テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年11月7日(火)は、今井通子&大迫恵美子。8年前、長女に産まれた三女の面倒をみに行くと言い、出て行ったきり戻って来ず別居状態。長女も5年前から別居状態で夜勤の仕事をしている為、妻は孫娘たちの面倒をみている。最初は1日おきに帰ってきていたが、それが1週間になり1ヶ月になり、最近は2ヶ月帰って来ない。夫婦のあり方としてどうなのか?離婚も考えているがお金はない。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:72歳男性 妻68歳 結婚して39年 長女38歳(5年ほどから別居中 孫娘3人 高校2年・中学2年・小学5年)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)

ぁ・・よろしくお願いします。(相談者)
はい。(今井通子)

今日は、どういったご相談ですか?(今井通子)

はい、わたしの・・(相談者)

妻が・・8年ほど前から・・(相談者)
はい。(今井通子)

娘の・・(相談者)

長女のところに・・(相談者)
はい。(今井通子)

え・・ま、別居状態で・・住んでまして・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

で、以前は・・(相談者)

週に1回の割合で・・(相談者)

帰ってきてたんですが・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

つい最近は・・二ヵ月・・(相談者)
・・
以上・・(相談者)

ちょっと・・帰ってきてませんので・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

ちょっとこのままで・・夫婦・・大丈夫かなっていう・・(相談者)

不安になりまして。(相談者)

あ、なるほど。(今井通子)

はい。(相談者)
あなた・・お歳はおいくつですか?(今井通子)

72歳です。(相談者)
72歳・・奥様、おいくつですか?(今井通子)

68歳です。(相談者)
・・
68歳・・お嬢様は?(今井通子)

38歳です。(相談者)
38歳・・(今井通子)

・・

ご結婚何年目ですか?(今井通子)

・・

39年です。(相談者)

39年・・(相談者)

このぉ・・(今井通子)

8年前ぐらいから・・(今井通子)

別居になる・・なられた時の・・原因は、なんだったんでしょう?(今井通子)

・・

あの、孫・・(相談者)

が、生まれて・・(相談者)

はい。(今井通子)

ま、面倒をみに・・娘だけではちょっと・・(相談者)

・・

大変だということで・・(相談者)
あっ・・はい、はい。(今井通子)

ま、それから・・ですね。(相談者)

・・・

・・・

で、お嬢さんが、ご結婚されたのが・・(今井通子)
・・
いつ頃でしょう?(今井通子)

二十歳の頃ですね。(相談者)

・・

・・

二十歳の頃です・・(相談者)
じゃあ、18年前?(今井通子)
18年前・・(相談者)

はい。(今井通子)
ですね。(相談者)
18年前・・前ぐらいに・・(今井通子)

はい。(相談者)
結婚されて・・(今井通子)

・・

そして、お子さんが、おできになったのが・・(今井通子)

・・・

・・・

それから・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)

1年半ぐらいですか。(相談者)

・・・

そうすると今・・(今井通子)

・・

あのぅ・・お嬢さんのお子さんは、15~6歳?(今井通子)

・・

えーっと、長女・・に、あの、3人女の子で・・(相談者)
あっ・・(今井通子)

一番上が・・(相談者)

高校2年です。(相談者)
・・
はい。(今井通子)

で、真ん中が・・ちゅう2です・・(相談者)
はい。(今井通子)

いちばん下が・・(相談者)

・・

小学校5年です。(相談者)

・・

小学校5年?(今井通子)

はい。(相談者)

で、その8年前に・・(今井通子)

奥様が・・(今井通子)

・・

ご長女のところに・・(今井通子)

・・

まぁ、赤ちゃんのお手伝い?(今井通子)

はい。(相談者)
赤ちゃん産まれての、お手伝いでいらしたわけですよね?(今井通子)

はい。(相談者)

で、それはそうすると・・(今井通子)

ちょうど今、小学校5年のお子さん、一番下のお子さん・・の・・(今井通子)

産まれた時ぐらいかな?(今井通子)

・・

ハイ、あのぅ・・その頃は・・(相談者)

ま、あのぅ・・週に・・ま、1日おきぐらいに帰って・・(相談者)

たんです。(相談者)

はい。(今井通子)

・・

で、それが・・そうすると、週に1回ぐらいになり・・(今井通子)

・・・

はい。(相談者)
1ヶ月に1回ぐらいになり・・って、だんだん、こう・・(今井通子)

あのぅ・・(今井通子)

あちらにいらっしゃる時間が長くなったのか?(今井通子)

それとも・・(今井通子)
はい。(相談者)
突然・・(今井通子)

ずーっと帰ってこられなくなっちゃったのか・・どちらでしょう?(今井通子)

あの、娘がちょっと仕事・・夜勤の仕事やってまして・・(相談者)
はい。(今井通子)

ま・・(相談者)

家内が言うには、それ・・が理由で・・(相談者)

なるほど。(今井通子)
孫の面倒をみなきゃ・・ならないから・・(相談者)

はい。(今井通子)
帰れない・・っていう・・(相談者)

毎回そういうメールを・・(相談者)

ああ・・(今井通子)
寄こしてます。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

そうすると、ご連絡は取れてるんですね?(今井通子)

・・

はい。(相談者)

・・・

じゃあ、この8年間に・・あなた自身は・・お嬢様のところへ、いらしたことはありますか?(今井通子)

・・・

孫の・・運動会・・(相談者)

・・

ま、小学校・・の、運動会なんですけど・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

その時に・・(相談者)

父兄として行って・・(相談者)

はい。(今井通子)

その時に、娘のところに立ち寄ることは・・ありましたね、ですから年・・(相談者)

1回か、2回・・ですね。(相談者)

はい。(今井通子)

・・

でぇ・・そうすると・・(今井通子)

え、今日・・(今井通子)

ご連絡をくださった理由はなんですか?(今井通子)

・・・

・・・

ま、このまま夫婦で・・(相談者)

・・

あり続けることが・・(相談者)

ちょっと・・(相談者)

・・

ま、不安・・(相談者)

ですねぇ。(相談者)

このまま夫婦の形・・という体面は・・(相談者)

・・・

保ってるのかもしれないんですけど・・(相談者)

・・・

ほんとの夫婦で・・(相談者)

あり得るのかなぁという・・(相談者)

ま、疑問というか・・(相談者)

・・

はい。(相談者)
これで夫婦・・って言えるでしょうか?(今井通子)
・・
っていうご質問?(今井通子)

・・

はい、そうですねぇ。(相談者)

でぇ、どうしたいか・・っていうことですよね、それは・・(相談者)

ま、できれば昔のように・・(相談者)

という・・望ではいるんですけれどもね。(相談者)

もっと会話の多かった頃の・・(相談者)

・・

あ・・っていうことは・・(今井通子)

そのぅ・・離婚しようとか・・(今井通子)

そういうふうに思ってらっしゃるわけではなく。(今井通子)

・・

こんな別居してて、夫婦でいいのかな・・と。(今井通子)

・・

元に戻れるには、どうしたらいいんでしょう?ってことかな?(今井通子)

そうで・・あのぅ・・今、おっしゃったように、離婚もある程度・・(相談者)

ま、考えに入れてるんですけど・・(相談者)
あっ、そうなんですか?(今井通子)

ぇ、ただし、あの・・(相談者)

お金がですね・・(相談者)
はい。(今井通子)
ま、あのぅ・・(相談者)

いろいろ聞くところ・・離婚って、お金のかかることで・・(相談者)
・・
ええ。(今井通子)

っていうこと聞いてますんで、あまりわたしあの・・(相談者)

お金の方は・・(相談者)

もう、ほんとにありませんので・・(相談者)

・・・

なるほど・・(今井通子)
こういう状態で・・(相談者)

離婚っていうことは、ちょっと・・(相談者)

金銭的な面で難しいな・・と、思います。(相談者)

・・

ふーーん・・(今井通子)

・・・

・・・

え?難しいけれども・・ほんとはそこも・・視野に入れたいぐらいだ・・という、お話なわけ?(今井通子)

はい、そうです。(相談者)

わかりました、今日はですねぇ、弁護士の、大迫恵美子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います、先生、よろしくお願いいたします。(今井通子)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 「えっ?今更?」って思いましたが。
    このご主人、なんだか鈍いのかおとなしいのか、打っても響かないというか。。。
    だから奥さんも、ほったらかしにしちゃっているんでしょうね~やっと、何か自分が不要な人扱いだということに気が付いたってところでしょうかね。。。だって奥様にしてみれば、仲良し娘に可愛い孫ができて、そこには夫がいなくて、お金にも困ってはいないというところでしょうか。これ以上居心地のいいとこはないと思いますよ。

    良いんじゃないですか?
    本当に必要な奥さんにならば、もっと早くに手を打っていたのではないでしょうか。。。
    見守るように心得て、少しだけ気にされるようにしておいて、最後は面倒見てもらって送り出してもらえばいいんです。
    「必死」がなかったんだから、仕方ないですよ。

  2. 捨てられちゃったんですねえ、この相談者さん。

    娘の婿さんがもう働けない体になっちゃったって、大変なことじゃないですか。
    娘の家庭をこれからどうしてゆけばいいのか、普通の父親なら心配で夜も眠れないくらいのことのはず。
    なのにこの相談者はまるで他人事。

    妻は娘の家庭が心配だから、少しでも手助けしなくちゃと、一生懸命動いてる。
    なんの協力もしてくれない夫なんか足手まといの邪魔者でしかない。
    妻にしてみれば「娘の家庭のことで私は精一杯なの。あなたは自分のことくらい自分でしてよ。あなたの面倒までは見てられないわ」ってことじゃないかなあ?

    妻に、「家に帰ってこい」なんて言ったら、それこそ離婚になっちゃうかもね。
    そうかといって娘のところへノコノコ出かけて行って「俺にも何か手伝えることは無いか?」なんて言ったら「いまさら何言ってるの?もうあなたのことなんかアテにしてないわよ。あなたさえいなければ、こっちはこっちで上手くやってるんだから」と言われる気がします。

    離婚してもしなくても、この先一人で生きてゆく算段をした方がよさそうです。
    相談者の長年にわたる生き方の結果として現在の姿があるのだと思います。

  3. しばらくご無沙汰してしましました。すみません。
    いつもありがとうございます。

    私の将来のような話でゾッとしました。

    毎度すみませんがココ

    『いや、お母さんともあんまり話さないんですか?(大迫恵美子)
    ・・
    彼とは話してるかも・・しれません。(相談者)』