テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

加藤諦三まとめ

あのぅ・・(加藤諦三)
すいません。(相談者)

今、マドモアゼル先生の・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
おっ・・しゃったことねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

嫌いだから逃げ出す・・って考えた方がいいっていうの・・これ物凄い、ポイントなんです。(加藤諦三)

はい。(相談者)

あの、そこでカッコつけて・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
自分を防衛しない方がいいですよ。(加藤諦三)

はい。(相談者)
これだけや・・ったのに、ダメだから・・(加藤諦三)

もうしょうがないですよね・・っていうんじゃなくて・・(加藤諦三)

むしろねぇ・・(加藤諦三)

今、あなた別れようと思ってるのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

心理的にけん・・まだ健康な証拠ですよ。(加藤諦三)

心理的に病んで来ると・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

はぁい。(相談者)
あなたも別れられなくなるの。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
あなたは今不幸な・・(加藤諦三)

感情にしがみ付いていないから・・(加藤諦三)

もうなんか、いやんなっちゃったんです。(相談者)
うん、だから、いやんなっちゃった・・というのを、あんまり否定的に捉えないで・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

わたしは、いやんなった。(加藤諦三)
・・
嫌いだから逃げ出す。(加藤諦三)

はい。(相談者)
これは・・(加藤諦三)

わたしが、心が健康な証拠です、というふうに思った方がいい。(加藤諦三)

はぁい・・ありがとうございます。(相談者)

あのぅ・・(加藤諦三)

今日のあなたのポイントね。(加藤諦三)

はい。(相談者)

他人の・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
重荷を背負う必要はない。(加藤諦三)

・・

あぁ、はぁい。(相談者)

ありがとうございます(半泣き)。(相談者)

あなたはねぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ご主人の、も・・ご主人、物凄い重荷背負ってんですよ。(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
ご主人・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
辛い人生を歩んで・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そしてここまで不機嫌な人間になっちゃったんです。(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)
だからご主人は、決して批判できません。(加藤諦三)

ハイ・・(相談者)
好き好んでこんな人間にならないでしょ?(加藤諦三)

いやだから、わたしも凄く・・(相談者)

可哀想だなぁとは思うんですが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
でも、あたし・・そんな力はあるわけもなく・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

主人の・・(相談者)

重荷を・・(相談者)

せ、背負いません。(相談者)

うん、それでいいんです。(加藤諦三)

はい、ありがとうございます(泣く)。(相談者)

よろしいですか?(加藤諦三)
はい、ありがとうございます・・(相談者)
はい、どうも失礼します。(加藤諦三)
ありがとうございます。(相談者)

親からの自立が、人類普遍の課題です。




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

『僕が感じた、その、苛立ちは・・え・・あのぅ・・旦那様はもっと数倍・・そうやって感じてんのよ、実は。』(マドモアゼル愛)

自分が感じた苛立ちの、数倍、旦那さんは感じてるんだろうなぁ

『ご主人・・辛い人生を歩んで・・そしてここまで不機嫌な人間になっちゃったんです。』(加藤諦三)

そう、きっと相談者との出会いがね
と、自分は思った
だからこれ以上、苛立させずに、別れてあげて欲しい

テレフォン人生相談2018年5月14日(月)予告

妻から三年後の離婚を申し渡されて途方に暮れる49歳男性からの、涙の相談です。

パーソナリティが加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。

123次へ »
3 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1.  是非 早急に 束縛から解放(お逃げなさい)

  2. 先生方のお話、ちゃんと分かっていたのかな?

    返事が早すぎる気がしたのですが・・・会話の間が詰まりすぎ、そして即座に肯定だった。

    なんだかな~。

    心の中が、支離滅裂なのかな?