老いらくの恋

テレフォン人生相談
男女関係

テレフォン人生相談2016年10月13日は、今井通子&大原敬子。妻が他界して10年、それから付き合った女性は4人。今は同い年の74歳の女性と付き合っているが、自分の口の悪さで彼女が怒っている。言わなくてもいい余計な事を言ってしまう相談者。好意を理解できてないとトラブルばかりで口喧嘩が絶えない。もう付き合えないと言われるも、付き合ってくれる彼女。お世話して欲しいのは彼女なのだが。

テレフォン人生相談2016年10月13日(木)
パーソナリティ:今井通子
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:74歳男性 妻は10年ほど前に他界 子供3人は独立 長男47歳 長女45歳 次男35歳 一人暮らし 付き合っている女性74歳

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

74歳の男性からの相談、私は、一人暮らしで、ある女性と付き合っとるんですけども・・私の、若い頃からの、ん、悪い癖なんですけども・・あの、余計なことを、あるいは、口が悪いもんで、よく、トラブルを起こしてます。

口が悪くて彼女から気分が悪いと言われる

ま、例えばですね、最近あったことですけども・・(相談者)
はい・・(今井通子)
あの、女性の家に、3日間ほど、お世話になったことがあるんです。(相談者)

それは何?・・なにかご病気で?(今井通子)
いやいや、いろんなことがあって、3日ほど、あの、彼女の家で、過ごしたことがあるんですけども・・(相談者)
はい・・(今井通子)

ほん時に、帰る頃になって・・(相談者)
ええ・・(今井通子)
まあ、自分の家の、家庭菜園の、大根の種まきも、あ・・ありますしっていうだけでしとけば良かったんだけども・・(相談者)
ええ・・(今井通子)

その後に、まあ、家が恋しくなって、帰りますって、こういう話しをしたわけですよ・・(相談者)
はい・・(今井通子)

そしたら彼女は、まあ、おこ・・怒ったっていいますか、腹を立てたわけです・・(相談者)
はい・・(今井通子)

ま、自分としては、まあ、ちょっと、正直過ぎたかなって気はあるんですけども、そん時は、なんでそんなに怒ったんか?っていうのは、よくわかりませんでした。(相談者)

あ、っていうことは、彼女は、もっといて欲しかったわけ?(今井通子)

いや、せっかく、あの、3日も、いろいろ・・世話したのに・・(相談者)
うん・・(今井通子)

あの、そういう・・ふうに言われると・・(相談者)
うん・・(今井通子)

気分が悪いと、こういうことだと思うんですよ。(相談者)
そういうふうに、おっしゃったの?・・相手が・・(今井通子)
そうです・・気分が悪いと。(相談者)
ええ・・(今井通子)

ね・・そういうふうに、言われました。(相談者)
あらま・・(今井通子)
うん・・(相談者)
はい・・(今井通子)

余計なひと言

ほれから・・例えば、二人で・・ま、旅行に行った時の話しなんですけども・・(相談者)
はい・・(今井通子)

ほん時に、喧嘩になってですね・・(相談者)
はい・・(今井通子)
彼女は、まくしたてるわけですよ。(相談者)
はい・・(今井通子)

そうすると・・癪に障るもんで・・(相談者)
ええ・・(今井通子)
黙っている・・女は利口だと・・(相談者)
はい・・(今井通子)

ね・・そういう嫌味を言ったことがあって・・彼女はそれをいつも・・えー、根にもっとると・・(相談者)
うん・・(今井通子)

ほれから・・これも旅行の話しなんですけども・・(相談者)
はい・・(今井通子)

私が、まあ、お金を出して行ったわけですよ。(相談者)
うん・・(今井通子)
彼女は、それを気にして・・(相談者)
うん・・(今井通子)

いろいろ、お土産を、買い込むわけですよね、わたしの・・ために・・(相談者)
うん・・(今井通子)

ほうすっと、私は、あんまり面白くないもんで・・ほんなもん、私の出した・・お金に及ばないんだよと・・余計なことを、ポロっと言ってみたりね・・(相談者)
なるほど・・(今井通子)

ほれから・・これはまた、旅行と関係ないんですけども・・「あんたも美人だけども、Aさんは、もっと美人だよ」とか・・これも喧嘩の時の・・出てきた言葉だと思います。(相談者)
うーーん・・はい・・(今井通子)

ほれから・・まあ、会う時・・その二人で・・えー、ある場所へ・・車でドライブしたことがあるんですね。(相談者)
はい・・(今井通子)

で、彼女は、気を利かせて、弁当、自分で作って、持ってきたんです。(相談者)
うん・・(今井通子)

で、そのことを知っていながら、そばが割合、有名なとこやったもんで・・(相談者)
うん・・(今井通子)
「ここへ来たら、そばを食べなくちゃ」と・・(相談者)
ええ・・(今井通子)

まあ、言って、まあ、そばを食べたんですけども、彼女としては・・まあ、私の好意を、よく理解しないで・・面白くなかったと・・(相談者)
はい・・(今井通子)

まあ、そういうこと・・類(たぐい)のことが、時々あるんですよ。(相談者)
ええ・・(今井通子)

よく気が付く同年齢の女性

ほいで・・この、女性とね・・(相談者)
はい・・(今井通子)
あの、今後、上手く、付き合っていけるでしょうか?っていうのが・・今日の、悩みのことです。(相談者)

なるほどね・・(今井通子)
うん・・(相談者)

あなた、おいくつ?(今井通子)
74です。(相談者)
74歳・・(今井通子)

えーっと、今までずっと、一人だったの?(今井通子)
ずっとじゃないです・・(相談者)
例えば結婚してらして、離婚したとか、奥様亡くなったとか・・(今井通子)
あ、そうです。(相談者)

あの・・10年ほど前に・・(相談者)
はい・・(今井通子)
妻を、病気で亡くしました。(相談者)
ああ・・(今井通子)

それまでは、結婚生活をしてました。(相談者)
結婚生活、何年ぐらい?(今井通子)
・・35年ぐらいに、なりますかね・・(相談者)

なるほど・・そうすると、お子さんは?(今井通子)
3人いますけど、皆、家から出てます。(相談者)

あの、お子さんは、男のお子さん、女のお子さん?(今井通子)
うんっと、男が2人、女の子が1人います。(相談者)

はい、おいくつと、おいくつと、おいくつですかね?(今井通子)
えっと、長男が・・47で、で、長女が45で・・(相談者)
はい・・(今井通子)
次男が35です。(相談者)
はるほど・・(今井通子)

そうすると、あなたとしては、今は、お一人住まいで・・(今井通子)
はい・・(相談者)
悠々自適なわけね?(今井通子)
そうです・・(相談者)
うん・・(今井通子)
悠々自適かどうか、知らんけど(笑いながら)・・(相談者)
ま、旅行もしょっちゅう、行ってるようだし・・(今井通子)
ははは・・(相談者)

で、その、彼女は・・一緒にいて・・気も使ってくれるし・・いろいろお世話もして、世話好きな人なのね?(今井通子)
そうです、よく気が付く方です。(相談者)
なるほど。(今井通子)

この方は・・お一人、やっぱり?(今井通子)
はい、そうです。(相談者)
何歳ぐらいの方?(今井通子)
わたしと同年齢です。(相談者)
あ、な、74歳の・・方・・(今井通子)
はい、はい・・(相談者)

前に付き合った女性のことが尾を引いているのでは

で、今後、あなた達としては・・(今井通子)
うん・・(相談者)
この女性と、付き合っていきたいの?(今井通子)

そうです。(相談者)
あ、付き合っていきたいのね?(今井通子)
はい。(相談者)

だけど、時々喧嘩になるので・・(今井通子)
うん・・(相談者)
ひやひやしてるわけ?(今井通子)
そうです。(相談者)

で、喧嘩・・(今井通子)
私の口が・・(相談者)
うん・・(今井通子)
災いして・・(相談者)
うん・・(今井通子)

この女性と・・いろいろ・・トラブル起こすわけですよね。(相談者)
トラブルって言ったって、口喧嘩でしょ?(今井通子)
うん、口喧嘩・・です。(相談者)
うん・・(今井通子)

で、ま、このことは・・ま、過去にこの女性と、付き合う前に・・あの、付き合った女性のことも・・あって・・(相談者)
うん・・(今井通子)

あの・・それが尾をひいとるんかもしれません。(相談者)

ふふふふ・・それは何?どういう意味ですか?(今井通子)
その・・この・・女性の話しをしたこともあるんで・・(相談者)
うん・・(今井通子)

うん、それで・・この女が・・(相談者)
うん・・(今井通子)
うん、あぁ・・余計、腹立てるん・・(相談者)

なるほど(嬉しそう)・・(今井通子)
うん・・(相談者)

離れない彼女

で、彼女の方は、ずっと、お付き合いしようと思ってるらしい?(今井通子)

まあアカン、もうお付き合いしませんとか、って言われたことない?(今井通子)
あ、そういうことは、時々言います。(相談者)

あ、そう。(今井通子)
うん、言うんだけども・・(相談者)
うん・・(今井通子)

なんか・・私が付き合って欲しい、言うと・・(相談者)
うん・・(今井通子)
付き合・・って、きてます。(相談者)

わかりました・・今日はですね・・(今井通子)
はい・・(相談者)
幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい・・(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)
はい・・(相談者)

【おすすめ記事】



大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原敬子)
あ、こんにちは。(相談者)

お友達感覚のあなた

あのね・・あの、何が違うかというと・・女性は、毎回、毎回、自分が、こんなにいい女性よ、あなた、私を見てねってんで、100も200も力、出してるんですね。(大原敬子)

あなたは・・(大原敬子)
100も200も、何ですか?(相談者)
100も200も、自分のいい所、アピールしてるんですよ、女性は。(大原敬子)
ああ、ああ、あ・・(相談者)

女性は、最終的に・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
2本のレールを、1本のレールにまとめたい、気持ちがあるんですね。(大原敬子)
ああ・・(相談者)

あなたは永遠に・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

平行線のレール・・要するに、あなたは、お友達感覚・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
女性は・・後々は一緒って頭は、なかったですか?(大原敬子)

言葉を言葉としてとらえている

あ、それはないです、もともと、最初に付き合う・・始めた時から、結婚はないと、こういうことで・・お互いに了解してますし・・今も、それは変わってません。(相談者)

えっとですね・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
あなたがね・・・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

いつもトラブルが起きるってのは、あなたが悪いんじゃないんです。(大原敬子)

言葉を・・言葉として、あなたは喋ってるんです。(大原敬子)

その、言葉の奥に含まれている、感情とか、心のひだっての・・あまり考えないんですね。(大原敬子)
はあ、はあ・・(相談者)

だから、私はあなたと結婚しないわよって・・言ってる人が、なんでこんなに怒るの?(大原敬子)

そういうこと、考えてないんです。(大原敬子)

あなたを見て、この人、すぐに入っていけないなと思って、いや、私だって結婚する気ないわよって言ったら、あなたは・・「はい、その言質(げんち)いただきました」「お互いに、ずーっと平行線でいきましょうね」ってことで、あなたは、もうこれ大丈夫だと思ってるわけですよね。(大原敬子)
うん・・(相談者)

女性は、違いますよ。(大原敬子)

そこが、大きなズレだったんです、実は。(大原敬子)

ああ・・(相談者)

女性の一途さと建前

それでね・・今、あの・・先ほど・・さぁ、家庭菜園で帰る、家が恋しいなって言って、帰って行った・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

女性が、怒ったって気持ちも、そうなんです。(大原敬子)
その3日間・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

彼女は、全力で・・素晴らしい女性で・・やったわけです、与えたわけ、あなたに・・奉仕・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

献身的努力したわけ。(大原敬子)
はい、はい。(相談者)

で、あなたはそれを・・あ・・当初から結婚する気はないし・・あ、こういうもんかなぁ・・良くしてくれるなぁだけで、とらえているんですね。(大原敬子)
はいはい・・(相談者)

だから、いやぁ、3日もいたから、そろそろ家に帰って、もう、家も恋しいしねっていうのは・・だって君、最初、言ったじゃないか、お互いに、友達同士だもんね。(大原敬子)
うん・・(相談者)

友達同士の時は、家が恋しいって言いますよね。(大原敬子)
うん。(相談者)

でも、女性としては、それは建前よと・・この3日間、私は髪を振り乱してね・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

これでもかっていうサービスしたのに・・家が恋しいって、この人、なんだろう?って思ったんですよね。(大原敬子)
うん・・(相談者)

そこに、女性の一途さがあるんです。(大原敬子)
うん・・(相談者)

病気の時は彼女に看てもらいたい

ちょっと、伺っていいですか?(大原敬子)
はい。(相談者)

もしあなたが病気になった時に・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

あなたの、お子さんに看てもらいますか?この女性ですか?(大原敬子)

ああ、子供は・・そこまでは看ないでしょう。(相談者)
いや看ない・・自分の願望です。(大原敬子)

ああ、願望としては、彼女に看てもらいたいと思います。(相談者)
そしたら今日から・・考えなくちゃ、74歳でしょ?(大原敬子)
はい・・(相談者)

いや、一緒にはならないけども・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
この病気の時だけ、看てくれとは、いかないでしょ?(大原敬子)
あ、それはそうです。(相談者)

あ、それはわかりますか?(大原敬子)
はい。(相談者)
うん。(大原敬子)

将来、一人で生きていけますか?

そう考えた時に・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

でも、今考えたら、そうは言うけど、結婚は、嫌だけども・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

でも、今、この女性が、いなくなったら、寂しいなと思ったら・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
それなりの、対応の仕方をしなくちゃね。(大原敬子)
うん・・(相談者)

そしたら、今日、今からね・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
電話切りました・・(大原敬子)

うん・・(相談者)
彼女と、ずっといて、いや、きついかも・・ってこととか、いろいろ考えるでしょう。(大原敬子)
うん・・(相談者)

まずは、大事なことは、エゴイストでもかまわないから・・自分が・・・・将来・・一人でも生きていけるのか・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

他のお世話でなるのか・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
彼女のお世話なのか・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

この3つの選択ができますよね?(大原敬子)
ああ・・(相談者)

それをもう・・しなければ・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
して、あっ、間違いないと・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

彼女とは、最後には別れると思ったら、今の状況で続けても・・彼女は離しませんから・・ついてきます。(大原敬子)

口が悪くても、彼女はついてきます。(大原敬子)

自分という姿

要するに私が・・将来ですね・・あの・・この女性と、どういう・・ふうになりたいか?っていうことを、か・・頭に入れて・・(相談者)
そうですよ。(大原敬子)
うん・・(相談者)

それもね・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
将来ってのをね・・今、恋愛していてね・・ワクワクする気持ちじゃなくって・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

1年、2年、3年もの、自分という姿を、考えなくちゃいけないってことです。(大原敬子)
うん・・(相談者)

わかります?(大原敬子)
はい・・(相談者)

そこを、現実を見て・・あ、やっぱりこの若さを保つには・・彼女が必要だなぁと思ったら・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

あなた自分がかわいければ・・間違った判断は、しないでしょ?(大原敬子)
うん・・(相談者)

今、あなたは・・もう、いくつの年代、40代、50代の考えでみてますよね、今?(大原敬子)

いや・・ふふ・・(相談者)
だって、考えがそうじゃない、あなた・・違います・(大原敬子)

うーーん・・(相談者)

そうやね・・(相談者)
そう、そうよ・・(大原敬子)
若いつもりでいますね。(相談者)
とんでもない、とんでもない、1年ごとに変わっていくの、わたしたちは。(大原敬子)

身長とは違いますよ。(大原敬子)

恋愛ごっこは限界

ま、わかりました・・(相談者)
ということ・・うん。(大原敬子)
それでね・・あの・・過去に付き合った女性の・・まあ、もうや、その人達も、もうへんな、亡くなっとるんだけども・・その・・その女性が、それを、頭にあるもんで・・私の口の悪いのが・・なんちゅうかな・・(相談者)

いや、過去の女性達とは、なんで別れたの?(大原敬子)

それほど、深い付き合いは、なかったから・・別れたんです。(相談者)
その過去は、その女性って、あなたがいくつの時?(大原敬子)

65~6のこと、言うとるわけ・・(相談者)
で、相手の女性は?(大原敬子)

60・・5ぐらいですかね・・(相談者)
その人と、一緒になりたかったの?(大原敬子)
いや・・単純に、あ、遊びだけでした。(相談者)

ってことは、あなた、恋愛ごっこが好きなんだ。(大原敬子)

はあ、で・・ふふふ・・(相談者)
ねぇ・・74歳、恋愛ごっこはもう、限界。(大原敬子)
はい・・(相談者)

現実を見て・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

わかりますか?(大原敬子)
ええ・・(相談者)

自分の老後を考える

で、前の女性の時は、男と女の関係は、なかったわけでしょう?(大原敬子)
ありません・・ああ、あった人も、いたけども・・(相談者)
何人いたの?あなた、全部で?(大原敬子)

うん・・(相談者)
今まで?(大原敬子)

4人ほど、いましたかね・・(相談者)
それ、奥様、亡くなってから・(大原敬子)
はい、そうです。(相談者)

寂しかったのね・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

じゃあもう、これが最後かな・・楽しむのは・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

この後は、奥様が出てきて・・お尻、つねりますよ、「しっかり、あなた、自分の人生、考えなさい」って・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

わかります?(大原敬子)
はい・・(相談者)
もう、これは・・はちまち(?)自分が、ブレーキをかけて・・(大原敬子)
ええ・・(相談者)

もう、ルンルン、スキップからね・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

さて、自分が、老後って考えて・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

考えてみてもいいと思いますよ。(大原敬子)
はい・・(相談者)

わっかりました

どうですか?今の女性と、男と女の関係、あったわけですか?今の人・・(大原敬子)
ああ、あ、あります・・(相談者)

(絶句w)

ああ・・あなた・・・・幸せね。(大原敬子)

幸せですか?今・・あまり・・(相談者)

だって、恋愛しようと思っても、できないでしょ。(大原敬子)

ま、そういう方も、いますけども、幸いか・・幸か不幸か、わかりませんけども・・そういうことは、できました。(相談者)

そしたらね・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
ホント今、最後、真面目に言ってますけども・・(大原敬子)
はい・・(相談者)

是非、自分、もう、相手の女性云々抜きです、あなたが幸せになって欲しいので・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

自分の74歳っていう、現実の年齢と・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
体力と・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

それから、自分は今後・・おきるであろうことも、あるわけでしょ。(大原敬子)
はい、はい・・(相談者)

最悪の中で・・要するに、危機管理能力って言うんですけども・・(大原敬子)
うん・・(相談者)
最悪・・やっぱり、この彼女に看てもらおうと思ったら、あなたの、最初に、冒頭におっしゃった・・「いや、僕は言葉は悪くて」は、直ります。(大原敬子)

うん・・(相談者)
看てもらおうと思うから・・(大原敬子)
ああ・・(相談者)

お金か・・今の彼女か・・(大原敬子)
うん・・(相談者)

それは、あなた自身が、考えられると思いますけども・・(大原敬子)
はい・・(相談者)
どうですか?(大原敬子)

わっかりました。(相談者)
うふふ・・(今井通子)
どういうふうにわかってくれました?・・「わっかりました」っておっしゃったけど。(大原敬子)

あの、彼女の方を、大事にしたいと思います。(相談者)
結論決まった!(大原敬子)

そしたら、優しい言葉は、できますから。(大原敬子)
はい。(相談者)
先生、いかがでしょうか(笑いながら)?(大原敬子)

今井通子まとめ

おわかりいただけましたか?(今井通子)
はい・・わかりました。(相談者)

はい・・うん・・じゃあ彼女、大事にしてください。(今井通子)
はい、ありがとうございます。(相談者)
はぁい、どうも、失礼しまーす。(今井通子)

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.