラー

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

75歳の女性からの相談。

結婚してます?(加藤諦三)
はい・・えー、夫とは、死に別れなんですが・・(相談者)
はい、何年前ですか?(加藤諦三)
53年ぐらい前です。(相談者)

・・・53年ぐらい前ってことは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたの、22~3ってこと?(加藤諦三)
そうです。(相談者)

じゃあ、結婚したのは、何歳なんですか?(加藤諦三)
えー、20歳です。(相談者)
20歳で結婚して・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

それで、その時のお子さんは?(加藤諦三)
20歳で結婚して・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

その年・・に・・あのぅ・・長男を出産しました。(相談者)
今、長男は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたとは、別に暮らしてるんですね?(加藤諦三)

別です、長男と・・(相談者)
そうすると、あなたは今、一人で暮らしてるんですね?(加藤諦三)

次男夫婦と・・同居しました。(相談者)
あ、次男夫婦と・・で、今、次男は何歳ですか?(加藤諦三)
えー、2つ下で・・五十・・四、三・・ちょっと・・(相談者)
五十、四、五ね、はい、はい、はい。(加藤諦三)
ええ。(相談者)

はい、それで、えー、次男夫婦と一緒に暮らしていると。(加藤諦三)
今は、はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
で、どんな相談ですか?(加藤諦三)

孫が家に来ない

はい、ええっと、長男が亡くなってるもので・・あのぅ・・(相談者)
長男は、いつ亡くなられたんですか?(加藤諦三)

えー・・39歳の時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい、それで、孫が、3人いるんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

嫁さんとは、あの始終・・始終っていうか、たまに電話で連絡がとれるんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

孫達は、全然・・家の方に来ない・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

来たことが、ないんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたしの孫ですから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
会いたい気持ちもあるし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

孫の一番大きいのはもう・・私にとれば、ひこ(「ひこ-まご」曾孫のこと)ですけど・・ひこ(「ひこ-まご」曾孫のこと)が生まれて・・そういう連絡も、全然・・あの、してくれないんで・・行き来がないんですよね。(相談者)

ということは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
長男が、亡くなったところで・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

この家族との縁は、切れてるということですよね。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
行き来は、なくなってるということですね。(加藤諦三)

そうですね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

電話はできるが、会えない

はい。(相談者)
そいで、今、次男の方の、家族と一緒に住んでるんですね?(加藤諦三)
ええ。(相談者)

次男は・・の、家族というのは、どう・・どういう構成ですか?(加藤諦三)
えー、やはり、3人子供がいます。(相談者)
はい。(加藤諦三)

孫が・・(相談者)
孫が3人・・(加藤諦三)
孫が、3人います。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、今日のあなたの、相談というのは、どういうことですか?(加藤諦三)
はい、えっと、長男の方と・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ、行き来したいんですよね、もっと・・(相談者)

その、お嫁さんとの、話しは・・行き来はないけど、話しは、し・・できてるんですか、話しもない?(加藤諦三)
たまに・・(相談者)
電話もない?(加藤諦三)
たまに・・電話すれば、私の方からですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

電話には、出て、話しを・・まあ、必要な話しはできますけど・・(相談者)

用事・・例えば、どういう用事があるわけですか?・・あのぅ・・(加藤諦三)
えー、そうですね、あの、お彼岸の時なんかは・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

お墓参り、一緒に行こうとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そういうこと、言うんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えっと、嫁さんの方が、もう、行ってきたからっていうふうなね・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ええ、だからわたしは、わたしで、行くっていうような感じ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
なんですよねぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

話しに入れない

で、今、次男と一緒に暮らしてるわけですから・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
次男とは、上手くいってんでしょう?(加藤諦三)

えー・・やはりあのぅ・・途中から・・同居したもので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・若い人達の話しに、入っていけないところが、私には、あります。(相談者)

気持ちの上で・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
ギクシャクしてるってことは、ないんですか、心の触れ合いが、もうなくなってるというようなことなの?(加藤諦三)

ぁぁ・・そうですね、やはり私のほうが、黙ってる方・・話しに入っていけないから・・(相談者)

食事は、一緒ですか?(加藤諦三)
ええ・・食事は、夜だけですね。(相談者)
うん、まぁ、夜だけだけども・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
じゃあ、お孫さん・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)

3人と・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
次男と、お嫁さんとで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

ま、6人で、食事してるわけね?(加藤諦三)
ええ、そうです。(相談者)

でぇ、しかもそれが、そのぅ、お互いに、憎み合ってるって関係でも、ないわけですよ。(加藤諦三)
そう、そういうアレじゃあ、ないんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

話しに入れない。(相談者)
ってことは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
話しに入れないってことより、むしろ・・(加藤諦三)

あれですか、このお孫さん達が、楽しそうにしていると・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
逆にあなたは、落ち込んできちゃうということ?(加藤諦三)

ええ、そうですね、あのぅ、嫁さんと・・長女と・・次女が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
3人で、話ししている、女ばっかでね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

そこに私が、いるわけなんですが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

黙ってるしかないんで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

それで、食事が終われば、すぐに自分の部屋、行ってしまって・・そのまんま、朝まで、部屋から出てこないし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、朝は、まあ、私まだ、仕事してるんで、パートで・・(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)
ええ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

出かけちゃうんですよね。(相談者)

険悪ではないけれど

うーん・・その仕事は今、あなた面倒臭くはないのね?・・75歳で・・(加藤諦三)

そうですね、あのぅ・・家に居るよりも・・仕事してた方が、生きがいがあるっていうか・・(相談者)
う・・(加藤諦三)
そういう感じで・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
あの、疲れますけど・・ふふふ・・(相談者)

仕事は、したいですねぇ。(相談者)
ふーん、うん・・結構・・元気じゃないですか・・(加藤諦三)

あはっ、あの、元気っていえば、元気ですけど・・(相談者)
元気だよ。(加藤諦三)
だから・・あはっ・・長男の方の、嫁の・・育て方・・(相談者)

長男の嫁が気に入らない。(加藤諦三)
ええ、嫁とか、あのぅ、長男の方の孫・・孫達が、気にかかる・・っていうか・・(相談者)

気にかかるっていうか・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
なんか、結構、贅沢だね、欲張りで。(加藤諦三)

うふふ・・ふふふ・・そうかもしれない。(相談者)
だって、次男の方も・・お孫さん3人いて・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

ご飯も一緒に食べていて・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

で、もう一人の方も、長男の方の、孫3人が・・(加藤諦三)
ええ、ええ。(相談者)

ちゃんと家に来いと・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

そういうこと、言ってるわけよね。(加藤諦三)
そうですね、たまには、顔を見せてくれとか・・(相談者)
だ・・うーん・・(加藤諦三)

あの、私の方から、行ったりするんだけど、全然・・(相談者)
あっ・・(加藤諦三)
今、仕事に行くとこだからって、いないんですよね。(相談者)

あ、で、連絡もしないで、行く事あるわけ?(加藤諦三)
あります、あの、そばまで行って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あの、電話するんですけども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
今いる、下にいるから、あの・・(相談者)

行くねって、嫁さんに言うんですけど、嫁さんは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
今から、仕事に出ちゃうからっていうふうな・・(相談者)
ああ・・(加藤諦三)

そういう、答えなんで・・入ることも、できない。(相談者)
いや、でもさ・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

今、下にいるんだけれどもって、電話かける関係っていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
それほど、険悪な関係でも、何でもないみたいなもんだけど・・わかりました。(加藤諦三)
うん。(相談者)

今日は、スタジオに、弁護士の中川潤先生が、いらしているので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.