テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年1月1日(月)は、ドリアン助川&大迫恵美子。自分の産んだ子供を可愛がれない、愛情が持てないという娘。初孫で、今は10歳。7年前ぐらいから産んだ母親である長女が言い始めた。孫自身、友達に愚痴を言い、友達が娘に注意しようかと言っているのを知り、呼んで来いとまで言う娘。10歳の子供に完璧を求め、邪険に扱う娘。優柔不断だった娘を過保護に育てたのが原因か?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:67歳女性 夫(年齢不明) 3姉妹 長女41歳(12年前に結婚) 次女39歳 三女34歳 長女の子供二人(10歳の女の子と3歳の男の子)

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)
はい、よろしくお願いします。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

あ・・実は娘のことで・・相談したいんですが?(相談者)
はい。(ドリアン助川)

なにが起きたんですか?(ドリアン助川)

えっと・・娘が、自分の産んだ子供を可愛がれないって言うんですよ。(相談者)

はあ・・(ドリアン助川)

愛情が持てないっていうのか・・(相談者)
ウーーン・・(ドリアン助川)

・・

娘さんにとって、初めてのお子さん?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

あ、そう・・いつ頃・・(ドリアン助川)

どれぐらい前に・・産まれたんですか?(ドリアン助川)
あっ・・(相談者)

10年前なんですけど・・(相談者)
・・
ええ・・(ドリアン助川)

お孫さん・・っていうことになりますね?(ドリアン助川)
はい、そうです。(相談者)
10年前に・・(ドリアン助川)

お子さんを産む・・(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
男の子?女の子?(ドリアン助川)
女の子です。(相談者)
女の子?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ?(ドリアン助川)

え・・この10年間、そういうことは・・あのぅ・・(ドリアン助川)
・・
む、娘さん、言葉に出さなかったんですか?(ドリアン助川)
あ、出しました・・(相談者)
ウン。(ドリアン助川)
わたしに電話してきて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

「いいお母さんになれない」とかって、泣きながら訴えてきたり・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まぁ、育児が大変だっていうことで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
「わたしには、できない」みたいな感じで・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

訴えてきたんです・・で、わたしも、突然だったんで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

なんて言っていいのかなんて(ちょっと泣きそう)・・(相談者)
ウン・・(ドリアン助川)
答えていいのか、わかんなくて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ビックリしてるだけなんですよ。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

ぁ、じゃあ、もう少し詳しく教えてくださいね。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

えっと、あなた様、おいくつですか?(ドリアン助川)
67です。(相談者)
67歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
娘さんは?(ドリアン助川)

41です。(相談者)
41歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

えっと、ほかにもお子さん、いらっしゃるんですか?(ドリアン助川)
あ、そうです、あの、下に39と・・34の妹がいます。(相談者)
・・
はい、じゃあ、3人姉妹?(ドリアン助川)
はい、そうです。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

え・・長女ですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

その長女の娘さんが・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

結婚したのは、どれぐらい前になりますか?(ドリアン助川)
12年前ですね。(相談者)
12年前?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

で、お子さんは?(ドリアン助川)

えっと、今、女の子と、そのぅ・・下に男の子、3歳がいます。(相談者)

3歳の男の子?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

2児のママなわけですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

え・・あなたからしてみれば・・初孫ということですね・・(ドリアン助川)
ぁ、そうですねぇ、一番上・・(相談者)
この・・はぁい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

かわいい?(ドリアン助川)

かわいいですねぇ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

うん・・(ドリアン助川)

でも、娘さんは・・実の子でありながら・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

ま、いろいろ・・葛藤抱えてきたわけですね、この10年間。(ドリアン助川)
そうですねぇ・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
うまく・・自分の・・思い通りに・・たぶん、いかないんで・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
うん。(相談者)

ま、嫌っちゃったんでしょうね、自分の子供なのに・・(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

産まれた時は・・どんな感じでした?(ドリアン助川)

え、産まれた時は・・あの、実家に帰ってきたので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
わたしが・・あのぅ・・(相談者)

ま、娘の・・洗濯物したり・・(相談者)

あのぅ・・お守したり・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
っていう感じで・・(相談者)

あの・・面倒みました。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

その時は、どんな感じでした?(ドリアン助川)

むす・・あのぅ・・(相談者)
・・
まぁ、その時は、まぁ・・わたしや・・主人もいるんで・・その、気が紛れてる・・の部分もあったと思うので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ほんとは一ヶ月で帰らなきゃいけないのを・・(相談者)

三ヶ月ぐらい、家に居たんです。(相談者)
はぁい、はい。(ドリアン助川)

だ、それがよかった・・悪かったのかっていうか・・わたしが娘を過保護にし過ぎたのが悪かったの・・かな・・っていうのもあるんですが・・(相談者)
いやいや・・それ、どうですかねぇ?(ドリアン助川)
・・
あはっ・・(相談者)
でも、いずれにしろ、その三ヶ月は、初めてのお子さんですし・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

無我夢中で。(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

ということですよねぇ?(ドリアン助川)
そうです・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

そして・・(ドリアン助川)

ちょっとその、母親として自信がないとか・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
ま、言ってみれば、その育児ノイローゼのようなこと、言い始めたのは・・だいたい、どれぐらいからですか?(ドリアン助川)

7年前ぐらいですねぇ。(相談者)
7年前?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

そうすると・・(ドリアン助川)

お子さん・・お孫さんが、3歳の頃?(ドリアン助川)
そうですねぇ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ・・(ドリアン助川)

それから・・子育てに対して、自信がないというようなことを、たびたび言うようになったわけですね?(ドリアン助川)

ええ・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

・・

なにか、ひとつ、ふたつ思い出せること・・ありませんか?・・例えば・・(ドリアン助川)

あの、子供がなついてくれないとか・・(ドリアン助川)
・・
ええ。(相談者)
あるいは、子供が・・こう・・なんか近くに来ると・・(ドリアン助川)

うん、わたしが・・こう、落ち着かなくなる、鬱陶しくなっちゃうとか、なにか・・具体的には、どのようなこと、言ってるんでしょう?(ドリアン助川)

あのぅ・・(相談者)

意外と、やっぱり、邪険にするっていうか、「ママ」って、言ったときには・・(相談者)

やっぱりそこで、抱きしめたりとか、そういうのは、あんまり・・しない方でしたね。(相談者)
・・
うーーん・・(ドリアン助川)

邪険にする?(ドリアン助川)
まぁ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
とにかくやっぱり、自分の思い通りにならない・・っていうのが・・ふっ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
当たり前のことなんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それが気に入らないっていうか・・そしてあの食事なんかも、のろいっていうのが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まぁ、娘自身ものろいんですけども・・ふっ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

うふふ・・あのぅ・・わたしにそこが似てるって言って・・それが、見てて、イライラするとか、嫌だとかって、言・・は、言ってたんですよねぇ。(相談者)

うーーん・・(ドリアン助川)

でぇ・・(ドリアン助川)

例えばこのぅ・・(ドリアン助川)

今、10歳の女の子に・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

手をあげてるとか・・そういうこと、あるんでしょうかね?(ドリアン助川)
あ、小っちゃい時は、あったと思うけど、今、手、あげてるかどうかは、わからないんですが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

今のはもう、ほんとに、言葉ですねぇ。(相談者)
・・
あのぅ、「部屋を片付けなさい」とか・・(相談者)

あの「マンガの本、読んじゃいけない」とか・・「ゲームしちゃいけない」とか・・(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)
ほんっとに細かいことに・・まぁ、「下着はちゃんとタンスにしまいなさい」「布団は、朝、たたんでいきなさい」って・・その10歳の子に、全部やれっていうのは、重荷だと思うんですよねぇ。(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

そう・・完璧さを・・願う・・っていうのは、ちょっと・・わたしには信じられなくって・・(相談者)

そういう完璧な・・お子さんだったんですか?(ドリアン助川)

あ、娘がですか?(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
いや・・娘は一応、二十歳までは、長女はあのぅ・・(相談者)

わたしの言いなりになったっていうか、優柔不断っていうのか、わたしが、過保護に育てたせいか、あのぅ・・(相談者)

幼稚園から帰ってきたら、「制服はハンガーにかけなさい」って言うと、一応、ハンガーにかける子では・・いたんですけどねぇ。(相談者)

だとすると、教育というものも根本に、そこを、かん・・(相談者)

してるってことは・・ないですか?(ドリアン助川)

ああ、そうですかねぇ?・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
やっぱし、娘は、「わたしは小っちゃい時は、ちゃんとハンガーにかけてたんだ」・・って、「なんで、この子は、できないんだろう」・・っていうのは、あったかもしれないですねぇ。(相談者)

ええ、なんか、そんな部分を今・・ふと感じたんですけども・・(ドリアン助川)
ああ・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)
ぅ、うーーん・・(ドリアン助川)

まぁ、そのぅ・・ぅ・・どこに原因があるのかということは、とりあえずちょっと置いときまして・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

じゃあ・・(ドリアン助川)

まず・・(ドリアン助川)

もう一回、整理しますね。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

娘さんが・・(ドリアン助川)

お孫さんに対して・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

普通の母親・・ぃ・・の・・ようには、こう愛情を示さない部分があると。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

でぇ・・お孫さんはそれを・・で、苦しんでるというふうに見えますか?(ドリアン助川)

あぁ・・あの、最近は、お友達に随分、愚痴言ってるようなんですよ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
「うちのお母さんは・・テレビ観ちゃだめだ、ゲームしちゃダメって、怒ってばっかりなんだよ」って、言ったらしいです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

うん・・(ドリアン助川)
だから、それはSOSを出してるんだなと思うんですよね。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
うちのお母さんは、口うるさいっていうことで。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

すいません・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
そのことを知ったのは・・(ドリアン助川)

誰の口から・・知ったんですか?(ドリアン助川)
あの娘が、うちに来て、言いました。(相談者)
・・
はい。(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

孫娘がねぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
学校で、友達にこう言ったって。(相談者)

そうしたら、「そんじゃあ、お母さんに言ってあげようか」って、「あんまり叱らないように」って、「注意してあげようか」って、お友達が言ってくれたらしいんですよ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ・・(相談者)

そうしたら娘は・・「じゃあ、その友達、呼んで来い」って。(相談者)

「わたしは、正しい事してるんだ」・・って。(相談者)

「宿題忘れるのはねぇ・・」・・(相談者)

「本人が悪いことだし、片付けらんないのは、本人が悪い」・・(相談者)

「お母さんの言う事がきけない・・本人が悪いから、わたしは叱ってるんだから、わたしは正しいんだから、それを言ってやるから、その友達呼んで来い」・・って、こういう言い草なんですよ。(相談者)

お母さん。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

お母さんまで、ちょっと、だんだん今、怖くなってきたんでけど。(ドリアン助川)
あっ、ごめんなさい、すいません・・はぁ・・でぇ・・(相談者)

ま、いずれにしましても・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
そういう形で・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)

娘さんは、お孫さん・・の、なんか、あんまり自由を認めないような・・(ドリアン助川)
はい!(相談者)
え・・生活して、で、お孫さんが苦しんでると。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

で、それについて、お母さん、あなたが今、娘さんに対して、憤りを持ってるわけですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

でぇ・・どうしたらそのぅ・・(ドリアン助川)

娘さんが、お孫さんに、愛情をもてるようになるというか・・(ドリアン助川)
あ、はい・・はい。(相談者)

あ・・そうしてもう一つは・・(ドリアン助川)

あなたと娘さんの関係もありますねぇ。(相談者)

ああ・・はぁはぁはぁ・・(相談者)
今、お話を聞いてると・・(ドリアン助川)

ああ・・はぁはぁはぁ・・(相談者)
その二つの部分がこう・・ミックスしちゃったような問題のように感じるんですけども。(ドリアン助川)

でぇ・・(ドリアン助川)
あの、娘から言われたことは・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
わたしはずーっと、あのぅ・・優柔不断で、お母さんに言われた通りに二十歳まで・・(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)
学校、進学するんでも、大学選ぶんでも、お母さんに言われた通りのことをやってきた・・って言うんですよね。(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)
そいで・・(相談者)

だから、今、まぁ、わた・・今もまぁ、ずーっと、お母さんの言いなりには、とて・・や・・ん・・なりたくないから・・(相談者)

お母さんとは・・ん・・あのぅ・・距離をおきたいって・・言ったことがあります、実際に。(相談者)
はいはいはい。(ドリアン助川)
で、わたしも反対に・・(相談者)

孫が虐められてるのを見たくない・・っていうか、遊びに行くと、もう、孫にガミガミ、ガミガミ言ってる姿は、わたしは見たくないので・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
わたしも、娘の家には、なるべく行かないようにしてます。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

なるほど・・(ドリアン助川)

・・

・・

・・

どうしたらいいでしょうねぇ?(ドリアン助川)

・・

ということで・・(ドリアン助川)

相談されてきたわけですねぇ?(ドリアン助川)
はい、そうです・・ふふふ・・(相談者)

はい、わかりました。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

え・・今日の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
弁護士の・・大迫恵美子先生です・・(ドリアン助川)
はぁい・・(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)
よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 我が亡母も 同じような母親でしたね! 常時きつい目をしていて 優しさを感じたことがありませんでした。
     自我が確立してから 一切 親(父も含め)の言うことを聞かない と言う選択をしました。

     相談者のお孫さん 第三者 話を聞いて(わかる) くれる人が欲しいですね。

  2. お孫さんかわいそうだな。娘さんも相当苦しんでいるのでは。当事者のおばあさまは全く自覚がなかったんだ。他人事ながら心配。