テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

中川潤アドバイス

こんにちは、中川です。(中川潤)

お願いします・・すみません。(相談者)

なかなか難しいお話なのでぇ・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
あの、あなたはご兄弟は・・(中川潤)
三人男兄弟で僕が真ん中です。(相談者)

ほいでぇ・・嫁も・・(相談者)

三人娘の・・真ん中ですね。(相談者)

ああ・・(中川潤)

離婚をいたします

まず、そのあなたが、さい・・(中川潤)

しょ(最初)に、おっしゃって・・でぇ、最後にもそのぅ・・(中川潤)

質問としておっしゃってる・・(中川潤)

「わたしが間違っているのか?・・どうなのか?」・・(中川潤)

っていう、お話なんだけども・・(中川潤)
はぁい。(相談者)

そのどちらが間違ってるとか正しいとかっていう・・(中川潤)
はぁぁ・・(相談者)

実は・・問題・・ではないということ・・(中川潤)

は(わ)・・(中川潤)
はい。(相談者)
おそらく・・(中川潤)

あのぅ・・あなたも・・(中川潤)

・・

わかってはおられるんだろうと思うんですねぇ。(中川潤)
・・
はぁい。(相談者)

とっても、ちょ・・(中川潤)
でもですねぇ。(相談者)
うん・・(中川潤)
こ、こんなことが、いろいろあってですねぇ・・(相談者)
うーん・・(中川潤)

わたしも・・自分の・・ぉ・・母に・・(相談者)

うーん・・(中川潤)
「ちょっと・・こういうことがあったんで離婚するかもしれないよ」という話はですねぇ・・(相談者)

あれまぁ。(中川潤)
え・・伝え・・たんです。(相談者)
はぁい・・(中川潤)

そしたら・・涙ながらに・・(相談者)
うーーん・・(中川潤)

自分のおふくろがですねぇ・・(相談者)
ぅ、うーん・・(中川潤)
下の子が産まれた・・(相談者)

当初、わたしの、親のところにですねぇ、嫁・・と、わたしで一緒に、子供達と・・戻った時にですねぇ・・(相談者)
はぁい、はぁい。(中川潤)

自分がちょっと・・子供達と表で遊んでる・・(相談者)

間だったと思うんですけども。(相談者)
ええ、ええ。(中川潤)

「この子供達が・・成人しましたら、わたしは離婚をいたします」と。(相談者)

えっ?(中川潤)
言っていたっていうことを・・(相談者)

えっ!?(中川潤)

言って来たんですよねぅ。(相談者)

奥さんが?(中川潤)

はい。(相談者)

お母さんに?(中川潤)

ええ。(相談者)

ですから、嫁の自分の・・実家には・・です、毎週帰るほど頻繁なんですれども。(相談者)
はぁい。(中川潤)

うちの・・(相談者)

実家に帰ることは・・もうここ3年ぐらいないんです。(相談者)

うん・・(中川潤)

まぁ、兄とは今・・商売してるんですけども。(相談者)

ああ、お兄さんと・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
一緒にご商売されてるの?(中川潤)
はい・・はい。(相談者)
はい。(中川潤)

それなのに、やっぱり・・(相談者)

一緒に戻る・・っていう行動も、ここもう3年ぐらい・・一緒にしてないんです。(相談者)

うーん・・(中川潤)

な・・(相談者)

家族の中心は

スゥ・・うん、まぁそう思うと、そのぅ・・本心がそれだ・・ったんであれば今の対応が・・(相談者)

こういう形に出てるのかな?・・っていう考えも・・(相談者)

これふと思いましてぇ・・(相談者)

ただねぇ・・(中川潤)

結局・・夫婦って・・元々他人じゃないですか。(中川潤)

はぁい。(相談者)

育った環境も違うし。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
歩んで来た人生がまったく違う・・もん同士が一緒になるわけですよねぇ?(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ・・(中川潤)

そこで作っていく・・その家庭ってねぇ?(中川潤)

うん・・(相談者)

結局・・どちらかの・・ぉ、考え方でねぇ・・(中川潤)

はぁい。(中川潤)

あのぅ・・進んで行って、上手く行くはずがない、やっぱり・・なにがしか、お互い・・歩み寄り・・っていうか理解をしようとして・・作って行くもんだろうと思うんですよねぇ。(中川潤)

そ・・そうですよねぇ・・はぁい。(相談者)
ねえ・・(中川潤)

・・

だから・・さっきあのぅ、シンボリックな話として・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
毎週日曜に、実家にし・・ま、食事に・・行かれるんだかなんだかねぇ・・(中川潤)
・・
はい。(相談者)
っていう・・ことが、これ日常化してた・・それがおかしいと。(中川潤)

はい。(相談者)

まず、あなた・・おっしゃったですよねぇ?(中川潤)

はぁい。(相談者)

でぇ・・(中川潤)

それが・・(中川潤)

なんか、あなた自身・・が・・(中川潤)

存在が、ないがしろにされてるかのようなねぇ。(中川潤)

はぁい。(相談者)

要するに・・(中川潤)

本来このぅ・・ファミリーの・・(中川潤)

はい。(相談者)
中心は・・俺やないかと。(中川潤)

はい。(相談者)
うん・・(中川潤)

親じゃねえだろ、向こうのと。(中川潤)

はぁい。(相談者)

そういう・・(中川潤)
それははっきり・・言ったことはあるんです。(相談者)
あっは、はぁ・・うん・・(中川潤)

でも・・(相談者)

そ・・んなふうに、思ってるんだ・・っていうことでまぁ、結構憤慨はしてましたねぇ。(相談者)
だろうねぇ。(中川潤)

ええ。(相談者)

うーん・・(中川潤)

じゃあ・・なんて言うんですか?毎週実家に戻って・・(相談者)
うーん・・(中川潤)

「お前の旦那は来ないけど、晩飯は、どうしてるんだ?」・・とか言わないのか?・・って・・自分、問い質したらですねぇ。(相談者)
うーーん・・(中川潤)

それは、当然、「用意して来てるんだろう」・・って言われ・・てると。(相談者)

うーーん・・(中川潤)

でも実際は用意は・・してないですし・・(相談者)

あっ、そう・・(中川潤)
「ご飯食べたかったら一緒に来い」と。(相談者)

あっ、そう・・(中川潤)
ええ・・(相談者)

食い違い

あなたの、やっぱり、あ・・(中川潤)

あのぅ、頭の中に・・(中川潤)

ええ。(相談者)
描かれている、そのぅ・・(中川潤)

あなたの家庭の像と・・(中川潤)

はい。(相談者)

奥さんの考えてる・・像とが全然・・もう食い違っちゃってるわけでしょう?(中川潤)

あぁぁ・・(相談者)

そういうことなんですかねぇ?(相談者)

そりゃ・・そりゃ、そういう事でしょう?(中川潤)

はぁい・・(相談者)

つまり・・あなたを否定するわけでもなんでもな・・なくて申し上げるんだけども・・(中川潤)

はぁい。(相談者)

例えば毎週・・その日曜にその一族・・ろ・・郎党集まってねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
「飯食うわ」と。(中川潤)

はぁい。(相談者)
それはそれで・・(中川潤)

あの、そういう有りようだって別に・・(中川潤)

有り得るわけですよ。(中川潤)

あぁ・・はい、はい・・(相談者)

・・

つまり・・(中川潤)

あの、こうあるべきだっていう・・(中川潤)

ことが別にあるわけじゃないじゃないですか。(中川潤)

ええ、ええ。(相談者)

・・

問題はその・・(中川潤)

理屈・・ではなくて、納得の問題・・(中川潤)

ですよねえ・・(中川潤)

腑に落ちるっていうのはねぇ。(中川潤)

あぁ、はい・・(相談者)

理屈でああだ、こうだの問題じゃないですよねぇ。(中川潤)

うん、うん。(相談者)

・・

そうすっとねぇ・・(中川潤)

ええ。(相談者)
少なくともねぇ・・(中川潤)

あなたの奥様・・(中川潤)

っていうのは・・(中川潤)

ええ。(相談者)
そういう環境の中で育って来られて・・(中川潤)

ええ。(相談者)

でぇ・・親共々一緒・・(中川潤)

ねえ。(中川潤)
はい・・(相談者)

はい。(相談者)
それから、義理のご夫婦も・・お姉さん夫婦とおっしゃったのかな?(中川潤)
そうですねぇ、はいはい。(相談者)

でぇ、そのご亭主も含めて・・(中川潤)

ええ。(相談者)

一緒に・・過ごして来られてるわけじゃないですか。(中川潤)
はぁい。(相談者)

でぇ、そうすると・・(中川潤)

やっぱ、奥様にとってはそれが自然なんだよね。(中川潤)

そうですねぇ。(相談者)
自然なんですよ。(中川潤)

はぁい。(相談者)

決してねぇ・・歪んでるっていうふに思うべきじゃないんですよ・・(中川潤)
ぁ、そう・・(相談者)
食い違いなんです。(中川潤)

ああ・・はい、はい。(相談者)
食い違いなんですよあくまで。(中川潤)

はぁい。(相談者)
そこは・・ねぇ・・(中川潤)

度量

ぁぁ・・(相談者)
勘違いなさらない方がいいですよ。(中川潤)

ああ、わかりました。(相談者)

うーん・・(中川潤)

あなたの方がやっぱり、そういう奥さん・・(中川潤)

はい。(相談者)

を・・(中川潤)

受け入れることが出来ない・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
という事であれば・・(中川潤)

どうするかっていうことにしか・・(中川潤)

ゴホン!(相談者)
結局・・方向性とし・・ては、そういう事にしかならない、一方でねぇ、一方でですよ。(中川潤)
はぁい、はぁい・・わかります。(相談者)
だけど・・(中川潤)

あなた凄く正直な人だから・・(中川潤)

はい。(相談者)

奥さんのことを・・でも好きなんだって・・ねぇ。(中川潤)

ええ。(相談者)

おっしゃってるじゃないですか。(中川潤)
はぁい。(相談者)

あなたが・・(中川潤)

ある意味どちらを選ばれるかっていうこと・・なんだろうと思うんです。(中川潤)

うん、うん。(相談者)

もし奥様・・(中川潤)

を選ぶと・・(中川潤)

はぁい。(相談者)

・・

いう事をなさるんであれば・・(中川潤)

はい。(相談者)

あなた自身・・(中川潤)

実際、支えてれば、その客観的事実は揺れ動かないんですから。(中川潤)

あぁ・・はぁい。(相談者)

わかりました・・(相談者)
そうすっと、あなたの度量の問題だわ。(中川潤)

ああ、ああ、ああ・・わかりました。(相談者)
ああ・・(中川潤)

でぇ・・煎じ詰めれば・・(中川潤)

あなたがどれほど、奥さんのことを・・(中川潤)

好きなんやろう・・か・・(中川潤)

うんうん。(相談者)

そこなんだよねぇ・・(中川潤)
あぁ・・わかりましたぁ・・(相談者)

突き詰めるとねぇ・・(中川潤)
はぁ・・い・・(相談者)

ちょっとわたし的には、それぐらいしかちょっと申し上げようがなくて・・(相談者)
あっ・・(相談者)
あと加藤先生に代わりますねぇ。(中川潤)
はぁい、どうも・・ありがとうございます。(相談者)
え・・中川先生にねぇ、最後の言葉「煎じ詰めれば」・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

あなたが好きかどうかだよねぇ・・って・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
わたしもね、ほんとにいい言葉だなぁ・・と思って、伺ってたんですけれども。(加藤諦三)

はぁい、ありがとうございます。(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
ほんと助かりました、ありがとうございまーす。(相談者)

結婚を続けられるか続けられないかは、両者の問題解決能力です。




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

この相談で思ったことは
お嫁さんの気持ちは、揺らぐことなく
9年後の離婚に向けて

着々と、自分の成すべき事を
成している・・という感じ

大迫先生なんかが、よく話をされますが
女性は、別れると決めたら
ウジウジせず、スパッと別れられる

対して、男性は
未練たらしいというか、なんというか

11年前、お嫁さんは既に宣言していて
話し合いの余地など
ないんじゃないかと、思うんだけど

さて、編集された箇所で
どんな話がされたのか

問題は、この放送回には
男しかいないってことかもしれない

テレフォン人生相談2018年5月8日(火)予告

52歳のお父さんから、お嬢さんの高校進学後の進路についての相談。

パーソナリティが今井通子さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. いつもアップありがとうございます。感謝しています。
    中川氏にはいつも不満です。どうかラジオ局の人に届いてほしいです。
    なぜ加藤先生に話す時間を取らないのか。自分の意見は加藤先生にしゃべらせなくてよいほど自信のあるものなのか。非常に不快です。
    今回のものでも、この夫は折れるしかない人生をどう見直していくか、それが奥さんを愛しているかどうかに尽きる、などなんて軽薄な答えでしょうか。
    加藤先生は両者の問題と言っておられるではないですか。
    本当にこの夫の先が心配です。中川氏、どこからその自信が出てくるのか、自分自身を相談してみてくださいよ!
    以上です。ありがとうございました。

  2.  ご相談者は 「妻の行動は一般社会常識に照らして異常だ」との 同意がほしかったのですね? 私も そう思います このような実家べったり の 妻 とても 容認できませんねえ。

  3. 相談者の奥さんには、夫に対する愛情が無いですよ。そのことはどうしようもないですよね。
    ですから残された道はこのまま忍従の人生を歩むのか、それとも新たな人生に踏み出すのかのどちらかでしょう。
    現状に不満なら、苦難が待ち構えていることを覚悟のうえで別の道を選ぶべきではないのでしょうか?

  4. じゃりんこ

    皆様の意見がそれぞれで興味深いです。
    私は毎週夫が実家に帰ってくれたら食事も作らなくていいし、猫と二人でのんびりできて嬉しい限りですがね。

  5. 奥さんが全て決めて事後報告、子育ての初期で、〈いや、今度から事前に相談を〉と軌道修正はかった、ようには感じられないです、なぜなら子供が小さいうちは楽だなと甘えて、後にいきなり、それは異常と言い出す方なので。物の直しを義家族に頼んだのも、義家族のほうが頼みやすい、ニコニコサッサとやってくれるからではないでしょうか。奥さんが何でも頼みやすい、相談しやすい、休日に食卓を共にしたい夫さんになって欲しいです、他人様に厚かましい希望ですが。素晴らしいお母様を悲しませないために。嫁から離婚の話をされて、事を荒立てず何年も心にしまっておけるお姑さんは滅多にいないと思います。普通は、お姑さんが嫁罵倒の修羅場で即、家庭崩壊だと思います。