結婚詐欺師の手口

テレフォン人生相談
結婚詐欺

テレフォン人生相談2016年3月28日は、結婚相談所でお見合いをして、一緒になる事になる。これが1年前の事で、付き合い始めて1週間後に、生活費や事故を起こしたという事で、示談金の払いに30万円貸して欲しいと言われたので貸す。要求がだんだん大きくなり、これまでに1354万円を貸すことに。借用書は500万円までは書いてもらってある。今までの分を返すか、結婚するか、彼女はこちらに引っ越してきたいと言っているが、サラ金から借金をしているので行けないと言っている。「いい鴨」と加藤諦三。結婚詐欺だろうと「はっきり言って、あなた騙されている」と中川潤。「その女と手を切りなさい」と言うも、相談者には届かないか?寂しい男がひっかかる、結婚詐欺の手口。

スポンサーリンク

テレフォン人生相談2016年3月28日(月)

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:68歳男性 独身 一緒になると付き合っている65歳女性(1年前にお見合い相談所で知り合う)

加藤諦三氏の〆の言葉『軒を貸してくれと言った人は、その時既に母屋を狙っています』

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送される相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
その為、情報不足になり捉え方によっては、他者と違う感想になることもありますが、それらはリスナーの環境や体験談が代わって補うためと思ってってください。
何度も繰り返し聞いてみたり、時を隔てて聴きなおしてみると、聞き漏らした言葉や自身の環境の変化や体験談が加わり、最初に聴いた時と異なる感想になる場合があります。
異なる感想を述べる方の背景を考えてみるという楽しみ方もありますし、編集者の意図を探るという聞き方も面白いので、色んな楽しみ方を探してみてください。

結婚詐欺の手口

結婚相談所のお見合いを利用して、資産のありそうな寂しい男からお金を騙し取る、結婚詐欺の手口が増えています。あまり表面化しないけれども、寂しい男の心理を突いて、お金を借りる手法。

結婚相談所のお見合い

68歳の独身男性からの相談。
1年前に結婚相談所でお見合いをして、一緒になる事になった女性と付き合いだしたが、金銭のことを求めてきた女性、その金額がかなり大きな金額になる。

金銭のことを相手が求めてきたというのは、具体的にはどういうこと?と加藤諦三。
生活は今大変だから、今度ちょっと10万円貸してくださいとか、そういうこと?

生活費とか、事故を起こしたので、示談金を払わなければいけないので、それを求めてきたり、と相談者。
それで額がかなり大きくなってきたということで、最初はいくら位だった?と加藤諦三。
30万位、と相談者。

最初から結構、多額のお金を言ってきてますね、と加藤諦三。
それで、だんだん大きくなったって、今は、どんなこと言ってるの?
今、 1,354万になっちゃったんですよ、と相談者。

別れたくないからお金を貸す

ということはですね、あなたはこの最初の30万を貸してあげたっていうことですね、と加藤諦三。
そうですね、途中でですね、借用証を書かせたんですけれども、それ以降も、要求してきたんですよね、お金のことを、と相談者。

で、それ以後もあなたは、貸してあげてたんですよね?と加藤諦三。
ええ、渡しちゃったんですけどね、と相談者。
それで今、1,354万円になった、だけどすごいお金がありますね、次々に、と加藤諦三。

私もちょっとね、自分自身なんか、不本意なところがあったと思うんですけども、と相談者。
不本意とは、貸すことね・・・不本意でも貸したんですよね、と加藤諦三。

不本意でも貸したのは、この人と、別れたくなかったから?と加藤諦三。
そういうことですね、と相談者。
相手何歳の女性?と加藤諦三。
65歳です、と相談者。

寂しい男は理性が曇る

そうすると、年齢的には68歳と65歳で、うまくいけば、これから先の人生をお互いに助け合って生きていこうという人生なんですね、と加藤諦三。
ええそうです、そういうつもりでしたんですけどね、と相談者。

ころで相手は、どのぐらい経ってから?お見合いして付き合いだして、最初の30万を(貸して欲しいと)言ったのは?と加藤諦三。
1週間ぐらい経ってからですね、と相談者。
ええ~?っと加藤諦三。

あなたそれでおかしいと思わなかった?と加藤諦三。
おかしいと思ったんですけど、そこがちょっと、私の足らなかった点だと思ってるんですけども、と相談者。
寂しかったんだねぇ、しみじみと加藤諦三。

やっぱり寂しいと、どうしても人間の理性は曇りますからね。
途中で不本意だって言いましたけれども、不本意だけれどもこの女性と別れて、自分がこれから先、1人って嫌だから、どんどんどんどん、深みに入った?と加藤諦三。

で、すでに渡しちゃってあるから、今までのお金が無駄になりますよね、と加藤諦三。
ええ、そうです、と相談者。
だから、言われるままに次々渡してったわけです、と加藤諦三。

あなたはカモ

しみじみと『いい鴨だったね』と加藤諦三。

自分がカモになっているという、気はなかった?と加藤諦三。
それも思ったんですけども、なぜか、この歳まで1人できたので、どうしてもこの女性、一緒になりたいという気持ちが、やっぱり・・・先行しちゃったんです、と相談者。
寂しさがね、と加藤諦三。

そう、孤独だったんだよね、と加藤諦三。
それで今日の相談というのは、今や1354万円というのを、貸してくれと言っているので、これを、今までの部分を、取り返したいとか、そういうことですか?

お金を返すか、それとも、本人は、こちらへ引っ越してくるとは言ってるんですけども、現在まだサラ金から、借金してるから、すぐには行かれないと言ってるんですよね、と相談者。

返済するか結婚するか

それであなた、そのことば信じてるわけだね、と加藤諦三。
ええ、そう、信じちゃったんですよね、と相談者。
だけど、心の底で、これ、嘘だなぁ・・っての、正直思ってるでしょ?と加藤諦三。
ええ・・・だいたい・・・と相談者。

だけど、信じないでは生きていかれないからね、と加藤諦三。
信じる方が楽だから信じてるんだよね。
はい、そうです、と相談者。

本当は、引っ越してこないというのはわかってる?と加藤諦三。
はい、だから、返済してもらうか、どっちかとらなきゃいけないのは、と相談者。
返済してもらうか、きちんと結婚するか、どっちかっていう事ね、と加藤諦三。
その為には、どうしたらいいか?ということ。

あなたは騙されている

68年間、結婚をした事もない独身男性、特に資産を持っており、結婚相談所でお見合いをするような男性の寂しい心を手玉にとる女。結婚詐欺の手口だと、騙されていると頭で分かっていても、女の誘いを断れない男、最後は素っ裸にされ、生活保護どころではないと、真剣に相談者を叱る中川潤。

金づる

さっき加藤先生が端的におっしゃったんけど、あなた良い鴨なんだよね、と中川潤。金づるなんですよ。
で、今おっしゃってた、お金を返してもらうか、そうでない人だったら結婚してもらうっておっしゃったんだけど、後の選択肢は全くナンセンスだと僕は思いますよ。

ひょっとしたら、一緒になってくれるかもしれないけれど、あなたの蓄えまだもう少しあるんでしょう?と中川潤。
ありますね、と相談者。
全部食い潰されちゃうから、と中川潤。

途中から借用証文、書かせたっておっしゃるけど、借用証文書かせてあるのが、いくらあるんですか?と中川潤。
一応500万ですね、と相談者。
500万・・・それだったらちょっと返ってこないでしょう、と中川潤。

ああ・・・弁護士さんとかそういう・・・お願いして、相手に払ってもらうようにするしかやりようがないんでしょうかね?と相談者。

自発的か強制執行か

あなたとしては、目的としては、少しでもお金を取り戻したいということなんですか?中川潤。
それもあるんですよね、だから、結婚するにあたって、働いて生活費を稼いでくださいって事を、言ったんですよね、と相談者。
それが一応返済の、ための金になると思うよ、と相手に話したんですよね。

ちょっと立ち入って伺うんだけど、あなたこの1354万、これ返ってこなかったら、今後のあなたの老後ですけど、どないなります?と中川潤。
なんとかやってけます?
なんとかやって、やれますけどね、と相談者。

あのね、結論を急ぐようで恐縮なんですけども、私的に思うのは、現実的に思うのは、あなた金かけて、弁護士頼んで、借用書にある500万かなんか、あと現金渡しだから、口座に振り込んだっていう、証拠もないわけでしょ?と中川潤。

はい、そうですね、と相談者。
そうすると、借用証文だけが拠り所で、弁護士頼んで金かけて、裁判を起こして判決とったって、回収には走ってくれないんですよ。
本人が自発的に払わない限り、相手の資産を調べてね、押さえて、強制執行とか言うのをやって、ということをやらないと、回収できないですね、と中川潤。

縁を切る

そうすると、極めて幸いなことに、お電話、今かけて来ていただいて、疑問をお持ちになった段階が、ワタシ的にはびっくりする、1,354万ではありますが、これが仮に返ってこない、藻屑と消えてしまったと、いう状況であっても、自分1人なんとかなるんだわ、という状況であるのなら、さっぱり諦めてしまうと、いうのが最も普通の現実的な、選択だろう、と正直思います、と中川潤。

というのは、今あなたの話を聞いておりますと、この先あなたは1つの回収のね、もし結婚がダメでも、貸したお金ぐらいは取り戻したい、それがためには縁を切らないで、結婚という流れの中だから、そこで一緒になって、共に暮らして老々の身で生活を共にすることで、実回収を図るなんて事を仰ってるようでは、今持っておられるストック、全部吸い取られて、あなた野原へ投げ出されるのですよ、と中川潤。

これは、間違いのない事なのです。

分かります?言ってる意味?と中川潤。
はい、分かります、と相談者。

唸りながら、「さっさと縁を切るんですよ」と中川潤。
ホントにもう、ちょっと、現実的に頭の中が錯乱状態にありそうな事態ですけどね、と相談者。

中川潤、真剣に叱る

べらんめぇ調の中川潤。
まあねぇ、悪い事言わないから、もうともかくその女から、手を切った方がいいですよ!
あなた、なんかね、ちょっと聞いてるとね、正直回収だけの話じゃないんですよ、その女性に、まあ今更、男と女の関係でもないのかもしれないけれども、さっき加藤先生のおっしゃってたようなその、寂しさ・・・が根源にあってですよ、で、その人はあなたにとって、とっても魅力的なんでしょう。

『嘘の塊なんだよ、それ!』と怒鳴る中川潤。

その魅力っていうのは、はっきり言って、あなた騙されてます・
としか、言いようがないから・・・

でね、くれぐれも、今お話ししてて思うんだけれども、あなたおそらくこう言っても理解はなさると思うんだけども、でもね、その女性からね、連絡が来て、「あのね、ちょっとね、会いたいの」って切り出されて、お断りになる勇気はありますか?と中川潤。

ちょ、ちょっと、そこが、あの・・・な、ない・・・と相談者。
自信がないんでしょう?と中川潤。
ええ、自信がないですね、と相談者。

だけどねぇ、これもっとえげつないく言うけどね、そこでスッパリあなた切らないとね、あなた生活保護どころじゃないところへ行っちゃいますよ。
あなた、素っ裸になるから、と中川潤。

ああ、そうですか、と相談者。
毛羽の毛羽まで(尻の毛羽までと言いたかったと思う)抜かれて、とんでもないことになりますよ、と中川潤。

はい、分かりました、と相談者。
というのが、今のね・・・本当に傍目から見ての客観的な状況なんで、あなたのお気持ちは分かるんだけれど、そこは断ち切らないと、自分の老後が、悲惨になりますよ、と中川潤。

資産全部を狙われている

あのね、あなた30万円貸した時に、相手の気持ちが、どこにどうだったか、考えたことありますか?と加藤諦三。

それ考えなかったですね、と相談者。

軒を貸して母屋をとられるっていう格言があるんですよ。
この女性は、 30万円貸してくれと言ったときに、この女は、私の資産全部を狙っていたんだなと、と加藤諦三。

ああ・・・と相談者。

『軒を貸してくれと言った人は、その時既に母屋を狙っています』

管理人のちょっとひと言

そんな馬鹿な?って感じに思っていると、次はあなたかもしれない。
これ、馬鹿にできないぐらい、多いらしい。
そもそも、女性との触れ合いが少なかった人が、その晩年を考え始める頃が、多いみたい。

加藤先生も言ってるけど、寂しいっていうのかな。
だから、結婚まで約束するような人、選んでもらえることが少ないから、しがみついちゃう。
必ずしも、ずっと独身だからって、わけでもないようだけど。

先立たれちゃった場合でもね。
歳を取った時の、寂しさっていうのは、全然違うものらしい。
ちょっと自分には、わからないけど、似た手口で、優しくされるってのもあるみたい。

だ~れも相手してくれないのに、親切にされちゃったりとか。
で、その相手に固執するわけ。
もう、その人でなければいけないって、感覚になるみたいよ。

それを繋ぎとめる為なら、お金でもなんでもあげちゃうとかね。

だから、被害届っていっても、でてこない。
結果、こういう女が、大手を振って歩いているわけ。

許せないよね、でも人ってやるんだよな。
お金に困ったリ・・・生活レベルを下げれないとかね。
あの人が、ってことも多いみたいだ。

どれだけ、しっかりしていた人でも、歳を重ねると、判断力が鈍るというか、警戒心?が鈍るのか、簡単にお金を貸しちゃったりとか。
自身の欲や物への執着がなくなる分、逆に人への執着が強くなるみたい。
必要以上に、過剰な行動が増えるとかね。

うざったいぐらい、世話をやきたがるとか。
結構、あら?って思う事あるだろうけど。
そんな、ところに忍び込んでくるんだな。

今回は、結婚詐欺だったけど、もっとたくさん、悪がはびこっている。
自分だけは、大丈夫だって思うのは、オレオレ詐欺と同じだね。
そんな、人ほど、危ないってことだ。

あ、ちなみに、聞いた話(笑)
確証はないけどね。

スポンサーリンク

コメント

  1. 1000万円以上になるまで膨れあがったの‼というのが読んだ最初の感想です。
    で、もう一度年齢確認したら60代…エ~ッ、騙されちゃうか(。>д<)

    お金にしっかりしてない人に限ってお金たんまり持ってるんですよね、世の中ケチぐらいでちょうどいいのかもしれませんね。

    • コメントありがとうございます。
      いい加減、気付けよって話しですよね
      >お金にしっかりしてない人に限ってお金たんまり持ってるんですよね
      使い方を知らなくって、溜まっちゃったって感じでしょうか(笑)

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.