嫁との付き合い方を教えて

テレフォン人生相談
嫁姑問題

テレフォン人生相談2016年11月30日は、ドリアン助川&大原敬子。一人息子の嫁との接し方、付き合い方、関わり方を教えて欲しいという相談。1年前に結婚して、同一敷地内の離れに住んでいる息子夫婦。嫁は人見知りで落ち込みやすい性格。距離感や接し方を気を付けているのだが、なかなか距離感が縮まらない。親密とまではいかなくても、親しくなりたいという姑からの相談。

テレフォン人生相談2016年11月30日(水)
パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:58歳女性 28年位前に離婚し母一人子一人 息子29歳(サラリーマン) 嫁30歳(夫と同じ職場のパート) 同じ敷地内の別棟に住んでいる

テレフォン人生相談の読み方・歩き方

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
音声はありませんが、文字起こしから、曖昧な返事や、相槌、繰り返し話される言葉は、極力カットして、なるべく意味が通じるように編集したものになります。
聞き漏らした方、もう一度、内容を確認したい場合に、ご利用ください。

スポンサーリンク

読むテレフォン人生相談

58歳の女性から、息子のお嫁さんとの接し方というか、付き合い方について・・関わり方について、ちょっと、ご相談したいなと思ったんですが・・

息子さんの、お嫁さん?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
はい、どういうことでしょうか?(ドリアン助川)

人見知りで落ち込みやすい嫁

あの、本人も言ってるんですけど・・すごく、あの、人見知りが激しくて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あとは、えっと、すごい気分が落ち込みやすい・・タイプの人なんですね。(相談者)
この女性、お嫁さんが?(ドリアン助川)
あっ、そうなんです。(相談者)
お嫁さんが、人見知りが激しくて・・(ドリアン助川)
はい、はい。(相談者)
気分が、落ち込みやすい?(ドリアン助川)
落ち込みやすい・・(相談者)
はい、はい。(ドリアン助川)
ので・・あまり・・こちらからこう、気に障るようなことっていうか・・言うと、すごく落ち込んでしまって・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

どん底になってしまうので、あまりこちらからも、あの、いろいろ言えないんですよね。(相談者)
ええ、ええ、ええ。(ドリアン助川)

あのぅ・・なにか、今まで言ってきたわけですか?どんなこと、おっしゃったんですか?(ドリアン助川)
いや・・えっとね・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

私は別に、そういうのを、あの、ちょっと、耳にしてたので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あまり、そういうこと言わないように、気を付けながら、接してはいるんですけれども・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

だから、私との間で、今までそういうのは、たぶん、ないとは思います。(相談者)
はぁ、はぁ・・(ドリアン助川)

あとは、こう体調的に、すぐれない時が多いので・・(相談者)
ま、すぐ疲れるっていうか、疲れやすいというか・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

そういう感じなので・・それは、性格的なものなのか?・・なんかこう、ちょっと病的なものが・・こう、肉体的とか、精神的に・・こう、病的なものもあるのかなぁ・・どうなのかなっていうふうで、ちょっと悩んでいるんですけれども。(相談者)

えー、息子さん・・の、お嫁さん?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)

同じ敷地内に住んでいる息子夫婦

まず、あなた様のは、おいくつですか?(ドリアン助川)
私は、58です。(相談者)
58歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
お子さんは、他には?(ドリアン助川)
あっ、えっと、一人息子です。(相談者)
一人息子さん?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

おいくつですか?(ドリアン助川)
今、29歳です。(相談者)
29歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
お勤めですか?(ドリアン助川)
普通の、サラリーマンです。(相談者)
サラリーマン、やってらっしゃる?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

で、いつ頃、結婚なさったんですか?(ドリアン助川)
えっと、ちょうと1年になりますね。(相談者)
結婚されて、1年?(ドリアン助川)
はい、はい。(相談者)

はい、ということは、まだ、あの、息子さん、ご夫婦には、お子さんは?(ドリアン助川)
あ、まだ、いないです。(相談者)
いらっしゃらない?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

えーっと、住んでる所は?(ドリアン助川)
住んでる所は、同じ敷地内の・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
中に・・はい・・すぐ・・歩いて・・10歩、20歩ぐらいのところに、いますけれど。(相談者)

同じ敷地内に・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
別棟を建てて・・(ドリアン助川)
別棟・・はい。(相談者)
はい、はい。(ドリアン助川)

毎日のように、その、息子さん夫婦とは・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
会ってしまうということですね?(ドリアン助川)

あ、そうですね、こちらにこう、ちょっとこう、見える感じですね。(相談者)
はい、はい。(ドリアン助川)
行動が、見えるというか、多少・・(相談者)
行動が見えてしまう。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
はああ・・(ドリアン助川)

恋愛結婚ですか?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

どれぐらい前から、息子さん、この方と、お付き合いなさってるんでしょう?(ドリアン助川)
えっと、ちょうど、付き合って、1年半ぐらいですか、それで・・結婚・・しました。(相談者)

付き合って、1年半で結婚?(ドリアン助川)
はい・・はい。(相談者)

えー、このお嫁さんの年齢は、おいくつですか?(ドリアン助川)
えっと、30です。(相談者)
30歳・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

じゃあ、1つ上っていうことなんですかね?(ドリアン助川)
そうですね、はい。(相談者)

で、えー、この1年間・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
同じ敷地内で・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

息子さんの、新婚・・生活があったわけですね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

仕事から帰ってくると疲れて寝込む

でぇ、今その、人見知りが、とか、落ち込みやすいっていうふうに、伺ったんですけども・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

えー、具体的には、どんなことが起きたんですか?(ドリアン助川)

もう、ホントに体調が悪い、疲れやすいっていう日が、多くてですね・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

ま、仕事も・・えっと、結婚してからは、パートに切り替えて・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
同じ職場なんですけれど・・(相談者)

パートにしてもらって、週に、2~3回働いてます。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
で、時間的には・・ん・・だいたい、えっと・・5~6時間だと、思います。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

だいたい、5時・・ぐらいま・・前には、帰ってきてるような感じなんですけれども・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

それで、ま、サービス業で、人と接する仕事なので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
ま、それが凄く疲れるということで・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

で、ま、えっと・・もう、辞めたい、辞めたいって言ってたんですけども・・ま、経営も忙しくて、なかなか辞められなくって・・(相談者)

でもね、あのぅ、もう辞めることには、なってるんです。(相談者)
はい、はい。(ドリアン助川)

で、帰ってくると、疲れちゃって、寝込んじゃってる状態で・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
料理も・・作らない・・作れない・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
そんな感じ・・なんですね。(相談者)
は、はぁ・・(ドリアン助川)

実は、嫁のことが気に入らない?

あのぅ。・・例えばね・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
えー・・この方も、親元離れられて・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

えー、あなた様の、お家に・・まあ、同居してないにしろ、まあ、同じ敷地内ですからね。(ドリアン助川)
はい・・はい。(相談者)

でぇ・・いろいろと、精神的・・な、疲労もあるんじゃないかという・・ま、傍目(はため)で聞いて、そういう気がするんですけども・・(ドリアン助川)

ああ・・私もね・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
そういうのも、あの、多少・・いくらかあるかなぁとは、思い・・ってます。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

でもね、あのぅ・・お嫁さんの自宅っていうのが・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
ま、ここから車で15分くらいのところなので・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

ま、しょっちゅう帰ってる様子ではあるんですね。(相談者)
あ、しょっちゅう、帰ってるの?(ドリアン助川)
うん、ま、しょっちゅうっていうか、向こうも、行きたい、帰りたい時にもう、帰ってるって・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

・・いう感じ・・仕事の帰りでも、ちょっと寄ってみたりとか・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
休みの日でも・・ちょっと、帰ってみたりとか・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
してる様子は・・あります。(相談者)
はい。(相談者)

で・・疲れてしまったら、自分だけ、ご飯食べてきちゃうんです、そこで。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
でぇ・・(相談者)
ま、自分でご飯、食べちゃいますっていうところ・・今、ちょっとなんかこう、一瞬、何か見えたような・・(ドリアン助川)
ああ、ああ・・(相談者)
気はしますけれども・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
今、お母さんは・・(ドリアン助川)
ええ。(相談者)
この、お嫁さんのことを、要するに、あまり、気に入ってないんですね?(ドリアン助川)

あっ、そんなことは、ないんですが・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
ああ、まあ、もうちょっと、こう、考えてくれても、いいかなぁ・・と、思いますね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・ま、徐々にこうやって・・(ドリアン助川)
うーん・・(相談者)
明らかになっていくんですけども・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

お互いの壁をなくしたい

えー、今日、お電話をくださった理由というのは・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
このぅ、お嫁さんに対して、こう・・なんかこう・・イライラされてる部分が、あるからですか?(ドリアン助川)

それとも、このお嫁さんに・・明るく、元気になっていただきたいんですが。(ドリアン助川)
あ、そうですね、どちらかと言うと、明るく、元気になってもらいたいですし・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

えっと、私もたまに・・あの、こう・・食事作った時には、持っていったりとか・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あと、食材も、ちょっと、えっと、なんか・・美味しい物が、あったような時には、持って行ったり、するんですね。(相談者)
ええ、ええ、ええ・・(ドリアン助川)

でも、そこで、上にあがらないというか、部屋の中には・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

ま、どうぞって、いうことも言わないし・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
ま、私も、あんあまり、お邪魔して、もう迷惑・・だったら困るので・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

ま、そこで・・渡すもんだけは渡して・・じゃあね、みたいな感じなので・・ま、そういう付き合いも、ちょっと、悲しいかなとか思ったりして・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

やっぱり、もうちょっとこう、親密にじゃないですけど・・親し・・み、やすくじゃなくて・・(相談者)

ま、あのぅ・・(ドリアン助川)
うん・・(相談者)
お互い、壁がないようにしたい。(ドリアン助川)
そう・・ないように、ちょっと、紐をちょっと・・はい、したいな思って・・(相談者)

はい、あの・・いずれにしろ・・お母さんとしては・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
えー・・息子さん、ご夫婦には、仲良く、明るく、やって欲しいんですけども・・(ドリアン助川)
はい、はい、はい・・(相談者)

今後、どう出たらいいかということが・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
本日の、あの・・お悩みですね?(ドリアン助川)

上手くこう・・上手く関わって、いけるような・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
接し方というか、どういうふうにしたらいいのかなぁ・・(相談者)

ああ・・あ!・・もしもし?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
えっと、旦那さまは、いらっしゃいます?・・え・・(ドリアン助川)

あ、私はね、ま、あの、離婚しました、子供がまだ・・小さい時なので・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)
28年ぐらい・・前に・・(相談者)

そっか、そっか・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
じゃあ、母一人、子一人で、やってらしたんですね、これまで・・(ドリアン助川)
そうですね・・そうです。(相談者)

それでその・・大事な・・宝物を・・(ドリアン助川)
ああ・・そうです・(相談者)
若い・・女性に、とられてしまったわけですね。(ドリアン助川)

ああ・・あははは・・(相談者)

わかりました!(ドリアン助川)
はい。(相談者)
えー、では、本日の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)

幼児教育研究の、大原敬子先生です。(ドリアン助川)
あ、はい、よろしくお願い致します。(相談者)

【おすすめ記事】



大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原敬子)
こんにちは。(相談者)

理想こそ、ありがた迷惑

いやぁ、もう、わかります。(大原敬子)
はい。(相談者)
私も、一人息子がいますので・・(大原敬子)
はい。(相談者)

それは、もの凄く分かるんですけども・・(大原敬子)
はい。(相談者)
まず、頭の中に・・(大原敬子)
はい。(相談者)

上手くいこうと思うことが、間違えてるってことが、まず基準なんですよ。(大原敬子)
・・ああ・・(相談者)

つまり、お母さんの方は・・(大原敬子)
はい。(相談者)
母親の方は・・自分の家で、余裕がありますよね?(大原敬子)
はい。(相談者)

で、娘のように、接して・・みたいなぁっと・・ああしてみたいとか、お互いに、夜の夕飯の・・ね、交替したりとかね・・(大原敬子)
はい・・ええ。(相談者)

えー、作りっこしようとかって、思うでしょ?(大原敬子)
はい。(相談者)

実の娘でも、できないですよ、これは。(大原敬子)

あ、そうなんですか?(相談者)
他人の、お嫁さんが、するわけながない。(大原敬子)
・・ああ・・(相談者)

親が、勝手なね・・(大原敬子)
はい。(相談者)
理想が生んだ・・その、「あ、娘ができたわ」っと思うのは・・お嫁さんにとって、ありがた迷惑ですよね。(大原敬子)

あっ、そうなんですね。(相談者)
そう、お嫁さんにとって、お義母さんって存在は・・どんなに良くして、「何々さん、いらっしゃい」「今日、たこ焼きよ」って・・余計な物、くれなくっていいわよって・・(大原敬子)
ああ・・(相談者)

もう、そばに来て欲しくない!目の上のたんこぶ。(大原敬子)

接しようと、すればするほど嫁の具合は悪くなる

あのね・・(大原敬子)
はい。(相談者)
上手くいくならば・・(大原敬子)
ええ。(相談者)

あ、お義母さん、大事にしようって思うのは・・接しないことです。(大原敬子)

触れないことです。(大原敬子)

あ、私が?(相談者)
はい。(大原敬子)
あまり・・(相談者)
あまりにも、なにも。(大原敬子)

行かない方がいい?(相談者)
行か・・行っちゃいけない!(大原敬子)

い、行っちゃいけないの!(大原敬子)

ああ・・そうなんですね・・(相談者)
行くたんびに・・(大原敬子)
ええ。(相談者)
うーん・・って、具合が悪くなっちゃうのよ、お嫁さんって・・(大原敬子)

それ1点、覚えといてね。(大原敬子)
はぁい。(相談者)

私が、このお嫁さんが、良い悪い抜きですよ・・(大原敬子)
ええ。(相談者)
えーっと、思ったのは・・家からね、実家が、15分で行けるんでしょ?(大原敬子)
はい。(相談者)

それなのに、帰ってくるんですよ、この、あなたの居る所に・・(大原敬子)

・・ああ、はい。(相談者)

偉いと思いませんか?そりゃ、具合も悪くなりますよ。(大原敬子)
それでも、彼女は、帰ってきてるんですよ。(大原敬子)
ああ、はい。(相談者)

これ、口の上手なお嫁さんだったら、実家に帰ってきて・・ね、行って・・で、「お義母さま、これ」って持ってきた時、あなたは、嬉しい?(大原敬子)
・・ああ・・(相談者)

最後に、実家に入り浸ったとき、どうします?(大原敬子)
そうですね。(相談者)

顔を出さない

で、これから準備です。(大原敬子)
はい。(相談者)
今までね、息子が苦労してきた。(大原敬子)
はい。(相談者)

この息子のお嫁さんと、3人で・・(大原敬子)
はい。(相談者)
今までの、苦労のね、しあいがあった・・(大原敬子)
はい。(相談者)
ための・・温かい、夕餉(ゆうげ)の食をね・・(大原敬子)
はい。(相談者)

自分も、やってみたいんでしょう?(大原敬子)
・・はい。(相談者)

そしたら、1年、2年は、これ、置いとくもんですよ。(大原敬子)

そしたら、この息子さんがね・・「どうしたの、お母さん?」って、言うはずです。(大原敬子)
ああ・・(相談者)

そしたら、「ううん、今はね、一緒に住んでくれて、お母さんは、感謝」「いい、お嫁さんよね」って・・(大原敬子)
ありがとう、ありがとうで、絶対に息子は、向こうに行かないようにさせとく。(大原敬子)

・・はい。(相談者)
行くかもしれないの、この、お母さんの、このやり方だったら・・(大原敬子)

・・・

私が、息子だったら、出て行きますもん。(大原敬子)

・・ああ、そうなんですね。(相談者)
そうです、まず、息子とお嫁さんが、この、陣地に居てくれることは・・(大原敬子)
ええ。(相談者)

あなたにとって・・顔を出さないことなんです。(大原敬子)

・・ああ・・あの・・少しは、ダメなんですかね?・・ふふふ・・(相談者)
何が?(大原敬子)

えっ?えっと、どの位の割で・・やっぱり、頻繁には、今までも行ってないつもりなんですけど・・(相談者)
いや、行ってますね、相当。(大原敬子)
えっ?そうですか?(相談者)

それからね、土日は、行かないことですよ。(大原敬子)
・・はい(かなり落胆)。(相談者)

土日・・ほんっとに、自分達が新婚やる時に、お母さん、「こんにちは」・・「イチゴ、いかがですか?」って言われたらもう、たまらない。(大原敬子)
ああ、わかります・・(相談者)

息子の心を離れないようにするには

と、なると・・(大原敬子)
ええ。(相談者)
3年間は・・極端に言えばですよ・・3年間は、土日は行かないことよね。(大原敬子)
はい。(相談者)

そうすると・・「どうして、お母さん、来ないの?」って、息子から歩み寄ってきたら、しめた!こっちのもの。(大原敬子)
・・ああ・・(相談者)
いただき!(大原敬子)
はい。(相談者)

うん、お母さんはね、あなた達が幸せ・・嘘でもいいんです・・幸せでも、お母さんは、それ、精一杯の幸せなのって言うと、息子さん、ジーンときちゃうんですよ。(大原敬子)
ああ・・(相談者)

この、お母さんを捨てることはできないなって・・(大原敬子)

まず、息子さんの心、離れないようにしなくっちゃ。(大原敬子)
でしょ?(大原敬子)
そうですね。(相談者)

ね、お母さんが、楽しく食事なんかをしてると、息子さんが、一人できます。(大原敬子)
はい。(相談者)

「どうしたの?お母さん」って・・「いいから、何々ちゃん、いるんでしょう?」って・・「もう1年、我慢するから」って・・「そのかわり、年取ったらみてよ」って感じで・・(大原敬子)
うん。(相談者)

息子さんを、出すんです、お嫁さんの方、行かせるんです。(大原敬子)
はい。(相談者)

その時、息子さんは・・絶対に、この親を、大事にしようと思いますよ。(大原敬子)
・・わかりました。(相談者)

どんなことがあっても・・最後には、息子さん、あなたをとると思いますよ。(大原敬子)

頼られると嬉しい

あっ、あの・・そう、わかりましたこれで・・(相談者)
今は、とらないですよ。(大原敬子)
ええ・・っと・・(相談者)
これからは。(大原敬子)

息子がすごく、高熱だして・・(相談者)
うん。(大原敬子)
職場でなんか、具合、悪くなっちゃって・・(相談者)
うん。(大原敬子)

なんか、熱が9度くらい出ちゃったっていうのが・・(相談者)
うん。(大原敬子)
あった・・あったんですけど・・(相談者)
うん。(大原敬子)

そん時、お嫁さんの方から、私に電話来て・・(相談者)
はああ・・(大原敬子)
こう、今、こうなんですってって・・病院に行きたいんだけど今、あの、職場で休んでるって・・(相談者)

で、もう・・仕事も、ちょうど終わりの頃だったんですけど・・あの、病院に連れて行きたいんだけど、一人じゃ不安だから・・お母さん、一緒に行ってって・・(相談者)

そこで、あなたの出番なんですよ!(大原敬子)
そう、そうなんです、そん時は、ちょっと、すごく、頼ってもらえて、嬉しかったんですけど・・(相談者)

あなたがね、向こうから、依頼に・・「はい、わかりました」って行くんです。(大原敬子)
はい。(相談者)

それが、だんだん、だんだん、お嫁さん・・いい、お嫁さんですねぇ、やっぱり。(大原敬子)
ああ、そうですか?(相談者)

うん!(大原敬子)
私、なんか、ちょっと・・わかりました、今・・はい。(相談者)

余計なお世話

どうですか?(大原敬子)

今、はい、その、聞いて・・あっ、そうだったんだねって・・(相談者)
良かったわね、1年で終わって。(大原敬子)
うん。(相談者)

これ、2年、3年続けたら・・(大原敬子)
はい。(相談者)

まず、憶測は・・予測ですよ。(大原敬子)
はい。(相談者)

お嫁さんは、実家に行きます。(大原敬子)
で、息子さんも・・体調悪いから・・お母さん、行かせるねってなってきますよね。(大原敬子)
ああ・・(相談者)

そのうち、お嫁さんとこに、息子さん、行っちゃう・・(大原敬子)

あら?・・私、一人になっちゃいますよ。(大原敬子)

そうです・・ね。(相談者)
あなたは勘がイイの・・今、電話、1年でしょ。(大原敬子)
はい、そうです。(相談者)

今日から、「あれ?お母さん、来ない?」って形・・(大原敬子)
はい。(相談者)

今どき、お母さんが、ドア開けても、ドキっとしてますよ。(大原敬子)
「キター」って。(大原敬子)

ああ、そうなんですね・・(相談者)
そりゃそうですよ。(大原敬子)
じゃあ、あまり・・も、持ってったりしない方がいいですね?(相談者)

あのね・・一番の愛はね・・(大原敬子)
ええ。(相談者)

形じゃないんですよ。(大原敬子)

思いやることでしょ?(大原敬子)
そうです、でもなんかこう、美味しい物、食べさせてあげたいなって・・(相談者)
いや、それ、あなたなのよ。(大原敬子)

あっ、それ、私だけの考え?(相談者)
そうよ。(大原敬子)
ああ・・(相談者)

あの、二人は・・(大原敬子)
あ、そうなんですね・・(相談者)
自分達が、好きなもん食べて、美味しい物なの・・(大原敬子)
あ、そうなんですねぇ。(相談者)
うん!(大原敬子)

我慢する母親に愛を感じる

向こうから、頼まれない限り・・(相談者)
うん。(大原敬子)
あれ、しない方がいいんですね?(相談者)

そして、さっきの病院ではないけども・・(大原敬子)
はい。(相談者)
こういう時は、なんでも、お母さんするからって・・(大原敬子)
うん。(相談者)

お母さん、今まで出番なかったんで・・(大原敬子)
うん。(相談者)
なんか、寂しかったんだけど・・(大原敬子)
ああ・・(相談者)

分かりましたって、やってあげるんですよ。(大原敬子)
ああ、はい。(相談者)

わかります?(大原敬子)
あ、わかりました。(相談者)

いいお嫁さんで、いい息子さんです。(大原敬子)

今日も・・そのあの、餃子の材料、買ってきたんですね。(相談者)
それで・・「どう、一緒に作らない?」って・・言おうと思ったんですけど、やめます。(相談者)
そうそう。(大原敬子)

やめた方がいいですね?(相談者)
やめた方がいい。(大原敬子)
ああ・・はい。(相談者)

そしてね・・(大原敬子)
うん。(相談者)
息子さんが、一人で来た時に・・(大原敬子)
はい。(相談者)

あれ、なにこれ、冷凍しておくでしょ、餃子・・(大原敬子)
ええ。(相談者)
この間ね、お母さんね・・(大原敬子)
ええ。(相談者)

餃子一緒に、作ろうかなぁと思ったけどね・・(大原敬子)
ええ・(相談者)
お母さん、我慢したのって・・(大原敬子)
うん・・はい。(相談者)

で、いつか、食べてもらおうかなと、思ったのよって・・(大原敬子)
ああ・・(相談者)
必ず、チャンスがありますから、お母さんが・・(大原敬子)
はい。(相談者)

我慢するところに、愛を感じるんです。(大原敬子)
ああ、わかりました。(相談者)
僕たちのことを、影で見ていてくれるっていうのが、一番の愛でしょう?(大原敬子)
ああ、はい・・そうですね。(相談者)

頑張って、幸せになれるから・・ね、先生。(大原敬子)

ドリアン助川まとめ

じゃあ、餃子・・冷凍餃子にするってことで・・(ドリアン助川)
冷凍餃子で・・(大原敬子)
はい。(ドリアン助川)

わかりました、じゃあ、今日は一人で作ります・・ふふふ・・(相談者)
ふへへへへ・・(大原敬子)
はい、ちょっと、目の前がこう・・ちょっと、明るくなりました。(相談者)

ちょっと、勘違いしたところも、あったなと思って・・じゃあ、私、中心じゃなくて、ちょっと、相手のこと考えてちょっとね・・行動してきます。(相談者)
はい!(ドリアン助川)
はい!(相談者)

ちょっと、あの・・スッキリしました。(相談者)
あ、良かったです。(ドリアン助川)
はい、はい。(相談者)
では、失礼しまーす。(ドリアン助川)
はい、ありがとうございました。(相談者)
お幸せに・・(大原敬子)
失礼いたしまーす。(相談者)

管理人のちょっとひと言

ノリノリの大原先生、絶好調です!
この相談を要約すると、こうだ
母一人、子一人で、息子と暮らしてきて28年

息子より、1歳上の女に息子をとられてしまい
私、寂しいんです
ドリアンさんが、言ってる通り

寂しくて、寂しくて
構いたくて、構って欲しくて
でも、微妙な嫁の精神状態で、それもままならない

なんて運のいい人なんでしょう
嫁さんが、人見知りじゃなくて
落ち込みやすい人じゃなかったら、今頃どうなっていたか

本当に、よかった、よかった

これね、大原先生の指摘
まさに、その通りなのよね
お嫁さん、具合悪いのって、姑が原因の可能性は大

結婚したのが1年前で、それまでは今の職場で正社員だった
大卒だとしたら、約7年間
ずっと、その状況だったわけだ

今、パートで週に2~3回、1回あたり5~6時間ほどの勤務
それで、帰ってきたら寝込んでいるわけ
正社員の時、そんな状態で7年間ももたないよね

時には、そうなったかもしれないけれど
実家から、会社に通っていた頃は
それほどでも、なかったはず

で、何が変わったんだろうって
比較するまでもない
結婚してから、何が変わったかってことだよね

時に、実家でガス抜きしないと、もっと具合が悪くなって
大原先生の言う通りになってしまう
話しを聞いてる限り、嫁さん、頑張ってるよな

息子の意向を汲んで
離れだけれど、隣に住んでくれてるわけだ
精一杯の、譲歩ってやつだね

この最後の、餃子の話しにしても
一緒に作りたいっていう、自分のエゴの押し付けってやつね
そこに、相手の意思、感情は存在しない

息子だからこそ、自分の価値観を押し付けてきても
また、いつものやつかっていうので、我慢できる場合もあるけど
結婚した途端、同列に扱おうというのが、間違ってるね

これ、嫁姑問題で多いやつ

息子が、都合よく、大原劇場の通り演じてくれるかどうか、わからないけど
干渉しないこと、これに尽きるね

ちなみに相談者、きっと我慢できないだろうなぁ
孫でも生まれた日には、とんでもないことになりそうだ
問題は、自覚がないってことなのよね

YouTube

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.