テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年5月11日(金)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。30代の頃からイライラするようになり、男の更年期障害と診断された夫。精神安定剤を飲むようになる。10年ほど前から、お酒を飲むごとに言葉の暴力が酷くなり、一緒に居たくないと夕飯の時間をズラしたり夜の配膳のパートをするようになる。連れ添いたいと思っていたが、逃げてもいいだろうか?夫の実家は夫の姉が支配していた。
加藤諦三氏の〆の言葉『親からの自立が、人類普遍の課題です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:62歳女性 夫62歳(定年退職) 子供二人 長男36歳と長女32歳は独立し家を出る 夫婦二人暮らし

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい・・よろしくお願い致します。(相談者)
はい、こちらこそ・・あの、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
はい。(相談者)

えっと、62歳です。(相談者)
62歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)
はい、してます。(相談者)
ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)
62歳です。(相談者)
62歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

男の・・子が、30・・6歳。(相談者)
はい。(加藤諦三)

女の子が32歳。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

二人とも・・独立して別に暮らしております。(相談者)

と、あなた今、ご主人と二人で暮らしてるんですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、わかりました、それで、どんな・・相談ですか?(加藤諦三)

30・・4歳ぐらいの頃から・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
なんか主人、ちょっと、イライラが始まりまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

神経科に行きましたら、男の更年期だろうということでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

軽い・・精神安定剤をもらって、飲むようになったんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

えーっと、今から10年ぐらい・・前から・・(相談者)
はぁぃ。(加藤諦三)
言葉の暴力が始まりまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ある日は、味噌汁が熱いといっては怒り・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
いる日は(?)・・味噌汁がぬるいと言って怒り・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あのぅ・・看護婦のお友達が・・(相談者)

電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あなたのせいにするのよ、そういう人は・・って言われて・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なるほどなぁ・・と思いながら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
暮らしていたんですが・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

お酒を飲むごとに、どんどん、どんどん、機嫌が悪くなりまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

夕飯ですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

それでぇ・・(相談者)

辛いものですから・・あのぅ・・(相談者)

長男に相談しましたところ・・(相談者)
はぁい。(相談者)

夜・・(相談者)

ホテルの配膳の手伝いを・・行くことにしまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あの、日中は働いたことはあったんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

夜はその時・・初めて・・(相談者)

あの、もちろん、主人と一緒に居たくないから・・ってことは、内緒でぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

頼まれたから行くからっていうことでぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
行ってました。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

それでぇ・・あのぅ・・その時も・・(相談者)

帰ってきたら、もう、ぐっちゃぐちゃに・・なってるんですよねぇ・・食べたものが、後が。(相談者)

ああ・・そうで・・今は、そうすると、退職して・・家に居るわですね?(加藤諦三)
はい、でぇ、退職して・・(相談者)

家に居て・・あのぅ・・ぉ、大人しいっていうか、静かだった時も、あるんですが・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

やはり・・お酒を飲んでくうちに、どんどん、どんどん、機嫌が悪くなってくのが・・わかるのでぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

あの、機嫌が悪いなかでも、機嫌の良さそうな時に・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
もっと大変な人が居るのに・・(相談者)

ねぇ、なんでそういうふうにね・・機嫌悪くなるの?・・っていうことは、言ったことが・・あるんですが・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
「機嫌悪くはない!」って・・(相談者)

言うんですよねぇ。(相談者)
あぁ、そりゃ認めないねぇ。(加藤諦三)

ええ、そいでぇ・・(相談者)
機嫌悪いことねぇ・・はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・あたしの言う事は・・全て、否定・・なんです。(相談者)
はい、そうでしょうねぇ、はい。(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

それでぇ・・なんか・・こう・・変なふうに・・(相談者)

なってきたんですよねぇ。(相談者)

変な風になって来たっていうのは・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
具体的に言うと、どう、どう、どう・・(加藤諦三)
あと、例えば、わたしの食べる物に・・あっ、でぇ、一緒にご飯食べたら・・どんどん機嫌悪くなるんですよねぇ。(相談者)

あのぅ・・おなか・・わたしは夜遅いので、あたし、夜遅くまで起きているから、お腹すくから・・(相談者)

ゆ、夕飯、もうちょっと経ってから食べるわ・・っていうことでぇ・・(相談者)
うんうん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

ズラして、食べるようにしたんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)
そしたら、わたしの食べる物の中に・・(相談者)

あの、干し柿の・・(相談者)

頭ありますよね?(相談者)
はいはいはい。(加藤諦三)

あれがねじ込まれていたんです。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

でぇ、酔っ払ってるのかなぁ・・と思って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

「これはなぁに?」って・・(相談者)

後で・・(相談者)

部屋のほうに、聞きにいったら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
「飲み・・飲み込まなくてよかったね」・・って・・(相談者)
・・
ああ・・(加藤諦三)

言ったんですよねぇ。(相談者)
う、うん。(加藤諦三)

それから・・あのぅ・・あっ、退職時に・・車を・・(相談者)

を、まだ、新しい車だったんですが、退職して嬉しかったんだと思うんですが。(相談者)

車、乗り回して乗り回して・・(相談者)

クレジットカードでガソリン入れますので。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

何万円にもなってしまうので・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
「現金で入れてくれないか?」っていうことを・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

言いましたところ・・(相談者)

なんか、むくれてしまって・・(相談者)
はいはいはいはい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

大きな、いい車だったんで、まだ一年ぐらいしか経ってなかったんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

軽自動車に換えてきて・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
「この車なら、いくら走っても、ガソリン・・しれてるだろう!」・・と言って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

勝手に換えてきちゃったんですよねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんか、そういうエネルギーとかが、すごい怖いなぁ・・って。(相談者)

うん。(加藤諦三)

思ったのもありました。(相談者)

うん・・それでぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あのぅ・・まぁ・・あなた・・一緒に居ると、どんどん機嫌が悪くなるっていうことで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
一緒に食べないということですけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
だからといって、あなたに、しがみついてるところがあるんでしょう?(加藤諦三)

そうなんです。(相談者)

そうなん・・(相談者)
ねぇ、一緒に居ると、頭に来るけれども・・(加藤諦三)
そうなんです。(相談者)

だけど、あなた・・と一緒でないと、いられないんだよね。(加藤諦三)

そんな感じに思われます。(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)
まぁよくわかりますよ、はぁい。(加藤諦三)

そいでぇ・・あのぅ・・電話をしようと思ったのは・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

なんか病院に、七つぐらい行ってるんですよねぇ、今。(相談者)

七つ?(加藤諦三)

七つぐらい。(相談者)

随分沢山行ってるねぇ。(加藤諦三)
ええ、そいでぇなんか、あたし、病院行くの、楽しいのかなぁ、この人・・と思・・って、ずっといたんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

「あなたね、もしかして・・病気依存症なんじゃないの?」」ってなこと、チラッと言ったら、すっごい機嫌悪くなりまして。(相談者)
うんうん。(加藤諦三)
そうしたら・・「なにお!」・・っと言って・・唾をかけました。(相談者)

わたしに。(相談者)
うん、もう・・(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)
抑えきれない怒りだよねぇ。(加藤諦三)
ええ・・だから・・「うわぁ・・つばかけちゃった」・・と思って・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
いやぁ、もう・・なんかアレだと思いまして・・(相談者)

そして、そんなことがあってから、しばらくしてから、なんか心臓、バクバクして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ちょっと・・(相談者)

主人が帰ってくるなぁ・・と思う時に・・ふふっ・・なんかこう、こちらも・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
精神安定剤をもらいに行って・・(相談者)
はいはい、はい。(加藤諦三)
帰って来るまえに飲んで・・(相談者)
飲んで・・はいはい。(加藤諦三)
夜も、寝れないのでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

夜もあんまり、よく寝られないわけね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

うーん・・あの・・(加藤諦三)

ご主人、あれなの?(加藤諦三)

まぁ、俗な言葉で言うと、マザコンみたいなところがあったの?(加藤諦三)

マザコンみたいなところは、ないと思いますが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

お姉さんが、ちょっと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

君臨してる感じの家でした。(相談者)

お姉さんが君臨してる?(加藤諦三)

はい。(相談者)

ような家でした。(相談者)
ぉ、お父さんお母さんよりも・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
お姉さんが中心にして、その家は、回っていたわけ?(加藤諦三)
そんなような感じの家でした。(相談者)
ぁ、うーん・・(加藤諦三)

だからわたしも・・父や母は、すごいいい人だったんですけど・・お姉さんのご機嫌を損ねないように、一生懸命、努めてきました。(相談者)

あなたがねぇ?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

そうすると、お姉さんが・・(加藤諦三)

主権的人物でぇ・・(加藤諦三)
・・
お姉さんのご機嫌を・・親も・・お姉さんのご機嫌をとっていた?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

そうすると・・あなたのご主人は・・非常にあの・・アレですねぇ・・支配される方の立場だったですねぇ?(加藤諦三)

もう、大人しくて、いい人でした。(相談者)
うん、大人しくていい人でしたねぇ。(加藤諦三)
はぁい・・身内の・・あたしの母も・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
「大人しくて、いい人で、良かったね」・・ってことで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
結婚に、賛成してくれました。(相談者)

大人しくていい人だけれども・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

心の底は、もの凄い・・怒りがあったねぇ。(加藤諦三)
そう・・そんな感じに思われます。(相談者)

その家族から・・ご主人、自立できてないから・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)
男になってないんですよ。(加藤諦三)

わたしもそう思います、子供だなと思います。(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)
だからもう、ど、どうすることもできない、もの凄い怒りが、あら・・あるんだよねぇ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
でぇ、先生あたし・・(相談者)

古い人間なものですから・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

どうにか連れ添いたいな・・と、思っていたんですが(泣きそう)・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

もうちょっと、逃げようかな・・って、思うんです。(相談者)
ぅ・・そりゃあ、逃げようかなと思うのは・・正常ですよ。(加藤諦三)
はい(泣きながら)・・わたしは先生、どうしたらいいんでしょうか?(相談者)
だから、どうしたらいいか?ってねぇ・・そこで考えなきゃいけないわけですよねぇ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
でぇ、今日ねぇ、そういう意味じゃあ、すっごく難しい・・あなたよく、電話かけてくれましたよねぇ。(加藤諦三)
ありがとうございます。(相談者)
これぇ・・うん、あのぅ・・これぇ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
今日あのスタジオにですねぇ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
心についてのエッセイストとしてお馴染みの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
マドモアゼル愛先生がいらしてるので・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あのぅ、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1.  是非 早急に 束縛から解放(お逃げなさい)

  2. 先生方のお話、ちゃんと分かっていたのかな?

    返事が早すぎる気がしたのですが・・・会話の間が詰まりすぎ、そして即座に肯定だった。

    なんだかな~。

    心の中が、支離滅裂なのかな?